タグ:童貞の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:童貞

童貞の彼を2ヵ月焦らすとエッチしたくておちんちん擦り付けてきました

おちんちん擦り付け
画像はイメージです

 

童貞の彼を焦らしてセックスさせない私

 

私は28歳でOLしてます。

 

大学生の童貞君を卒業させてあげた話をしたいと思います。

 

彼は美大生で20歳です。

 

居酒屋でアルバイトをしていて、そこに会社の同僚と何度か飲みに行って親しくなり、

 

「彼女いないの?じゃあ私と付き合っちゃう?」

 

と軽く言ったことが原因で、本当に付き合うことになりました。

 

最初の2人きりのデートの時、彼は童貞であることを告白してきました。

 

「僕、付き合えて嬉しいけど、あの・・・女性と付き合うの初めてで・・・ちゃんとできるか分からないけど・・・だから、あの、僕、童貞なんです」

 

とオドオドして言葉に詰まったり、でも目はしっかりと合わせて言ってきて瞳が綺麗でした。

 

私はニコニコしながら聞いていました。

 

勇気を出して言ってくれたのが凄く嬉しかったです。

 

と同時に、

 

(こいつ、この後セックスできると思ってるな?)

 

と察知しました。

 

私はSっ気があるので、痴女っぽく焦らしてみようと思い、すぐにセックスさせない方向でいくことにしました。

 

それからも何度かデートを重ねましたが、一切セックスさせませんでした。

 

私の家にも呼んだけど、肩を揉ませたりマッサージをさせたりで、体には触れさせているけどセックスはなしです。

 

私は一切その気を見せず、淡々としていたと思います。

 

(悶々としてるだろうなぁ)

 

とは思っています。

 

(今日こそ童貞を捨てられる)

 

と思って来てるかもしれませんからね。

 

そしてついにその日が訪れました。

この体験談の続きを読む

外国人女性集団にチンポが勃起しなくなるまで精液を搾り取られた

外国人女性
画像はイメージです

 

外国人女性に全裸を見せ付けられた

 

僕が高校生だった時の話です。

 

近くの二階建て一軒家の二階に、外国人女性5~6人がグループで借りている家がありました。

 

近所と言っても、二軒分ぐらいの距離です。

 

その間に一軒家がありましたが、そこは平屋だったので、私の二階の部屋から向こうの二階の部屋は窓が開けば見えます。

 

女性達の年齢は、みんな20代じゃないかと思います。

 

仕事は細かいことは分からないけど、蝶ネクタイ付けた男性が車で夕方迎えに来て、夜中の2~3時ぐらいに帰宅してまいた。

 

どこかの外国人ダンサーのショーパブみたいなとこで仕事していたのかもしれません。

 

夏場はエアコン代節約のためか、大きい窓は開けっ放しにしている時が多かったです。

 

仕事に行く前と仕事から帰ってきた後に、シャワー浴びて着替えてるんだけど、ちゃんとカーテンを閉める人もいれば、開けっ放しで着替えてる人もいる。

 

夏休みの間、まだ童貞だった僕は家にあった双眼鏡で、彼女達の部屋を覗くのが趣味みたいになっていました。

 

仕事の練習なのか、音楽を流しながらダンスしたり、バスタオル姿、時には生着替えも見れる時があって、興奮しながら覗いていました。

 

ある日の深夜、外国人の彼女達が帰ってきたんで、受験勉強の手を休めて覗いていると、一人が下着姿で煙草を吸いに窓際にやってきました。

 

そしてこちらをチラっと見たかと思うと、再びこちらを目を凝らしながら見始めました。

 

(やばい、気付かれたか?)

 

と思ったけど、そのまま部屋の奥の方に戻っていきました。

 

(よかった、バレてない・・・)

 

と思ったら、すぐにみんなを窓際に連れてきたんです。

 

しかもこっちを指差しながら・・・

 

(完全にバレてる)

 

見たら、バスタオル一枚を体に巻いた一人が前に出て、露出狂がやるようにタオルをガバッと開いて全裸を見せつけてきました。

 

彼女達は笑い声を上げ、そのままカーテンを締めました。

 

(えっ、もう終わり?)

