タグ:童貞の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:童貞

女子更衣室で逆レイプされて童貞喪失したけどハーレムセックスを楽しみました

熟女 逆レイプ
画像はイメージです

 

女子更衣室に連れて行かれました

 

僕は大学1年生で、水泳教室に通っています。

 

日中のプールに通っているのですが、そこのスイミングスクールは、暇を持て余したエロそうな主婦や人妻だらけです。

 

最初はちょっと場違いかと思っていましたが、熟女たちは僕の事を暖かく迎えてくれて、すぐに仲良しになりました。

 

僕は熟女たちを、年上のお姉さんのように思っていました。

 

ほとんど10歳から15歳上の熟女だらけです。

 

女性メンバーは6人で、男は僕だけでした。

 

先月のある日のこと、一人の人妻が男子更衣室をノックしました。

 

当然僕しかいません。

 

「ねえ、こっちにいらっしゃいよ」

 

そう言われても、女子更衣室ということで断ったんですが、

 

「いいから、ねっ」

 

強引にその人妻は、僕の腕を組んで引き寄せました。

 

僕は水着のまま、タオルだけ持って行きました。

 

そこにはその主婦を入れて3人いました。

 

「○○君来たの?いらっしゃい」

 

なんて感じで歓迎されました。

 

「今まで男っ気なくてつまんなかったの。君が来てからみんな楽しいねって言ってたのよ」

 

そう言われると、正直嬉しかったです。

 

するとそのなかの一人の人妻が、いきなり水着を脱ぎ始めました。

 

僕は、

 

「ちょっと何してるんですか?」

 

っていうと、

 

「着替えに決まってるじゃない、おかしな子ね」

 

って笑いました。

 

そしたらもう一人、

 

「私も着替えよ」

 

って言いました。

 

僕は困りました。

 

いくら仲良しになったといってもそれは・・・

 

「見てもいいのよ」

 

といって最初に脱いだ主婦が、僕の膝に跨ってきました。

 

裸です。

 

「ちょっとAさん」

 

と言うと、

 

「君は弟みたいなものだからト・ク・ベ・ツ」

 

って言いました。

 

「○○君が興奮してるよ」

 

横からBさんが言いました。

 

僕のチンポは勃起して、水着からはみ出そうになってました。

 

「○○君の凄いわねえ、見せて」

 

「困ります」

 

「いいじゃない」

 

そういうとジャジャーンという声と同時に、エロい主婦たちに水着を無理やり脱がされました。

この体験談の続きを読む

18歳の童貞に「やらせて下さい」と懇願されてOKしたけど巨根でビックリ

童貞の巨根
画像はイメージです

 

酔いつぶれた私は気がつくと・・・

 

もう、数年前の年末のことです。

 

私は当時、あるスーパー内のテナントにある洋服屋さんに勤めていました。

 

テナントは他にもいくつかあったんですが、スーパーの直営組の人とはあまり親しくなかったんです。

 

しかし、その年は直営組の責任者が、

 

「年末の閉店後、忘年会と親睦会を兼ねて合同で飲み会をやります」

 

と企画したんです。

 

もちろん自由参加だったんですけど、やっぱり力関係ってものがあり、全員不参加だけは避けなければいけません。

 

結局私の勤めているとこからは、私だけが参加することになりました。

 

私は当時23歳でした。

 

身長は153cmと低く、体重は40kgとちょっとぐらいでした。

 

飲み会は近所の居酒屋で行われました。

 

主催の責任者は28歳でしたが、参加者は全員それ以下の若手です。

 

参加人数は12、13人ぐらいでした。

 

意外と盛り上がって、2次会はカラオケに行きました。

 

3次会でスナック行ったとこまでは記憶があるんですが、私は途中で寝てしまったようです。

 

もともと飲むと寝てしまい、数十分でケロリと目が覚めるタイプなんですが、年末の疲れがあったみたいで、本気で熟睡してしまったみたいです。

 

次に気が付いた時は・・・

 

「ここどこ?」

 

見たこと無い天井・・・、誰かの部屋です。

 

ガバッ!と上半身を起こすと、

 

「うわっ!」

 

と叫び声がしました。

 

私の格好は・・・

 

シャツが首の辺りまで捲り上げられ、ブラが微妙に下にずらされてて乳ポロリ状態です。

 

スカートは捲られ、しかもパンツが両膝に絡まってます。

 

叫び声の主は、青果部の若造でした。

 

(つか、オマエもパンツ下ろして何やってんだ?!)

 

つまり、オナニー中でした。

この体験談の続きを読む

冴えないけどデカチンの僕は美女と性癖が合って結婚することが出来ました

デカチン
画像はイメージです

 

20歳で童貞喪失

 

僕は奥手で女性と話したこともほとんどなく、高校も男子校だったんですが、大学入学してもまだ童貞でした。

 

でも大学2年の時の夏休みに、バイト先で知り合った25歳の綺麗な留美子さんという女性に、20歳の童貞を捧げまることが出来ました。

 

留美子さんは僕が童貞だと知ると、僕の手を引いてラブホテルに入りました。

 

僕は恥ずかしくてモジモジしてバスタオルを巻いてましたが、留美子さんはすぐに素っ裸になりました。

 

僕は初めて目の前で女性の裸を見たので、興奮してすぐにチンポが勃起しました。

 

