タグ:部活の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:部活

高校時代に僕は女子から逆レイプされて射精させられる毎日でした(2)

強制せんずり
画像はイメージです

 

(前回の続き・・・)

 

↓ ↓ ↓

 

 

無理やり合宿に参加させられ強制せんずり

 

そして僕は2年生になりました。

 

2年のある時期に、テニス部だけで合宿をすることになりました。

 

テニス部の男子部員はいまだに僕だけで、他2名の男子部員の名前はあるのですが、幽霊部員のままでした。

 

どうも聞くところによると、他の男子部員2名も僕と同様に、入部してからすぐに逆レイプされていたようなんです。

 

僕と一緒で、顧問の先生がいない時にフルチンで部活をやらされたり、テニスコートの中で2人を寝かせて、シックスナインをさせたりしていたみたいなんです。

 

僕は入部した頃は毎日部活に行っていませんでしたから、知りませんでした。

 

どうして他の生徒や先生にばれないのか、不思議に思われると思うので説明しますと、テニスコートは校舎からかなり離れた場所にあります。

 

だから、他の部活の生徒たちや、先生たちには見つからなかったんです。

 

しかもちょっと高台にありましたし、顧問の先生が来るときは事前に分かっていましたから。

 

それで話を戻しますと、僕は合宿に参加すると、ずっと逆レイプされるかもしれないので、参加したくなかったんですが、それを先輩たちは察して脅迫してきたんです。

 

「もしも参加しなかったらどうなるか分かってんだろうな」

 

的なことです。

 

僕が1年生だった時に、3年生の先輩女子に逆レイプされた時の写メを撮られていたし、3年生の先輩達が卒業した後は、その写メを新3年生に送信していたんです。

 

つまり、同じネタで脅され続けているんです。

 

ばら撒かれたくないので、僕は仕方なく合宿に参加することにしました。

 

1日目は顧問の先生がずっといたので、何事もありませんでした。

 

しかし、2日目のお昼に先生がいなくなった2時間ほどの間、僕は合宿所の裏手の方に連れて行かれて、せんずりさせられました。

 

20人近くの女子が凝視している前での公開せんずりでした。

 

先生が戻って来るまでの間に、3連続でせんずりさせられました。

 

女の子が持参していたローションを亀頭に塗られ、亀頭を出したり戻したりする皮オナニーでやらされました。

 

ローションのヌルヌルとチンポの皮で亀頭が刺激され、見られて恥ずかしいんですけど気持ちいいんです。

 

あっという間に射精してしまいました。

 

次の日からも先生がいなくなる時間には、女子達の前で強制ローションせんずりをさせられました。

 

入部したばかりの1年生女子達もいるので、凄く恥ずかしかったんですが、歓声を上げる子はいても、恥ずかしがって目を逸らすような子は一人もいませんでした。

 

5日間の合宿中には、先生にばれないように、女子達にせんずりばかりさせられました。

この体験談の続きを読む

高校時代に僕は女子から逆レイプされて射精させられる毎日でした(1)

強制せんずり
画像はイメージです

 

包茎を馬鹿にされて扱かれました

 

僕の通っていた高校は男女比が1:9で、クラスに男子が4、5人くらいしかいない商業高校でした。

 

当然のごとく女子が主導権を握っていました。

 

入学してからすぐに、3年生の女子5人に声をかけられました。

 

とてもヤンキーとはいえない、可愛い女子達でした。

 

僕は卓球部に入るつもりだったんですが、先輩女子達は、自分達の所属しているテニス部に入部するように誘ってきたんです。

 

部員が少ないし、男子も少ないからということでした。

 

「とりあえず話だけでも聞いて」

 

としつこかったので、話だけならとテニス部の部室に付いて行くと、中から鍵をかけられてしまいました。

 

怖くなったので部室を出ようとしたら、先輩女子達が、いきなり僕の服を脱がし始めました。

 

すぐに素っ裸にされて、包茎チンポを見られて馬鹿にされました。

 

そのあと、先輩女子5人に代わる代わるチンポを扱かれ、射精させられました。

 

それだけじゃなく、僕がテニス部に入ると言うまで止めてくれず、3回続けて射精させられました。

 

僕は辛くて泣きそうでしたが、その様子を楽しそうに見ていて、射精し終わって萎えた僕の包茎チンポや、飛び散った精液の写メをたくさん撮られました。

 

「テニス部に入らなかったら写メをバラ撒く」

 

と脅迫されて、仕方なくテニス部に入部することになりました。

 

入部してからも写メをネタに脅され、女子テニス部員15人の前で、全裸せんずりショーをやらされたりました。

 

女子の中に、小学5年生の弟がいる子が僕のチンポを見て、

 

「弟のおちんちんと同じ」

 

とか言われて悔しかったです。

 

