タグ:騎乗位の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:騎乗位

小学6年のデカチンを友達のお母さんがフェラチオで初射精させて中出しまで

小学生 デカチン
画像はイメージです

 

友達のお母さんが僕の股間に手を・・・

 

僕(尚幸)は小学6年生の時の夏休みに、当時スイミングスクールに通っていた同級生の孝志とそのお母さんの明子さんとの3人で、とある海沿いの旅館に泊りがけの旅行に行きました。

 

旅館に到着して荷物を置くと、すぐに競泳パンツを穿いて海岸に出て泳ぎ始めました。

 

僕も孝志もスイミングスクールでは上級クラスで、海でもお互いにライバル意識しながら、沖にある岩場まで競争したりしていました。

 

すると岩場で孝志が怪我をしてしまい、一旦旅館に戻って病院で診察してもらうことになりました。

 

たいした怪我でなくてホッとしましたが、さすがに泳ぐのは無理なので、2人で海の家で遊ぶことにしました。

 

怪我をした時に助けてくれたガードの人達が、僕達の遊び相手もしてくれました。

 

僕も一緒にカードゲームをしたりしていたけど、やっぱり海で泳ぎたい気持ちが強く、つまんなそうにしていたんだと思います。

 

そんな僕の様子に気付いたのか、孝志のお母さんの明子さんが、

 

「尚ちゃん、せっかく海に来たんだから泳ぎたいでしょ??私とあの岩場まで泳いで競争しない?」

 

と言ってくれました。

 

「孝志はここでお兄さん達に遊んでもらっててね、お兄さん達お願いしますね」

 

と言って、明子さんが僕の手を引いて海岸まで連れていってくれました。

 

「実は私も高校まで水泳やってたんだよ。まだまだ尚ちゃんには負けないと思うよ」

 

と言って明子さんは張り切って泳ぎ出しました。

 

僕もすぐに後を追い、明子さんを追い越して先に岩場に着いて待っていました。

 

「うわぁ~、やっぱり尚ちゃんは早いわね~」

 

と言って、明子さんも岩場に上ってきました。

 

しばらく二人並んで座って会話してたんですけど、突然明子さんが僕に抱きついてきました。

 

しかも、僕の穿いている競泳パンツの股間の膨らみに手を当ててきたんです。

この体験談の続きを読む

たくさんの男性とセックスしてきたけど彼氏のおちんちんが最高です

騎乗位
画像はイメージです

 

大好きな私の家に彼氏が泊まりに来ました。

 

私が彼氏の家に行くことが多くて、まだ今回で数回目です。

 

もう何十回もセックスをしているけど、ここ最近で膣奥が気持ちよくなってきました。

 

女の子のイキやすいポイントって幾つかあると思うんですけど、私は外派です。

 

つまりクリトリスなんですけどね。

 

おちんちんをオマンコに入れられてる最中に、クリトリスが擦れて

 

「気持ちいいっ!」

 

ていう感じだったんです。

 

足を上げられて膣奥をガンガン突かれても、気持ちいいけどイクまでは達しなかったんです。

 

でも最近、騎乗位で膣奥に当たると、痺れるような、頭が朦朧とするような感じになるようになって、オマンコ大洪水になっちゃいます。

 

彼がベッドの端とかと持って体を固定して、おちんちんを突き立てるっていう感じかな。

 

私のベッドはスプリングが利いてて簡単に動くことが出来るんだけど、もう気持ちよすぎてヤバかったです。

 

隣の家に聞こえちゃうんじゃないかな?って思うぐらいでした。

 

気持ちよすぎて喘ぎ声が抑えられなかったんです。

 

最近寒くなってきたので、布団から出ずに私から彼を責めました。

 

キスしてどんどん下がっていって、乳首を舐めたり脇腹を舐めたりします。

 

その最中は、私のおっぱいが彼のおちんちんに当たるようにします。

 

彼のおちんちんは普通よりちょっと太めで、長さも少し長めで形は真っ直ぐです。

 

十人十色じゃないけど、おちんちんの形って男の人によって違うよね。

 

彼氏が大好きってのもあるけど、フェラしてるだけで私まで感じちゃいます。

 

(これが私の中に入ってくるんだ)

 

とか、

 

(めちゃくちゃにされちゃうんだ)

 

とか思って興奮します。

 

ある程度フェラしてから、彼が催促したのでシックスナインの体勢になります。

 

彼はクンニするのもかなり上手なので、何度もイキそうになります。

 

でも、もったいないからイキません。

 

彼がクリトリスを吸ったり柔らかく舐めたりしてきて、もうオマンコがキュンキュンしてました。

 

10分くらいしてて、

 

「もう無理」

 

って言って彼のおちんちんを催促します。

 

最初は正常位でって思ったら、なかなか焦らして入れてくれないんです。

 

クリトリスとオマンコの入り口を、彼のおちんちんでニチャニチャいやらしい音を立てながら擦ってきます。

 