 

残念な気持ちと、

 

(深夜の今からこちらに怒鳴りこんでくるかも・・・)

 

とビビる気持ちになりましたが、その家から音楽が流れてきて、カーテン越しに部屋の中の色がピンクに変わりました。

 

すぐに双眼鏡を覗きなおしました。

 

カーテンが開かれました。

 

そこに女一人がバスタオル姿のまま後ろ向きで立っていて、音楽に合わせてクネクネとエロチックなストリップみたいなダンスを踊り始めました。

 

さらに数人が加入して踊り始め、いきなり全裸になる女もいれば、一枚一枚挑発するように脱いでいく女もいました。

 

双眼鏡を食い入るように覗き込んでいた僕の童貞チンポは、ビンビンに勃起しました。

 

もうこらえ切れなくなり、夜中に家族を起こさないようにそーっと家を出て、その家の前まで行きました。

 

二階の窓際の下に行くと、最初にバスタオルを露出狂の様に、全裸を見せてきた女が見下ろしてきました。

 

一階には勝手口があり、そこから別の女が下着姿で出てきて、挑発するように招きしながら、

 

「いらっしゃい」

 

と普通に日本語で招かれました。

この体験談の続きを読む

デカチンを苛めて喜ぶお姉さん達のお陰で職場のマドンナと変態プレイ

デカチン お姉さん
画像はイメージです

 

僕がデカチンなのでセフレになってと頼まれました

 

高校が男子校で奥手の僕は、大学に入学してもまだ童貞でした。

 

そんな僕も大学2年の夏休みの時、アルバイト先で知り合った26歳の美人な晴美さんに筆下ろししてもらいました。

 

晴美さんはSっ気があるみたいで、僕が童貞だと知ると、嬉しそうに僕の手を引いてラブホテルに入りました。

 

僕は女性の前で裸になったことがないので、恥ずかしくてバスタオルを巻いていましたが、晴美さんは服を脱いで素っ裸のまま僕の前に立ちました。

 

僕は綺麗な晴美さんの体に興奮して、見てるだけでチンポが勃起してしまいました。

 

晴美さんはニコニコしながら僕のバスタオルを外すと、

「うわ・・・おちんちん、おっきいねー!」
と言って、大きさを確かめるように触ったり握ったりしています。

 

僕は初めて女性にチンポを触られたので、あっという間にビンビンになりました。

 

そして晴海さんは口に咥えると、

 

「おっきくて、お口に入りきらない」

 

と言いましたが、嬉しそうに亀頭を舐めまわしたり、ジュルジュルと唾を絡めてフェラチオしてきました。

 

僕はあまりの気持ちよさに、

 

「晴美さん、そんなにしたら、出ちゃいます」

 

「いいわよ、出して」

 

「ううっ」

 

僕は晴海さんの口の中に、たくさんのザーメンを放出してしまいました。

 

それをじゅるじゅるじゅるーと、いやらしい音を立てて晴美さんは飲み干しました。

 

その後、コンドームをかぶせられて、最初は晴海さんが騎乗位で好きなように動いていました。

 

晴美さんは、

 

「すごいおちんちん、オマンコが埋まっちゃう」

 

と満足そうでした。

 

でも最後は正常位になって童貞の僕に、

 

「自分のしたいように動いていいよ、イキたくなったら遠慮しないでイッていいからね」

 

と優しく言ってくれました。

 

僕はぎこちなかったと思いますが、ゆっくり突いたり、激しく突いたり、試行錯誤しながらピストンを繰り返しました。

 

晴美さんのオマンコの中はめちゃくちゃ気持ちよくて、僕は挿入したままゴムの中に射精しました。

この体験談の続きを読む

内気な男の子を焦らしてイカせるのが好きなSっ気のある女子高生

 

フェラチオ 寸止め
画像はイメージです

 

童貞君が可愛くて萌えました

 

都内の女子高生です。

 

結構遊んでます。

 

自分にはSっ気があるのか、大人しい男の子をイジメたいって思っちゃうんです。

 

この前、童貞クンをご馳走になりました。

 

私にとっては二人目の童貞クンでした。

 

なのでちょっと余裕。

 

童貞クンはガチガチに緊張してるみたいで、始めはエッチな話とか全然しないでじっとしてるだけ。

 

私の方からくっついていくと、女の人とくっつくのも初めてみたいで、普通の話をしながら、私は彼の肩や髪の毛を触ったりしていました。

 

そのたびにビクッ反応する彼が超可愛い。

 

「こういうふうに女の子とくっつくとドキドキするの?」

 

って聞いたら、

 

「うん」

 

って。

 

そりゃそうだろうね。

 

私は男の子の髪の毛触るの大好きなので、撫で回しちゃいました。

 

撫でながら童貞クンの匂いもいっぱい嗅いじゃった。(←変態)

 

15分くらいそんな感じでくっついてたかな。

 

いきなりだと怖がるといけないので、

 

「撫でていい?」

 

とか

 

「脱がしていい?」

 

ってちゃんと彼に確認取りましたよ。

 

それで脱がしたら乳首もピンク色で体毛がほとんど無いんです。

 

体も細くて色白だし、顔も中性的でめちゃ萌えました。

 

電気は消さずに明るくしたままで、彼が目閉じて感じてる顔をじっくり堪能しながら舐め回しました。

 

