タグ:連続射精の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:連続射精

焦らしと寸止めに連続射精で失神!Mな彼の涙ぐむ顔を見るのが私の喜びです

焦らし 寸止め 連続射精 失神
画像はイメージです

 

Mな彼とSな私

 

私の彼はどうやらMだったみたいで、私もSなので相性良かったんです。

 

初めて彼とセックスした時は、まだ彼がMだってこと知らなかったので、ノーマルにやってました。

 

2回戦目が終わったあたりから、何か彼の様子が普通?とは違ってきて、やけに私に責めさせるんです。

 

それで私が、

 

「もしかして責めて欲しいの?」

 

って聞いたら彼は、

 

「実は俺Mなんだ、ごめん」

 

って言うんです。

 

私はSですからもちろんOKって感じになって、その時から射精責めをする事にしました。

 

私とセックスする時は事前に1週間くらいオナ禁で溜めさせておいて、やる時はもう本気です。

 

最初は、ゆっくり1時間くらい勃起したオチンポには触らずに彼を焦らしていって、そ
の後で彼が音を上げて我慢が出来なくなってからが本番です。

 

「お願いだから出させてくれ!」

 

って言い出したら、ちゃんと手で握ってあげます。

 

でも念のために、彼の両手両足をベッドの端っこに紐で括りつけて、大の字に寝かせます。

 

オチンポを擦り始めると、もうだいぶ焦らしちゃってるから、先っぽからガマン汁が結構出てるんですけど、これがローションっぽくなっていい感じみたいです。

 

でもすぐイっちゃいそうになるから、限界が来たら手を離して、収まってきたらまた擦ってっていう寸止めを何度も繰り返します。

 

この時の彼の、

 

「お願いだからイかせて」

 

っていう悲痛な声が堪らないんですよね。

 

私の方も段々興奮してきちゃうんです。

 

そうなったら私の方が手コキしてるだけじゃ物足りなくなっちゃうから、下半身だけ裸になり、彼の顔に顔面騎上してオマンコ舐めさせます。

 

彼もイきたい衝動に駆られてるから、本気でペロペロ舐め続けてくれます。

 

でもこれって、気持ちいいけど彼の声が聞けなくなっちゃうのがちょっと・・・もっといい方法はないか模索中です。

 

それで時間にすると・・・やっぱり1時間くらいかな?

 

それくらい焦らしてると、彼が本当に辛くなるみたいで、私が何か話し掛けても、

 

「うー」

 

とか

 

「あー」

 

しか言わなくなっちゃうんですね。

 

ちょっと獣じみてる感じです。

 

仕方ないからとりあえず顔面騎上はやめて、そろそろオマンコにガマン汁でベトベトのオチンポをハメてあげます。

この体験談の続きを読む

女王様に寸止めされチンポもアナルも刺激され連続射精で気が狂いそうでした

女王様 寸止め 連続射精
画像はイメージです

 

女王様の過激なサービス

 

以前、性感ではないSMクラブでM調教された時の話です。

 

鞭、ロウソク、逆さづりでエネマグラなど、かなりハードなプレイだったのですが、少し休憩したあと、後半戦の時に女王様から、

 

「今日はもう後が入ってないんでサービスしてあげるけど時間ある?」

 

と聞かれ、即座に

 

「はい!」

 

と返事をしました。

 

その女王様は3度目だったのですが、

 

「じゃ、面白い事してあげるね」

 

と急に優しい口調に変わりました。

 

(何をされるんだろう)

 

と不安に思っていると、全裸で尻をついた状態で柱に後ろ手に縛られました。

 

(いつもとあまり変わらないけどな)

 

と思っていたら、そのまま足を柱に引き上げるように縛られ、子供のおしっこスタイルみたいな格好にされました。

 

「今から気持ちいいことしてあげるけど、いいと言うまで出したらだめよ!」

 

と言うと、女王様はバイブと手コキを交互に混ぜながら、私を射精へ追い詰めていきました。

 

そのテクニックは怖いほどで、カリから裏スジ、金玉、蟻の戸渡り、アナルまで満遍なく刺激され、すぐに追い詰められました。

 

「だめです。もうイキそうです!」

 

というと女王様は、

 

「じゃ、ゆっくり20数えなさい。それまで絶対イっちゃだめよ!」

 

