タグ:風俗の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:風俗

逆レイプ願望のお客さんに言葉責めしておちんちん強く握ってあげました

ドMな客 手コキ
画像はイメージです

 

ドMなお客さん

 

私は性感エステで働いている風俗嬢です。

 

普段はドMですが、先日変わったドMなお客さんがやってきて、初めてのドS体験をしました。

 

思い出してしまうと眠れないし、いまだに感触が残ってて気持ち悪いです。

 

私の在籍するエステは抜きアリなので風俗ですが、マッサージしておちんちんを手コキするだけです。

 

服は脱ぎませんし、軽い胸のタッチ以外は出来ません。

 

その時のお客さんはほとんどしゃべらないし、最初無愛想だと思っていたら、マッサージして四つん這いでタマタマ付近を撫でていたら豹変しました。

 

「犯してください!」

 

って叫びだして、

 

「強引にいじめてください」

 

って言い出したんです。

 

戸惑いましたけどお客さんなので、とりあえずがんばってみました。

 

乳首を摘んでクリクリしたりして。

 

私は基本ドMなので、キツい言葉も言えません。

 

それにかなりおっとりとした性格です。

 

けど、お客様さんがお望みなので、

 

「どうして欲しいか言ってくださ・・・言えよ」

 

と言ってみました。

 

「仰向けになりたいです、お姉さま」

 

そう言うので仰向けにしました。

 

そこでまた、

 

「犯して!」

 

と叫んできます。

 

私はお金分の働きをすることを決意しました。

 

「ひどい事を言ってください!お姉さんにレイプされたい!乱暴にしてください」

 

と言うので試しに、

 

「恥ずかしい姿して、親が泣くよ」

 

と言いました。

 

そのお客さんは、

 

「はうー」

 

と言って、

 

「目隠ししてー、真っ暗にしてー」

 

と言うので真っ暗にして、タオルで目を隠しました。

 

タオルを巻く時に髪の毛を引っ張り、荒っぽく強引に結びました。

この体験談の続きを読む

女王様に寸止めされチンポもアナルも刺激され連続射精で気が狂いそうでした

女王様 寸止め 連続射精
画像はイメージです

 

女王様の過激なサービス

 

以前、性感ではないSMクラブでM調教された時の話です。

 

鞭、ロウソク、逆さづりでエネマグラなど、かなりハードなプレイだったのですが、少し休憩したあと、後半戦の時に女王様から、

 

「今日はもう後が入ってないんでサービスしてあげるけど時間ある?」

 

と聞かれ、即座に

 

「はい!」

 

と返事をしました。

 

その女王様は3度目だったのですが、

 

「じゃ、面白い事してあげるね」

 

と急に優しい口調に変わりました。

 

(何をされるんだろう)

 

と不安に思っていると、全裸で尻をついた状態で柱に後ろ手に縛られました。

 

(いつもとあまり変わらないけどな)

 

と思っていたら、そのまま足を柱に引き上げるように縛られ、子供のおしっこスタイルみたいな格好にされました。

 

「今から気持ちいいことしてあげるけど、いいと言うまで出したらだめよ!」

 

と言うと、女王様はバイブと手コキを交互に混ぜながら、私を射精へ追い詰めていきました。

 

そのテクニックは怖いほどで、カリから裏スジ、金玉、蟻の戸渡り、アナルまで満遍なく刺激され、すぐに追い詰められました。

 

「だめです。もうイキそうです!」

 

というと女王様は、

 

「じゃ、ゆっくり20数えなさい。それまで絶対イっちゃだめよ!」

 

と優しく言ってくれました。

 

「いーち、にーい・・・にじゅう」

 

我慢しながらやっとの思いで数え終わると、

 

「よく我慢したわねー。じゃあもう一回20数えなさい。そしたらイカせてあげる」

 

でも今度は10を過ぎた所で、もう我慢の限界がきました。

 

「ひーっ、もうだめ!逝っちゃう!逝っちゃう!やめて!バイブ止めて!あー!イクー!」

 

と我ながら情けない声を張り上げていました。

 

女王様は分かっていたみたいで、寸前で手もバイブもサッと離して、

 

「だめよ!まだイッちゃ」

 

と言ってニヤッと笑いました。

この体験談の続きを読む

【M性感】Sだと思っていた俺は風俗嬢にドMの素質があると言われた

M性感
画像はイメージです

 

M性感に行ってきた

 

時々風俗店に行くことがあるんですが、最近は女性主体のエッチな事が好きになってきました。

 

