タグ:逆レイプの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:逆レイプ

【逆レイプ】後輩の女子高生に無理やり童貞を奪われて性奴隷にさせられたけど…

逆レイプ
画像はイメージです

 

好きな女子の盗撮画像に興奮

 

俺の高校には普通クラスと特進クラスがありました。

 

特進クラスだけで大学を見学しに行く、学習旅行というものがありました。

 

毎年3年生と2年生が対象で、有名大学に見学に行きます。

 

特進クラスは学年に1クラスで、しかも20人しかいません。

 

少人数で先輩後輩の壁もあまりなく、学年も男女も関係なく話をするような学校でした。

 

しかし、高校生と言えば勉強だけでなく恋も盛んな時期です。

 

俺は同じクラスで、成績もトップクラスの千奈美ちゃんが好きでした。

 

千奈美ちゃんは眼鏡が似合っていて、長めのスカートを穿く真面目な女子でした。

 

もちろん勉強に関しては一生懸命だけど、自分から教室の花に水をあげたり、気遣いの出来る優しい子で、俺にとってのアイドル的存在でした。

 

しかし俺が3年生の時に、2年生の後輩女子に好意を持たれてしまった。

 

彼女の名前は美里ちゃんで、見た目はちょいポチャ系の女子です。

 

容姿的にも俺の好みではなくて、特進クラスとはいえ成績は下の方でした。

 

でも彼女の家は金持ちで、友達と言うか仲間がたくさんいます。

 

そんな中、俺が3年生の学習旅行の時にある事件が起きました。

 

学習旅行は1泊2日で行くんですが、宿泊するホテルは2年生も3年生も同じでした。

 

ホテルとはいっても、ボロい旅館みたいなとこでした。

 

部屋は2人部屋で、俺は2年生と割と仲がいい宮永という奴と同じ部屋になりました。

 

ちなみに宮永は、俺が千奈美ちゃんを好きなことを知っています。

 

晩飯を食べて風呂に入った後のことです。

 

宮永がスマホを持ってきて、

 

「いいものを見せてやる」

 

と言ってきました。

 

(何を見せてくれるのかな?)

 

と思って彼のスマホを見てみると、そこに映っていたのは千奈美ちゃんでした。

 

しかも、千奈美ちゃんが着替えている時の写メでした。

 

千奈美ちゃんの白くて清楚なブラジャーとパンツ、小ぶりだけど形のいいおっぱい、さらに思った以上に剛毛だった陰毛までもが写っていました。

 

おそらく勉強のことばかりで、あまりお手入れとかケアはしていないのだろうと思いました。

 

脇毛も生えていたし、千奈美ちゃんの自然な姿が4枚ほどの写メがありました。

 

俺はすぐに宮永に写メをコピーしてもらい、スマホに保存しました。

 

好きな女の子の盗撮された写メに異常に興奮し、この時点でチンポが半分勃起していました。

この体験談の続きを読む

【逆レイプ】女子部員たちが童貞の男子マネージャーを丸裸にして射精ゲーム

逆レイプ
画像はイメージです

 

男子マネージャーのおちんちんが丸見えに

 

私は3年の女子大生です。

 

体育会系の部活に所属しているんですが、毎年苦労しながら男子マネージャーを調達しています。

 

ところが今年は豊作で、なんと1年生の男の子が3人もマネージャーとして入ってくれました。

 

事件は5月の合宿で起きました。

 

合宿には、私たち女子部員と3年生の男子マネージャーが1人と、1年生の新人の男の子3人が参加していました。

 

場所は大学の合宿所ですが、一つ一つが独立している別荘のような一戸建です。

 

その中の大きな別荘を一つ借り、2階を女子専用にしていました。

 

女性部長が2階で女子だけでミーティングをするというので集合しました。

 

明日の練習メニューの確認が終わったところで部長が、

 

「今晩イベントを行おうと思うんだけど」

 

と切り出したのです。

 

「1年生の男の子は3人いるけど1人ぐらい減っても大丈夫でしょ?1年生の部員は処女の子も結構いるし、ちょっとエッチなイタズラしちゃおうよ」

 

なんてことを言い出しました。

 

でも1年生の女子部員は興味津々のようです。

 

1年生の3人の男の子のうち、誰をターゲットにするか投票し合いました。

 

結局、一番幼顔で可愛いと評判の男の子に決まりました。

 

マサル君という男の子です。

 

ターゲットの男の子以外のマネージャーは買い物へ行かせて、その間にマサルく君を2階でいたずらしちゃおうということになりました。

 

