タグ:童貞の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:童貞

爆乳・巨尻の友達のお母さんに勃起がバレたけど筆下ろしに中出しまでさせてもらいました

ムチムチ 爆乳 巨尻
画像はイメージです

 

友達のお母さんのムチムチボディーがたまりません

 

僕は祥太郎で、高校2年生です。

 

隣に住んでる友達のお母さんは、ちょいポチャで爆乳の巨尻なんです。

 

年は40代前半で、ピタッと身体にフィットしたジャージ姿でいることが多いです。

 

このお母さんとは僕も仲良くしてもらっていますが、僕はこの明子さんの体に欲情して仕方ありません。

 

僕が中学の時に、明子さん家族が隣に引っ越して来て、明子さんの身体に一目惚れしました。

 

それ以来、毎日のように明子さんを想いながらオナニーしていました。

僕の部屋からは、明子さん夫婦の寝室が見えるんですが、夜はいつもカーテンが閉まってて、一度も明子さん夫婦のセックスを見た事はありません。

 

何度も覗こうとチャレンジしてみましたが、ダメでした。

 

童貞だった僕は、明子さんに筆下ろししてもらいたいと本気で思っていました。

 

そしてある日、昼前から突然雨が振り出し、僕は学校から濡れながら自転車で帰りました。

 

その日は学校は昼までだったんですが、なんとか家に帰り着き、家の鍵を探したら鍵が無い事に気付きました。

 

いつも家の鍵は持ってたんですが、どうやら鍵を自分の部屋に忘れたまま学校に行ったみたいで、一人っ子だった僕は家に入れず、玄関で雨宿り状態になっていました。

 

しばらくしすると、隣の明子さんが出て来て、僕に気付きました。

 

明子さんは専業主婦で、雨の様子を確認するために外に出て来たとこに、家に入れないでいる僕に気付いたようでした。

 

明子さんは僕を家に上げてくれました。

 

ビショ濡れの僕は、タオルを貸してもらって頭を拭いてると、

 

「ほら、しょうちゃん全部脱いで、風邪引くよ」

 

と僕を脱がそうとしました。

 

僕は祥太郎なので、明子さんは僕の事をしょうちゃんと呼んでます。

 

恥ずかしかったんですが、明子さんは強引に雨で濡れた学生服を脱がし、さらに僕のパンツまで脱がそうとしてきました。

 

恥ずかしかったんでパンツは拒否すると、

 

「何恥ずかしがってるの、早く脱いで」

 

と怒られてしまいました。

 

仕方なくパンツを脱ぐと、明子さんは僕のチンコをチラ見しました。

 

そして僕の学生服やパンツを持って、脱衣場の洗濯機の方へ行きました。

 

僕はチンコを見られたことに少し興奮し、さらに明子さんの後ろ姿を見て、勃起してしまいました。

 

明子さんは相変わらずジャージ姿でしたが、大きなお尻がプリプリしてたまりませんでした。

この体験談の続きを読む

童貞を捧げたお姉さんが結婚!久しぶりに再会するとセックステクが凄かった

童貞 中出し
画像はイメージです

 

彼女っていないの?

 

僕は高校の時、よく学校帰りにゲームショップに行っていました。

 

そんなに繁盛しているとは思えないお店で、いつも20台半ばぐらいのお姉さんがいました。

 

そんなに美人というわけではないですが、清楚な感じで髪は自然な茶髪、しかも巨乳でした。

僕の家は結構裕福で、高校生なのに月イチぐらいでゲームを買っていたので、予約まで含めると、月に2~3回、中古で探す時もあったので、もっと多く通っていたかもしれません。

 

何回も行くとお姉さんは、

 

「いつもありがとうね」

 

と言ってくれるようになり、仲良くなっていきました。

 

そんなある日、ゲームの発売日だけど、文化祭の準備で遅くなったことがありました。

 

ゲームショップは20時に閉まるので、

 

(今日は買えないかな)

 

