初体験 射精の瞬間
画像はイメージです

 

お向かいのお兄ちゃんがおちんちんを擦ってた

 

私は子供の頃から発育が良くて、小学4年で生理が始まり、小学6年で身長はすでに160cmを超えていて、ブラジャーもEカップのものを着用していました。

 

ランドセルが似合わないし、高校生にナンパされることもありました。

 

うちは母子家庭で裕福ではなく、市営団地に住んでいました。

 

向かいの家も母子家庭で、大学生のお兄ちゃんと中学生のお姉ちゃんがいました。

 

家族ぐるみで仲がよく、私が幼い時から可愛がってもらっていて、3人兄妹のように感じでした。

 

小学6年の夏休みのある日、朝からお向かいの家に遊びに行った時のことです。

 

いつものように勝手にドアを開けて、

 

「こんにちは~」

 

って入っていったんですけど、何の反応もありませんでした。

 

家の中に上がって見渡しても、誰もいませんでした。

 

閉まってる襖の部屋をそっと開けてみると、お兄ちゃんがいました。

 

ヘッドホンをつけてベッドにもたれて、テレビを見ていました。

 

(だから聞こえなかったのか)

 

と思いましたがお兄ちゃんをよく見ると、上半身裸でパンツを下げて、おちんちんを擦っていました。

 

小学校低学年までは一緒にお風呂に入ることがあったので、お兄ちゃんのおちんちんは見たことがありました。

 

でも今見たおちんちんは、今まで見たこともないほど大きくなっていました。

 

私はビックリしましたが、声もかけられずにじっと見ていると、お兄ちゃんが

 

「ウッ!」

 

と声を漏らした瞬間、私に気づいたようで、

 

「うわっ!チカちゃん!」

 

時すでに遅しで、お兄ちゃんは慌てていましたが間に合わず、おちんちんの先から白い液体がピュッと出ました。

この体験談の続きを読む