タグ:露天風呂の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:露天風呂

【初射精】小学生の時おばさんのおっぱいに興奮して勃起したら手で握ってくれた

初射精
画像はイメージです

 

うるさいおばさん

 

僕が小学6年生の時、家族で温泉旅行に行きました。

 

泊まった温泉旅館は古かったけど、風呂はたくさんありました。

 

子供だったのでお風呂がいっぱいあるのが嬉しくて、片っ端から入っていましたが、夕食の時間が近づいたので一旦上がり、夕食後にまた入りにいきました。

 

というのも大浴場の奥に、”洞穴風呂はこちら”という表示を見つけていたので、

 

(あとで絶対に行こう)

 

と決めていたのです。

 

洞穴風呂は、大浴場の男湯から少し離れた露天でした。

 

入るまで気付かなかったんですが、実は混浴でした。

 

女湯からはすぐ行き来出来るらしいんです。

 

僕が行った時は、爺さんが一人で湯船に浸かっていました。

 

お目当ての風呂はというと、これが期待外れでした。

 

洞穴といっても大して奥行きはなく、崖下の窪みにショボい岩風呂があるだけです。

 

お湯が何筋か、岩の割れ目から滝のように湯船へ注いでるのは珍しかったんですが、もっとワクワクする何かがあると思ってた僕にすれば、肩透かしもいいとこです。

 

窪みの奥まで行ってみましたが、小さな鳥居みたいなのが飾ってあるだけです。

 

仕方ないんでお湯が落ちてくる所を見てやろうと岩によじ登ってみました。

 

すると、

 

「ちょっとボク!そんな所に登っちゃ危ないでしょ!」

 

という険しい声に驚いて落ちそうになりました。

 

(不意に声かける方が危ないだろっ!)

 

と思いましたが、見ると洗い場におばさんが立って僕を見ていました。

 

無視しても良かったんですが、おばさんはちょっと怒ってる感じなんで、渋々岩から降りました。

 

降りてしまうとすることもないので、せっかくだから湯船に浸かることにしました。

 

爺さんはいつの間にかいなくなってて、さっきのおばさんが独りで入っています。

 

軽くかかり湯して、少し離れた所にザブンと飛び込みました。

 

「ほらボク!お湯にタオル浸けちゃダメじゃないの!」

 

「えっ…?」

 

「マナーなのよ、入り口の所にも書いてあるの見なかったの?」

 

また厳しい声が飛んできました。

 

書いてあるって言われたって、洞窟に浮かれた小学生がそんなもの見るわけありません。

 

というか、いちいち「ボク」と呼び掛けるのが、なんかガキ扱いされてるようでちょっとムカッときました。

 

まあ、ガキなんですけど…

 

「あ…はい、ごめんなさい」

 

僕はおとなしくタオルを湯船の脇に置きました。

 

いくらムカついても、あの手のおばさんが相手だと、母親に叱られてるみたいで言い返せません。

この体験談の続きを読む

勃起チンポに豹変したお局様の濡れマンコを散々焦らして挿入してやった

露天風呂
画像はイメージです

 

露天風呂は混浴だった

 

僕は27際のサラリーマンです。

 

以前努めていた会社が倒産してしまったため、再就職先を探していたところ、ようやく採用してもらえることができました。

 

その会社では、総務課へ配属されました。

 

周りは女性社員ばかりで、男性は課長のオッサンだけです。

 

女性だらけの部署で正直ラッキーだと思っていました。

 

初めのころは…

 

それは、再就職してから、3ヶ月ほど経ったころのことでした。

 

同じ部署内のお局様(良子、37歳、独身)が、

 

「あ~あ、最近疲れたわ!今度の休みは温泉にでも行かない?美味しいもの食べてのんびりしようよ」

 

と言い出しました。

 

「いいですね!行きたい、行きたい!」

 

と他の取り巻き連中2人(美香、31歳、既婚、由香里、29歳、独身)が同調しました。

 

それは別にいいのですが、

 

「幸雄くん、一緒に連れて行ってあげるから予約とかお願いねぇ!頼んだわよ」

 

と、まさか僕まで誘われるとは思いませんでした。

 

誘われるというよりは、面相なことを僕に押し付けてきただけですけどね。

 

