タグ:筆下ろしの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:筆下ろし

童貞の僕は欲求不満の主婦にオナ禁命令されて筆下ろしで何発も射精しました

筆下ろし オナ禁
画像はイメージです

 

解雇するつもりの主婦が僕のチンポを…

 

僕は大学卒業後、飲食業界に就職しました。

 

うちの会社は入社してから、約1年半の研修期間を終えると、各店舗にマネージャー兼店長として配属されることになっています。

 

僕も入社2年目の秋から、とある店舗にマネージャーとして配属されました。

 

配属されてから数ヶ月経ったころ、本社から売り上げが芳しくないとのことで、アルバイトを1人解雇するようにと通達がきました。

 

解雇するなんて初めての事で、とても言い出しにくいですが、これも仕事なので仕方ありません。

 

そこで誰にするか散々考えた末に、西野さんという40歳のパートの主婦に辞めてもらう事にして、マネージャー室に呼び出しました。

 

西野さんに解雇通告すると、当然ですが慌てていました。

 

「困ります、家のローンとか色々あるんです。何とかなりませんか?」

 

そうは言われると思っていましたが、当時は僕も入社2年目の新米サラリーマンです。

 

会社の指示に従わざるをえません。

 

「お願いします、マネージャー、私、何でもしますから」

 

熟女の西野さんはそう言って、僕に懇願するように寄り添ってきました。

 

(何でもする?)

 

僕は思わずその言葉に少し興奮してしまい、西野さんの体にいやらしい視線を向けました。

 

西野さんは、美人というわけではありませんが、ボディーラインはムチムチしており、グラマーなエロい熟女って雰囲気があります。

 

すると西野さんは僕の視線に気付いたのか、一瞬警戒するような仕草を見せましたが、すぐに、

 

「マネージャーさんってひょっとして童貞じゃないですか?彼女とかいないんですよね?パートの女性みんなで噂してますよ?」

 

もろに図星で、僕は思わず返答に困ってしまいました。

 

僕は24歳にもなって童貞で、風俗経験もありませんでした。

 

僕はおそらく顔が真っ赤になったと思いますが、恥ずかしさのあまり、もうどうしていいのか分からなくなりました。

 

もう首切りの話どころでありません。

 

すると西野さんは、

 

「童貞だと、こんなおばさんの体でも気になりますか?」

 

そう言うと僕の前に跪き、ファスナーを下ろして私のチンポを引っ張り出しました。

 

僕は頭の中では

 

(まずい)

 

と思いましたが、期待と興奮が勝って何もできませんでした。

この体験談の続きを読む

女子更衣室で逆レイプされて童貞喪失したけどハーレムセックスを楽しみました

熟女 逆レイプ
画像はイメージです

 

女子更衣室に連れて行かれました

 

僕は大学1年生で、水泳教室に通っています。

 

日中のプールに通っているのですが、そこのスイミングスクールは、暇を持て余したエロそうな主婦や人妻だらけです。

 

最初はちょっと場違いかと思っていましたが、熟女たちは僕の事を暖かく迎えてくれて、すぐに仲良しになりました。

 

僕は熟女たちを、年上のお姉さんのように思っていました。

 

ほとんど10歳から15歳上の熟女だらけです。

 

女性メンバーは6人で、男は僕だけでした。

 

先月のある日のこと、一人の人妻が男子更衣室をノックしました。

 

当然僕しかいません。

 

「ねえ、こっちにいらっしゃいよ」

 

そう言われても、女子更衣室ということで断ったんですが、

 

「いいから、ねっ」

 

強引にその人妻は、僕の腕を組んで引き寄せました。

 

僕は水着のまま、タオルだけ持って行きました。

 

そこにはその主婦を入れて3人いました。

 

「○○君来たの?いらっしゃい」

 

なんて感じで歓迎されました。

 

「今まで男っ気なくてつまんなかったの。君が来てからみんな楽しいねって言ってたのよ」

 

そう言われると、正直嬉しかったです。

 

するとそのなかの一人の人妻が、いきなり水着を脱ぎ始めました。

 

僕は、

 

「ちょっと何してるんですか?」

 

っていうと、

 

