タグ:羞恥の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:羞恥

【羞恥】女子小学生たちに包茎のつるつるおちんちん見られちゃった

 

おちんちん見られた
画像はイメージです

 

おちんちんも見るね

 

僕の名前は祐一です。

 

小学6年生の時の体験談です。

 

僕の小学校では、下校の前に、みんなで運動をする決まりがありました。

 

6年生で、女の子も含めて一番身長が低い僕は、運動が苦手で、なんとかさぼろうと思っていました。

 

しかし、頭の中まで筋肉で出来ているような体育教師に見つかり、罰としてサッカーのゴールキーパーにさせられました。

 

みんなのシュートを怖がって逃げていた僕を、体育教師が捕まえて、

 

「怖がるんだじゃない!男だろ!」

 

と後ろから腕を捕まえて、動けないようにしてしまいました。

 

次のシュートは純子の番です。

 

純子は6年生の女子のクセに、すでに身長が160cmもあって、運動神経もバツグンでした。

 

「さあ、いくわよ。祐一クン泣かないでね!くす!」

 

「女のクセに生意気だぞ!女のシュートなんかで泣くわけないだろ!」

 

本当はちょっと怖かったんですが、女子なんかに負けていられません。

 

「え?祐一クン、男子だっけ?そんなにちっちゃくて可愛いのに!あはは!」

 

僕は頭の中が、カーッ!となりました。

 

そして・・・

 

純子の蹴ったシュートは、うなりをあげて飛んできて、僕の・・・僕の・・・あの・・・おち・・・おちんちんに当たってしまったんです。

 

思わずうずくまってしまった僕は、学校に出来るだけ近い、「ますみクリニック」に運ばれました。

 

院長は、まだ若い女医さんのますみ先生です。

 

純子を含め5人の女子が、おちんちんを押さえて唸っている僕を笑ったという罰で、下校できずに病院に付き添ってきていました。

 

ますみ先生は、僕の目や脳を検査した後に、こう言いました。

 

「それじゃ、ボク、ちょっとおちんちんも見るね」

 

待合室から診察室が丸見えなので、看護婦の理恵さんが診察室のドアを閉めようとすると、

 

「あっ・・・男の子だから、閉めなくてもいいわよ」

 

とますみ先生は言いました。

この体験談の続きを読む

【羞恥】スカートめくりの罰でおちんちんを丸出しにされる男子小学生

おちんちん丸出し
画像はイメージです

 

スカートめくりをした男子に罰

 

ずいぶん昔のことですが、私がまだ小学校5年生の時でした。

 

男子がいたずらとかイジメとか、何かやらかすと必ずお仕置きとして裸にさせる担任の女の先生(30代前半)がいたんです。

 

その先生は今思うと、男性を目の敵にしている田嶋陽子みたいな先生だったかもしれません。

 

ある日、遅刻をして来た男子と女子1名ずつがいて、女子の方は一時間目の授業中ずっと教室の後ろに立たされていましたが、男子の方はなんと、

 

「パンツ一丁で教室の前に立ってなさい」

 

と言われたんです。

 

当然男子は抗議していましたが、

 

「男子と女子が同じな訳ないでしょう!」

 

と一喝されていました。

 

昔は学校という場所で先生は絶対的な存在でした。

 

今のように親がクレームをつけるようなことはほとんど無かったと思います。

 

つまり、小学生である私たちが逆らえるはずがないのです。

 

男子はいやいや服を脱ぎ、パンツ一丁の姿になって黒板の横に立たされました。

 

女子の中にはクスクス笑いながら見ている子もいて、その男子はめちゃくちゃ恥ずかしかったと思います。

 

宿題を忘れた男子は更にひどく、パンツ一丁でバケツを持って廊下に立たされ、休み時間が終わるまで許してもらえません。

 

もちろん女子には先生はそんな事はしません。

 

注意されるか、後ろに立たされるかだけです。

 

そして休み時間になると、廊下に立たされた男子は他のクラスにもバレることになり、情けない格好をからかわれたりします。

 

そんな男子に厳しい女の先生がいる私のクラスに、一人の男子が転校して来たんです。

 

そして今でも忘れられないショッキングな出来事があったのです。

 

その男子はずいぶんなお調子者で、何かと私たち女子にちょっかいを出すような子でした。

 

私たちは怒ったり無視したりしますが、ある日エスカレートして、一人の女子がその男子にスカートをめくられたのです。

 

結構派手にめくられたので、回りにいた他の男子にも見られていたはずです。

 

パンティーを見られた女子はその場で泣いてしまい、私たち女子も怒り心頭だったので、すぐに女子全員で先生に言い付けに行きました。

 

すると先生は、放課後に女子全員は教室に残るように言ったのです。

 

そして放課後、男子全員は教室を出て女子たちは席に座って待っていると、先生がスカートをめくった男子を連れて入って来ました。

 

「全員もっと前の方の席に座ってちょうだい」

 

先生に言われ、女子全員が前の方に固まりながら座りました。

 

「ほら!女子たちの前に立ちなさい!」

 

先生は男子の背中を強めに押して私たちの前に立たせました。

 

男子は今にも泣きそうな顔で下を向いています。

 

「さあ早く脱ぎなさい!さっき先生と約束したでしょう。スカートめくりされた女子の恥ずかしさをあなたにも分からせるって」

 

先生の言葉に男子は手を握り締めて体を震わせています。

 

「ほら!早く裸になりなさい!女子がパンツを見られた恥ずかしさに比べたら、本当はあなたは裸ぐらいじゃ済まないのよ!」

 

先生に怒鳴られ、涙を浮かべながら男子は服を脱ぎ始めました。

 

上着、シャツ、ズボンと男子が服を脱いでいくストリップショーを、すぐ目の前で女子たちがクスクス笑いながら見ているのです。

 

女子はほとんど全員この男子が嫌いでしたから、可愛そうと思う子はいなかったと思います。

 

とうとう男子はパンツ一丁姿になってしまいました。

この体験談の続きを読む