女の子達にチンポを扱かれる時、手を上下させるたびに、亀頭が出たり隠れたりするのを面白がっていました。

 

皮オナニーと同じで亀頭が刺激されるので、すぐに気持ちよくなって射精してしまいます。

 

でも寸止めを10回以上された時なんかは、我慢汁が出まくって女子達の手が汚れていましたが、別に嫌がる様子もなく、面白がって扱いていました。

 

扱くたびに、ニチャニチャといやらしい音がしていました。

この体験談の続きを読む

女子プロレスを真似てムカつく男子を無理やり解剖しました

男子部員を逆レイプ
画像はイメージです

 

ムカつく男子部員をひん剥くと勃起していた

 

私が高校生のころですが、当時は女子プロレスが流行っていました。

 

陸上部だった私は高跳び用のマットで、他の部員と女子プロレスのマネごとをしょちゅうやっていました。

 

最初のころは、技をかけあったりしてじゃれあっていたくらいでしたが、何度もやっているうちに胸を揉んだり、体操服を脱がせてブラジャーを公開させたり、運動服を脱がしてブルマ姿にしたりと、徐々にエスカレートしていきました。

 

要するに、プロレスは関係なく、「解剖」の場になっていたんです。

 

暗黙の了解で、ちょっとムカつくような子に的を絞って狙うバトルロイヤルなどもやっていましたが、これはだいたいは後輩の女子をみんなで懲らしめる感じでした。

 

しばらくしてから男子部員も好奇心半分に見に来ていましたが、男子が見に来たときに狙われた女子は、もう全力で脱がされないように体操服を守っていました。

 

それでも脱がされて泣いている子がほとんどでしたが。

 

そんな日々を送っている高校2年の時でした。

 

男子の方から、ある陸上部員がムカつくからという理由で、私たちに「解剖」してくれという依頼(笑)がありました。

 

男子部員は3年生だったので、私たちは先輩に任せて、解剖してるところを見学しようと思っていましたが、ある3年の先輩女子が、

 

「後輩に解剖されたほうがお仕置きの効き目がある」

 

とか言って、1、2年生の陸上部員で解剖することになりました。

 

乗り気な子が何人かいたので、私は参加せずに見学することにしました。

 

その日の部活は土曜日の午後からで、3年の男子たちが抵抗する部員を連れてきました。

 

なんとかマットに放り込むと、ノリノリの女子部員たち数人が襲いかかっていきました。

 

男子部員が抵抗すると、

 

「胸触られた!」

 

「お尻触った!」

 

などと叫んでいます。

 

男子がやられてるとはいえ、女子にそう言われるとあまり抵抗できないようです。徐々に男子部員の動きが鈍くなっていきました。

 

なんとかマットから逃げようとしますが、見物している他の男女の部員が制止します。

 

するとマットの上の女子の一人が、自分で脱いで、ブルマ姿になっていました。

 

それを見て恥ずかしくなったのか、明らかに男子部員はその子からは逃げていました。

 

しかし、ブルマになった子は男子部員に近づくたびに、

 

「お尻触ったでしょ!」

 

「アソコ触った!」

 

とか大声で叫んでいました。

 

するとそのうち、マットの上の女子全員がブルマ姿になって、男子部員に技をかけようとしていました。

 

みんなで男子部員の短パンを引っ張って、一緒にパンツもすんなりと脱がしてしまいました。

 

すると、・・・私も驚いてしまいましたが、おちんちんが勃起していました。

この体験談の続きを読む

【中学】男子が犯されるのを見てオナニーや性教育を教わりました

中学生 逆レイプ
画像はイメージです

 

部室に男子を引っ張ってきて無理やり脱がせ・・・

 

私が中学に入学して間もないころでした。と言ったとしても、もうずいぶん前のことですが・・・

 

小学生の時に仲良しだった年上の女の子が、一足先に中学でヤンキーになっていました。

 

家は近所だったので、ヤンキーといっても私たちはよく顔を会わせていて、とりわけ彼女が怖いとも思いませんでした。

 

入学して一ヶ月もしないうちに、その女子不良集団の溜まり場(テニス部の部室)に誘われるようになり、私は時々行っていました。

 

そして事件はとある土曜の午後に起きました。部室に行ってみると、

 

「今日は男のチンコ見せてやるから期待して待ってな」

 

と言われ、私はなんかヤバい気配を感じました。

 

(Hな本でも持ってくるのかな)

 

って思って、昼から部室で、何人かとお菓子や飲み物で雑談をしていました。

 

4時頃になって運動部の部活がだいたい終わり始め、そろそろ私も帰ろうとした時、

 

「もうちょっと待ってな。」

 

と言われ、しばらく経過するとテニス部の2、3年生らしき女子が数人、体操着のまま1人の男子の腕を引っ張って、強引に部室に引きずり込みました。

 

私は、

 

(エッ?)

