覗きがバレて性奴隷になった僕はトラウマだったのにドMになりました
画像はイメージです

 

銭湯を覗いていたらバレた

 

僕がまだ中学2年生だったころの話です。

 

その当時、仲良しの友達数人の間で、覗きが流行ってました。

 

中学校の校区内に銭湯があったので、友達とよく覗きに行っていました。

 

そしてそのことを思い出して、家でせんずりをする毎日でした。

 

僕はせんずりが大好きで(今でも)、毎日2,3回は必ずしてました。

 

ムラムラすれば、駅やデパートのトイレに駆け込んででも、せんずりしてました。

 

ある日、いつものように銭湯に僕一人で覗きに行きました。

 

ボイラー室に忍び込み、友達が開けた小さな穴から、女風呂を覗いていました。

 

これまでも何度か一人で覗きに来ていて、覗きながらチンポを出してせんずりをしていました。

 

その日も、普段と同じように女性の裸を見て興奮しながらチンポを扱いていました。

 

そして、これからイキそうだという時に、背後でガチャッと音がしました。

 

ボイラー室の戸が開く音でした。そして、

 

「何やってるの!」

 

という女性の大きな声がしました。

 

僕は驚きましたが、同時に射精してしまいました。

 

パニックになりましたが、観念したようにゆっくり女性に近づくと、突然ダッシュしてその場から逃げ去ることに成功しました。

 

(顔を見られたかもしれない・・・学校に通報されたら・・・)

 

その後数日間はビクビクしていました。

 

幸い何事もなかったので、ほっとしました。

 

しばらく間を置いて2ヵ月ぐらい経ってから、また例の銭湯に覗きに行きました。

 

これまで何度も覗いてせんずりしていたので、あの時はたまたま運が悪かっただけだと都合のいいように思い込んでいました。

 

そして、これまでと同じようにせんずりを始めました。

 

すると、また背後で扉の開く音がしたんです。

 

そして、

 

「何してるの!」

 

という女性の声。

 

(やばい!)

 

と思い、前回と同じように近づいて逃げようとした瞬間、腕を掴まれてしまいました。

 

僕は必死に振りほどこうとしましましが、

 

「人を呼ぶわよ」

 

と言われ、諦めてひたすら謝りました。

 

おそらく半泣きだったと思います。

 

その女性は、銭湯の裏のアパートに住んでいる人でした。

 

後で分かったんですが、年齢は当時27才で、スレンダーでそこそこ綺麗かなといった印象でした。

 

僕はチンポ丸出しで腕を掴まれたまま、その女性の住むアパートの部屋へと連行されました。

この体験談の続きを読む