それでも気持ちいいんだけど、早く彼のおちんちんが欲しくって、

 

「焦らさないで入れて・・・」

 

って何度かお願いしちゃいました。

 

体勢をちょっと立て直して、私のオマンコに彼のおちんちんがヌルンって入ってくると、勝手に口から

 

「んぁ・・・」

 

って声が漏れました。

 

彼の下腹部と私のクリトリスがくっついた状態で、おちんちんを私のオマンコにゆっくり出し入れして膣内を味わうかのように動かしています。、

 

クチュクチュ音がして、もっともっと感じてしまいました。

 

私は彼の首に手を回し、私に全体重をかけまいと少し気を使いつつも、二人で息遣いがすごく荒かったです。

 

私は終始感じまくっていて、

 

「あぁん・・」

 

って喘ぎまくりでした。

 

ゆっくり出し入れしつつ、おちんちんで膣中をかき回す彼。

 

オマンコで彼のおちんちんを最大限に感じられる瞬間です。

 

私も勝手に腰が動いて、彼の首に回していた手を、彼のお尻や腰付近を触って、

 

「もっと奥に、もっと奥に」

 

って感じで自分のオマンコを押し当てました。

 

ずっとこうして繋がっていたいです。

 

ずっと彼にオマンコをかき回されていたいです。

 

彼もとても気持ちよさそうにしていました。

 

今度は私が上になります。

 

私は騎乗位がとても弱いんです。

 

おちんちんがオマンコの奥まで入るし、クリトリスは擦れるし、彼は乳首を転がしたり摘んだりするからなんです。

 

あと、彼が私のクリトリスのところに指を置くので、そうされるとすぐにイッてしまうんですよね。

 

今回は、彼のおちんちんを堪能したくて、指を置かないでもらいました。

 

私のオマンコの奥にもっと入ってきて欲しいんです。

 

彼のおちんちんでオマンコをいっぱいにして欲しいんです。

 

そう思って、腰を前後に動かします。

 

めちゃくちゃ気持ちいいです。

 

彼もマットの端を掴んで、おちんちんを突き立ててきます。

 

オマンコ奥の子宮口に当たって、より一層濡れてきます。

 

愛液がグチュグチュ音を立てて、おかしくなりそうでした。

 

気持ちよすぎてもう我慢出来なくって、

 

「いきそうなの、いっちゃう・・・」

 

って彼のおちんちんをオマンコで包んで、クリトリスを擦りあてながら、腰を前後に動かし、

 

「あぁっ!」

 

ってイッちゃいました。

 

その時彼が、

 

「んあっ!」

 

っておちんちんをオマンコから抜きました。

 

彼も射精しました。

 

同時にイったみたいで、ちょっと嬉しいです。

 

彼とのセックスは最高です。

 

今までかなりの男性とセックスしてきました。

 

すごく太いおちんちんの人や、犯されてる感じになるくらい巨根な人もいたけど、やっぱり自分の「気持ち」ってのが一番気持ちよくなれる要素なんだなぁって思います。

 

あと、クリトリスも気持ちいいけど、子宮口におちんちんを擦り付けられると、意識が朦朧とするほど気持ちいいです。

 

今の彼氏とのセックスが一番相性が良いです。

 

今まで付き合った彼氏の中で、一番大好きだからかもしれません。

 

彼氏の事を考えるだけで、オマンコからエッチな汁が出てきて、パンツが濡れてシミ付きパンティになっちゃいます。

 

あ~ん、また彼のおちんちん欲しくなっちゃった。

 

デブで臭いマンコの熟女に逆レイプされたけど名器でしかも何度も中出し

デブで臭いマンコ
画像はイメージです

 

セフレが欲しいという熟女に会ってみると・・・

 

ある日、出会い系で知り合って関係を持った人妻から、

 

「セフレを欲しがっている女性の知り合いがいるんだけど、良かったら会ってみる?40代の人なんだけど、結構な金額のお小遣いくれるってよ」

 

当時、女には困っていませんでしたが、お金には困っていたので1度会う事にしてみました。

 

アドレスを教えてもらい、会う約束を交わました。

 

俺は結構ストライクゾーンが広かったので、40代でも大丈夫だろうとその時は思っていました。

 

約束の当日になり、女性の住むマンションへ向かいました。

 

彼女の名は浩子さんで42歳。

 

5年前に旦那さんを亡くしているそうです。

 

マンションに着くと、わりと大きくて綺麗なマンションでした。

 

オートロックのため、教えられた部屋番号を押します。

 

「はい?」

 

「約束していた○○です」

 

「あっ、今開けますね」

 

扉が開きました。

 

エレベーターで上へあがり、部屋の前へ行き、インターフォンを押すと、

 

「はーい」

 

と中から声が聞こえてきました。

 

ドアが開きます。

 

すると玄関から突然犬が2匹出てきました。

 

そして中にいた女性はというと・・・とても42歳には見えません。

 

