タグ:逆レイプの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:逆レイプ

女子更衣室で逆レイプされて童貞喪失したけどハーレムセックスを楽しみました

 

熟女 逆レイプ
画像はイメージです

 

女子更衣室に連れて行かれました

 

僕は大学1年生で、水泳教室に通っています。

 

日中のプールに通っているのですが、そこのスイミングスクールは、暇を持て余したエロそうな主婦や人妻だらけです。

 

最初はちょっと場違いかと思っていましたが、熟女たちは僕の事を暖かく迎えてくれて、すぐに仲良しになりました。

 

僕は熟女たちを、年上のお姉さんのように思っていました。

 

ほとんど10歳から15歳上の熟女だらけです。

 

女性メンバーは6人で、男は僕だけでした。

 

先月のある日のこと、一人の人妻が男子更衣室をノックしました。

 

当然僕しかいません。

 

「ねえ、こっちにいらっしゃいよ」

 

そう言われても、女子更衣室ということで断ったんですが、

 

「いいから、ねっ」

 

強引にその人妻は、僕の腕を組んで引き寄せました。

 

僕は水着のまま、タオルだけ持って行きました。

 

そこにはその主婦を入れて3人いました。

 

「○○君来たの?いらっしゃい」

 

なんて感じで歓迎されました。

 

「今まで男っ気なくてつまんなかったの。君が来てからみんな楽しいねって言ってたのよ」

 

そう言われると、正直嬉しかったです。

 

するとそのなかの一人の人妻が、いきなり水着を脱ぎ始めました。

 

僕は、

 

「ちょっと何してるんですか?」

 

っていうと、

 

「着替えに決まってるじゃない、おかしな子ね」

 

って笑いました。

 

そしたらもう一人、

 

「私も着替えよ」

 

って言いました。

 

僕は困りました。

 

いくら仲良しになったといってもそれは・・・

 

「見てもいいのよ」

 

といって最初に脱いだ主婦が、僕の膝に跨ってきました。

 

裸です。

 

「ちょっとAさん」

 

と言うと、

 

「君は弟みたいなものだからト・ク・ベ・ツ」

 

って言いました。

 

「○○君が興奮してるよ」

 

横からBさんが言いました。

 

僕のチンポは勃起して、水着からはみ出そうになってました。

 

「○○君の凄いわねえ、見せて」

 

「困ります」

 

「いいじゃない」

 

そういうとジャジャーンという声と同時に、エロい主婦たちに水着を無理やり脱がされました。

この体験談の続きを読む

小学生で初めての射精、初めてのフェラ、童貞も失った俺はトラウマに…

女子高生に逆レイプ
画像はイメージです

 

初めてチンコが勃起した

 

俺が小学5年生の時、女子高生の集団に性奴隷にされていた話をしたい。

 

いとこの姉ちゃんと、その友人たち数名は高校2年生だった。

 

姉ちゃんと風呂に入ってて、チンコにイタズラされたところから始まる。

 

最初は俺がふざけてて、姉ちゃんのおっぱいを触ったりしてた。

 

姉ちゃんは、

 

「チンコに毛も生えてない癖になにやってんだー」

 

とか一緒にふざけてた。

 

で、体を洗ってるときに、俺は当時包茎チンポ(当たり前)で、チンコの皮を剥いて綺麗に洗うって習慣は無かった。

 

だから普通に、体全体を洗って湯船に戻ろうとしたら姉ちゃんに、

 

「こら、ちゃんとちんちんも洗いなさい。汚いでしょー」

 

って引き戻された。

 

「やだよー皮剥くと痛いもん」

 

「ゆっくり剥けばだいじょうぶでしょ」

 

姉ちゃんは俺のチンコを洗ってくれた。

 

その時、人生初の勃起をした。

 

姉ちゃんは、

 

「おおー・・・」

 

と感嘆の声をあげていた。

 

当時の俺には、何が起きたのか分からなかった。

 

とにかくむず痒く、皮を剥かれたチンコがヒリヒリしていた。

 

「姉ちゃん、痛いよ」

 

「我慢しなさい!ちゃんとおっきくなるのに、これぐらいで情けないね」

 

姉ちゃんは、ザバーッと俺の股間にお湯をかけて、それから一緒に湯船に戻った。

 

その後、俺は姉ちゃんのおっぱいに後頭部を埋めるような感じで、寄りかかって湯船に浸かってた。

 

そしたらそのうち、姉ちゃんは俺のチンコを弄って遊び始めた。

 

「おー・・・ちゃんと勃起してる」

 

「姉ちゃん、くすぐったいよー」

 

正直痛かったんだが、当時の俺はふざけながらも、

 

(あれ、これ、なんかすげーことなんじゃねーの?)

 

と気づき始めていた。

この体験談の続きを読む

彼女がいる男子のチンポを射精に導かせる女子高生の方法と結末(下)

顔射
画像はイメージです

 

(前回の続き)

 

↓ ↓ ↓

 

 

私が初めての人になってあげる

 

<月曜日>

 

再び志穂が来た。

 

気まずい雰囲気で会話をしていると、志穂は恵理香がくれたスポーツタオルに気づいて恨めしそうな目で見ていた。

 

そして再び俺のチンポを触ってくる。

 

「もうやめようよ」

 

志穂は、

 

「この前のこと、恵理香に話しちゃおっかな?」

 

と脅してくる。

 

「浩次君の右腕、すぐ邪魔しにくるからじっとしててもらわないとね^^」

 

俺の右手首をスカーフのようなものでグルグル巻きつけると、ベッドの格子に縛り付ける。

 

そしてズボンとパンツを下ろされ、チンポを扱きだす。

 

すぐさま反応して勃起状態へ。

 

「私の手で感じてくれてる浩次君って可愛い^^」

 

シュコシュコシュコシュコ・・・。

 

俺はすぐにイキそうになった。

 

「で、出ちゃう・・・お願い、もうやめて」

 

俺がそう言うと志穂は手を離して、信じられない行動へ出た。

 

スカートの中に手を入れて、パンツを脱ぎ出したのだ。

 

「な・・・何するの・・・?お願いだからやめようよ」

 

「浩次君って童貞でしょ。私が初めての人になってあげる^^」

 

俺に跨ってチンポを掴んでマンコに宛てがい、ゆっくりと腰を沈めてくる。

 

「だ、だめだってば・・・」

 

ニュル・・・。

 

「ほらっ、入ったよ^^」

 

志穂は処女じゃなかったが、そんなことはどうでもいい。

 

それよりもこの快感がすごい。

 

2~3回腰を上下されると、たちまち射精感が。

 

「で、出ちゃうよ・・・お願いだから抜いて」

 

志穂「いいよ、出して。私、浩次君の子供なら産んでもいいよ^^」

 

腰の動きが速くなった。

この体験談の続きを読む