タグ:OLの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:OL

課長のせいで淫乱になった私はそれ以上の男性を求めてセックスしまくっています

バック
画像はイメージです

 

酔った勢いで課長の家に・・・

 

私は22歳のOLです。

 

実は入社するまで処女だったのですが、同じ会社内の男性と交際することになり、ようやく初セックスもできて、女になることが出来ました。

 

初エッチから半年くらいたって、会社の飲み会がありました。

 

飲み会は二次会、三次会と続きましたが、同僚でもある彼氏は先に帰ってしまっていました。

 

三次会あたりでエッチな話になり、彼氏の名前は出さなかったですけど、いつも部屋でエッチしてるとか、旅行先の旅館でエッチしたとか、そんなことを話したと思います。

 

気がつくと終電も無くなっていて、かなり酔って足元もふらついていた私は、他部署の課長の家に泊めてもらうことになりました。

 

課長には奥さんもお子さんもいらっしゃいます。

 

一緒に飲んでいた同期の女の子も課長の家に泊まるって言ってるので、なんの疑いもなく課長のマンションに付いて行きました。

 

部屋に入ると、先にシャワーを浴びてくるように言われました。

 

すっきりして浴室を出てみると、いつの間にか同期の子が帰ってしまっていました。

 

リビングにいるのは課長のみです。

 

「じゃ、俺も風呂入ってくる」

 

と課長もシャワーを浴びに浴室に行きました。

 

残された私は、

 

(帰ろうか・・・どうしよう)

 

と悩みましたけど、酔ってるしタクシー代も馬鹿にならないので、

 

(まぁ、いっか)

 

とソファに横になっていました。

 

いつしか私は寝てしまっていて、なんだかこそこそと体を触られている感覚があって、目が覚めました。

 

リビングの電気は消えおり、キッチンの蛍光灯が届いてるので真っ暗ということではありませんが、誰が何をしているのかはすぐに分かりました。

 

課長が私のシャツを捲り上げ、乳首を吸っていたんです。

 

ちょっとだけ気持ちよかったし、眠たいのもあって、抵抗せずに触られ続けました。

 

課長は、

 

「はぁはぁ」

 

と興奮しているのか、チュパチュパといやらしい音を立てて、私の乳首を舐めたり吸ったりしています。

 

おっぱいを揉みながら指で乳首をコリコリしたり、腰やお尻あたりを撫でたりしています。

 

腰を撫でられるとくすぐったくて、つい腰を浮かしてしまいました。

 

その時に、

 

「うん・・・ん」

 

とかすかに声も出てしまったのですが、課長は気にする様子もなく、手でまさぐり続けています。

 

何度か腰を撫でられて私が腰を浮かすと、その隙にパジャマのズボンが一気に下ろされました。

 

課長はおっぱいから口を離し、今度は私の脚の方へ移動します。

 

太ももの内側を撫でられ、下の方へ行きつつスリスリと触られました。

 

その感じがゾクゾクして、私は自然と足を開いてしまいました。

 

課長の顔がオマンコに近づき、フッと温かい息がかかりました。

 

そしてパンティーに手が掛けられ、私はまた腰を浮かせます。

 

もう、なすがままです。

 

課長は私の両足を開き、太ももを持ち上げてマングリ返しの体勢にしました。

 

脚の先はキッチンに向いており、明りにオマンコが照らされているのが分かります。

 

(課長が、私のオマンコをじっと見てる・・・)

 

それがすごいエッチに感じられ、とても興奮しました。

この体験談の続きを読む

チンコのサイズをしつこく聞いてくる貧乳の女友達とセックス

貧乳
画像はイメージです

 

 

チンコ触らせる代わりにおっぱい触らせろ

 

この前、T子って普通にOLやってる女友達と3年ぶりに会った。

 

T子とは高校の時の同級生で、お互いの彼氏、彼女の愚痴や相談から、チンコ・マンコとか下ネタまで平気で言いあえる仲だった。

 