(どう見ても50代だろう)

 

と思うぐらいの、外見はマツコデラックスほどではないが、ちょっと老けさせた感じです。

 

長めのスカートに、ピチピチのTシャツを着ていました。

 

3段腹が透けています。

 

正直あり得ません。

 

街で見かけたら思わず噴き出してしまう位の醜さです。

 

直ぐに帰ろうかと思いましたが、紹介してもらった手前、せめて言い訳位して帰る事にしました。

この体験談の続きを読む

中学生の時に逆レイプでヤンキー女子軍団がチンコを擦って跨ってきました

ヤンキー女子 逆レイプ
画像はイメージです

 

ヤンキー女子軍団に連れられて

 

僕が中学の時、女子から男子に逆レイプすることが流行っていました。

 

僕が所属するテニス部でもあったのですが、上級生の女子が下級生の男子を集団で地面に押し倒して、短パンやジャージの上からチンコを擦りまくるというものでした。

 

僕も何度かやられたことがありますが、これをやられた男子は必ず勃起してしまいます。

 

ただ、勃起したことが分かった時点で、解放されていました。

 

いつしかこの光景は、あまり珍しいものではなくなっていましたが、次第にクラスの女子までもが、イタズラ半分にマネをするようになっていました。

 

教室で行われた時は、自分も狙われてしまうせいか、誰も助けてくれないこともあります。

 

しかし、ヤンキー女子軍団に捕まった時は悲惨でした。

 

ある時、旧校舎の付近を友人と歩いていると、3人ほどの先輩女子がやってきて、

 

「ちょっとこっちに来なよ」

 

と言って、僕たちを連れて行きました。

 

そこには女子が7~8人ほど集まっていて、明らかにヤバい雰囲気でした。

 

逃げられないので大人しくしていると、その中の1人が僕たちに、

 

「お前ら、見ててやるから、あたしらの前でオナニーしてみろよ」

 

と言ってきました。

 

当然僕たちは出来るわけもなく、ただ固まっていたのですが、友人の1人が3人ほどに押さえつけられました。

 

すると短パンとパンツを脱がされ、僕たちの前で無理やりチンコをシゴかれ始めました。

 

友人は最初暴れていましたが、しばらくすると泣きはじめて、

 

「うわぁぁっ」

 

と叫んだかと思うと、精液を勢いよく飛び散らせました。

 

そのときにヤンキーの1人に精液がかかってしまったので、僕ともう1人の友人は、短パンの上からチンコを擦られてしまいました。

 

悲しくも、ぼくもあっという間にパンツの中に射精してしまい、とても気持ち悪かったです。

 

しかしあと1人の友人がなかなか射精しなかったみたいで、そのことが女子たちを一層、エスカレートさせたようでした。

 

その友人はなかなかのイケメンで、女子にも人気があったので、ヤンキーの女子たちも前から目を付けていたみたいでした。

 

ヤンキーのリーダー格の女子が、

 

「いただいちゃおうか」

 

というと、いきなり自分のセーラー服のスカートを捲り上げて、ブルマとパンツを脱ぎ出したのです。

この体験談の続きを読む

【淫乱奥さん】病院で知り合った時は清楚なイメージでしたが中出しを求められました

淫乱奥さん
画像はイメージです

 

父の入院で知り合った奥さん

 

親父が検査入院したんですが、胃に腫瘍が見つかってしまい、すぐに手術しなければならなくなりました。

 

幸いにも早期発見だったため大事には至らず、術後の様子見ということで、しばらく経過入院することになりました。

 

個室は差額ベッド代がかかるので、とりあえず大部屋に押し込めたんですが、父は文句言っていました。

 

まあ、文句を言うほど元気な証拠と思って、笑って聞き流していました。

 

隣のベッドには、40代の奥さんらしき女性が、毎日夫のお見舞いに来ていました。

 

毎日顔を合わすうちにいつしか話をするようになり、帰りに僕の車で送るほどになりました。

 

ある日、夫の身の回りの品を買いたいと言うので、帰りにスーパーに寄りました。

 

お礼にお茶でもと言うことになって、駐車場の広いファミレスに入りました。

 

軽食をしながら、他愛もない話をしていましたが、しばらくすると奥さんは、年下の僕に悩みを打ち明け始めました。

 

それは、夫婦2人の生活で子どもはいないので、夫が入院してしまって家に帰っても独りなので、寂しさがストレスになっているとのことでした。

 

だから、

 

「こうして話を聞いてもらえるだけで嬉しい」

 

と言われたので、

 

「年下のこんな僕でよければいつでも話相手になりますよ」

 

と言いました。

 

そして、

 

「それなら明日お見舞いの帰りにちょっとドライブにでも行きませんか?」

 

と誘いました。

 

奥さんは笑顔で、

 

「いいんですか?」

 

と言ってきたので、

 

「もちろんです」

 

と言って早速、明日のドライブが決まってしまいました。

この体験談の続きを読む