タグ:jkの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:jk

【ビッチなJK】バツイチ女性の娘に変態あつかいされて逆レイプ

ビッチなJKの手コキ
画像はイメージです

 

ママと結婚してあげて!

 

私は42歳の時に、17歳の女子高生の娘がいるバツイチ女性(40歳)と結婚しました。

 

彼女との出会いは昨年の春のことですが、私の会社にパートとして彼女が来た時でした。

 

私たちは何度か話すうちに、お互い気が合って二人きりで飲みに行ったり、独身の私を気遣って晩御飯に招待してくれたりと、少しずつ深い仲になり、セックスをする関係までになりました。

 

JKの娘を紹介してくれたのもその頃でした。

 

おそらく彼女は、その時点で私との結婚を意識していたと思います。

 

しかし、私は迷っていました。

 

初婚でいきなりJKの娘の親というのは、やはり抵抗があります。

 

(この子の親になれるだろうか?)

 

と思い、とても自信がありませんでした。

 

そんな時、突然その娘が、私の自宅を訪ねて来たのです。

 

仮に名前をサキとします。

 

サキは、

 

「ママの事で話があるの」

 

と言って家に上がりました。

 

するといきなり、

 

「ねえ、ママとセックスしたでしょ」

 

「え?」

 

「あたしも女だから分かるの。ママはあなたのこと好きなんだよ。ママと結婚してあげて。本当のパパと別れてから、ママはあたしを育てるために必死に生きて来たの。あんな楽しそうなママ見るのは初めて。だから結婚して!」

 

そう言いながら、JKの娘は私に詰め寄って来ました。

この体験談の続きを読む

露出癖のある変態女子高生がオマンコ広げて中出しを懇願してきた

オマンコぱっくり
画像はイメージです

 

女子高生がオマンコ見せてきた?

 

先日、信じられないような体験をしました。

 

本当に嘘でしょうというような内容です。

 

先日、コンビニへ弁当を買いに行き、立ち読みをしていました。

 

女子高生が店の中に入ってきて、僕の隣に来て同じように立ち読みを始めました。

 

ちらっと見て気になったのは、この女子高生のスカートが極端に短いんです。

 

(パンツ見えちゃうんじゃないの?)

 

って思うくらい短かかったです。

 

顔も結構可愛くて、スタイルもなかなかのもんです。

 

そんな訳で、チラチラと何度も見てしまいました。

 

そしてしばらくすると、

 

その女子高生が急にその場にしゃがみ込んだんです。

 

しかも大胆に足を大きく広げてるのでパンツ丸見え状態なんです。

 

気が付いてないはずはないと思うんですけど、まるで動じずに本を読み続けています。

 

僕はさらにチラチラ見ていると、その子が僕を見上げ、目が合ってしまいました。

 

するとその子はニコッと笑い、いきなり自分からパンツをずらし、チラっとオマンコを見せてきたんです。

 

これには超ビックリしましたが、ヤバイ人が回りにいるわけでもなかったので、声を掛けました。

 

「・・・見えてるよ」

 

「見せてるんです。もっと見てくれませんか?そこのトイレで・・・」

 

僕が先にトイレに入り、時間差で女子高生が入ってきました。

 

便座のフタを閉めると、女子高生は自分からためらいもなくパンツを脱ぎ、便座に座り込みました。

 

しかも足も便座に乗せて、大きくM字開脚の形で・・・。

 

JKのピンク色した綺麗なオマンコがはっきり見えます。

 

「どうして見せてくれるの?」

 

「ただオマンコ見せたいんです。もっとよく見てください」

 

と言って、指でパックリとオマンコを開いてきました。

 

ピンク色のオマンコの中身が丸見えになって、超エロいんです。

 

しかも女子高生は、ニコニコしながらオマンコを見せてきます。

 

もう遠慮することはありません、顔を近づけてじっくりオマンコ鑑賞をさせてもらいました。

 

このJKのオマンコ、本当にキレイなピンク色です。

 

手を伸ばしてパックリ開かれたオマンコを触りました。

 

「あんっ・・・」

 

JKは気持ち良さそうな声を出してきました。

 

なぞるように触っているうちに、見る見る濡れてきます。

 

僕も興奮してきて、我慢出来ずにペロペロ舐めてしまいました。

 

「んあっ・・・あん・・・」

 

小さな可愛い喘ぎ声が聞こえてきます。

 

「あ、あの・・・おちんちん入れて下さい」

この体験談の続きを読む

JK達が露出狂と勘違いした冤罪の僕をフルチンにしてアナルまで弄ってきた

jk アナル責め
画像はイメージです

 

露出狂と間違われてJKに取り囲まれた

 

自宅近いところに自然豊かな公園があって、僕は休みの日によくここでジョギングをしています。

 

格好も本格的にしてみようと思い、一流のマラソン選手が使用してるようなシャツと短パンを購入してみました。

 

パンツは太腿とお尻の下半分が食み出してしまうぐらい短く、これを着て走るのは恥ずかしいと思いながらも、ちょっとだけ興奮する自分がいました。

 

ゴールデンウィーク後のある日、有給休暇を取っていて用事は昼に終わったので、夕方公園を走ることにしました。

 

普段は土日ぐらいしか走らないので気づかなかったんですが、ちょうど下校時間だっために自転車に乗った女子高生たちがたくさん通り過ぎていきます。

 

(そういえばこの辺には女子校があったな)

 

と思い出しました。

 

JKたちは自転車で僕を追い越しざまに、ちらっと振り返ってはゲラゲラ笑い、

 

「何あれ、ハミケツ?キモい!変態じゃね?ウケるんだけど」

 

などと話してるのが聞こえてきて嫌な感じです。

 

でも僕のハミケツが原因で笑われているので、今日はとっとと退散しようと帰宅に向かいました。

 

すると後ろから、

 

「おい!待てよ!」

 

と言われたので振り向くと、自転車に乗ったJK6人の集団が僕を睨みつけています。

 

そこの女子校は偏差値が低く、ギャルっぽいJKを見かける事はありますが、その6人はひと際ケバい感じで、茶髪に金髪、メイクもしており、短いスカートとコギャルのイメージそのものの格好でした。

 

「おめぇ、この前出してただろ?」

 

と言われて咄嗟に、

 

「はっ?何を?」

 

と答えると、

 

「ふざけてんじゃねぇよ、この露出狂!うちらにチンコ見せただろ?」

 

「何言ってんだ!俺はジョギングしてるだけだぞ。そんなことするかよ!」

 

「嘘つけ!そのケツはなんだよ、露出狂に間違いねぇだろ!」

 

とんだ誤解だ。

 

僕にはまったく身に覚えがないのですが、どうにも危ない雰囲気になってきました。

 

「今日はたまたま仕事の休み取ったんだけど、平日はいつも仕事だし、土日しかここに来てないから、まったくの人違いだよ」

 

と弁解すると、

 

「この前は土曜日だったっけ?うちらの部活終わりだったから。じゃあ、つじつま合うじゃん」

 

と言われて焦りました。

 

「こいつしらばっくれる気だな、先生呼ぶか?」

 

「いや、通報したほうがよくね?犯罪者だし、警察だよ、警察~!」

 

アリバイがないので、このままだとほぼ確実に冤罪にされてしまいます。

 

僕は公園の中を走り抜けて逃げようと、勢いよく走りだしました。

この体験談の続きを読む