タグ:誘惑の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:誘惑

人妻に気に入られた僕は寸止めで焦らしてオマンコに思いっきり中出ししました

 

人妻 バック 中出し
画像はイメージです

 

奥さんのフェラチオでイカされました

 

僕は28歳の営業マンですが、40歳の奥さんがいる家に営業に行った時の話です。

 

奥さんは年の割には綺麗な女性で、どうやら僕のことが気に入ってくれたみたいです。

 

「せっかくだから、ゆっくりお茶でも飲んでいって。それとも、お茶よりビールの方がいいかしら?」

 

色気たっぷりで、完全に誘惑するような言い方です。

 

何が「せっかく」なのかは分かりませんが、ビールまで勧めてくれました。

 

僕もせっかくだから、旦那さんが突然に帰宅してこない事を確認し、誘惑してくる奥さんに勧められるまま、色々とご馳走になっちゃいました。

 

本当に夢のような体験です。

 

奥さんの鮮やかなピンク色に塗られた唇が、僕のアゴから首筋、そして敏感な乳首を責めてきました。

 

上目遣いに、いたずらっぼい瞳で微笑み、

 

(あなたの敏感なところ、すぐに分かっちゃうのよ)

 

とでも言わんばかりの表情でゾクゾクします。

 

そして、すぐに舌先でチロチロと舐めたり、軽くチューと吸ったり、軽く歯を立てたりしてきたのです。

 

確かに僕は乳首が弱点なんですが、奥さんのあまりにも巧妙かつ丁寧な舌先攻撃に、思わず

 

「うっ、ううっ~」

 

って声にならならない喘ぎ声を漏らしてしまいました。

 

同時に腰をモジモジさせていました。

 

その瞬間を待っていたかのように、奥さんはそれまで乳首を弄ったり転がしたりしていた手を、すでにギンギンに勃起したチンポに這わせてきたんです。

 

そして嬉しそうに、

 

「あらあら、元気のいい僕ちゃんね。もうこんなに張り切っちゃってるわ」

 

そして顔を股間に移動させ、亀頭へと舌を絡みつかせてきたのです。

 

その間も奥さんの手で触られていたチンポは、もうこれ以上ないほどに硬度と赤黒さを増していたのです。

 

亀頭の鈴口部分をチロチロと舐められたり、パクッと咥えられてチュパチュパしごかれたり、時には裏スジをツツーとナメナメされたり、カリの部分を甘噛みさたりしました。

 

僕はもう爆発寸前になりました。

 

なのに奥さんは、たっぷりフェラチオを楽しみながら、チンポを攻撃するだけでなく、両手指までも駆使して、金玉から蟻の門渡り、肛門まで愛撫したのです。

 

そんな奥さんのテクニック抜群の攻撃に、チンポは文字通りギンギンにいきり立ち、金玉袋は痛いほどにキュッと縮みあがってきたのでした。

 

そう感じた時には、時すでに遅しでした。

 

僕は恥ずかしいことに、奥さんの口の中に一発目の精液をドピュドピュと元気よく発射してしまったのでした。

 

なのに奥さんは、僕の元気のいい精液を嫌やな顔ひとつせずにゴクンッと飲み干したんです。

 

「あー、やっぱり若い男性のエキスって美味しいわ。でも二度目は、ちゃんと下のお口に頂戴ね。この若さと元気さだったら、すぐにOKよね?」

 

なんて言って。

この体験談の続きを読む

旦那とご無沙汰だった私は新入社員の男の子を捕まえて中出しエッチしました

新入社員 中出し
画像はイメージです

 

新入社員の男の子と倉庫で

 

以前勤めてた会社の倉庫で、新入社員の男の子を食べちゃったことがあります。

 

当時私は、人事課に所属していました。

 

健康診断の手配やら入社手続きやらで、新入社員と接することが多かったんですよね。

 

で、お世話しながら気さくに雑談します。

 

新入社員って言っても、そこは成年男子です。

 

雑談しながら彼女の有無とか、結構いろいろ聞き出しました。

 

