タグ:逆レイプの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:逆レイプ

泥酔した僕を逆レイプで中出しさせたお姉さんたちに数年後出合うと衝撃の事実が!

逆レイプ 中出し
画像はイメージです

 

泥酔した僕はお姉さんたちの部屋に

 

僕は受験勉強を頑張った甲斐があって、某国立大学に合格することが出来ました。

 

当時、僕は母と二人暮らしの母子家庭でした。

 

僕がまだ小さい頃に父が交通事故に遭い、亡くなったからです。

 

母に苦労をかけたくないとの思いから、塾にも行かず必死に勉強し、大学に合格する事が出来ました。

 

看護師だった母に連絡して合格を伝えると、

 

「本当に頑張ったね」

 

と泣いて喜んでくれました。

 

そして、母と次の日にレストランでお祝いをしようと話をしました。

 

その日は母が夜勤で、朝まで仕事だったからです。

 

その当時、僕達家族は、4世帯が入居するアパートに住んでいました。

 

中年夫婦とお婆さんの1人暮らし、それに友達同士で同居する20代後半位のお姉さん達、そして僕達親子です。

 

中年夫婦は水商売の仕事をしていて、ほとんど顔を合わすことがありませんでした。

 

お婆さんとお姉さん達には日ごろから親しくして貰っていて、3人とも僕の合格を知ると、我が事の様に喜んでくれました、

 

特にお姉さん達は、色々と大学の事などを聞いてくれました。

 

「良かったね~」

 

と抱きしめてくれたりしました。

 

高校生の僕には刺激的でしたが・・・

 

夕方ごろ友達から電話があり、合格祝いをカラオケ店でしてもらえる事になり、皆で騒ぎました。

 

みんな受験が終わって進路が決まっていて、ホッとたんで騒ぎたかったんだと思います。

 

その時、初めてお酒を飲みました。

 

耐性が無かったのかアルコールに弱い体質なのか分かりませんが、直ぐに酔っ払ってしまい、友達に担がれて帰るハメになりました。

 

「大丈夫か!ちゃんと鍵開けて寝ろよ!鍵も閉め忘れるなよ!」

 

と友達の声が聞こえていました。

 

「はーい」

 

と返事はしたものの、自分のアパートの部屋のドアにもたれて、そのまま寝てしまいました。

 

朦朧としながらも意識が戻ってくると、大きなベットの上に寝かされていました。

 

しかし、自分の部屋ではありません。

 

すると女の人達の声が聞こえてきました。

 

同じアパートのお姉さん達だと分かりました。

この体験談の続きを読む

【逆レイプ】水泳で鍛えたマッチョでイケメンな俺のチンポを姉と女友達が…

逆レイプ 姉と友達
画像はイメージです

 

マッチョなイケメンが近くにいる?

 

俺が高校1年の時の話です。

 

夏休みに水泳部の練習を終えて帰宅すると、姉が帰宅していました。

 

「おっ雅人!真っ黒に焼けて部活がんばってるな~!背もかなり伸びたんじゃない?」

 

姉は東京で一人暮らしをしていて4歳年上です。

 

姉は昔から美人でしたが、久しぶりに見る姉は、さらに美しさを増していました。

 

俺はちょっとドキッとして目を合わせる事が出来ず、適当に挨拶をして自分の部屋に逃げ込みました。

 

ベッドに転がってマンガを読んでいると、隣の姉の部屋が騒がしくなってきました。

 

「かんぱ~い!久しぶりだね~、みんな変わらないね~」

 

声を聞いただけで誰がいるか分かります。

 

姉の親友の由美さんと育子さんが来ています。

 

俺は小柄でかわいい由美さんが小学校の頃から大好きでした。

 

一方、育子さんはかなり太っていて顔も不細工です。

 

姉達の話も徐々に過激になっていきました。

 

「章子(姉)の彼氏、超イケメンだよね~!」

 

「でもあいつ顔だけでさ~、エッチ下手くそなんだよね~、チンコ小さいし~」

 

「エ~!そ~なの~?ギャハハ~」

 

(女は怖い、怖すぎる)

 

「育子はあの彼とはどうなってるの?」

 

「あいつとはもう別れたよ~、たまに来てエッチだけして私の財布からお金取って、もう~サイテーだったよ!」

 

「それって、育子の身体だけが目当てなんだよ~、サイテーだね~!」

 

(違う違う、お金お金)

 

「どっかに、マッチョなイケメンいないかな~」

 

「アッ!いるよ~」

 

「えっ!誰?章子、紹介してよ~」

 

そこからはヒソヒソと何か話しているようでした。

 

そしてしばらくすると、俺の部屋の扉がノックされました。

 

扉を開けると、姉がニヤリと笑いながら立っています。

 

俺は知っています。

 

あの笑いは何かイタズラを思いついた時の顔です。

この体験談の続きを読む

チンコの根元を縛られて射精できない逆レイプでアナルも弄られたけど・・・

逆レイプ
画像はイメージです

 

女性2人に拉致されました

 

もう昔のことですが、高校生のころ逆レイプされたことがあります。

 

僕は草食系で、大人しい性格でした。

 

当時は高校でイジメられていたこともあり、よく学校をサボってあまり人の来ない公園でマンガとか小説とか、夕方まで読んだりして家に帰っていました。

 

そこを狙われたのかもしれません。

 

あれは夏でしたが、その日は夕立が降りました。

 

