タグ:騎乗位の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:騎乗位

彼氏以外のおちんちんに興味を持った私は寝ている幼なじみに跨り…

幼なじみ
画像はイメージです

 

寝ている幼なじみのトランクスからおちんちんが…

 

大学四年の夏休みに、東京で一人暮らししてる幼なじみの男性の部屋に泊まりました。

 

小さい頃は、女の子の方が成長が早かったから、昔から彼にはお姉さんの様な接し方をしてきました。

 

お互いに恋人がいたから、その時も昔と変わらず、気兼ねなく過ごすつもりでした。

 

彼がベッドに寝て、私は床に布団を引いてもらいました。

 

暑かったので、タオルケットにトランクスで彼はベッドに入りました。

 

互いが風呂から上がった後、灯りを豆球にした状態で話していたのですが、次第に彼の返事が虚ろになり始め、しばらくして彼は完全に寝てしまいました。

 

私も観光で疲れていたので、うとうとと眠りに入りました。

 

しばらくして、暑さで私は起きてしまいました。

 

暑かったので、クーラーを付けさせてもらおうとしましたが、リモコンがどこにあるか解らなかった為、仕方なく目がなれるまで待ちました。

 

目が慣れてきてようやくリモコンの場所が分かり、移動しようと顔を上げると、視線に彼の股間が入りました。

 

彼も暑かったらしく、タオルケットを蹴飛ばして、仰向けに足を広げて寝ていました。

 

その隙間から、彼のおちんちんが見えそうだったのです。

 

私は一人の男性のおちんちんしか見たことが無かったので、彼のおちんちんにとても興味がありました。

 

しばらく迷いましたが、私は彼のおちんちんを見たい衝動に勝てませんでした。

 

「○○ちゃん、寝た?」

 

と私は声をかけましたが、彼からは何の返事もありませんでした。

 

その時も少しためらいましたが、結局私は恐る恐る彼のトランクスの隙間を広げ、彼のおちんちんを見ようとしました。

 

先程よりはだいぶ見えましたが、トランクスの影に隠れて全貌が見えませんでした。

 

私は何とかして見ようと、携帯の灯りをトランクスの隙間に差し込ませ、おちんちんを照らしました。

 

おちんちんは小さく頼りなくへたれており、とても可愛く見えました。

 

トランクスの隙間から、ボディソープの良い香りに交じって、少し汗臭い匂いがしました。

 

その時私は、生唾を音を立てて飲み込んだ自分に気付きました。

 

もう一度、

 

「○○ちゃん」

 

と声をかけました。

 

先程と変わらず、彼からは何の反応もありませんでした。

 

私は我慢出来ずにトランクスの窓を広げて、おちんちんを私の顔の前に出現させました。

この体験談の続きを読む

会社内の痴女OLに狙われた!「そんなに私とエッチしたかったの?」

 

痴女OL
画像はイメージです

うちの会社に痴女がいる?

 

私は、従業員1000人を越える割と大きな会社に勤めています。

 

会社内には、彼女や奥さんのいる男を狙うのが好きなOLがいるという噂があるんです。

 

同僚からは、

 

「オレもやられた」

 

とか、

 

「食われそうになった」

 

とか聞いたことはあったんですが、まさか自分がそのOLに狙われるとは思っていませんでした。

 

別の部署の女性なのですが、年は31歳で、綺麗でスタイルもいい女性です。

 

狙われる場所やキッカケについても、色んな噂がありました。

 

私には同じ部署の彼女がいます。

 

その彼女と一緒に、エレベーターに乗っている時でした。

 

わりと混んではいましたが、やたらと私の腰の辺りに手が触れてくる感触がありました。

 

(彼女かな?)

