痴女・逆レイプ体験告白

痴女・逆レイプ体験告白

新着 体験談一覧

オマンコの位置が分からない童貞君は挿入して腰動かす前に射精しました

童貞
画像はイメージです

 

タイプじゃない童貞君と宿泊することに

 

出会い系サイトで自称童貞君と知り合いました。

 

本人にも伝えたけど、ぶっちゃけ童貞君のスペックは私の好みじゃありません。

 

お互い住んでいるところも遠く、当時私には遠距離ですが彼氏がいました。

 

自然消滅中で月に3通ぐらいしかメールは来ませんが。

 

なので、楽しく趣味の話なんかでメール出来たらいいかなという感じの出会いでした。

 

最初は1日10往復ぐらいで趣味の話です。

 

落ち着いてからは1日2,3通の世間話を交えてのメール。

 

2週間くらいした頃にふと思い立ち、

 

「電話してみない?」

 

って聞いてみたら、

 

「メールはいいんだけど電話は緊張するから苦手」

 

と断られました。

 

(童貞君、ヘタレすぎじゃない?)

 

と心の中で毒づいて話は流れたんだけど、3日後に

 

「話す覚悟できたので電話しよう」

 

と童貞君からメールが!

 

しかし電話は寡黙でボソボソ離す程度、たまに面白い事を言うけど、初電話はあまり盛り上がらず終了しました。

 

それでも懲りずに何度か電話を繰り返したら、メールみたいな感じで話せるようになりました。

 

趣味の話だけじゃなく、私の仕事の愚痴や童貞君の悩み、同じテレビ見ながら実況やいろいろ話ができる、仲のいい友達みたいになりました。

 

そんな中、偶然にも夏休みにお互い友人と某ロックフェスに行く事になっていました。

 

それでビール奢るから現地で会って、

 

「乾杯でもしよう」

 

って話になり、フェス当日に緊張しつつ待ち合わせしたら、スペック通りの童貞君が私よりガチガチに緊張して登場しました。

 

ビールを飲み、食べ物の屋台を巡り、ライブを一緒に見て、楽しく過ごしてその時はそれだけで解散しました。

 

童貞君はどう思ってたかは知らないけど、私としては弟にしか見えず、セックスは考えられない存在です。

 

それからまたメールと電話の日々に戻ります。

 

そんな中、

 

「別の某ロックフェスに一人で行くよ」

 

って話をしたら、

 

「俺も行こうかな~」

 

と童貞君。

 

「じゃあ一緒に見て回ろう」

 

と2回目のデート?が決まりました。

 

しかし急遽フェス参加を決めたせいで、童貞君は宿泊先が見つからないらしいのです。

 

私は会場近くのホテルのツインルームを予約していたので、

 

「よかったら泊まる?」

 

と童貞君に持ち掛けると、

 

「俺、野宿でいい」

 

と、頑なに拒否してきます。

 

が、結局2泊、同じ部屋に泊まる事になりました。

この体験談の続きを読む

【淫乱】旅館の若い女将さんと精液が空っぽになるまでセックスしまくりました

淫乱女将
画像はイメージです

 

女将の娘さんとの出会い

 

僕は33才のサラリーマンです。

 

彼女と別れて1年なんですが、最近は毎週末のように家から車で1時間ぐらいの所にある小さな温泉旅館に宿泊するようになりました。

 

この旅館は駅から少し離れていて、食事無しの素泊まり3000円なんです。

 

古い日本家屋で、平日は年配の人がちょくちょく来るみたいですが、土日はあまりお客さんが来ないので静かです。

 

落ち着けてリラックス出来るので、個人的には穴場の宿として気に入っています。

 

ここの女将であるおばちゃんが一人で切り盛りしていて、半年も毎週泊まっているうちに仲良くなってしまい、いつも同じ部屋を開けておいてくれます。

 

湯船に浸かり、温泉から出てビールを飲み、テレビを見て昼寝すると気持ちいいし、体の疲れが取れてきます。

 

平日は残業で忙しいので、週末にこうやってゴロゴロするのが一番の楽しみですね。

 

夜は外に食べに出て、帰りにコンビニでビールを買って戻って来ます。

 

そんなことを毎週楽しみにしていましたが、ある日突然予約の電話が繋がらなくなりました。

 

その週末様子を見に行くと、しばらく閉館しますという張り紙がありました。

 

(どうしたのかな?)