濡れるので帰ろうとした時に、後ろから大きな黒い布の袋を誰かに急に被せられ、そのまま車に押し込まれて拉致されました。

 

突然暗闇になったので怖くて声も出せず、じっと固まっていました。

 

しばらくして女の人2人から袋を脱がされたとき、運転している女の人から、

 

「大人しくしてれば無事に帰してあげるから」

 

と言われました。

 

25歳くらいの、見た目は真面目そうな感じの2人でした。

 

運転していない方の女性は、あまりしゃべらないけど可愛い感じでした。

 

殺されたりはしないと感じ、ホッとしましたが不安でもありました。

 

1時間程車で走ったでしょうか、知らない山の中の別荘のような家に連れて行かれました。

 

中に入らされると服を脱がされ、パンツ一丁にされました。

 

服はどこかに持っていかれてしまい、

 

(もう逃げられない)

 

と思いました。

この体験談の続きを読む

デブで臭いマンコの熟女に逆レイプされたけど名器でしかも何度も中出し

デブで臭いマンコ
画像はイメージです

 

セフレが欲しいという熟女に会ってみると・・・

 

ある日、出会い系で知り合って関係を持った人妻から、

 

「セフレを欲しがっている女性の知り合いがいるんだけど、良かったら会ってみる?40代の人なんだけど、結構な金額のお小遣いくれるってよ」

 

当時、女には困っていませんでしたが、お金には困っていたので1度会う事にしてみました。

 

アドレスを教えてもらい、会う約束を交わました。

 

俺は結構ストライクゾーンが広かったので、40代でも大丈夫だろうとその時は思っていました。

 

約束の当日になり、女性の住むマンションへ向かいました。

 

彼女の名は浩子さんで42歳。

 

5年前に旦那さんを亡くしているそうです。

 

マンションに着くと、わりと大きくて綺麗なマンションでした。

 

オートロックのため、教えられた部屋番号を押します。

 

「はい?」

 

「約束していた○○です」

 

「あっ、今開けますね」

 

扉が開きました。

 

エレベーターで上へあがり、部屋の前へ行き、インターフォンを押すと、

 

「はーい」

 

と中から声が聞こえてきました。

 

ドアが開きます。

 

すると玄関から突然犬が2匹出てきました。

 

そして中にいた女性はというと・・・とても42歳には見えません。

 

(どう見ても50代だろう)

 

と思うぐらいの、外見はマツコデラックスほどではないが、ちょっと老けさせた感じです。

 

長めのスカートに、ピチピチのTシャツを着ていました。

 

3段腹が透けています。

 

正直あり得ません。

 

街で見かけたら思わず噴き出してしまう位の醜さです。

 

直ぐに帰ろうかと思いましたが、紹介してもらった手前、せめて言い訳位して帰る事にしました。

この体験談の続きを読む

中学生の時に逆レイプでヤンキー女子軍団がチンコを擦って跨ってきました

ヤンキー女子 逆レイプ
画像はイメージです

 

ヤンキー女子軍団に連れられて

 

僕が中学の時、女子から男子に逆レイプすることが流行っていました。

 

僕が所属するテニス部でもあったのですが、上級生の女子が下級生の男子を集団で地面に押し倒して、短パンやジャージの上からチンコを擦りまくるというものでした。

 

僕も何度かやられたことがありますが、これをやられた男子は必ず勃起してしまいます。

 

ただ、勃起したことが分かった時点で、解放されていました。

 

いつしかこの光景は、あまり珍しいものではなくなっていましたが、次第にクラスの女子までもが、イタズラ半分にマネをするようになっていました。

 

教室で行われた時は、自分も狙われてしまうせいか、誰も助けてくれないこともあります。

 

しかし、ヤンキー女子軍団に捕まった時は悲惨でした。

 

ある時、旧校舎の付近を友人と歩いていると、3人ほどの先輩女子がやってきて、

 

「ちょっとこっちに来なよ」

 

と言って、僕たちを連れて行きました。

 

そこには女子が7~8人ほど集まっていて、明らかにヤバい雰囲気でした。

 

逃げられないので大人しくしていると、その中の1人が僕たちに、

 

「お前ら、見ててやるから、あたしらの前でオナニーしてみろよ」

 

と言ってきました。

 

当然僕たちは出来るわけもなく、ただ固まっていたのですが、友人の1人が3人ほどに押さえつけられました。

 

すると短パンとパンツを脱がされ、僕たちの前で無理やりチンコをシゴかれ始めました。

 

友人は最初暴れていましたが、しばらくすると泣きはじめて、

 

「うわぁぁっ」

 

と叫んだかと思うと、精液を勢いよく飛び散らせました。

 

そのときにヤンキーの1人に精液がかかってしまったので、僕ともう1人の友人は、短パンの上からチンコを擦られてしまいました。

 

悲しくも、ぼくもあっという間にパンツの中に射精してしまい、とても気持ち悪かったです。

 

しかしあと1人の友人がなかなか射精しなかったみたいで、そのことが女子たちを一層、エスカレートさせたようでした。

 

その友人はなかなかのイケメンで、女子にも人気があったので、ヤンキーの女子たちも前から目を付けていたみたいでした。

 

ヤンキーのリーダー格の女子が、

 

「いただいちゃおうか」

 

というと、いきなり自分のセーラー服のスカートを捲り上げて、ブルマとパンツを脱ぎ出したのです。

この体験談の続きを読む