タグ:顔射の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:顔射

【小学4年生の姪に顔射】一緒に風呂に入ってオマンコを洗いフェラしてもらうと…

小学4年生の姪に顔射
画像はイメージです

 

姪と風呂に入りました

 

僕は27歳独身で、実家で両親と一緒に住んでいます。

 

34歳の姉が離婚して、小学4年生の娘を連れて実家に帰ってきて半年が経ちました。

 

姪は実家にやってきたころは、すぐに姉の後ろに隠れていました。

 

しかし、両親や姉が旅行や仕事でいなかった夜に、僕と一緒に風呂に入ったことで打ち解けてくれるようになり、甘えてもくれるようになりました。

 

でもその日以来、僕と姪の二人しかいない時間があると、

 

「一緒にお風呂入ろ~」

 

と姪がおねだりするようになったのです。

 

原因は分かっています。

 

最初に風呂に一緒に入った夜に、姪の体を丁寧に洗ってあげたんです。

 

ボディシャンプーを手につけて、小学4年生のオマンコを揉むようにして指の腹を何度も往復させました。

 

最初のうちは笑ってくすぐったがっていた姪も、しばらくすると腰を引いたり足を震わせたりしていました。

 

気持ちよかったんでしょう。

 

イクまではやりませんでしたが、それで目覚めてしまったみたいなんです。

 

姪をはじめてイカせたのは、3ヶ月ほど前のことです。

 

一緒に風呂に入るのは、10日ぶりぐらいでした。

 

体を洗ってやろうとすると、普段は座っている僕の前に立つのに、その日は僕の膝の上に座って、背中を僕にもたれかけます。

 

「どうしたの?」

 

と聞くと、

 

「カラダをくっつけて動かしたら、いっぺんに二人ともキレイにならないかな?」

 

と言い出しました。

 

僕は手にボディシャンプーを取り、後ろから抱きすくめた格好で、姪のまだほとんど膨らんでいない胸や、お腹を撫でまわします。

 

姪は背中にシャンプーをつけ、円を描くように背中を動かしました。

 

姪の息が荒いのは、体を動かしているためなのか、それとも気持ちいいのか・・・

 

僕は調子に乗り、膝に姪の足をかけさせ、大股開きにさせました。

 

嫌がるかと思いましたが、姪は背中を動かし続けています。

 

小さな姪の肩越しに姪のオマンコをみると、普段は隠れているクリトリスが、V字型に開いたオマンコの真ん中にちょこんと突き出しています。

 

手をお湯でゆすいで、3本の指で開いたオマンコを包むようにしました。

 

なんと濡れていました。

この体験談の続きを読む

彼女がいる男子のチンポを射精に導かせる女子高生の方法と結末(下)

顔射
画像はイメージです

 

(前回の続き)

 

↓ ↓ ↓

 

 

私が初めての人になってあげる

 

<月曜日>

 

再び志穂が来た。

 

気まずい雰囲気で会話をしていると、志穂は恵理香がくれたスポーツタオルに気づいて恨めしそうな目で見ていた。

 

そして再び俺のチンポを触ってくる。

 

「もうやめようよ」

 

志穂は、

 

「この前のこと、恵理香に話しちゃおっかな?」

 

と脅してくる。

 

「浩次君の右腕、すぐ邪魔しにくるからじっとしててもらわないとね^^」

 

俺の右手首をスカーフのようなものでグルグル巻きつけると、ベッドの格子に縛り付ける。

 

そしてズボンとパンツを下ろされ、チンポを扱きだす。

 

すぐさま反応して勃起状態へ。

 

「私の手で感じてくれてる浩次君って可愛い^^」

 

シュコシュコシュコシュコ・・・。

 

俺はすぐにイキそうになった。

 

「で、出ちゃう・・・お願い、もうやめて」

 

俺がそう言うと志穂は手を離して、信じられない行動へ出た。

 

スカートの中に手を入れて、パンツを脱ぎ出したのだ。

 

「な・・・何するの・・・?お願いだからやめようよ」

 

「浩次君って童貞でしょ。私が初めての人になってあげる^^」

 

俺に跨ってチンポを掴んでマンコに宛てがい、ゆっくりと腰を沈めてくる。

 