僕は反論することなく適当な旅館を予約し、いよいよ旅行当日になりました。

 

「幹事さん、荷物持って!こんな美人だらけの職場に来れて幸せよねぇ!はい、荷物お願い!皆も持ってもらえば?男なんだから大丈夫よねぇ!」

 

お局の良子は遠慮なく言ってきます。

 

ほとんど命令です。

 

確かに美人ではあるのですが、普段から僕のことを小馬鹿にした態度を取っています。

 

僕は荷物を持たされながら、やっとの思いで宿に着き、チェックインしました。

 

そしたら一息つく暇もなく、呼び出されてしまいました。

 

「ねぇ、疲れたからマッサージしてちょうだい!」

 

良子は言いました。

 

(疲れたのは俺の方だ)

 

と思いながらも、僕は仕方なく良子の肩を揉みました。

 

「変なとこ触らないでよ。あなたは、私達の幹事なんだから、言われたことを守るのよ。分かった?粗チン君」

 

取り巻きの美香や由香里もキャッキャッと笑います。

 

「えぇ~?良子さんいつ見たんですか?一人だけずる~い!本当に粗チンなの~?」

 

二人は笑いが止まりません。

 

「見るわけないじゃない!想像よ、想像。パッとしない男は粗チンが多いって言うじゃない?」

 

また私を小馬鹿にして遊ぶつもりだったのです。

 

確かに僕はパッとしないし、言い返す度胸もないので、ひたすら耐え、その場をやり過ごしました。

 

やっと解放された僕は、露天風呂に入りに行きました。

 

そこはなかなか立派な露天風呂で、他には誰もおらず、一人でゆっくり入って寛いでいました。

 

(しかし、あいつらはムカつく連中だな。いつか仕返ししてやりたいな)

 

などと考えていました。

 

すると脱衣所で何やら声が聞こえてきます。

 

明らかに女性の声です。

 

「良子さん、スタイルいいですね!腰がくびれてるぅ!」

 

(やっぱり!)

 

あの三人が入ってくるのです。

 

そう、この露天風呂は混浴だったんです。

この体験談の続きを読む

女子大生の露天風呂を覗いてるのがバレた中学生の僕はチンコを弄られ…

女子大生
画像はイメージです

 

露天風呂覗きがバレて謝罪するハメに・・・

 

僕は東北の田舎育ちで、あれは中学2年生の時でした。

 

僕の育った田舎にはスキー場や旅館があり、冬のシーズンでは観光客で混雑するような、そんな地域でした。

 

冬になったら、旅館やホテルに若い人を中心に沢山の人が泊まりに来ていました。

 

旅館には当然露天風呂がありますので、土地勘のある僕と友達数人とで、時々露天風呂に覗きに行っていました。

 

寒い中、あの日も友達4人とこっそり忍び込み、死角になったいつもの覗きポイントへ行きました。

 

おばちゃんばかりの時も多く、当たり外れがありますが、その日は大当たりでした。

 

なんと女子大生と思われるグループが入浴中のラッキーな時間帯でした。

 

しかも入浴しているのは4人の女子大生だけという状況で、その女子大生達はお互いのおっぱいを揉み合ったり、オマンコに手を滑り込ませたりして悪ふざけで遊んでいました。

 

その眺めはとてもエロく見え、中2男子には刺激が強く堪りませんでした。

 

しかし幸福な時間も束の間で、普段から度々覗いていたため、目を付けられていた旅館のオヤジに見つかってしまいました。

 

「こらー!」

 

という怒鳴り声が聞こえたその瞬間、皆大慌てで一目散に逃げました。

 

もちろん僕も逃げましたが、足の遅い僕は1人だけ捕まってしまいました。

 

散々説教されて、

 

「お客様のところに一緒に謝りに行くぞ!」

 

と、覗いていた女子大生の部屋まで、旅館のオヤジに引き連れられて行きました。部屋をノックすると、

 

「はーい」

 

と若い女性の声がしました。もう恥ずかしさと緊張で逃げ出したい気分でした。

 

しかし、手遅れです。無情にもドアとふすまは開けられ、オヤジが、

 

「夜分に大変失礼致します。こいつが先ほど覗いていた犯人です」

 