「着替えに決まってるじゃない、おかしな子ね」

 

って笑いました。

 

そしたらもう一人、

 

「私も着替えよ」

 

って言いました。

 

僕は困りました。

 

いくら仲良しになったといってもそれは・・・

 

「見てもいいのよ」

 

といって最初に脱いだ主婦が、僕の膝に跨ってきました。

 

裸です。

 

「ちょっとAさん」

 

と言うと、

 

「君は弟みたいなものだからト・ク・ベ・ツ」

 

って言いました。

 

「○○君が興奮してるよ」

 

横からBさんが言いました。

 

僕のチンポは勃起して、水着からはみ出そうになってました。

 

「○○君の凄いわねえ、見せて」

 

「困ります」

 

「いいじゃない」

 

そういうとジャジャーンという声と同時に、エロい主婦たちに水着を無理やり脱がされました。

この体験談の続きを読む

【童貞喪失】出会い系で筆下ろしを頼んだ女性が俺の巨根にビックリ!

筆下ろし
画像はイメージです

 

俺は巨根だったのか

 

俺が21歳の時に、6つ上のお姉さんに筆下ろししてもらった体験談を話します。

 

20歳過ぎて童貞だった俺は焦りもあり、彼女もいないし、出会い系サイトで懸命に相手を探していました。

 

ようやく見つけて事情を説明し、会ってもらえることになりました。

 

セックスする予定で時間合わせ、都内で待ち合わせして、とりあえず昼ごはんを一緒に食べて、

 

「これからどうする?」

 

と聞かれましたが、もちろんラブホテルへ行きます。

 

最初はベットでイチャイチャして、頭撫でられたり、胸に顔うずめて甘えたり、キスしたりました。

 

部屋を暗くして服を脱がせ、おっぱい揉んで乳首弄って、初めてのおっぱいに興奮しました。

 

舐めたり軽く噛んだりして、指でクリクリしたり普通にもんだり、事前にお姉さんにメールで指導されていた通りにやってました。

 

頑張って愛撫していると、お姉さんのマンコはもうヌルヌルでした。

 

オマンコの穴を探して、指を入れてクチュクチュしていると、

 

「もう入れてぇ・・・」

 

と腰をクネらせておねだりしてきました。

 

「ゴムつける」

 

と俺が言うと、

 

「そのままでいいわよ」

 

と彼女は言います。

 

童貞であんまり知識ないけど、やっぱり万が一妊娠されても困るしと思って、コンドームは絶対付けることにしました。

 

コンドームを取り出して、装着の仕方を教えてくれながら彼女が付けてくれます。

 

「裏と表に気をつけて、こうやって空気抜いてからつけるんだよ」

 

と言って、俺のギンギンに勃起したチンポを見て彼女は、

 

「って、なに!?この凶悪なチンコは!!」

 

って驚いていました。

 

俺は、

 

「え?」

 

となんで驚かれたのか分からず戸惑いました。

 

「デカ過ぎなんだけど、この童貞おちんちん」

 

自分では普通サイズだと思っていたんですが、彼女が言うには巨根らしいです。

 

平均サイズとか調べたことなかったので、こんなもんなんだとずっと思っていました。

この体験談の続きを読む

【中学生を筆下ろし】女教師の肉感ボディーに欲情した生徒が巨根だった

女教師
画像はイメージです

 

先生が見ててあげるからオナニーしてごらん

 

筆下ろしをしちゃった体験談ですが聞いてください。

 

私は、中学で音楽の教師をしています。

 

夏休みのある日、学校内でピアノの練習をしていました。

 

ピアノを弾くのに集中してしばらく気づかなかったんですが、後ろに人気を感じて、振り向くとE君がいました。

 

E君はじっと私を見つめています。

 

そして、E君がいきなり言ってきたんです。

 

「僕、先生の胸とか、お尻が気になって、まったく勉強が手につかないんです。どうしたらいいのか、分かんなくて」

 

確かに私は、バスト92cmのFカップで、お尻も93cmなので、肉感的な体だとは思っています。

 

決して美人ではないのですが、この体のおかげか男性に言い寄られたことは何度かあります。

 