 

と思ったのですが、こんなとこで触ってくるような女性じゃないし、彼女を見ても、触ってきてないのは間違いありません。

 

しかもその手は、尻から太ももに移動して、這うような感じでズボンの上からチンコを撫でてきました。

 

思わずチンコが勃起してきて、声が出そうになりましたが、彼女にバレないように注意しながら、手を目線で追っていくと、色気ムンムンの女を確認しました。

 

長い髪におっぱいも大きく、スカートも短めで、お尻も大きく丸みを帯びていました。

 

エレベーターが着いて降りましたので、女による痴女行為はそこで終わりましたが、どうやらそれから私をターゲットにしたみたいです。

 

というのもそれ以降、何度かその女性と2人だけになることが多くなったからです。

 

そしてある日、私が資料室に入った時、後から付けて来たようにその女性が入ってきました。

 

資料室で2人きりになり、わざとしゃがんでスカートの中を見せるようにしたりしてきます。

 

胸もブラウスのボタンを外して、おっぱいの谷間が見えるようにしています。

 

露骨にやっているのが分かったので、チラ見というよりは、じっと見てしまいました。

 

私が見ているのが分かると女性は迫ってきて、

 

「私としたい?」

 

と色気ムンムンで迫ってきて、首に腕をまわして、いきなりキスしてきました。

この体験談の続きを読む

大学の同級生女子2人に童貞をからかわれてフェラと騎乗位で襲われた

3P
画像はイメージです

 

童貞の俺をからかい、下着を見せつけてきた

 

俺が大学生の時の話です。

 

在学中は理系で運動部に所属していて、割と真面目な学生生活を送っていました。

 

所属している学部は人数があまり多くなかったので、学部内の同級生はみんな知っていたし、皆仲が良かったです。

 

「誰が誰を好き」

 

なんて話はすぐに広まり、俺も同じ学部内のある女の子の事を好きだった事はバレていました。

 

これでも俺は告白されたことがあるんですが、好きな子がいたので告白されても断っていました。

 

でもヘタレだったので、好きな子には告白することができませんでした。

 

そんなある日、同級生の女子2人が、突然夜遅くに俺の住むアパートを訪ねてきました。

 

酒やらおつまみやら持参しています。

 

一人は背が170cmぐらいあって空手部所属のA子、もう一人は背は低めで飲み会で知り合った文系のB子です。

 

2人とも結構可愛いです。

 

翌日は休みだし、一緒に飲むことにしました。

 

酔ってくると、やっぱり恋話になるんですよね。

 

俺の好きな子のことはバレてるし、俺の恋愛のヘタレっぷりをからかいながら、飲みのネタにされていました。

 

そういう話をしているうちに、俺も酔っていたせいか、ついつい童貞である事をしゃべってしまいました。

 

「へー、そうなんだ」

 

「○○ちゃんの前の彼氏はエッチ上手そうだよ?」

 

「もし付き合えても困るんじゃない?」

 

「仕方ないだろ、そん時はそん時でがんばるさ」

 

「付き合うつもりなの?」

 

「もしもの話だよ」

 

みたいな会話だったと思います。

 

俺は上がり症なので、おそらく2人とこんな会話してた時も、顔が真っ赤になっていたと思います。

 

「ふーん、それじゃあさ、女の子に免疫つけとかなきゃ・・・ほら、ほら」

 

と、なんとA子がシャツの前をはだけてブラジャーを見せてきました。

 

「ちょっ、何やってんだよ!変なことすんなってば!」

 

と言いましたが、しばらくじっと見てしまった俺は、まともに直視したせいで、かなり顔と頭に血が上っていたような気がします。

 

B子はしばらく笑いながら見ていたけど、なんとB子も脱ぎ始めました。

 

「わ、お前まで何やってんだよ!やめろよ!」

 

2人が下着を見せつけてきたので、俺はどうしていいか分からずにオロオロしてしていました。

 

その時の2人の楽しそうな顔はよく覚えています。

 

顔を真っ赤にして心臓がバクバクいってるし、想定していない状態に晒されるとほんとにパニクってしまうもんです。

 

俺は目をつぶって、その場を凌ぐことにしました。

 

本当は見たいんですけどね。

 

「もうバッチリ免疫ついたから、もういいだろっ!」

 

「ウソばっかりー、顔真っ赤じゃん」

 

「あははは」

 

そして、2人は目を開けない俺をくすぐり始めました。

この体験談の続きを読む

若い年下の男の子を逆レイプしたい欲求が募って出会い系で探しました

騎乗位
画像はイメージです

 

年下の男の子に悪戯したい

 

私は29歳の人妻です。

 

私たち夫婦の間には、まだ子供はいません。

 

実はこの前、主人が隠し持っていたエッチなDVDを見ちゃったんです。

 

主人は仕事柄帰りが遅く、疲れていることが多いのでセックスの回数は少ないです。

 

