電車 痴女 手コキ
画像はイメージです

 

女と間違えて痴漢されてる?

 

高校2年の3学期のことです。

 

毎朝、満員電車に乗って通学していました。

 

駅員が押し込まなければ乗れないほど満員です。

 

しかも次の駅でも、また人が押し込まれます。

 

目的の駅まで数十分でしたが、本当に毎日の通学が辛かったです。

 

そんな1月半ばのある日、いつもと同じように僕は満員電車に乗ってグッと押し込まれました。

 

嫌だなと思いながらも、次の駅でまた数人が押し込まれてきました。

 

その時の僕は、ドアに向かって後ろを向いた状態で立っていました。

 

最後の人が押し込まれてしばらくすると、何やら僕の太ももの裏側に手が当たっているのに気が付きました。

 

偶然当たっているもんだと思っていたのですが、どうも違うみたいです。

 

手の平が太ももにピタッと張り付いているんです。

 

変だなと思いましたが、混み過ぎていて見動きが取れません。

 

後ろを振り返るにも全く動けないんです。

 

しばらく我慢していると、その手は今度は尻に移動してきました。

 

しかも尻をゆっくり撫で回してくるんです。

 

これは何かの間違いではないかと思いました。

 

痴漢が女と間違えて、僕の尻を触っちゃってるんじゃないかと思いました。

 

身をよじって、なんとか

 

(ヤメろ)

 

と訴えかけました。

 

それでもずっと尻を撫で回してきます。

 

僕は気持ちが悪くなり、動ける方向に少しだけ動きました。

 

ちょうど横向きになる姿勢になると、尻から手が離れていきました。

 

やっと僕のことが男だって気が付いたと思って安心しました。

 

でもどんな奴が痴漢なんてしてるのかと思い、興味が湧きました。

 

僕の後ろ辺りにいるのは分かっていたので、降りる瞬間に確認しようと思いました。

 

駅で一気に人が吐き出される瞬間が勝負です。

 

体をひねって、僕は後ろにいる人を確認しました。

 

そこにはOLっぽい女性と、オジサンと、大学生風の男がいました。

 

この大学生っぽい男か、オジサンのどっちかが痴漢なんだなって思いました。

この体験談の続きを読む