久しぶりに会ったその日も、

 

「この3年どうしてた?」

 

って話からT子の彼氏の愚痴になったんだけど、T子は彼氏とのセックスに不満があるって話から飛んでいって、お互いのおっぱいとチンコの話になっていった。

 

これまで何度も言ってきたんだが、

 

「お前の胸は相変わらず小せえな」

 

って言ったら(実際T子のおっぱいはかなり小さい)、

 

「じゃあ、あんたのチンコのサイズこそどうよ?」

 

って言い返されたんだけど、具体的なサイズなんて知らないし、ズバリ聞かれるとちょっと恥ずかしいのもあって適当にはぐらかしてた。

 

しかしT子はその日に限ってあまりにしつこく聞いてきて、その後メシを食ってからもしきりにチンコのサイズの話から離れないので、

 

「そんなに俺のチンコが気になるなら触って確かめるか?」

 

って言ってやったんだ。

 

そう言ってやればいくらなんでも聞いてくるのも諦めるかなと思って。

 

そしたらいきなり「ムギュッ」って感じでチンコを掴んできたんだ。

 

俺はT子のまさかの行動に唖然としたけど、相手は単なる友達のT子だし、まして昼間だしエッチな雰囲気でもないのに勃起するわはずがない。

 

でもT子は何度もしつこく触ってくるもんだから、

 

「お前さ、立ってねえんだから、触ったところで意味ねーだろ」

 

って言ったら、

 

「何で立たないのー、立たせてよ」

 

って言ってきやがるし、俺はまた呆れつつ、

 

「バカか。こんな雰囲気で立てろって言われても立つわけねえだろ」

 

って言っても、

 

「何とかして立たせてよ!確認したいのにー」

 

とか言ってくるし、じゃあ俺もと思って、

 

「そんなに立たせたいんなら、お前の胸くらい揉ませろよ?」

 

って半分は冗談のつもりで言ったら、

 

「うーん、それで立つならいいよ」

 

ってまさかの返事がきた。俺は更に唖然。

 

「でも、おっぱい見せるのは恥ずかしいから、脱ぐのは勘弁してね?」

 

て言いながらマジでブラを外そうとするT子。

 

(え?マジかよ)

 

と思ったけど、俺には現在彼女もいないし、何でも話せるT子とはいえ、おっぱいが揉めるならラッキーと思った。

 

ブラを外したT子を俺の前に座らせて、後ろからおっぱいを揉む格好になった。

 

シャツの中に直接手を入れておっぱいを触ってみると、やっぱり小さい。

 

小さいというか、まったくといっていいほど、ない。

 

(やっぱりこいつ、普段はパッドを入れてたんだな)

 

とか思いながら、軽く乳首も摘んでみたりした。

この体験談の続きを読む

【痴女軍団】失恋した俺を気遣って飲み会をしてくれた先輩OLが実は・・・

痴女軍団
画像はイメージです

 

酒の席で勃起してるのがバレた

 

昨年の秋ごろの話です。

 

俺は彼女と別れたばかりでひどく落ち込んでいました。

 

そんな俺を見て気に掛けてくれたのか、いつも何かにつけ俺を世話していただける先輩のOLが、家に友人を呼んで飲み会をやるから来ないかと誘われたんです。

 

その先輩は綺麗で親切で仕事のできる、社内でも好感度の高い先輩でした。

 

もちろん先輩の優しさが嬉しかったです。俺は誘われるまま飲み会に行く事にしました。

飲み会には先輩の友達という3人の女性が来ていました。

 

男友達も来ているんだろうと思っていた俺はちょっと戸惑いましたが、酒を飲みながら会話をしていく内にだんだんとに打ち解ける事ができていました。

 

初めのころは世間話や仕事の話が多かったんですが、酒が進むに連れて恋愛やHの話に変わっていきました。

 

その頃には女性陣も緊張感が解けたようで、4人の女性はスカートもめくれ、胸元もはだけてエロチックな雰囲気を漂わせていました。

 