でも仲は悪くありません。

 

時々オナニーしてるのも知ってます。

 

(どんなDVD見ながらオナニーしてるんだろう)

 

興味があったので、主人の帰りを待つ間に見ることにしました。

 

それは、欲求不満のお姉さんが、年下の男の子に無理矢理セックスを強要するという内容でした。

 

女性が男性を襲うなんてことに、まったく興味の無かった私でしたが、DVDの内容に引き込まれてしまい、どうしようもない感情が芽生えてきました。

 

「私も、年下の若い男の子に悪戯してみたい…」

 

本気で思うようになりました。

 

それがきっかけで、出会い系サイトで若い男の子を見つけようと登録しました。

 

初めて登録してみて驚いたんですが、すごいたくさんの男性がアプローチしてくるんですね。

 

でも、誰でもいいわけではありません。

 

嘘っぽいこと言う人もいます。

 

なかなかお目当ての男の子が見つからずに、日々欲求不満が募っていました。

 

男の子を逆レイプすることを妄想しながら、毎日オナニーしていました。

 

そしてようやく私の願望を実現できそうな出会いがやってきました。

 

まだ19歳の男の子で、童貞なんだそうです。

 

何度かやり取りをして、

 

(信用できる)

 

と思って、実際に会うことを約束しました。

 

待ち合わせ場所に車で迎えに行き、そのままホテルへ直行しました。

この体験談の続きを読む

出会い系で知り合った熟女がエロ全開!遅漏の僕がフェラでイカされた

フェラチオ
画像はイメージです

 

お願い、トイレでエッチしよう

 

僕は28歳の独身で一人暮らしです。

 

出会い系サイトで、38歳のバツイチ子持ちの熟女と知り合い、仲良くなってきたので、直でメールのやり取りをするようになりました。

 

すると、

 

「エッチ大好き」

 

とか

 

「若くて元気なおちんちんが好き」

 

とか

 

「デート中はずっとイチャイチャしたい」

 

とかメールしてくるんです。

 

彼女はかなりエロ全開でした。

 

僕の写真は写メで送っていて、どうやら僕の顔を気に入ってくれたみたいです。

 

「母性本能をくすぐる顔」

 

て言われました。

 

カッコいいとかイケメンとかいう褒め方じゃないので、喜んでいいものかどうか・・・

 

ちなみに、彼女も写メを送ってくれて、女優の佐藤仁美に似ていると思いました。

 

実際会うまで分かりませんけどね。

 

だけど彼女は、メールではエロ全開でエッチも大好きだって言ってたけど、

 

「セフレ関係は嫌」

 

ってこれだけは頑なに言ってます。

 

「結婚はもう懲りたんで今は考えてないけど、ちゃんとお付き合いしたい」

 

って言います。

 

僕もセフレよりは恋人が欲しかったのでいいんですが、10歳も年上だから付き合うのは難しいとは思います。

 

でもエロ全開な彼女に会いたいし、セックスしたいので、付き合う前提で会うことになりました。

 

遠距離で子供もいるので、会うまで半月ほどかかりましたけど、デートの当日、彼女はスカートの下はノーパンに直にパンストだけという格好で来ました。

 

そういう約束をしてたもんで・・・

 

セフレを嫌がっているくせに、エロモード全開でやってくるんですよね。

 

映画が好きだそうなんで、一緒に映画観たんですけど、観てる間も彼女の手は時々ズボン越しに僕のチンコを触ってきます。

 

(おいおい、いくらエロいって言っても、ちょっと早すぎ)

 

映画に集中できません。

 

席を一番後ろにしてたんで、誰も見てないし、僕も彼女のスカートに手を入れてマンコを弄ってました。

 

彼女はかなり感じやすいみたいで、触る前からすでに濡れていました。

 

パンティー穿いてないので、ひょっとしたらシートに愛液が付いたかもしれません。

 

彼女はすぐに我慢できなくなったみたいで、

 

「お願い、トイレでエッチしよう」

 

なんて言ってきました。

 

(トイレでエッチはちょっと・・・それに一緒に風呂入る約束してるし)

 

トさすがにトイレでのエッチは止めましたが、映画館の近くにラブホテルがあったので、そこに入りました。

この体験談の続きを読む