と僕の頭を抑えながら言いました。僕は、

 

「の、覗いてしまいました。ごめんなさい!」

 

と、何度も頭を下げて謝りました。

 

しかし女子大生の4人はケラケラ笑って、

 

「謝って済む問題じゃないわね。どうしようかな?」

 

と協議し始めました。旅館のオヤジは

 

「まだ子供ですし、きつく叱って本人もこうやって反省してますので・・・」

 

と一緒に頭を下げてくれました。女子大生達は、

 

「せっかく旅行にきて警察沙汰にするのもなんだし、全員にみっちりとマッサージする事で許してあげようかな」

 

と言いました。僕は、

 

「はい!何でもやります」

 

と答えました。旅館のオヤジも、

 

「親御さんには内緒にしてやるから、十分に謝罪していきなさい」

 

と言い、僕を残して部屋を出て行きました。

 

僕はオロオロしてどうしていいか分からず、顔を上げられなくてうつむいていました。

女子大生の1人が、

 

「どうしたの?こっちに来なさい」

 

と僕を呼びつけました。近づいて正座し、うつむいていました。

 

すると、女子大生4人が一斉に大爆笑です。

 

「ケラケラ、キャハハ」

 

と大笑いしだして・・・僕は何が何やら分からず戸惑いました。

 

すると女子大生の1人が、

 

「キミ、中学生?」

 

と聞いてきたのです。

 

「はい、中学2年です」

 

「いつも女湯を覗いてるの?」

 

「いつもじゃないです。たまに・・・」

 

「僕達の裸見たんでしょ?興奮した?」

 

「!!!」

 

「怒ってるんじゃないわよ、安心して。女の裸は興奮した?どう?」

 

「こ、興奮しました。綺麗だし凄くエッチでした。」

 

と正直に答えました。

 

他にもいろいろ聞かれましたが、観念していたので正直に答えていました。

この体験談の続きを読む

一人旅行で知り合った可愛い女子大生と友達の目を盗んでセックスした

洗面所セックス
画像はイメージです

 

一人旅の俺と4人の女子大生

 

俺は大学4年の時、一人旅行が好きであまりお金をかけずに、国内を旅していました。就職も決まりこつこつ貯めたバイト代で、今しかないと思ったからです。

 

常に1人で行くわけですが、なるだけローカル線に乗ったり安い旅館を利用していました。夜行バスもしょっちゅう利用しました。

 

そんな中である体験をしました。

 

仙台へ向かった時の事です。新宿を深夜0時に出ると、朝方6時ぐらいに到着する夜行バスです。

 

バスに乗車するとラッキーだったのか、周りには女の子の仲間4人組が乗っていました。俺と同じく大学生みたいで、4人で温泉旅行に行くのだそうです。

 

別に普通に乗ってるだけなら仲良くなる事なんてほとんどありません。

 

でもこれまでも何回か経験あるんですが、トイレで立ち寄るサービスエリアが狙い目になったりするんです。

 

この時もそうでした。

 

4人組は楽しいのかお酒やお茶を結構飲んでいたのでしょう。深夜のサービスエリアで2人がトイレに行きたくなったようです。

 

深夜の人気のないサービスエリアって、意外と怖いものです。

 

「ねえ、トイレ行こうよ~」

 

「やだぁ、暗くて怖いじゃん」

 

「えぇ~、お願い、一緒に行こうよ~」

 

「もう、我慢しなよ~」

 

俺は煙草を吸いたかったので、チャンスとばかりに話し掛けました。

 

「俺も煙草吸いに行くんで一緒に行きましょうか?」

 

「えっ?イイんですかぁ?」

 

「よかったぁ~」

 

「じゃアタシも行く」

 

「アタシも~」

 

結局4人ともトイレに行く事になったのです。

 

それがきっかけでワイワイ喋るようになったんですが、彼女たちは予想通り都内の大学生でした。俺が

 

「一人旅なんだよ」

 

と言うと、何処に泊まるのか、何処に行くのかいろいろと聞いてきました。

 

4人の中で特に可愛い子がいて、名前は真理子と言ってました。俺と同い年で彼女の出身は福島だそうです。

 

もう就職先も決まったから暇なんだと言ってました。

 