デリヘルかエステで悩んだんですが、でも一人でラブホは恥ずかしいし、自宅に招くのは抵抗があったので、ルームのあるエステを利用する事にしました。

 

ネットで見つけたのは、「M性感」を謳った店でした。

 

「痛い」とか「熱い」のはないと確認したので、早速電話予約しました。

 

指定のマンションに時間通りに行くと、可愛い声が出迎えてくれました。

 

名前はユミちゃんで、女子高生スタイル(ブレザー)に萌え萌えです。

 

赤いチェックのプリーツミニに、さらに萌え萌えの俺。

 

年齢は23歳で、Dカップ。

 

なかなか可愛い子で、当初は60分を予定していたが、90分に変更しました。

 

まずカウンセリングからスタートです。

 

「オプションは何をつけますか?」

 

俺が選んだのは無料だった拘束と、+2000円ののトップレスでした。

 

「マッサージ重視ですか?エロ重視?それともエロのみでいきます?」

 

もちろん、エロのみです。

 

シャワーを浴びて部屋に戻ると、早速ベッドで仰向けになりました。

 

ユミちゃんは、俺が横になるとすぐに服を脱ぎ、トップレス状態です。

 

プリーツミニのみのユミちゃんが俺の横に寝そべると、わざとおっぱいが顔に当たるようにして、手を拘束されました。

 

「90分間、た~っぷり楽しみましょうね」

 

とニコっと可愛い笑顔。

 

手枷に太い鎖って感じで、動かすと重く、ジャラジャラという音がします。

 

両足もその後に拘束され、身動き取れないわけではないですが、起き上がる事はもう無理です。

 

目隠しをされて、いよいよプレースタートです。

この体験談の続きを読む

風俗嬢は顔やスタイルで選ぶな、性格とセックステクニックで選べ

デリヘル ぽっちゃり
画像はイメージです

 

綺麗じゃないけど明るくテクニックのあるデリヘル嬢

 

俺がいつも指名しているデリヘル嬢の奈々から、近々デリヘルを辞めると報告があった。

 

奈々ってのはもちろん源氏名で、この1年で25回以上は指名している。

 

だいたい月2回ほどのペース。

 

奈々からすれば俺はお得意様で、10回指名したぐらいでアドレスを交換し、入りたい前日に直接奈々に連絡して90分の予約をする、そんな関係だった。

 

奈々は正直綺麗とはいえないし、ポッチャリのタイプ。

 

初めて呼んだ時、ホテルのドアを開けて奈々を見た瞬間に、

 

「チェンジ」

 

って喉まで出掛かったもんだ。

 

でも、

 

「こんにちは!奈々っていいます。私でいいですか?」

 

って明るく言われて何も言えずOKしてしまい、

 

(今日はハズレだな・・・)

 

と思った。

 

この店のシステムは、90分¥20000とリーズナブルで、割引チケットを使うと¥19000でしかも本番OK。

 

(この値段でヤレるならいいか・・・)

 

帰り際に、

 

「また指名してね!」

 

と言われて正直迷う俺だったが、

 

「また指名するよ」

 

と言ってしまった。

 

しかし、その後も奈々を指名し続けたのには理由がある。

 

22歳のポッチャリで、おっぱいも本人はDカップと言ってるが、どう見てもCカップぐらい。

 

色白で濡れ具合も良く性格はすごく良いが、巨乳好きの俺としてはちょい不満。

 

だが、特筆するべき点が二つある。

 

それはセックステクニックが上手いこと。

 

私の快感ポイントを始めから知っていたかのようだ。

 

それと時間内なら、コンドーム付きであれば何発でも発射OK。

 

本来なら有料オプションの口内発射もタダ。

 

ほとんどのデリヘル嬢は1回射精すると、シャワーを浴びてとっとと服を着て時間を潰して終了、ようなの女ばかり。

 

ある時奈々に前職を聞いたら、吉原のソープ嬢を1年やっていたが、生中出しのために飲んでいたピルが体に合わず、ソープを辞めてデリヘルへ移籍してきたと言っていた。

 

前ふりが長くなったが、以前に、奈々が風俗を辞めるって決めたら店外で会おうと約束していた。

 

当然社交辞令と思っていた俺だが、まさか本当に連絡があるとはな。

 

馴染み客とはいえ律儀な子だなと思い、私は有給を使って休みを取り、昼前に落ち合った。

 

軽く食事をしてラブホテルに行こうと誘うと、奈々の方から行ってみたかったホテルがあると言いだした。

 