ちなみに私は当時から人妻です。

 

社内案内しながら、問題の倉庫も案内しました。

 

倉庫だけあって、人気はもちろんありません。

 

最初に案内した時は、その男の子も、

 

「これだけ入り組んでたら、ここで何やってても分かんないですよねー」

 

だって。

 

そう言われたもんだから、

 

「じゃあ、ちょっと試してみる?」

 

って、私の後ろにいたその子に振り返ってニコって笑ってみました。

 

まだまだ大人の余裕を見せられる私です。

 

この時はまだ照れてるその男の子が可愛かったです。

 

「い、いいんですか?冗談ですよね?」

 

なんて言ってる彼のおちんちんをスラックスの上からナデナデしました。

 

スラックスの上からでも、勃起してくるのが分かります。

 

「反応しちゃってるよ。どうして欲しいの?」

 

必死に我慢してる顔が可愛くって、ついイジメたくなります。

 

ファスナー下ろして、トランクスの隙間からそっとおちんちんを触りつつ、その男の子の顔を拝んでました。

 

興奮したのか、だんだん男の子の息遣いだけが荒くなってきてたので、

 

「食べちゃおうっかな?」

 

と言いながら目の前に屈み込みました。

 

で、そのあとは何も言わせず、トランクスの間からおちんちんを引っ張り出して、指と口で奉仕しました。

 

旦那に仕込まれてるせいか、フェラチオは結構自信あるんですよね。

 

その子は、

 

「うっ、うぅっ」

 

なんて声を噛み殺しながら感じまくってくれました。

この体験談の続きを読む

【巨根小学生】競泳パンツのモッコリに興奮したので誘惑して食べちゃった

巨根小学生
画像はイメージです

 

小学生のおちんちんに目が釘付け

 

私は24歳の独身OLです。

 

週に3~4回、美容と健康のためにプールで泳いでいますが、そこで超カワイイ小学生を見つけました。

 

ゴールデンウィーク中で、昼間のプールは空いていました。

 

休憩時間にプールサイドで休んでいたら、隣に華奢なジャニーズ系の男の子が来ました。

 

(なんてカワイイ子なんだろう)

 

と思い、全身を舐めるように見てビックリ!

 

水色の小さな競泳パンツの股間が、モッコリ大きく膨れ上がっているんです。

 

よく見てみると、おちんちんの形や大きさがパンツにくっきり浮かんでいます。

 

もう剥けているのか、亀頭のエラの張り具合まで分かります。

 

驚いたのはその大きさ!

 

大人顔負けって言うより大人以上!

 

思わず声かけちゃいました。

 

「ボク、何年生?」

 

身長からして、中1位かなって思ってたんですが、

 

「5年生です」

 

って返事。

 

思わず

 

(ウソ―ッ)

 

て叫びそうになりました。

 

「素敵な水着ね。とっても似合ってるわ。いつもそんなに小さいの穿くの?」

 

前の膨らみをじーっと見つめながら聞いてみると、

 

「うん、いつもスイミングスクールで穿いてるから」

 

って答えながら、見られてるのが分かったのか、パンツの中でおちんちんの膨らみが一層大きくなりました。

 

そばに人がいないのをいいことに、もっといやらしいことを聞いてみました。

 

「おちんちん凄く大きいね。勃ってるの?」

 

すると男の子は、少し顔を赤くして

 

「勃ってなんかないよ~!」

 

って答えるんです。

 

私はたまらなくなって、

 

「ボク、もうお姉さんと一緒に上がらない?」

 

って言うと、

 

「うん、今日の練習はもう止めた」

 

って言うんで、プールの外のロビーで待ち合わせることにしました。

この体験談の続きを読む

パンティーを盗んだ中学生の男の子を誘惑しておちんちん食べちゃいました

熟女

 

中学生がパンティーを盗んだ

 

近ごろまったく男性が近寄ってこないので困っていました。

 

37歳の人妻というのが原因ではないかと思っています。

 

中学生の男の子なら家の前を通るんです。

 