女性がHな話をしていると、いくらなんでも入り込めず、俺は適当に笑顔で相槌を打ちながらも太ももや胸元を眺めて楽しんでいました。

 

すると1人が俺の目線に気づいて、

 

「ねぇ、さっきから何処見てんの?」

 

と言ってきたんです。突然だったのでびびりました。

 

びびった理由はまだあります。俺はビンビンに勃起していたので、それに気が付かれたかと思ったからです。

 

「い、いや、そんな事無いですよ!」

 

しかし次の瞬間別の女性が俺の股間に手を伸ばしてきました。

 

「やだー、この子。勃起してる~」

 

いきなりの事で言葉も発せず、ただ顔を赤くする俺を無視して、4人の女性陣はいきなりスイッチが入ったように豹変しました。

 

「脱がしちゃえー!」

 

と、あれよあれよという間に俺は素っ裸にされてしまいました。

 

気まずくて前を隠す俺の手を2人の女がどかして押さえつけます。

 

ビンビンに勃起したチンコが露わになり、女性陣に凝視されて俺は恥ずかしくて声が出ません。

 

「どうしよっかな~」

 

とニヤニヤしながら女たちは言います。

 

「な、何するんですか!」

 

もちろんそんな言葉は無視され。2人の女が俺のチンコをしゃぶり出したんです。

この体験談の続きを読む

ケバいヤンキー上がりの高卒事務員にチンポ奴隷にさせられました

ペニバンアナル責め
画像はイメージです

 

ケバい事務員に精子発射したらキレられた

 

私は富山の支店に支店長として転勤しました。

 

社員は営業マンが4名と派遣の女の子の総勢5名です。

 

唯一の女性である事務員は、まだ高校を卒業したばかりだといいますが、とてもケバイ感じがしています。

 

仕事の格好も制服がないとはいえ、茶髪でミニスカート、タンクトップのTシャツ、しかもタイトなので胸が強調され、オッパイの谷間も見えています。

 

私の赴任早々に歓迎会を開いてくれましたが、宴会は想像以上に下品です。

 

営業の男性社員はみんな地元で年齢もバラバラですが、全員酒好きです。その社員たちが派遣の女の子を取り囲んで、下ネタで盛り上がります。

 

「ねぇ、○○ちゃん、セックス好き~?今まで何人の男とヤッタの?」

 

「ねぇ、どんなチンポが好き?」

 

て、完全にセクハラだろってぐらいのエロイ質問攻めをしています。

 

しかし派遣の事務員も、

 

「いや~、ウチもセックス大好きなんですよね」

 

「この前、元カレのデカチンで5回もイカされたわよ~」

 

などと平気で応じています。

 

彼女も酒に強く、ミニスカートの太ももから黒いパンティーがチラチラ見えているんですが、全然気にしない様子です。

 

この子は“ヤリマン”だと確信しましたね。

 

ところで、支店長の私の仕事は、当然ながら営業マンが如何にしてノルマを達成させるかに掛かっています。

 

朝9時に朝礼で指示を出すと、営業マンは午前中から外廻りに出掛けます。

 

営業マンがその日のノルマを達成しないと、会社に戻ってきにくい空気を作ります。

 

営業マンが外出すると急にヒマになります。派遣の事務女の子ものんびりです。

 

私は彼女がヤリマンか確かめてみたくなり、肩を揉んであげる振りをしながら、スッと胸の谷間に手を入れてみました。

 

最初は嫌がっていましたが、そんなに抵抗する様子でもありません。

 

続いては彼女の背中に勃起した硬いチンポを押し付けました。

 

すると彼女は興奮したみたいで、

 

「支店長、チンポ硬くなってるねぇ、シゴイてあげよっか?」

 

と言って来ました。興奮した私は、

 

「○○ちゃん、チンポ好きそうだね。ちょっと舐めてくれないかな?」

 

と言ってみました。

 

彼女は私のチンポをズボンから取り出し、ペロペロシャブッていましたが、慣れたもので竿も金玉も上手に責めてきます。

 

私はたまらずに、

 

「ああっ!出るう~!」

 

と言って、我慢できずに射精してしまいました。

 

勢いよく射精したので、精液を彼女の茶髪にまで飛ばしてしまっていました。

 

すると彼女は一変して人が変わったようにキレました。

この体験談の続きを読む

奥手だった元カノがパイパンでドエロな痴女に豹変!