「だ、だめだってば・・・」

 

ニュル・・・。

 

「ほらっ、入ったよ^^」

 

志穂は処女じゃなかったが、そんなことはどうでもいい。

 

それよりもこの快感がすごい。

 

2~3回腰を上下されると、たちまち射精感が。

 

「で、出ちゃうよ・・・お願いだから抜いて」

 

志穂「いいよ、出して。私、浩次君の子供なら産んでもいいよ^^」

 

腰の動きが速くなった。

この体験談の続きを読む

女子高生狙いのはずが欲求不満の母親に誘われてエッチしたらハマりました

人妻
画像はイメージです

 

女子高生目的だったけどその母親と…

 

僕が大学生の時の話です。

 

僕の住んでいるアパートの近くにあった床屋には、とても可愛い高校生の娘で奈々ちゃんという子がいました。

 

僕はその女子高生と仲良くなりたかったので、その床屋に通っていました。

 

奈々ちゃんは時々家を手伝っていて、タオルの準備や床に落ちた髪の毛の掃除などをしていました。

 

ある日、髪を切りにその床屋へ行くと、お母さんだけしかいませんでした。

 

そのお母さんもまた、ショートカットでいつもニコニコしていて可愛く、奈々ちゃんにはない大人の色気があります。

 

「今日は奈々ちゃんはいないんですか?」

 

髪を切ってもらいながらそんな話をすると、

 

「残念でした~、奈々はお父さんとお出かけしてるの」

 

とニコニコと笑うお母さん。

 

「奈々ちゃんって彼氏いるんですか?」

 

と聞くと、

 

「いるわけないじゃない、まだ高校生よ!」

 

と優しく叱られました。

 

「奥さんだって奈々ちゃんに負けないくらい可愛いからモテたでしょ?高校生の頃だって彼氏いたんじゃないですか?」

 

「ヤダ、可愛いだなんて・・・大学生のクセに生意気ね」

 

と笑いながら髪の毛を引っ張られましたが、嬉しそうです。

 

「奈々ちゃんって、奥さんがいくつの時のお子さんですか?」

 

と聞くと、

 

「そうやって私の年齢を知ろうとしてるわね?うまいわね~」

 

「ハハ、バレましたか・・・でも奥さん本当に色っぽくて可愛いですよ」

 

と言うと、

 

「奈々を産んだのは早かったの、私が19の時の子よ、だからもう今年で35なの」

 

そして名前も奈美さんという事が分かりました。

 

「旦那さんとは、だいぶ年が離れてそうですけど」

 

「主人は今年で50よ、いや~ね、若いころは年上の男性に憧れてたの」

 

と笑う奈美さん。

 

そんな話をしていると、奈美さんが、

 

「T君は彼女いるのかな?」

 

「いませんよ・・・ホント言うと奈々ちゃんと付き合いたいぐらいです」

 

「もぉ、すぐ奈々の話になるのね」

 

とまた髪の毛を引っ張られました。

 

「ねぇ、彼女いないって事は・・・どうしてるの?」

 

と僕の耳元で鏡越しに語りかける奈美さん。

 

「ど、どうって?」

 

と言った僕の顔は真っ赤になってました。

この体験談の続きを読む

【中学生を筆下ろし】女教師の肉感ボディーに欲情した生徒が巨根だった

女教師
画像はイメージです

 

先生が見ててあげるからオナニーしてごらん

 

筆下ろしをしちゃった体験談ですが聞いてください。

 

私は、中学で音楽の教師をしています。

 

夏休みのある日、学校内でピアノの練習をしていました。

 

ピアノを弾くのに集中してしばらく気づかなかったんですが、後ろに人気を感じて、振り向くとE君がいました。

 

E君はじっと私を見つめています。

 

そして、E君がいきなり言ってきたんです。

 

「僕、先生の胸とか、お尻が気になって、まったく勉強が手につかないんです。どうしたらいいのか、分かんなくて」

 

確かに私は、バスト92cmのFカップで、お尻も93cmなので、肉感的な体だとは思っています。

 

決して美人ではないのですが、この体のおかげか男性に言い寄られたことは何度かあります。

 

E君にそう言われて一瞬困惑しましたが、エッチなこと言ってからかってきたんだと思い、乗ってみることにしたんです。

 