「どうして欲しい?」

 

って聞いても

 

「分かんない」

 

って言われるので、

 

「これは嫌じゃない?」

 

って聞きながら性感帯を探索します。

 

私としては「初体験は怖いお姉さんに犯された」って思われたくないので、なるべく楽しい思い出にしてあげようと気使ってるんですよ。

 

途中で一緒にお風呂に入って、おちんちんとか全部洗ってあげて、また最初から責めていきます。

 

彼は喘ぎ声は出さなかったけど、タマタマとか触ってあげたらビクビク感じてました。

 

(アナルもいけるかも)

 

と思ったけど、最初からそんなことしたら引いちゃうかもしれないので、やめておきました。

 

おちんちんは若干包茎気味だったけど、ピンク色ですっごいキレイでした。

 

あんな綺麗なおちんちん見たの久しぶりです。

 

しばらくガン見しちゃいました。

 

途中から彼もびくびくしながら手を出してきて、おっぱいとか触ってきます。

 

これがまた本当におっかなびっくりって感じですっごく可愛いの。

 

「ブラ外して」

 

って言うと

 

「ええっ?!」

 

って驚いてる。

 

そんなに驚かなくても。

 

それで胸舐められてたらめちゃくちゃ興奮してきちゃいました。

 

(この子初めて女の子の胸舐めてるんだ)

 

と思ったらもう、キュンキュンしちゃいました。

 

舐めさせてる、っていう自分にも酔って大興奮です。

 

でもあんまりいやらしい女だと彼に引かれる気がして、なんとか理性で押さえてました。

 

だけどやっぱり、イキたくなっちゃって。

 

彼のおちんちんシコシコしながら、自分でクリちゃん触ってイっちゃったの。

 

あはは。

 

彼は何が起きたか理解できてなかったみたい。

 

セックスの時は私が上になって騎乗位でおちんちんをオマンコに挿入して、最後は正常位でイキました。

 

初めてだから腰の使い方がぎこちなくて、けどそれも萌えました。

 

結局丸一日使ってエッチやりまくっちゃった。

 

それぐらい時間かけてやりたくなるだけの可愛い男の子だった。

 

いっそ私好みに育てたいけど、それも可哀想かなって。

この体験談の続きを読む

近所の奥さんがボディラインくっきりの服で僕を誘惑してきた

熟女 バック
画像はイメージです

 

奥さんがピチピチの服装で誘惑してきた

 

僕のセックス初体験は近所の奥さんでした。

 

年齢は40歳前くらいだと思います。

 

小柄で少しぽっちゃりしてて、気さくないい奥さんでした。

 

旦那と娘の3人暮らしでしたね。

 

元々はうちの毋と仲が良くて、うちの家にも来たりしていました。

 

旦那さんは商社に勤めていて、海外出張も多かったみたいです。

 

自分は一人っ子だったので、奥さんの娘さんを妹のような感じで接していて、勉強とかも教えたりしていました。

 

初体験は夏でした。

 

娘さんにに勉強を教えに行ったら、その日はいなくて奥さんに、

 

「せっかくきたんだから、冷たいものでも飲んで行きなさいよ」

 

って言われて、

 

「ありがとうございます」

 

って家に上がったんです。

 

その時の事は今でもはっきり覚えています。

 

奥さんがピチピチのワンピース姿だったんです。

 

もうボディラインがくっきり出てて、おっぱいやお尻が強調されていました。

 

大人の色気というか、色っぽかったです。

 

何を話したか覚えてないくらい、胸ばっかり見てたような気がします。

 

そしたら、

 

「何処みてるのぉ?」

 

って言われて、

 

(ヤバい!)

 

と思ったけど、

 

「でも、女性に興味ある年ごろだよね」

 

って言うと、奥さんが玄関の方に歩いていったんです。

 

そして「カチャッ」と玄関にカギをかけたんです。

 

あの時は

 

(もしかして・・・)

 

と奥さんとエッチな展開になることを期待して、もうドキドキしてました。

 

玄関から戻ってきた奥さんは、不適な笑みを浮かべていたように思います。

 

それから奥さんが私の隣にスッと座り、体をくっつけてきました。

 

もうドキドキを通り越して心臓は破裂寸前の状態です。

 

そして何も言わず僕の手を取ると、奥さんは大きなおっぱいの上に持っていきました。

 

「どぉ?柔らかいでしょ?」

 

と耳元でそんな事を言っていた気がします。

 

もう僕は頭が真っ白で、顔は真っ赤になっていたと思います。

 

僕がオドオドしながらぎこちない手つきで胸を触っていると、今度は片ヒザを立ててきたんです。

 

むっちりとした白い太ももが目に飛び込んできました。

この体験談の続きを読む