と思いましたが、一応行ってみると、まだ開いていたので急いでお店の中に入りました。

 

お姉さんは、僕が来た瞬間ににっこりして、

 

「T君が来ないから、なんかあったのかなと思って心配しちゃった」

 

と言いました。

 

この時、僕が店に入って見せた笑顔を見て、

 

(他の客と比べて僕は特別な扱いなのかな)

 

と思うと、なんか嬉しかったです。

 

そんな感じで、ある冬休みのことです。

 

その日もゲームをやっていて、19時ごろにセーブしようと思ったら容量が無かったので、家からメモリーカードを買いに向かいました。

 

店に着いたのは、19時50分くらいで、お姉さんは店を閉める準備をしていました。

 

僕が来たのは予想外みたいで、理由を話したら、そういう事かと納得しました。

 

この日は忙しかったけど、19時30分ぐらいから客足が止まって、もう疲れたので店を早めに閉めようと思ったらしいんです。

 

お姉さんは僕に、

 

「店は閉めるけど裏でなんか飲んでかない?」

 

と言いました。

 

僕は、

 

(ゲームショップの裏ってどうなっているのかな)

 

と思ったので、見てみたくて返事をしました。

 

裏はなんかあっさりしていて、4畳ぐらいの部屋に通されました。

 

段差があって、そこの上に畳が敷いてあり、差し出されたコーヒーを飲みました。

 

コーヒーを飲んでいる間、いつものたわいのない会話をしていました。

 

しかし数分立った時に、

 

「T君って彼女っていないの?」

 

とお姉さんが聞いてきました。

この体験談の続きを読む

童貞の中学生を誘惑していたおばさんから彼を奪って筆下ろししました

男子中学生 童貞 筆下ろし
画像はイメージです

 

おばさんが男子中学生を誘惑

 

私は29歳ですが、スポーツクラブでインストラクターをしています。

 

最近は

 

「色気があるね」

 

ってお客さんから言われる事やナンパされる事も多くなりました。

 

私の勤めているスポーツジムでは、毎週水曜日は地域振興の一環で、午後2時から6時までの比較的暇な時間帯を、中高生に無料で開放していました。

 

6時も過ぎて、会員様が来る時間の前に、一通り点検をしていました。

 

中高生が使った後は、物が散らかっていたり、忘れ物などが多いのです。

 

女子更衣室を見回りに来ると、一番奥の個室の扉が閉まったままでした。

 

まだ生徒が残っているのかなと思い、声を掛けようと近づいてみると、2人くらいが入っている気配を感じました。

 

はっきりと聞き取れませんでしたが、女性が小声で何か話している声と、うん、うん、と返事をする少年っぽい声が聞こえてきました。

 

私は音を立てずに扉に近づき、聞き耳を立てました。

 

相変わらず、話はハッきりと聞き取れませんでしたが、男の子の照れ笑いのような声や、女性のボソボソという声は聞こえます。

 

私は、直感的に何をしているのかが分かりました。

 

スポーツクラブでは、こういう事はたまにあるんです。

 

ただ、女性と少年というケースは初めてでした。

 

私は周りに誰もいないのを確認し、そっと扉の下の隙間から覗いてみました。

 

まず見えたのは、女性がひざまずいている足というか下半身です。

 

さらに奥を見ると、少年の足が見えました。

 

私は胸の心拍数が高まりました。

 

後ずさりするように更衣室の入り口に戻り、一度深呼吸をしてから、中に向かって声をかけました。

 

「もう終了の時間ですよ。早く支度してくださいね」

 

と、言う感じです。

 

すると中から女性の声で、

 

「はーい、分かりましたー」

 

という返事がしました。

 

私はちょっと笑ってしまいました。

 

私は更衣室の出入り口が見えるちょっと離れたところで、どんな女性や少年が出てくるんだろうと隠れて見ていました。

 

しばらく待っていると、女性が出てきました。

 

初めて見る、一見、40代半ばくらいのおばさんでした。

 