と優しく言ってくれました。

 

「いーち、にーい・・・にじゅう」

 

我慢しながらやっとの思いで数え終わると、

 

「よく我慢したわねー。じゃあもう一回20数えなさい。そしたらイカせてあげる」

 

でも今度は10を過ぎた所で、もう我慢の限界がきました。

 

「ひーっ、もうだめ!逝っちゃう!逝っちゃう!やめて!バイブ止めて!あー!イクー!」

 

と我ながら情けない声を張り上げていました。

 

女王様は分かっていたみたいで、寸前で手もバイブもサッと離して、

 

「だめよ!まだイッちゃ」

 

と言ってニヤッと笑いました。

この体験談の続きを読む

【童貞喰い】主人に欲求不満な私は電車で若い男の子を見つけて巨乳を…

電車内で巨乳を押し付け
画像はイメージです

 

童貞と思われる男の子を物色

 

私は主人と職場結婚し、今年で4年になります。

 

今も部署は違うものの、夫と同じ会社に勤務しています。

 

私は見かけは地味なんですが、胸がFカップと大きく、外見も大人しそうに見えるので、よく痴漢やセクハラをされていました。

 

それを助けてくれたのが、今の主人なのです。

 

でも、私の体はどんどん開発されてきてしまったようです。

 

ずっと真面目で、子作り以外のセックスにはまったく興味ない夫。

 

私は全然満足しなくて、毎日欲求不満です。

 

不倫をしようにも、主人がいる同じ会社の人とでは絶対無理です。

 

かといって、35歳も越えると、なかなか新しい出会いもありません。

 

出会い系の男性もいまいち信用できないし。

 

ですから、通勤中の電車の中で、可愛い童貞と思われる男の子を物色しては、逆ナンしてしまうんです。

 

生理前など特に欲求不満になると、電車の中やホームで、好みの男の子を探します。

 

誰でもいいというわけではないのですが、体が欲してしょうがない時は、もう見境なくなってしまいます。

 

でも、なるべく可愛い子を選びますね。

 

その子の目の前に移動すると、じーっと顔を見詰めます。

 

満員の場合は、それとなく自慢の巨乳を男の子の胸元に押し付けます。

 

同時に、男の子の太ももの間に足を入れます。

 

さすがにそこまですると、彼も気になって仕方がない、どうしていいのかわからないといった感じでモジモジし始めます。

 

この反応がどうしょうもなく可愛くて、胸がキュンとしちゃいます。

 

モジモジしない子は、女性に慣れていたり、童貞じゃなかったりするので、そっと離れます。

 

モジモジしている子に、もっとギューッと胸を押し付けたり、太ももでそっと撫で上げたり、さりげなく股間に触れてみたりします。

 

反応のいい子だと、すぐにおちんちんが勃起するんです。

 

私の下腹部に、固くて熱いイチモツが押し付けられてきます。

 

そうなると、もうダメなんです。

 

オマンコがジュンって濡れちゃいます。

 

そうやって焦らすように、電車が止まるまで彼のことを誘惑し続けます。

 

さすがに電車の中じゃ出来ないし、私の体を触らせるわけにもいかないので、それとなく彼の下心を刺激するのです。

 

本題は電車から降りてからです。

この体験談の続きを読む

1週間オナニーを我慢した中学生チンコは診察に堪えられず何度も射精

女性看護師 手コキ
画像はイメージです

 

女性に初めてチンコを見られた

 

僕は中学2年生の時、オナニーを覚えて毎日のようにチンコをシコシコしていました。

 

ある日、いつもと同じくオナニーをしていると、亀頭のカリ首の部分に小さなプツプツが出来ていることに気がつきました。

 

ほとんど知識がありませんでしたが、自分が性病になったんだと思い込んで怖くなり、病院へ行く決心をしました。

 

しかし、思春期なので親に症状を話すのも恥ずかしいし、場所が場所なだけに人に相談することもできないので、どこの病院に行けば良いのかさえ分かりませんでした。

 

インターネットもなかった時代なので本で調べたところ、性器の事は泌尿器科に行けばいいと分かりました。

 

学校を休んで行くことにしたんですが、学校をサボった事が親にバレると当然叱られるので、風邪をひいたふりをして自分で病院に行くことにしました。

 

