タグ:美魔女の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:美魔女

【美魔女に中出し】酔った勢いでホテルへ行くと淫乱で感じやすい人妻でした

美魔女に中出し
画像はイメージです

 

美魔女とホテルへ

 

僕は32歳で結婚しており、妻は30歳で2人の子供がいます。

 

町内会の自治会にも入っています。

 

自治会で活動してるバレーにも入らされ、週に2回、小学校の体育館で男女一緒に練習しています。

 

高校バレーの経験者で、自治会のキャプテンの好子さんという人妻がいます。

 

年齢は47歳で、僕と同じで子供が2人います。

 

好子さんは年齢の割にはかなり美人で、今で言う美魔女といっても過言ではないと思います。

 

ジャージ姿でも分かるように、ムチムチした太ももにふくらはぎをしています。

 

バランスのとれた脚で、元アスリートらしくお尻も引き締まって大きいです。

 

胸もDカップくらいあります。

 

最近ショートヘアーしてますます若く見え、可愛くもあり、バレーで会うのが楽しみでした。

 

この自治会バレーの仲間達はお酒好きが集まっていて、飲み会が月に最低2回はあります。

 

普段ジャージ姿しか見ない好子さんの私服姿もたまりません。

 

飲むとほっぺたを赤くし、よく話すようになります。

 

この前、会社の飲み会に参加した私は、飲み屋街に行きました。

 

23時時くらいにタクシーが並ぶ路地を歩いていたら、突然後ろから肩を叩かれ、振り向いたらなんと好子さんでした。

 

好子さんは女性3人と一緒で、みんなタクシーで帰るところだったんです。

 

二人を先にタクシーで見送ると、

 

「ちょうど良いところに会ったわ~、私まだ飲みたかったの・・・」

 

好子さんと2人きりになれるなんて願ってもないことなので、もちろんOKしました。

 

好子さんは店に入るまで、笑顔で僕の腕を組んで歩きました。

 

(見られたらマズいと思わないんだろうか?)

 

とは思いましたが、私は嬉しかったです。

 

しかも初めて見るスカート姿の好子さんでした。

 

スカートと言っても、やや膝上くらいのキュロットにレギンスでした。

 

胸元もやや谷間が見えています。

 

興奮でドキドキです。

 

そして入ったお店は、焼酎バーでした。

 

一時間くらいはお店にいたでしょうか。

 

「そろそろ帰らないとマズいんじゃないですか?」

 

「え~、ま~だぁ~帰りたくな~い」

 

「もう遅いですよ~」

 

「私と居るの嫌なの?まだ一緒にいようよ~」

 

「いや、むしろ俺は嬉しいっすよ。でも、もう遅いし、だいぶ呑んでるみたいですし・・・」

 

「トシくん(僕)は酔ったおばさんは嫌い?ウザいから?でも襲いやすいでしょ?」

 

「襲いやすいでしょって・・・まあ男ですから・・・独身だったらお持ち帰りしてたかな~」

 

と笑って誤魔化しました。

 

「あらそう~、昔はお持ち帰りしてたんだ~、まっいいや~、出ましょっ」

 

好子さんはまた僕に腕を組んできました。

 

でも歩く先は、タクシーの並ぶ路地とは反対方向でした。

 

「ちょっと・・・どこ行くんですか~?」

 

「トシくんにお持ち帰りしてもらうのっ」

 

「ええ~マジっすか?そりゃマズいですって!」

 

そんなやりとりしながら、とうとうホテルへ着きました。

この体験談の続きを読む

【淫乱な爆乳美魔女】欲求不満な妻を満足させてほしいと頼まれました

爆乳美魔女
画像はイメージです

 

朝からセックスしていた隣の男が訪ねてきた

 

私は41歳のごくごく普通のサラリーマンです。

 

現在単身赴任中で、私の部屋は5階建てマンションの5階で、両隣にも男性が住んでいます。

 

片方は40代後半で、たまに廊下で顔を合わせるので知っていました。

 

反対側は、その時点では50代と思われる男性(夏場にベランダの窓を開けて電話で話している声を聞いた印象)でした。

 

ある土曜日の朝7時ごろ、仕事が休みだった私は、まだ布団の中でゴロゴロしていた。

 

するとかすかに、女の喘いでいるらしき声が聞こえてきました。

 

このマンションは若い独身男性も住んでいるので、週末の夜なんかは時々女性の喘ぎ声が聞こえてくることもあります。

 

しかし今回の声は、50代と思われる隣の男性の部屋からでした。

 

「あんっ!あっ!いいわぁあ~ん」

 

パンパンと肉同士がぶつかり合う卑猥な音も聞こえてきます。

 

眠気も一気に吹き飛び、ドキドキしながら壁に耳を当てて聞いていました。

 

女の声からして、あまり若くない様子で、熟女と思われます。

 

40代ぐらいのおばさんの声です。

 

時間にしたら15分くらいでしたが、朝から興奮して勃起してしまいました。

 

とりあえず終わったみたいなので、私は顔を洗ったり歯磨きしたりしていました。

 

すると「ピンポーン」とインターフォンが鳴りました。

 

こんな朝早くに人が訪ねてくる予定なんかないので、

 

(おかしいな)

 

と思いつつ、ドアを開けました。

 

そこには、50代後半くらいの中年太りした男性が立っていました。

 

「あのー、突然すみません、私隣に住んでいる青木と申します」

 

とペコリと頭を下げてきました。

 

「どうも、おはようございます」

 

私はあっけにとられました。

 

隣でつい先ほどまで熟女とセックスしていた男が突然訪ねてきたんです。

この体験談の続きを読む