 

心配でしたが、1ヶ月ほどして再び電話すると、若い女性が出ました。

 

ずっと休みだったみたいですが話を聞くと、あの女将が亡くなったということでした。

 

確かに体調はあまりよくないみたいでしたが、僕にはかなりショックでした。

 

旅館は再開したそうなので、予約をして電話を切りました。

 

できるだけ早く行きたかったので、金曜日の夜に会社から直接旅館に向かいました。

 

中にると、

 

「いらっしゃいませ」

 

と若い女性が出てきました。

 

「毎週泊まっていたんですが、このたびは女将さんが・・・」

 

と話をすると、

 

「ご丁寧にありがとうございます」

 

と言ってくれました。

 

その女性は亡くなった女将の娘さんで、OLをしていたんですが、今回のことを機会に旅館の後を引き継ぐことにしたそうです。

この体験談の続きを読む

ハプニングバーで男性たちに輪姦されて精液まみれで嬉しくて涙が出ました

輪姦 精液まみれ
画像はイメージです

 

ハプニングバー?

 

私は29歳のバツイチOLです。

 

元旦那と離婚してから2年経ちますが、その間にセックスはなく、オナニーばかりの生活です。

 

ところが先日の新年会の後で、一気に性欲が爆発してしまいました。

 

新年会は、取引先の会社と一緒に行いました。

 

結構盛り上がって夜遅くなってしまい、終電も無くなったのでタクシーで帰るしかありません。

 

帰る方向が同じだった取引先のEさんと一緒に帰ることになりました。

 

Eさんとはこれまでも一緒に仕事をしたり、みんなで飲みに行ったりもしているので、特別な感情はありませんでした。

 

でもEさんが、

 

「どうせ遅くなったんだから、これから僕の知っている店に行こうよ」

 

と誘われました。

 

(明日は休みだからいいや)

 

と思い、オッケーしました。

 

ところが行ったお店は何と、ハプニングバーと言われるところでした。

 

私はそんな店があることも知りませんでした。

 

ビルの地下にある会員制クラブという感じで、入口でお店のマスターがEさんの会員カードのようなものチェックしていました。

 

入口近くにはカウンターがあり、そこで2人で飲み始めました。

 

カップルで来ている男女もいましたし、一人で来ている男性もいました。

 

しばらくするとお店のママが、

 

「あちらでやっていますよ」

 

とEさんに声をかけました。

 

するとEさんは私を連れて店の奥の方に連れて行きました。

 

そこは壁にマジックミラーがあり、中はベッドルームになっていましたが、そこではなんと1人の女性と3人の男性が乱交でセックスをしていました。

この体験談の続きを読む

アスリート熟女の締め付けるパイパンマンコに何度も中出ししました

アスリート熟女
画像はイメージです

 

憧れの熟女がセックスさせてくれる?

 

僕のいる会社にはアスリート系で筋肉質のパートのおばさんがいます。

 

名前は和歌子さんで、50歳になる年配の熟女さんです。

 

男の僕よりも体格が良くて背も高く、筋肉質でマッチョなんです。

 

そんなアスリート熟女の和歌子さんとセックスしました。

和歌子さんは明るくてどんな話でも乗ってくるので気軽に話しやすく、下ネタでも全然平気でした。

 

ある日、僕と和歌子さんと2人で会社の倉庫で話しながら仕事していた時の事です。

 

「和歌子さんは旦那さんとセックスしてんの?」

 

「旦那とは最近はご無沙汰だね~、結婚当初は毎日してたよ」

 