作戦通りに、マサル君には用具などを運んでもらうために残ってもらって、あとのマネージャーには買い物に行ってもらいました。

 

女部長がマサル君に、

 

「2階の高いところを掃除してもらいたいんだけど。お願いできる?」

 

と頼みました。

 

しかも部長はマサル君に、

 

「汚れるから上半身は脱いだ方がいいよ。下も短パンぐらいの方がいいんじゃないかしら」

 

と言っていました。

 

マサル君は素直な男の子で、言われた通りの格好になって2階に来ました。

 

私たち女子部員は全員パジャマになっていました。

 

マサル君を梯子に上らせると、部長が合図し、2年生部員がマサル君の短パンを一気に下ろしちゃいました。

 

すると勢いよく下ろしたのでパンツも一緒に下ろしてしまい、予定より早くマサル君のおちんちんが丸見えになってしまいました。

この体験談の続きを読む

初めての射精が逆レイプで中出し 中学生の時に性の知識がない僕を女子2人がグルになって…

逆レイプ
画像はイメージです

 

女子がチンコを触ってきた

 

僕が初体験をしたのは中学2年の時です。

 

当時、僕のことを好きになってくれたアケミという女の子がいました。

 

アケミとはクラスが同じで席も隣同士だったため、とても仲の良い友達だった。

 

そしてアケミの親友のミカとも仲良しでした。

 

アケミはとても積極的な女の子で、周りだけでなくモテたことのなかった僕ですらアケミの好意に気付いてしまうほどでした。

 

僕の中学では委員会に入るのが義務付けられていたため、楽だと思われた図書委員に入り、僕につられてアケミも図書委員に入りました。

 

しかし現実は楽どころか、委員会の顧問の先生に気に入られていたために委員長をやる羽目になりました。

 

さらにアケミも自ら立候補して、副委員長をやることになりました。

 

これが初体験の第一歩でした。

 

図書委員では、基本的に当番に関係なく委員長と副委員長は放課後に毎日図書室に行くのが決まりでした。

 

そのため、僕とアケミは毎日放課後に図書室に行って、当番の人たちと作業をしていました。

 

そんなある日のことです。

 

アケミと僕は隣同士に座り、向かい合って後輩が座り、話し合いをしていた時でした。

 

アケミが突然僕の体をくすぐってきたんです。

 

「ヒロちゃん、くすぐっちゃぇー!」

 

「うわ!や、やめろって!」

 

「反応うけるー、コショコショ・・・」

 

「ま、まじ無理!やめろって!くすぐったい!」

 

「ちょっと先輩!ちゃんと話し合いしましょうよ!」

 

アケミの突然の攻撃に焦った僕でしたが、後輩の一声で止めてもらえました。

 

しかしアケミは、よほど僕の反応が気に入ったのか、後輩に気付かれないように膝をくすぐってきました。

 

僕は我慢して話し合いを続けました。

 

しかし、段々アケミの手が僕の太ももへと伸びてきました。

 

隣でアケミは僕の反応を見てニヤニヤしています。

 

僕はそれでも無視して作業を続けました。

 

でも体は正直で、股間近くを女の子に触られたことなんてないので、チンコが熱くなってきたのを感じました。

 

そして完全に勃起してしまいました。

 

僕は恥ずかしさと気付かれたくないという思いで、なおも我慢していました。

 

しかし、そんな僕の気持ちなど知らず、アケミの手はさらにチンコへと接近してきました。

 

僕はこの状況に限界を感じ、半泣き状態でアケミを見ながら小声で、

 

「お願い、本当に止めて」

 

と言うと、アケミは半泣き状態の僕を見ると素直に止めてくれました。

 

その日はここで終わりましたが、次の日から毎日のように足をくすぐってきました。

 

放課後だけでなく、授業中や休み時間、隣にいる時は常しょっちゅうくすぐってきます。

 

それに慣れてきた僕は、逆に仕返しすることにしました。

 

アケミは驚いたのか、くすぐる手を止めてやられるがままになっていました。

 

「んっ・・・やあん・・・だめ」

 

震えながら小声で言ってきました。

 

「なにがダメだよ!?いつもの仕返しだ!」

 

するとアケミが、震える手で僕のチンコを触ってきたんです。

 

僕は体がビクッとして、くすぐる手を止めて席を立ちました。

この体験談の続きを読む

泥酔した僕を逆レイプで中出しさせたお姉さんたちに数年後出合うと衝撃の事実が!