「先生のこと想像して、毎日オナニーしてから勉強すればいいんじゃないの?」

 

するとE君は、

 

「毎日・・・してるんです、でもそれでも、モヤモヤが残って・・・我慢できなくて」

 

って言うんです。

 

しかもE君の股間は、すでにズボンの中で勃起しているみたいで、盛り上がっているのが分かりました。

 

その時に私は、

 

(この子は本気だ)

 

と思いましたが、いきなりのことでどうしていいかわからず、

 

「じゃ、ここでオナニーしてごらん、先生が見ててあげるから」

 

と、つい変なことを言ってしまったのです。

 

そしたらE君は本当にズボンとパンツを下ろして、勃起したおちんちんをシコシコし始めちゃったんです。

この体験談の続きを読む

勃起チンポに豹変したお局様の濡れマンコを散々焦らして挿入してやった

露天風呂
画像はイメージです

 

露天風呂は混浴だった

 

僕は27際のサラリーマンです。

 

以前努めていた会社が倒産してしまったため、再就職先を探していたところ、ようやく採用してもらえることができました。

 

その会社では、総務課へ配属されました。

 

周りは女性社員ばかりで、男性は課長のオッサンだけです。

 

女性だらけの部署で正直ラッキーだと思っていました。

 

初めのころは…

 

それは、再就職してから、3ヶ月ほど経ったころのことでした。

 

同じ部署内のお局様(良子、37歳、独身)が、

 

「あ~あ、最近疲れたわ!今度の休みは温泉にでも行かない?美味しいもの食べてのんびりしようよ」

 

と言い出しました。

 

「いいですね!行きたい、行きたい!」

 

と他の取り巻き連中2人(美香、31歳、既婚、由香里、29歳、独身)が同調しました。

 

それは別にいいのですが、

 

「幸雄くん、一緒に連れて行ってあげるから予約とかお願いねぇ!頼んだわよ」

 

と、まさか僕まで誘われるとは思いませんでした。

 

誘われるというよりは、面相なことを僕に押し付けてきただけですけどね。

 

僕は反論することなく適当な旅館を予約し、いよいよ旅行当日になりました。

 

「幹事さん、荷物持って!こんな美人だらけの職場に来れて幸せよねぇ!はい、荷物お願い!皆も持ってもらえば?男なんだから大丈夫よねぇ!」

 

お局の良子は遠慮なく言ってきます。

 

ほとんど命令です。

 

確かに美人ではあるのですが、普段から僕のことを小馬鹿にした態度を取っています。

 

僕は荷物を持たされながら、やっとの思いで宿に着き、チェックインしました。

 

そしたら一息つく暇もなく、呼び出されてしまいました。

 

「ねぇ、疲れたからマッサージしてちょうだい!」

 

良子は言いました。

 

(疲れたのは俺の方だ)

 

と思いながらも、僕は仕方なく良子の肩を揉みました。

 

「変なとこ触らないでよ。あなたは、私達の幹事なんだから、言われたことを守るのよ。分かった?粗チン君」

 

取り巻きの美香や由香里もキャッキャッと笑います。

 

「えぇ~?良子さんいつ見たんですか?一人だけずる~い!本当に粗チンなの~?」

 

二人は笑いが止まりません。

 

「見るわけないじゃない!想像よ、想像。パッとしない男は粗チンが多いって言うじゃない?」

 

また私を小馬鹿にして遊ぶつもりだったのです。

 

確かに僕はパッとしないし、言い返す度胸もないので、ひたすら耐え、その場をやり過ごしました。

 

やっと解放された僕は、露天風呂に入りに行きました。

 

そこはなかなか立派な露天風呂で、他には誰もおらず、一人でゆっくり入って寛いでいました。

 

(しかし、あいつらはムカつく連中だな。いつか仕返ししてやりたいな)

 

などと考えていました。

 

すると脱衣所で何やら声が聞こえてきます。

 

明らかに女性の声です。

 

「良子さん、スタイルいいですね!腰がくびれてるぅ!」

 

(やっぱり!)

 

あの三人が入ってくるのです。

 

そう、この露天風呂は混浴だったんです。

この体験談の続きを読む