でもなかなか綺麗な美熟女で、何事もなかったような表情で、玄関から出て行きました。

 

そして少しして、今度は男の子が出てきました。

 

(あ、あの子だったんだ)

 

彼は中学3年生で、毎週熱心にここへ通って来る男の子でした。

この体験談の続きを読む

童貞で緊張して勃起しない時は何も言わずフェラチオしてあげるといいですよ

童貞 大学生
画像はイメージです

 

真面目な男の子を狙います

 

私はスーパーに勤務する35歳のバツイチ女です。

 

27歳の時に結婚しましたが、わずか2年で離婚し、それ以来はずっと一人で生活をしています。

 

フルタイムですが時給は安いので、けっして楽な生活というわけではありませんが、もう結婚はこりごりなので、それなりに自由に暮らしています。

 

いざとなれば、実家に戻ればいいという気持ちもあります。

 

私は二人姉妹の長女なので、いつか実家に帰って両親の面倒を見なければならない日も来るかもしれません。

 

でもそれはまだ当分先のことだと思います。

 

ちなみに私は実年齢より結構若く見られろことが多く、28歳ぐらいでも十分通用します。

 

今は独身のせいか、同年代の生活に疲れた主婦より若く見えるのかもしれません。

 

あと、しょっちゅうセックスしているので、女性ホルモンの分泌もいいのか、肌もツヤツヤしていると思います。

 

そんな私の楽しみが、私の勤務するスーパーにアルバイトで来る大学生の男の子とのセックスです。

 

ここで働き始めて5年になりますが、その間、5人のアルバイト大学生とセックスしました。

 

ここでバイトする男の子は、だいたい半年から1年、長い子でも2年ぐらいで入れ替わるのですが、複数の男の子と同時進行ではセックスしません。

 

私が狙うのは、調子のいいタイプや、チャラそうなタイプではなく、どちらか言えば大人しくて真面目なタイプの男の子です。

 

その方が、職場で言いふらされることもなく、安全だからです。

 

二十歳前後の男の子って、性欲旺盛でセックスがしたくてたまらない年代ですから、女性から誘えば簡単に乗ってきます。

 

男の子に言わせれば、私には性的なオーラが漂っているらしいのですが、確かにそうかもしれません。

 

私もいつもセックスがしたくてたまらない女だからです。

 

今は、いつでもセックスできるようになったおかげで、オナニーはほとんどしなくなりました。

 

それにしても最近の男の子は、女の子に消極的な子が多く、大人しいタイプが多いですね。

 

そこが私の狙い目でもあります。

 

職場でも、狙う子にはアイコンタクトをしたりして、徐々に印象付けていきます。

この体験談の続きを読む

包茎を告白された私はチンカスを拭き取ってあげて童貞おちんちんをいただきました

包茎 童貞
画像はイメージです

 

包茎なんです

 

私は現在OLをしていますが、ほぼ同時期に入社した年下の男の子がいます。

 

私は転職して今の会社に入ったんですが、彼は初めての就職で、未経験なことばかりのため、私が指導役で仕事を教えることになりました。

 

彼は真面目で早く仕事を覚えたいと、二人で残業になることも度々ありました。

 

そんなある週末の日の事、残業中にたまたまテレビをつけたままにしていたら、バラエティ番組の中からから聞こえてきたのは、お笑いタレントの包茎の話でした。

 

手術をしたとか、その結果どうなって、自信がでてきたとか・・・

 

その内容に私が笑いながら、

 

「男の子は大変ね」

 

と彼に声をかけると、彼は顔を真っ赤にしてうつむいていました。

 

私は、

 

(ひょっとして)

 

と思い、多少のいたずら心から、

 

「ねぇねぇ○○君は大丈夫なんでしょ?」

 

と聞くと、彼は少しモジモジしながら、

 

「いや、実は僕もそう(包茎)なんですよ」

 

と、なんとあっさり告白しました。

 

それからは仕事そっちのけで、色々と彼の身の上話を聞くことになりました。

この体験談の続きを読む