タグ:童貞の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:童貞

イケメン高校生の巨根に興奮してフェラチオで大量に射精させました

 

イケメン高校生 フェラチオ
画像はイメージです

 

試着室でモッコリさせるイケメン高校生

 

私は紳士服フロアで接客担当をしています。

 

ちなみに25歳の女で、彼氏はいません。

 

子の前、男子高校生にいたずらしちゃいました。

 

スラリとした長身で長い手足、小さめで引き締まったお尻に、ジーパンが良く似合っていました。

 

小顔で目鼻立ちはクッキリしていて、かなりのイケメンでした。

 

スラックスはウエスト、それに股下を測ります。

 

普通は服の上からですよ。

 

その男の子は試着したけど、サイズが合わないみたいで私は試着室に呼ばれました。

 

「じゃあサイズ測りましょうか?」

 

って言ったらジーパンを脱いじゃって・・・

 

彼の前で片膝ついて、ウエスト測りました。

 

「75ですね」

 

って彼の顔を見上げたら、彼の視線は私の胸と太ももに注がれていたんです。

 

彼の位置からだと、ブラウスの中やスカートの中のパンツまで見えていたと思います。

 

股下を測る時、わざと彼のブリーフの前に手を当てて測りました。

 

メジャーの端を持って、手の平がちょうど彼のおちんちんに当たるようにしました。

 

そしたらすぐに勃起しちゃって・・・

 

いつもは測らないけど、ヒップも測りました。

 

私が膝立ちしてるから、彼のおちんちんは、ちょうど私の顔の前にあります。

 

メジャーを彼のヒップ側へまわす時、ビキニっぽいブリーフからはみ出しそうな亀頭部分へわざと頬をつけました。

 

すると激しい息遣いが聞こえてきて、ふと少年の股間に目をやった私はびっくりしました。

 

少年のブリーフの股間は大きくモッコリと盛り上がっていました。

 

「あら、エッチねえ。ところであなた名前は?」

 

「あっ、◯◯です」

 

「下の名前は?」

 

「祐二です」

 

「年は?」

 

「17です」

 

私は興奮で頭がクラクラしてきました。

 

見ると、祐二のブリーフの前はパンパンに膨れ上がっていました。

 

「祐二く~ん、どうするの~?こんなにモッコリさせちゃって」

 

祐二は、一瞬腰を引きました。

 

恥ずかしそうに勃起を隠そうとします。

この体験談の続きを読む

ヤンキーの彼女に「セックスまではダメ」と言われたけど童貞の俺は…

ヤンキーの彼女
画像はイメージです

 

童貞なの?

 

それは高2の時の話。

 

仲間内の一人が、マンモスヤンキー校として悪名高いN高の奴と揉めた。

 

仲裁を頼んで紹介されたのが、最強ヤンキーの呼び声高い石田君。

 

別に番長とかそういうのではないけど、石田君にはたぶん誰も逆らえないってんで。

 

それで石田君ちに行った時に、彼の彼女もいたわけ。

 

まだ中3だけどアイドルみたいに可愛いし、ヤンキー特有の色っぽさっていうか、

 

(さすがに最強ヤンキー、彼女も違うぜ・・・)

 

と思った。

 

それが俺の筆おろしの相手だった。

 

会ってみると石田君はとってもいい奴で、仲裁を快く引き受けてくれて仲良くなった。

 

んで俺が乗ってきたバイク(兄貴のだけど)をすごく気に入って、

 

「乗せてくれ」

 

って言うんでOKした。

 

「1時間くらい乗せてな」

 

と言われ、ビビリも入ってた俺は、

 

「いいよ、待ってるから」

 

と石田君の部屋で、彼女と二人で待つはめになった。

 

さすがに最初気まずかったが、彼女の方から話し掛けてきた。

 

彼女の名前は真由ちゃん。

 

真由「K高なん?頭いいんやね・・・」

 

俺「いや、すでに落ちこぼれやし・・・」

 

真由「彼女とかおるん?」

 