E君にそう言われて一瞬困惑しましたが、エッチなこと言ってからかってきたんだと思い、乗ってみることにしたんです。

 

「先生のこと想像して、毎日オナニーしてから勉強すればいいんじゃないの?」

 

するとE君は、

 

「毎日・・・してるんです、でもそれでも、モヤモヤが残って・・・我慢できなくて」

 

って言うんです。

 

しかもE君の股間は、すでにズボンの中で勃起しているみたいで、盛り上がっているのが分かりました。

 

その時に私は、

 

(この子は本気だ)

 

と思いましたが、いきなりのことでどうしていいかわからず、

 

「じゃ、ここでオナニーしてごらん、先生が見ててあげるから」

 

と、つい変なことを言ってしまったのです。

 

そしたらE君は本当にズボンとパンツを下ろして、勃起したおちんちんをシコシコし始めちゃったんです。

この体験談の続きを読む

【近親相姦】私のセックスを覗いてオナニーする変態な兄を筆下ろし

近親相姦 兄妹
画像はイメージです

 

セックスを覗く兄の筆下ろしをすることにしました

 

私が高校2年の17歳で、兄が高校3年の18歳の時の話です。

 

私は中学3年の時に処女を喪失したのですが、兄はまだ童貞でした。

 

私達の部屋は別々でそれぞれ6畳でしたが、フスマでさえぎってあるだけなので、音や声なんかはほとんど筒抜け状態でした。

 

やむを得ずタンスや本棚で塞ぎ、出入りが出来ないようにはしていましたが、私がセックスしてる時やお風呂上りの時に、フスマがほんの僅かだけ開いていて兄がしょっちゅう覗いていました。

 

これまでにも文句を言ったことがあるのですが、後日また覗いているんです。

 

その日も私がセックスしてる時にちらっと確認してみると、フスマが2cmほど開いていました。

 

いつも最初は気になって腹が立つのですが、セックスが盛り上がってくると、いちいち気にならなくなってきます。

 

昼間セックスしている時なんかは一部始終、しかも明るいので、角度によっては結合部分までも見られていたと思います。

 

そんな兄の覗き行為にいいかげん腹が立つので、再度その日の夜に文句を言うため兄の部屋に行きました。

 

「ちょっと、お兄ちゃん!今日も覗いてたでしょ!いい加減にしてよ、気持ち悪い!」

 

兄は視線をTVに向けたまま黙っていました。

 

「どうせ覗きながらオナニーしてたんでしょ?・・・変態!」

 

「お前がやりまくってるからだろ!」

 

「人のエッチ覗くなんて変態だよ!・・・なんで覗くの?童貞だから?エッチしたいの?」

 

「うるさい!」

 

「じゃあ私がエッチしてあげよっか?」

 

私達は別に仲が悪い兄妹ってわけじゃなかったし、童貞で覗きながらオナニーしている兄が少し可愛そうに思えたのも事実です。

 

兄は驚いて、

 

「えっ?はぁ?」

 

って言ってましたが、

 

「エッチした事ないんでしょ、私が筆下ろししてあげるよ」

 

「ほ、本当か?」

 

「うん、童貞だから覗きとか変態行為に走るんだよ」

 

恥ずかしさはあるものの、私はパジャマを脱いで下着姿になりました。

 

兄もパジャマを脱いでトランクス一枚になりました。

 

私がトランクスを下ろしてあげると兄のオチンチンは半立ち状態で、完全な包茎ではなく、亀頭の先端だけ出ていました。

 

兄のオチンチンを見るのは小学校以来でした。

 

もちろんその時よりも大きく成長しています。

 

私は兄の手を取り、胸へ誘導しました。

 

兄は私の胸に触れると、オチンチンはムクムクと大きくなり、皮もめくれて亀頭が露出し、ピクピクとそり返るほど勃起しました。

 

私はオチンチンを握り、軽くシゴきます。

 

「気持ちいい?」

 

と聞くと、

 

「うん・・・気持ちいい」

 

と、嬉しそうでした。

 

「口でしてあげよっか?」

 

「本当?してほしい・・・」

 

まるで私が姉で、兄が弟のような感じになっていました。

この体験談の続きを読む