しかも、時々派手な下着を干していると、興味ありげに見ているんですが、竿が高くて届きません。

 

そこで私は、クルクル回る洗濯干しを買ってきて、干したパンティーがちょうど少年の顔の辺りになるようにわざとセットしたんです。

 

派手な色の新しいパンティーと、古くてアソコの辺りにシミが付いたものなど7,8枚干しました。

 

冬の乾燥した日差しだと、15分くらいで乾きます。

 

リビングのカーテンの隙間から、そっと外の様子を観察していました。

 

サッカーボールを持った身長165cmくらいの少年が通り過ぎていきました。

 

(ああだめか)

 

と思いましたが、辺りをキョロキョロ見回して、また戻ってきました。

 

すると、あっという間の早業で、2枚盗んで去っていきました。

 

(やっぱり)

 

と思いました。

 

古いパンティーだけが盗まれています。

 

どうやら、近くのマンションに住む男の子らしいということも分かりました。

 

目立つようなところに干してあれば、

 

「どうぞ盗んでください」

 

と言わんばかりです。

 

砂糖に群がる蟻のようなものです。

 

少年がオナニー用として使うのに、何枚必要かは知りません。

 

一度盗むのに成功すると、あまり抵抗がなくなるんでしょうか。

 

今度はゆっくりと、新しいパンティーと古いパンティーを盗みました。

 

私は少年が退散する前に姿を現しました。

 

「あら」

 

と言って少し微笑みました。

 

「ねえ君、ひょっとして、今何か隠した?」

 

「い、いいえ」

 

「中学生?何年生?」

 

「2年です」

 

わりと素直でした。

 

「ここで話してると人に見られるから、こちらへいらっしゃい」

この体験談の続きを読む

娘の彼氏を誘惑して寝取りました 罪悪感もあるけどもう私の彼氏です

娘の彼氏を寝取る
画像はイメージです

 

娘がいないので私が彼氏を誘いました

 

私は41歳の主婦です。

 

高校2年生の娘がいて、友美といいます。

 

娘には、21歳の大学生の正雄君という彼氏がいます。

 

正雄君が大学1年で、友美が中学三年の時、知り合いから紹介されて、家庭教師をしてもらうことになりました。

 

正雄君は教え方が上手みたいで、そのおかげで友美は、難関と呼ばれた高校に受かることができました。

 

しかもその後、二人は交際を始めました。

 

正雄君が家庭教師だったので、家に遊びに来ても違和感もなく、自然な感じでおよそ2年が経とうとしていました。

 

夏休みの8月のある日、友美が女友達と出掛けている時のことでした。

 

正雄君が友美を映画に誘いに来ましたが、友美は忘れていたみたいで、

 

「出掛けてるわよ」

 

と告げると、正雄君はがっかりした様子でした。

 

私は時間に余裕があったので、ダメ元で、

 

「その映画おばさんも見たかったから、よかったら一緒に行かない?」

 

と誘ってみると、意外なことに正雄君はあっさりOKしてくれました。

 

誘っておいてなんですが、私はかなり驚きました。

 

それからなんだか私の方がドキドキしてしまいました。

 

「ちょっと待っててね」

 

と言って部屋にもどり、軽く化粧をして、ちょっと若く見える服装に着替えました。

 

「お待たせ」

 

玄関で待ってくれていた正雄君に声をかけると、

 

「おばさん、綺麗ですね」

 

なんて言ってくれました。

 

そんなこと言われたのは、若いころ以来なので嬉しくなり、

 

「じゃ、今日は私とデートだね、本当にいいの?」

 

と一応、念を押してみましたが、

 

「もちろんですよ、おばさんとデートできるなんて、めっちゃ嬉しいです」

 

私はもう舞い上がりそうでした。

 

家を出ると、

 

「奥様どうぞ」

 

と正雄君は笑いながら助手席のドアを開けてくれて、私も

 

「ありがとうボーイさん」

 

なんてふざけ合って、正雄君のRV車に乗りました。

この体験談の続きを読む