留美子さんは僕のバスタオルを外すと、

 

「わお!おっきいねー○○君」

 

と言って僕のチンポを観察しながら触っていました。

 

そして、口に咥えて、

 

「おっきくてお口に入らなーい」

 

と嬉しそうにはしゃいでいました。

 

亀頭を中心にチュパチュパされて、僕はあまりの気持ちよさに、

 

「留美子さん、もう出ます!」

 

と言うと、

 

「いいよ、出して!」

 

「うっ」

 

申し訳ないと思ったのですが、留美子さんがチンポを咥えたままなので、そのまま口の中に射精しました。

 

留美子さんは、ごっくんと僕の精液を飲んじゃいました。

 

その後、コンドームをかぶせられて、リードしてもらいながら、正常位で童貞を喪失しました。

 

留美子さんのオマンコの中はとても気持ちよくて、留美子さんは、

 

「おっきー!埋まるー!」

 

と言って腰を動かすので、僕はすぐに我慢出来なくなり、またあっという間に射精してしまいました。

この体験談の続きを読む

中学生の時ショタコンのおばさんを相手に逆売春させられていました

 

ショタコン 逆売春
画像はイメージです

 

3人のおばさんたちに全裸にされました

 

僕が中学2年の時の話です。

 

期末テストも終わり、もうすぐ夏休みになろうとしていたころです。

 

その頃の自分はテニスに夢中で、その日も近くの公園で壁打ちしてると、ラケットを持った近所の清子さんというおばさんに声をかけられました。

 

近くのクラブに所属しているので、コートに誘われました。

 

有名なクラブで、コートも8面あるクラブです。

 

そこで清子さんと、フルセットして僕が勝ちました。

 

それから度々清子さんとテニスをするようになり、親しくなっていきました。

 

8月に入ったある日、清子さんの家に呼ばれました。

 

そこにはクラブで顔なじみのおばさん二人もいました。

 

昼間からお酒を飲んでいて、みんな陽気でした。

 

みんな40代前半ですが、スポーツしているせいか、年齢の割には綺麗な人たちでした。

 

自分もお酒を進められましたが、中学生でしたし断ると、清子さんがいきなり口移しで飲ませて来たのです。

 

びっくりしてると周りからは、

 

「ファーストキス?」

 

とかはやしたてられ、

 

「私もキスしたい」

 

とか言って、次々に濃厚なキスを三人から受けました。

 

それからソファーに押し倒されると、ズボンとトランクスを一気に脱がされ、シャツも脱がされました。

 

三人のおばさんによって僕は全裸にされたのです。

 

三人ともかなり酔っていました。

 

僕のチンコを、三人でよってたかって触ってきました。

 

思春期でオナニーも覚えたころでしたから、チンコを弄られるとすぐに勃起してしまいました。

この体験談の続きを読む

【金玉潰すぞ】イカレ女にチンコ噛まれたりしたけど今でも思い出して…

イカレ女
画像はイメージです

 

イカレた女に股間を触られた

 

僕が高校1年の時の話です。

 

いつも通学している電車内に、いつも無表情の女性がいました。

 

服装は地味なんですが、いつも黒いストッキングばかり穿いているので、ちょっと精神がイカレてる女性なのかなと思っていました。

 

密かに仲間内で「イカレ女」と呼んでいて、気持ち悪がっていました。

 

ある時からどういうわけなのか、僕と行き帰りの電車がいつも一緒になりだしたので、正直電車を遅らせようかと思いました。

 

でもいつも忘れてしまい、結局またイカレ女と同じ電車になってしまうのでした。

 

そしてあれは確か、学園祭の練習で帰宅が遅れた秋のことです。

 

先頭を行く電車が、先の駅で車両故障を起こしてしまい、バスでの代行輸送になるため、電車を降りて駅のホームに立った時でした。

 

目の前にイカレ女がやはり無表情で立っており、こちらを見ていました。

 

(怖えぇ・・・)

 

そう思った瞬間、イカレ女が口元を少し緩め、ニヤッとしながらかすれた声で、

 

「ぼく、可愛いねぇ」

 

と言い寄ってきたのでした。

 

いざ逃げようにも足がすくんでしまい、とうとうイカレ女に手を繋がれてしまいました。

 

かなりの力で手を握られ、

 

「一緒に行こう」

 

と連れられてしまいました。

 

何度か手を振り解こうかとも思いましたが、信じられない力で握られているため、とても振りほどけそうもありませんでした。

 

(助けて!!)

 

と声をあげる事もできず、満員の代行バスに一緒に乗る羽目になってしまいました。

 

イカレ女は身長が170cm以上はありそうで、当時の僕よりは10cm以上も高かったと思います。

 

イカレ女の胸元に、僕の顔が押しつぶされるような形で、バスはゆるゆると走り出しました。

 

微かに香水のいい香りがしてきて、僕は逃げたいのに逃げ出せない獲物のようになっていました。

 

するとイカレ女の手が、僕の股間を触ってきたんです。

 

びっくりしたのと同時に恐怖も感じ、泣き出しそうになってしまいました。

 

ただ体は正直で、イカレ女に触られて入るうちに徐々に勃起してしまい、

 

「フフッ」

 

と鼻で笑われてしまいました。

この体験談の続きを読む