 

となり、

 

(まさか本当にやるの?)

 

とあっけにとられていましたが、テニス部の女子たちが、

 

「今日はこの男が私たちのスカートの中ずっと覗いてた!」

 

と言ってヤンキー女子たちの前に突き放ちました。男子は、

 

「ふざけるなっ!」

 

と言い放ってその場から逃げようとしましたが、すぐに数人の女子に取り押さえられて徒労に終わります。

 

ヤンキーの上級生が

 

「チンコ勃ってるか調べてやる」

 

とか言って、その仲間たちが5,6人で男子をマットに押し倒します。

 

短パンを脱がし、男子は暴れて抵抗しましたが、5,6人のヤンキー女子に押さえつけられては抵抗しきれません。パンツもあっさり脱がされました。

 

毛の生えたグロテスクなおちんちんが、ハッキリと私の目に飛び込んできました。

 

「勃起してねぇな!おまえ女子のブルマ覗いてたんだろ?」

 

と友達の女子が言うと、

 

「この男、部活の時は女子側のテニスコートチラチラ見てるし、今日は女子同士でスカートめくって遊んでた時もジッと見てたから、そん時勃ってたはずだよ。」

 

とか他の女子部員の子が言うし、男子は顔を真っ赤にして、目は恐怖のためか涙ぐんでいました。

 

「よし、じゃあ、始めようか」

 

と不良の先輩が言ったら、男子を押さえつけたまま1人のヤンキー女子が、男子のおちんちんを掴み上下に動かしていました。

この体験談の続きを読む

ビッチなJK時代に好きな後輩男子を集団で逆レイプしました

女子高生逆レイプ
画像はイメージです

 

可愛い後輩の男の子を部室に呼びました

 

これは私が女子高生の時の話です。

 

私が高校3年生の時の2つ下の1年生に、ある後輩の男子がいました。その男子は同じテニス部の後輩で学校でも人気を集めている、カッコ良い男の子でした。

 

身長はそれほど大きくなく、女の子の様なクリッとした目に長いマツゲ、細い体でもちゃんとした筋肉があり、同級生や先輩たちにもモテていました。

 

可愛いと言われるとカッとなり、カッコイイと言うと喜び、心から実直で愛くるしい後輩でした。

 

しかしながらある日、その後輩、仮に友樹君とします。

 

友樹君を女子の先輩たちで逆レイプしようという話になったのです。

 

もう昔の話ですが、私は援助交際や同級生とも簡単に寝るようなビッチで、周りの女子たちもビッチでした。

 

そして犯す当日がきました。

 

今日の部活は中止という連絡を回し、午前の授業で終了でしたので放課後に友樹君だけを部室に呼びました。

 

友樹君は疑いもなく部活動をする気でありましたが、待機していたのは私達3年生の女子4人。

 

私と仮に知恵と良美と里香とします。

 

「あれ?先輩、今日は部活あるんですよね?」

 

友樹君が不安そうにと荷物をロッカーにしまいながら私たちを見ました。その様子も可愛いくて仕方ありません。

 

「今日はないよ。変わりに秘密の特訓でもしよっか」

 

「本当ですか?是非お願いします!」

 

友樹君はやる気に満ちた目で私達のすぐ側まで来ました。すると知恵が友樹君を突然抱きしめました。

 

「あーんもうー!友樹君可愛いー!」

 

「えっ!ちょっと、何するんですか!恥ずかしいです」

 

友樹君は当然ビックリしていますが、突き放すことも出来ずに困った様子で手足を動かしていました。

 

「ねえ、友樹君って童貞でしょ?私達が教えてあげよっか」

 

「えっ?」

 

友樹君の返事を聞く前に知恵はセーラー服を脱ぎ下着姿になりました。友樹君は目を顔を赤くしてオドオドしていました。

 

「ぼ、僕外に出ましょうか?着替えるんですよね?」

 

そう言って慌ただしく部室を出ようとする友樹君ですが、良美と里香が止めました。

 

「だめよ!今日はお姉さん達が女の身体を友樹君に教えてあげるのよ」

 

2人が友樹君の腕におっぱいを押し付けながら知恵の前まで引っ張っていきました。

 

私は・・・友樹君の事が本当に好きだったので、何もできないでその様子を長椅子に座ってただ見ていました。

 

「友樹君、おっぱい触る?」

 

知恵が大きな胸を下着からポロンと出しました。女子高生でEカップある胸が丸出しになり、友樹君は驚きながらも

 

「はあっ!」

 

と興奮したような声を出し、動きが止まっておっぱいを凝視していました。

 

「ふふっ、触ってもいいんだよ?友樹君だけ特別!」

 

可愛らしい声で知恵がそう言うと、友樹君はゴクリと生唾を飲み込んでおっぱいに手を伸ばしました。

この体験談の続きを読む