そのラブホは奈々の店の出張範囲外で、1度も行ったことがなかったらしいが、聞いた話だとかなり良いらしい。

 

少し遠かったが了解し、実際に行って見ると外観は綺麗だった。

 

午後2時に到着し、フリータイムの2部で午後8時までいられる。

 

「誠二さん、8時までいいの?」

 

「もちろんいいけど、奈々の時間は?」

 

「今日は休みなんで空いてるよ」

 

「この前、パチンコでちょい勝ちしたから4万ぐらいは出せるけど」

 

「誠二さん、今日は仕事じゃないの。今までたくさん指名してくれたし、あたし唯一の常連さんだから、今日はタダでいいよ」

 

嬉しい事を言ってくれるじゃないか奈々。

この体験談の続きを読む

女子大生ソープ嬢に筆下ろししてもらい、延長して何度も射精しました

ソープランド
画像はイメージです

 

女子大生のソープ嬢が優しくリード

 

僕の初めてのソープランド経験は、高校を卒業して大学に入学した直後でした。

 

3年の先輩にソープ好きな人がいて、その先輩からソープではどんなプレイができて、どんなことしてもらえるのか色々聞いていました。

 

童貞だった僕はソープランドにめちゃくちゃ興味が沸き、その先輩の薦める店に行くことにしました。

 

お金を払い、しばらくすると待合室から呼ばれてソープ嬢と対面し、軽く挨拶します。

 

彼女に誘導されて部屋に入ります。

 

丸顔で若い子でした。

 

部屋が薄暗いせいもあるかもしれませんが、彼女は美人に見えました。

 

その店の制服なのか、彼女の嗜好なのか分かりませんが、深いスリットの入ったチイナドレスでした。

 

部屋に入ってすぐに抱き合ってディープキスをしました。

 

僕のキスがぎこちなかったんでしょう。

 

「ソープに来るのは初めて?」

 

「はい、初めてです。僕、まだセックスの経験がないんです。よろしくお願いします」

 

「まあ、童貞なの?それじゃ今日が筆下ろしなのね。えっ、高校卒業したばかりってことはまだ18歳?本当はここは20歳以上じゃないといけないお店なんだけど、まあ分かんないし、いっか。でも私が筆下ろしできるなんて嬉しい!」

 

嘘か本当か分かりませんが、女子大の4年生だと言っていました。

 

「それじゃ、服を脱いでそのカゴに入れてね」

 

上着とズボンはハンガーに掛けてくれました。

 

「えっと、どこまで脱ぐんですか?」

 

「お風呂に入る時はスッポンポンになるでしょ。パンツまで脱ぎましょうね。やっぱり初めてだから恥ずかしい?」

 

女性の前で裸になったこともないので、確かに恥ずかしかったですが、彼女が湯船にお湯を入れている間に素っ裸になりました。

 

チャイナドレスから見える脚線美だけでも興奮していましたので、チンコはすでにビンビンに勃起していました。

 

彼女が僕のチンコを見て、

 

「まあ、もうこんなに大きくなって、嬉しい!しかも立派なおちんちんね。うふふ、楽しみだわ」

 

彼女は前から私に抱きつくように首に腕を回してきました。

 

「背中のファスナーを下ろして」

 

ファスナーを下ろすだけなのに、女性の服を脱がしているという行為に興奮します。

 

後は彼女が自分で脱ぎます。

 

ブラジャーを取ると、形のいいプリンとしたおっぱいが現れます。

 

パンティーを脱ぐと、薄めのヘアーが現れました。

 

チンコがピクンと反応します。

 

「じゃあ、体洗いましょうね。そこの椅子に腰掛けて。これ、スケベ椅子と言うのよ。知ってる?」

 

まず僕の体にお湯をかけ、ボディーソープを付けたスポンジで、優しくチンコを洗ってくれます。

 

女性に初めてチンコを触られて、もう痛いくらいに勃起していました。

 

それを見て彼女は、

 

「まあ、もうおちんちん爆発しちゃうかもね。最初は女の中でイキたいでしょう?先にまずセックスしましょうね。そしてその後でゆっくり楽しみましょう」

 

彼女はマットを素早く用意し、その上に私を仰向きに寝かせました。

 

私の上に彼女が跨がり、チンコを手に添えてオマンコの割れ目にあてがい、ゆっくりと上から腰を下ろすと、ズブズブとオマンコの中にチンコが沈んでいきました。

この体験談の続きを読む