逆レイプ 中出し
画像はイメージです

 

泥酔した僕はお姉さんたちの部屋に

 

僕は受験勉強を頑張った甲斐があって、某国立大学に合格することが出来ました。

 

当時、僕は母と二人暮らしの母子家庭でした。

 

僕がまだ小さい頃に父が交通事故に遭い、亡くなったからです。

 

母に苦労をかけたくないとの思いから、塾にも行かず必死に勉強し、大学に合格する事が出来ました。

 

看護師だった母に連絡して合格を伝えると、

 

「本当に頑張ったね」

 

と泣いて喜んでくれました。

 

そして、母と次の日にレストランでお祝いをしようと話をしました。

 

その日は母が夜勤で、朝まで仕事だったからです。

 

その当時、僕達家族は、4世帯が入居するアパートに住んでいました。

 

中年夫婦とお婆さんの1人暮らし、それに友達同士で同居する20代後半位のお姉さん達、そして僕達親子です。

 

中年夫婦は水商売の仕事をしていて、ほとんど顔を合わすことがありませんでした。

 

お婆さんとお姉さん達には日ごろから親しくして貰っていて、3人とも僕の合格を知ると、我が事の様に喜んでくれました、

 

特にお姉さん達は、色々と大学の事などを聞いてくれました。

 

「良かったね~」

 

と抱きしめてくれたりしました。

 

高校生の僕には刺激的でしたが・・・

 

夕方ごろ友達から電話があり、合格祝いをカラオケ店でしてもらえる事になり、皆で騒ぎました。

 

みんな受験が終わって進路が決まっていて、ホッとたんで騒ぎたかったんだと思います。

 

その時、初めてお酒を飲みました。

 

耐性が無かったのかアルコールに弱い体質なのか分かりませんが、直ぐに酔っ払ってしまい、友達に担がれて帰るハメになりました。

 

「大丈夫か!ちゃんと鍵開けて寝ろよ!鍵も閉め忘れるなよ!」

 

と友達の声が聞こえていました。

 

「はーい」

 

と返事はしたものの、自分のアパートの部屋のドアにもたれて、そのまま寝てしまいました。

 

朦朧としながらも意識が戻ってくると、大きなベットの上に寝かされていました。

 

しかし、自分の部屋ではありません。

 

すると女の人達の声が聞こえてきました。

 

同じアパートのお姉さん達だと分かりました。

この体験談の続きを読む

【逆レイプ】水泳で鍛えたマッチョでイケメンな俺のチンポを姉と女友達が…

逆レイプ 姉と友達
画像はイメージです

 

マッチョなイケメンが近くにいる?

 

俺が高校1年の時の話です。

 

夏休みに水泳部の練習を終えて帰宅すると、姉が帰宅していました。

 

「おっ雅人!真っ黒に焼けて部活がんばってるな~!背もかなり伸びたんじゃない?」

 

姉は東京で一人暮らしをしていて4歳年上です。

 

姉は昔から美人でしたが、久しぶりに見る姉は、さらに美しさを増していました。

 

俺はちょっとドキッとして目を合わせる事が出来ず、適当に挨拶をして自分の部屋に逃げ込みました。

 

ベッドに転がってマンガを読んでいると、隣の姉の部屋が騒がしくなってきました。

 

「かんぱ~い!久しぶりだね~、みんな変わらないね~」

 

声を聞いただけで誰がいるか分かります。

 

姉の親友の由美さんと育子さんが来ています。

 

俺は小柄でかわいい由美さんが小学校の頃から大好きでした。

 

一方、育子さんはかなり太っていて顔も不細工です。

 

姉達の話も徐々に過激になっていきました。

 

「章子(姉)の彼氏、超イケメンだよね~!」

 

「でもあいつ顔だけでさ~、エッチ下手くそなんだよね~、チンコ小さいし~」

 

「エ~!そ~なの~?ギャハハ~」

 

(女は怖い、怖すぎる)

 

「育子はあの彼とはどうなってるの?」

 

「あいつとはもう別れたよ~、たまに来てエッチだけして私の財布からお金取って、もう~サイテーだったよ!」

 

「それって、育子の身体だけが目当てなんだよ~、サイテーだね~!」

 

(違う違う、お金お金)

 

「どっかに、マッチョなイケメンいないかな~」

 

「アッ!いるよ~」

 

「えっ!誰?章子、紹介してよ~」

 

そこからはヒソヒソと何か話しているようでした。

 

そしてしばらくすると、俺の部屋の扉がノックされました。

 

扉を開けると、姉がニヤリと笑いながら立っています。

 

俺は知っています。

 

あの笑いは何かイタズラを思いついた時の顔です。

この体験談の続きを読む