「えっ!?旦那とはって、旦那以外の人とはセックスしてるって事?和歌子さん浮気してんの?」

 

「しまった!アッハッハ(笑)まあ、そういう事だね。でもみんなしてるよ、ほら私と同じパートのY美さんとK子さんも不倫してるよ」

 

「マジで~?初めて知った」

 

「あの2人は不倫だけど私はセックスだけの付き合いだから。アッハッハッハ(笑)」

 

「いいな~、俺もセックスしたいな~」

 

「でも、その男とはこの前サヨナラしちゃった、だってしつこいからアハハ(笑)」

 

「でも俺にとってはそいつが羨ましいよ、和歌子さんとセックスしたんだから・・・いいな~」

 

「なに?私とセックスしたいの?それは誰でもいいからただセックスしたいの?それとも私だからセックスしたいの?」

 

「和歌子さんとセックスしたい!ずっと憧れてて、毎日和歌子さんを妄想してオナニーしてるぐらいだよ」

 

「本当?ありがとう(笑)そんなに私とセックスしたいなら今夜家においで。今日は旦那が出張でいないから」

 

「えっ!いいの?やった~!」

 

そんな訳でアスリート熟女の和歌子さんの家を教えてもらい、20時に和歌子さん宅へ行きました。

この体験談の続きを読む

SMに興味を持った小学生の男の子のお尻ペンペンすると射精しました

お尻ぺんぺん
画像はイメージです

 

SMに興味がある男の子

 

私は最近の生活に、ほんの少し不満を感じていました。

 

旦那を見送り、息子を幼稚園へ送り届け、残っていた洗濯物を片手に同じことを繰り返す毎日です。

 

旦那の事は好きだし息子への愛情が薄れることもありません。

 

だけど・・・

 

単に欲求不満と片付けるのも何か違う気がするんです。

 

ありふれた日常への不満が、私の中にあったんだと思います。

 

贅沢かもしれませんが・・・

 

そんなある日のことです。

 

幼稚園へ息子を迎えに行く前に買い物を済ませようと、近所のゴミ置き場の前を通りがかった時です。

 

おそらく中学生だと思われます。

 

まだ幼さの残る顔立ちの男の子が、私に気づいて慌てるように立ち去ったんです。

 

(なんだろう?)

 

と気になって男の子がいた辺りを見てみると、5、6冊ほどのエロ本が落ちていました。

 

しかも重なった一番上にあったのはSM系のエロ本です。

 

表紙を見ただけで少し引いてしまうようなインパクトのある本でした。

 

私は買い物をとりあえず止め、雑誌を処分しようと2回に分けて持ち帰ったんですが、ふとゴミ捨て場に目をやると、なんとさっきの男の子が戻ってきていたんです。

 

私は迷いました。

 

中学生の男の子であれば、女性に興味があるのは当然の事です。

 

ただ、SM雑誌を見ていたというのが、同じ男の子を持つ母親として口を挟まずにはいられませんでした。

 

「ちょっと、キミ」

 

男の子が、しまった!という顔で私を見ます。

 

さっき見かけた時よりも幼く見えました。

 

もしかしたら、まだ小学生なのかもしれません。

 

エロ本を探していたところを女性に見られたのですから、幼い彼にとってはとても恥ずかしかったんだと思います。

 

「ここにあった本はキミの?」

 

男の子は首を横に振ります。

 

考えてみれば、この質問にはほとんど意味がありませんでした。

 

例えエロ本を捨てたのが彼だったとしても、首を横に振るでしょう。

 

たまたま通りすがりに見つけてしまったのだとは思いますが、中身を見たくて立ち止まったのかもしれません。

 

「ちょっとウチにいらっしゃい、すぐそこだから」

 

男の子が逃げ出したらそこまでと考えていたんですが、素直についてきたので、息子を迎えに行くまでの間、その男の子に性教育しようと思いました。

この体験談の続きを読む