バスに戻ると眠くなってウトウトしていました。多分4時頃だったと思います。トイレに行きたくなったので、運転手さんに聞いてみました。

 

そしたらもう少しのところでパーキングエリアがあるから、そこに寄ってくれることになりました。

 

俺がシートに戻ると、後ろから肩を叩かれました。真理子です。

 

「トイレ?」

 

「うん、運転手さんに聞いたらもうすぐパーキングエリアだって」

 

「じゃアタシも行こうかな」

 

「あぁ、じゃ一緒に行くか」

 

運転手さんは自分も休憩したいから

 

「ゆっくり戻ってイイよ」

 

と言っていただけました。トイレに行った後、缶コーヒーを買って煙草タイムです。そこに真理子が寄ってきて、2人でおしゃべりしながら一息ついていました。

 

「友達4人で温泉旅行なんて楽しそうだね」

 

「やっとみんな内定貰ったんでようやく行けるのよ」

 

「俺はいつも1人だから羨ましいな~」

 

「彼女と行かないの?」

 

「いや、彼女いないし」

 

「へえ、そうなんだ!全然そんな風に見えないけど」

 

「っていうかそっちも彼氏と行かないの?」

 

「彼氏まだ就職決まってないの」

 

(やっぱりこんな可愛い子にはそりゃ彼氏ぐらいいるよな~)

 

と少しガッカリしました。

 

温泉旅館の話をしている内に、俺もなんだか温泉に行きたくなってきました。

 

「俺も温泉行こうかな。俺がその旅館に行ったら、みんなで呑もうよ!」

 

「イイよ~!」

 

ちょっと仲良くなれた感じがしたのでスパッと言ってみました。ニッコリとOKしてくれたので嬉しくてハイテンンションになりました。

 

そしてバスに戻り、仙台に到着してから別れました。

 

バスの中で聞いた温泉旅館をネットで検索すると、意外と安い宿みたいなんです。俺はいつも素泊まりだからちょっとばかし奮発したら良いだけです。

 

携帯も聞かずに別れたので、多少の不安はありました。突然行ったら

 

(なにコイツ?)

 

みたいに思われるんじゃないかと。社交辞令でOKって言われたけど、まさか本当に来るとは思わなかったとか良くある話なので。

 

それでも下心が勝っているので、腹をくくって向かってみました。

この体験談の続きを読む

露天風呂で中学の同級生女子に手コキとフェラチオされた

露天風呂
画像はイメージです

 

混浴の露天風呂に女子のクラスメイトが

 

僕が中学3年の時、近くですが家族みんなで温泉旅行に出掛けました。その旅館はバラエティーに富んだお湯があって、しかも混浴だったのです。

 

夜中の2時ぐらいまで、兄と卓球をして遊んでいたのですが、さすがにフラフラになってしまったので、兄は部屋に戻って寝ましたが、僕は

 

(露天風呂に入ってから寝よう)

 

と思ったので、もう深夜でしたが露天風呂に一人で足を運びました。

 

露天風呂には誰一人として居なかったので、汗を流し、体を洗って素早く湯に浸かりました。そのタイミングで、脱衣場の方から女子の声が耳に入りました。

 

そこは、家からもわりと近い旅館だったので、近くの人が来ても珍しくはないですし、連休を活用してクラスメイトの女子が、

 

「連休の日に○○旅館に行こうよ」

 

という風に話していたので、まさかと思っていたらそのまさかで、同じクラスの真美と千佳がタオルで体を隠しながら露天風呂に入ってきました。

 

(あちゃー、まじかよ)

 

と思っていると真美が、

 

「あれ~、圭介がいるじゃん!何で?」

 

と言いました。僕は内心ドキドキしましたが、気持ちを落ち着かせて

 

「家族で温泉旅行に来たんだよ」

 

と言いました。真美は

 

「へ~、そーなんだ」

 

と言ってましたが千佳は、

 

「こんな近くで家族旅行なの?」

 

と半ば驚いた様子で笑っていたんです。クラスの中でもかなり可愛い方の真美と、千佳の裸(タオルで隠してはいるけど)を見た僕のチンコは興奮でかなりビンビンでした。

この体験談の続きを読む