俺「おらん。恥ずかしいけど女と付き合ったことない・・・」

 

真由「うそお?カッコいいのに・・・じゃ童貞なん?」

 

(いきなりですか?さすがヤンキー)

 

俺「童貞どころか、キスもしたことないわ・・・」

 

真由「ええ~?本当に~?あはははははは・・・」

 

こんなに可愛いコに言われると余計凹む。

 

顔を離すと、俺の胸にしなだれて、笑った。

 

真由「ねえ・・・ちょっとだけ触ってもええよ、胸」

 

俺は答えられなかったが、恐る恐る胸に手を伸ばした。

 

もう言われるがままだった。

この体験談の続きを読む

【童貞喰い】主人に欲求不満な私は電車で若い男の子を見つけて巨乳を…

電車内で巨乳を押し付け
画像はイメージです

 

童貞と思われる男の子を物色

 

私は主人と職場結婚し、今年で4年になります。

 

今も部署は違うものの、夫と同じ会社に勤務しています。

 

私は見かけは地味なんですが、胸がFカップと大きく、外見も大人しそうに見えるので、よく痴漢やセクハラをされていました。

 

それを助けてくれたのが、今の主人なのです。

 

でも、私の体はどんどん開発されてきてしまったようです。

 

ずっと真面目で、子作り以外のセックスにはまったく興味ない夫。

 

私は全然満足しなくて、毎日欲求不満です。

 

不倫をしようにも、主人がいる同じ会社の人とでは絶対無理です。

 

かといって、35歳も越えると、なかなか新しい出会いもありません。

 

出会い系の男性もいまいち信用できないし。

 

ですから、通勤中の電車の中で、可愛い童貞と思われる男の子を物色しては、逆ナンしてしまうんです。

 

生理前など特に欲求不満になると、電車の中やホームで、好みの男の子を探します。

 

誰でもいいというわけではないのですが、体が欲してしょうがない時は、もう見境なくなってしまいます。

 

でも、なるべく可愛い子を選びますね。

 

その子の目の前に移動すると、じーっと顔を見詰めます。

 

満員の場合は、それとなく自慢の巨乳を男の子の胸元に押し付けます。

 

同時に、男の子の太ももの間に足を入れます。

 

さすがにそこまですると、彼も気になって仕方がない、どうしていいのかわからないといった感じでモジモジし始めます。

 

この反応がどうしょうもなく可愛くて、胸がキュンとしちゃいます。

 

モジモジしない子は、女性に慣れていたり、童貞じゃなかったりするので、そっと離れます。

 

モジモジしている子に、もっとギューッと胸を押し付けたり、太ももでそっと撫で上げたり、さりげなく股間に触れてみたりします。

 

反応のいい子だと、すぐにおちんちんが勃起するんです。

 

私の下腹部に、固くて熱いイチモツが押し付けられてきます。

 

そうなると、もうダメなんです。

 

オマンコがジュンって濡れちゃいます。

 

そうやって焦らすように、電車が止まるまで彼のことを誘惑し続けます。

 

さすがに電車の中じゃ出来ないし、私の体を触らせるわけにもいかないので、それとなく彼の下心を刺激するのです。

 

本題は電車から降りてからです。

この体験談の続きを読む

【女を教えてやるよ】中3で童貞の俺と先輩不良女子とでセックス勝負!

不良女子高生
画像はイメージです

 

お前童貞か?

 

俺は中3のときに転校した。

 

転校先でイジメめられたくなくて、茶髪にしていかにも不良だぞって雰囲気を出し、ガムを噛みながらクラスに入った。

 

まぁ、不良ぶってるのに縦カバンだし、眉毛もイジってなかったから、今思えばよくバレなかったと不思議だけどね。

 

普通の生徒はビビってたんだけど、やっぱり不良には目を付けられたわけで、初めての休み時間に奴らに囲まれ、屋上に連れていかれた。

 

漫画みたいに意地張っても逆にボコられるだけだし、俺はある程度強気だったけど、

 