潮吹き
画像はイメージです

 

久々の再会で色気が出ていた元カノ

 

俺が大学生の時に付き合ってた元カノの名前は由美です。当時合コンで知り合い、3年の時に交際スタートし、卒業して別れました。

 

この前、その元カノの由美と何年かぶりに偶然表通りで会い、そのままの流れで飲みに行ってセックスしました。

 

付き合ってた当時の由美は、男性経験がほとんどありませんでした。

 

俺もそれほどセックス経験は無かったので、今思えば子供っぽい交際だったと思います。

 

セックスも普通にしてたけど、簡単にお互い舐め合って正常位で挿入して、腰振って終了みたいな感じです。

 

本当はもっといろんな体位とか器具とか試したかったんですけど、大人のオモチャ持って行ったら泣き出した事がありました。

 

「私はそんな下品な事したくない」

 

(どうして下品?)

 

って思いましたが、それ以降本当にノーマルなセックスでした。

 

由美はふわっとした印象で、強いて言うなら清潔感があるような女性でした。

 

身長も155cmぐらいの割と小柄で、でもDカップのなかなかの美乳の持ち主です。外見が少し幼いところがあって、あまり色気は感じませんでした。

 

休日出勤した祝日の日、夕方ごろ仕事が済んで街を歩いていました。

 

ブラブラしてるとこに、後ろから肩を叩かれ、驚いて振り向くと由美だったんです。

 

「やっぱり!久し振りだね!元気?」

 

開口一番元気に声をかけてきた由美だったんですが、その由美を見て俺は愕然としました。

 

以前の面影はあるものの、女の色気で満ちていました。

 

「ええ?お前由美か?ずいぶん変わったなあ!」

 

「そお?変わったぁ?年取っただけじゃない?」

 

22歳で別れてからかれこれ5年ぐらい会っていません。

 

よく俺だと気が付いたなと聞いたら、歩いてる後ろ姿に間違いないと思ったと笑っていました。

 

くたびれているように歩く後ろ姿は昔のままだと言うんです。しかもヘアースタイルも大学当時とあまり変わっていませんしね。

 

「最近はどうしてる?」

 

と聞かれて、歩きながら近況を話していました。彼女はいるけどまだ結婚していないで、仕事もそこそこ忙しいといった話ですね。

 

驚いたのは由美はもう既に結婚していた事です。

 

結婚して1年ちょいだと言っていたのですが、相手はなんと10歳年上だそうです。今27歳だから亭主は37歳?ビックリです。

 

「この後なんか予定ある?」

 

と由美に聞かれ

 

「何も無いよ」

 

と答えると、

 

「じゃ、ご飯奢ってよ!」

 

と強引に腕を絡めて歩かされました。

 

由美が行きたがっていたというイタリアンのお店に入り、少しだけアルコールも飲みながら昔話をしていました。

 

由美の胸元は、寄せて上げるタイプのブラジャーなのか、胸の谷間がキッチリと見えます。

 

「お前って昔そんな胸元の空いた服なんか着なかっただろ?」

 

「そうねえ、まだあの頃って子供だったしね」

 

「今は以前と違って色気ムンムンだぞ」

 

「そりゃ結婚もしたからね!色気ぐらい出さないと」

 

話す内容も外見も相当変わっていました。

 

昔のような恥じらいもなく、色気をかなりアピールしている感じに見えます。

 

スタイルは元々良かったので、ちょっぴりムラムラしてきたのは確かです。

この体験談の続きを読む