近所の泌尿器科だと誰かにバレてはまずいので、電車で3駅離れた病院へ行くことにしました。

 

いざ泌尿器科の病院の前まで来ると、しばらく恥ずかしくて入るのを躊躇していましたが、患者さんが何人か入って行くところを見て、

 

(泌尿器科って結構患者がいるんだな)

 

と多少安心できたので、思い切って病院の中へ入っていきました。

 

しかし中に入ると、待合室にいる患者は、僕以外全員女性だったのには驚きました。

 

後で知った事ですが、そこの泌尿器科医院は女性医師が経営しているので、男性患者はほとんど来なくて、女性患者ばかり来るらしかったのです。

 

そんな事は知らずに入りましたが、別に男性患者が駄目なわけではなく、受付の女性は普通に対応してくれたので、恥ずかしいけど症状を伝えて手続を済ませ、待合所で待ちました。

 

そして名前を呼ばれて中に入ると、40代くらいの女性医師と20代半ばくらいの女性看護師が一人いました。

 

つまり、その時になって初めて女医だと知ったんです。

 

(えっ?・・・女性?)

 

僕の頭の中には、医者は男性、看護師は女性という勝手な固定概念がありましたので、正直びっくりしたと同時に、恥ずかしさが込み上げてきました。

 

僕は緊張してドキドキしながら椅子に座り、思い切って症状を話すと、当然ですが恐れていた事を言われました。

 

「ズボンとパンツを脱いでベッドに横になってください」

 

おそらく、恥ずかしくて顔は真っ赤になっていたと思います。

 

女性どころか男性にすら見られたことのない僕のチンコが、女性二人に見られてしまいます。

 

彼女らは仕事と割り切っているでしょうが、僕には関係ありません。

 

最初にチンコを見られるのは、彼女であってほしかったとさえ思いました。

 

仕方なくズボンとパンツを脱ぎ、ベッドに横になりました。

 

それでもやっぱり恥ずかしかったので、最後の悪あがきというか、手で性チンコを隠しました。

 

そして、

 

(いよいよ診察が始まるのかな?)

 

と思いましたが、女医は僕に背を向けたまま、デスクに向かって何か紙に書いています。

 

すると、女性看護師がガーゼを片手に近づいてきました。

 

僕の横に来ると手馴れたように、

 

「じゃあ、消毒しますね~」

 

と言って僕の手はどけられ、ついに初めて女性にチンコを見られてしまいました。

 

冷静になろうとしましたが、心臓はバクバクしていました。

 

そして看護師さんは、優しく僕のチンコを触りました。

 

「あっ・・」

 

思わず声が出てしまい、体がピクンって反応してしまいました。

この体験談の続きを読む

射精直後の亀頭責めに苦しむ男 萎えても強制勃起で連続射精

亀頭攻め
画像はイメージです

 

生意気な男のチンポに思わずうっとり

 

この間は生意気な男を懲らしめてきたよ。

 

エリカのサイトに書き込まれたのがこれ。

 

「いつもブログ見てます!でも、ちょと信じられないなー。10回以上イカせるとかってホントにできんの?なんだったら俺のちんぽイカせて見ろ!!この淫乱女が!!」

 

この手の書き込み結構くるんだよねー。

 

エリカを挑発してセックスに持ち込もうっていうのが、もう見え見え。

 

いつもだったらこういう書き込みは無視するんだけど、なんだか妙にムカついて、今回は生意気な書き込み主のチンポ退治に行くことにしたよ。

 

相手は20歳、大学生の孝弘君。

 

ラブホテルに入って、早速チンポ退治スタート!

 

「生意気なチンポ見せてよ。偉そうなこと言う男に限ってダメチンポだったりするんだよね」

 

「俺のチンポはそんなことないよ」

 

孝弘君がパンツを下ろすと、すでにギンギンに勃起したチンポが勢いよく飛び出してきた。

 

いつも思うけど、やっぱり若い男の子のチンポっていいよね。

 

今にも破裂しそうなくらい血管が浮き出てて、とにかく硬くて弾力があって・・・

 

エリカは元気一杯なチンポに思わずうっとりしちゃった。

 

(ヤバい…このチンポ入れたい)

 

って。

 

危うくチンポ退治を忘れちゃうところだった。

 

なんとか入れたい衝動を抑えて、チンポ退治スタート!

この体験談の続きを読む