「いや、この学校の番を狙ってるわけじゃないからさ、仲間に入れてくんね?」

 

こう言ったところで、

 

「はい、分かりました」

 

ってなるはずもなく、一発もやられないわけないし、多少はヤられたけど、結局は仲間に入れてもらった。

 

その仲間の何人かが、この辺仕切ってる暴走族に顔を出してて、

 

「お前も来いよ」

 

ということで、2日後の集会に顔を出した。

 

「チィーッス!!」

 

会う奴全員に挨拶をするのは、下ッ派の面倒なところだが、そこには結構女もいた。

 

周りの隊長格の人に挨拶をした後、最後に総長に挨拶をしに行った。

 

そこで、

 

「オス!お初にお目にかかります!自分は今日、初めて参加させて頂きました立石昭夫と言います!!」

 

と、めちゃくちゃ大きな声で叫び、総長にアピールした。

 

「ガキじゃねぇか…おい昭夫とか言ったな?お前うちの看板背負う覚悟できてんのか!?」

 

いきなりそう言われてビビったけど、なんとか、

 

「は、はい!!」

 

と返事すると、総長の隣にいた何かしらの隊長が、

 

「声がちいせぇんだよ!!」

 

「はい!!!」

 

「よし、いいだろ。お前は今日からメンバーだ」

 

こうして俺は暴走族に入った。

 

そして何回か顔を出すうちに、かなりのイケメン先輩と仲良くなった。

 

「昭夫、お前童貞か?」

 

「えっ!?いきなりなんすか?」

 

俺はまさか、会って一言目にそんなことを言われるとは思わなかった。

この体験談の続きを読む

小学生同士のラブラブセックス「マンコ見ていい?」「チンコ見せてよ」

小学生同士のラブラブセックス
画像はイメージです

 

パンツの中身なら興味あるけどな

 

小学校6年生で11才だった時のこと。

 

幼稚園からの幼馴染の結衣とは、一緒にお風呂に入ったりもしていた。

 

立派の女になりつつもまだ子供っぽく、スカートめくりなんかしてた。

 

結衣もマセた娘で、活発でエッチだった。

 

良く俺がおっぱい触ったり、スカートめくったりすると、ズボンの上から金玉やチンコを痛いくらい握られたこともあった。

 

ある日、結衣にちょっかい出してたら、突然キレて、

 

「そんなに見たいの?」

 

って言って、自分でバッとスカート捲り上げて、

 

「ホラ、見なよ~」

 

って挑発して来た。

 

可愛いイチゴのパンツだった。

 

でも俺も負けじと、

 

「そんなガキのパンツなんか見たかねぇよ~」

 

って照れ隠しで言った。

 

そしたら結衣が、

 

「じゃぁ、なんでめくんのよ~」

 

って難癖つけて来たんで、

 

「挨拶代わりだよ、パンツなんか興味ねぇもん、パンツの中身なら興味あるけどな」

 

って言ってやった。

 

結衣のやつ

 

「じゃぁ中身見せてやるよ」

 

って言い出した。

 

(えっ?ウソ、まじ?)

 

と思い、ちょっと凍ってしまってたら、

 

「チンコ見せてくれたらね」

 

だと。

 

でも、ここは学校だった。

 

だから、

 

「どこで?」

 

って聞いたら、

 

「放課後、家においで」

 

だって。

 

(ラッキー)

 

と思いながらも、

 

(マジ?)

 

みたいな感じでその日の放課後になった。

 

シャレだろうと思っていたら、結衣が来て、

 

「一緒に帰ろ」

 

って言って来た。

 

(本気だ)

 

その日の帰り道は、なんか無言でお互い照れてた。

 

エッチな気持ちと、勢いで言っちゃったみたいな約束を考えるとね。

 

結衣の家に行って、いつもの部屋に行った。

 

いつも遊びに来てる部屋なのに、初めて来たように緊張が・・・。

 

すると結衣が、

 

「見たいんでしょ?」

 

っていきなりスカートをたくし上げた。

この体験談の続きを読む