タグ:相互オナニーの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:相互オナニー

中3の時に童貞を卒業させてくれたお姉さんが結婚前に僕の巨根を求めてきた

相互オナニー
画像はイメージです

 

親戚の家庭教師のお姉さん

 

もう30年ぐらい前の話ですが、僕が中学3年生の時の話です。

 

自分で言うのもなんですが、少年のころは真面目で成績の良い子供でした。

 

中学時代は、試験で常に学年でトップ10に入るようなタイプでした。

 

友達も、同じような真面目なタイプの男子とばかりと仲良くしていました。

 

しかし、本当の僕はむっつりスケベでした。

 

初射精は小学6年生の時です。

 

寝ている時になんだかエッチな夢を見ていて、突然おしっことは違う込み上げてくるものを感じました。

 

そして我慢できずに、おちんちんの先からドクドクと精液が出たときは本当にびっくりしました。

 

それからオナニーを覚え、女性の体にとても興味を持つようになりました。

 

僕はおちんちんも大きく巨根で、体育の授業の時、まだ小学校では男女一緒に授業を受けていたのですが、体育座りをすると、しょっちゅう横からハミチンしていました。

 

親の買ったトランクスを穿いていましたが、収まりきらなかったのです。

 

中学になると、近所の書店で小遣いの中から、グラビア雑誌を買うようになっていました。

 

グラビア雑誌ぐらいなら店員のおばちゃんに咎められることはりありません。

 

お目当てはもちろん、ヌード写真やエッチなコラムでした。

 

当時はまだ我が家にビデオもなかったですし、インターネットもない時代だったので、オナニーのおかずは雑誌が多かったですね。

 

そして中3になり、母親から家庭教師をつけることを提案されました。

 

僕は自分で勉強できるので断ったんですが、夏休みの間だけ試しにというので、渋々受け入れました。

 

初日、その先生として僕の元にやってきたのは、学校の先生を目指している、親戚の大学生のお姉さんでした。

 

小さいころからよく遊んでもらっていたお姉さんだったので、嬉しくて急にやる気が沸きました。

 

他にも理由があります。

 

お姉さんはずっと水泳部で活躍していて、水着の写真もたくさん家にありました。

 

僕はそのうちの数枚をこっそり隠し持っていて、オナニーの時のおかずにしていたからです。

 

夏休みはあっという間に過ぎて、残り数回で終わりというある日のことです。

 

母親が出かける用事があるといって、その日は僕とお姉さんと家の中に2人きりになりました。

 

しかもその日は猛暑の日で、僕はタンクトップのTシャツに、デニムのショートパンツ姿でした。

 

お姉さんは薄地の胸元の開いたカットソーに膝上10センチくらいの可愛いフレアスカートです。

 

僕の横に座ると、もうパンツが見えるんじゃないかと思うくらいでした。

この体験談の続きを読む

【相互オナニー】デブ男にパンティーとオマンコを見せる露出癖のある私

露出癖
画像はイメージです

 

パンティー売ってくれない?

 

私は20歳で短大に通っています。

 

友達が家族と2週間もの間、旅行に行くことになりました。

 

その家では犬を飼っていて、友達と仲のいい私が犬の世話を引き受けました。

 

期末試験も終わり、ちょうど暇でバイトもしてなかったんです。

 

毎日餌をあげて、散歩に連れていきました。

 

その日も、いつものように犬の散歩で公園に出かけました。

 

公園の周りは、縁取る形に背の高い木が植えられています。

 

休日には、公園は野球やサッカーをする人たちでいっぱいになりますが、今はガランとしているグランドを斜めに横切るように、犬は私を引っ張りながら走ります。

 

その先には、子供たちが遊べるようになっている、砂場やシーソー、鉄棒などの遊具があります。

 

犬は砂場の中を、しっぽを振りながら走り回っています。

 

そこへ、いかにもオタクそうな太った男が犬を連れてやってきました。

 

その犬がこちらにじゃれついきて、2匹の犬は興奮状態で追いかけっこしていました。

 

私は仕方ないのでしゃがみ込み、犬を見ていました。

 

するとデブ男が、私をチラチラ見ています。

 

しかも、何度も覗きこんでいます。

 

(あぁ…見てる…ムズムズしてきた、もっと見せたくなってきちゃった、あぁ…どうしよう、 見せたい…)

 

実は私には露出癖があり、人に見られることに興奮を覚え、見せたくて仕方がなくなる時があります。

 

私は少し脚を拡げました。

 

デブ男の目は、明らかに私のパンティーに釘付けです。

 

デブ男は、私に近寄ってきました。

 

私がわざと脚を開いたことが分かっているのでしょう。

 

「ねぇ、薄い白いパンティーから、毛が見えてるよ」

 

普通なら気味が悪くて逃げるところでしょうが、私は興奮しています。

 

無視して、犬たちをじっと目で追っていました。

 

「割れ目が…パンティーが食い込んでるよ」

 

私は、さらに脚を広げました。

 

どんどん興奮していく自分を感じていました。

 

「見せたいんだ…ねぇ、君、見せたいんだろ、ちょっと、こっちに来なよ」

 

デブ男が私の手を掴みました。

 

ネチっとした汗を掻いているのが、手の感触に伝わります。

 

デブ男は2匹の犬を植木に繋ぎ、私を掃除道具などが入れてある納屋の隅っこに連れていきました。

 

「ここなら通路の植え込みで、周りからは一切見えないから大丈夫、ねぇ、もっと、見せてよ」

 

デブ男は鼻息を荒くしながら、私の前でしゃがみました。

 

デブ男が、ゆっくりと私のスカートを捲ります。

 

デブ男は、私のパンティがー目の前に現れると、嬉しそうにニヤニヤと笑いました。

 

私は、周りを見回して誰からも見えていないことを確認し、スカートを脱ぎ、体育座りの格好をして両脚を拡げました。

 

デブ男は、私の顔とパンティーを交互に見て、

 

「可愛いパンティーだね、ねぇ、このパンティー売ってくれない?」

 

(えっ!?)

この体験談の続きを読む