タグ:男子高校生の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:男子高校生

【逆レイプ】後輩の女子高生に無理やり童貞を奪われて性奴隷にさせられたけど…

逆レイプ
画像はイメージです

 

好きな女子の盗撮画像に興奮

 

俺の高校には普通クラスと特進クラスがありました。

 

特進クラスだけで大学を見学しに行く、学習旅行というものがありました。

 

毎年3年生と2年生が対象で、有名大学に見学に行きます。

 

特進クラスは学年に1クラスで、しかも20人しかいません。

 

少人数で先輩後輩の壁もあまりなく、学年も男女も関係なく話をするような学校でした。

 

しかし、高校生と言えば勉強だけでなく恋も盛んな時期です。

 

俺は同じクラスで、成績もトップクラスの千奈美ちゃんが好きでした。

 

千奈美ちゃんは眼鏡が似合っていて、長めのスカートを穿く真面目な女子でした。

 

もちろん勉強に関しては一生懸命だけど、自分から教室の花に水をあげたり、気遣いの出来る優しい子で、俺にとってのアイドル的存在でした。

 

しかし俺が3年生の時に、2年生の後輩女子に好意を持たれてしまった。

 

彼女の名前は美里ちゃんで、見た目はちょいポチャ系の女子です。

 

容姿的にも俺の好みではなくて、特進クラスとはいえ成績は下の方でした。

 

でも彼女の家は金持ちで、友達と言うか仲間がたくさんいます。

 

そんな中、俺が3年生の学習旅行の時にある事件が起きました。

 

学習旅行は1泊2日で行くんですが、宿泊するホテルは2年生も3年生も同じでした。

 

ホテルとはいっても、ボロい旅館みたいなとこでした。

 

部屋は2人部屋で、俺は2年生と割と仲がいい宮永という奴と同じ部屋になりました。

 

ちなみに宮永は、俺が千奈美ちゃんを好きなことを知っています。

 

晩飯を食べて風呂に入った後のことです。

 

宮永がスマホを持ってきて、

 

「いいものを見せてやる」

 

と言ってきました。

 

(何を見せてくれるのかな?)

 

と思って彼のスマホを見てみると、そこに映っていたのは千奈美ちゃんでした。

 

しかも、千奈美ちゃんが着替えている時の写メでした。

 

千奈美ちゃんの白くて清楚なブラジャーとパンツ、小ぶりだけど形のいいおっぱい、さらに思った以上に剛毛だった陰毛までもが写っていました。

 

おそらく勉強のことばかりで、あまりお手入れとかケアはしていないのだろうと思いました。

 

脇毛も生えていたし、千奈美ちゃんの自然な姿が4枚ほどの写メがありました。

 

俺はすぐに宮永に写メをコピーしてもらい、スマホに保存しました。

 

好きな女の子の盗撮された写メに異常に興奮し、この時点でチンポが半分勃起していました。

この体験談の続きを読む

高校生の時に友達の母親のオナニーを覗いてバレたけど女体のすべてを教わりました

友達の母親
画像はイメージです

 

友達の母親がオナニーしてる?

 

僕が高校1年の時、近所の幼馴染みの高橋君の母親からセックスを教えられました。

 

そのおばさんとエッチな体験ですが、ある日曜日の昼頃に、少し離れた町の全寮制の高校に通っていた高橋君が久々に帰って来るということだったので、彼の家まで会いに行きました。

 

幼なじみということもあって勝手を知っていたので、いつものようにカギが開いている高橋君の部屋のサッシから勝手に上がり込みました。

 

カギが開いていたので、高橋君がいるのだろうと思っていました。

 

しばらくマンガを読みながら待っていると、隣の部屋から何やら声が聞こえたので、様子を見に行きました。

 

そこには、大きなベッドが置いてある高橋君のお母さんの寝室でした。

 

おばさんは離婚していて、一人息子の高橋君も寮に入っていたため、普段は一人暮らしでした。

 

少し開いたドアの向こうでは、おばさんがベッドの上で仰向けになって寝転んでいるようでした。

 

しかし、何か様子がおかしいのはすぐに分かりました。

 

おばさんは仰向けになり、左手で自分の胸を揉みながら、そして右手はスカートの中に入れて何かゴソゴソと動かしていたのです。

 

おばさんは目を瞑ったまま気持ちよさそうに、

 

「うう~ん」

 

と声を搾り出すように呻いていました。

 

僕はしばらく呆然として、ドアの隙間からおばさんの様子を見ていました。

 

おばさんは段々と足を大きく広げて腰を動かし始めました。

 

スカートは太股の付け根辺りまで捲れ上がり、白いパンティーが見えました。

 

おばさんはオマンコに二本の指を当てて、何度擦っていすようでした。

 

やがて、

 

「あぁ~ん」

 

と声を出して体を仰け反らせると、そのまま静かになりました。

 

「はぁはぁ」

 

おばさんの荒い息遣いだけが聞こえてきます。

 

僕は金縛りにあったようにおばさんを見ていました。

 

何か見てはいけないものを見たような気がして、そこから立ち去ろうと思ったのですが、何故か体が動きませんでした。

 

そしておばさんが薄っすらと目を開けたとき、僕と目が合ってしまいました。

 

おばさんは起き上がるといきなり駆け寄って来て、ドアを開けて僕の腕を掴み、

 

「見てたの?」

 

と聞きました。

 

僕は頷くのが精一杯で声が出ませんでした。

 

「こっちへ来て」

 

おばさんは僕の手を掴んで部屋に連れ込みました。

この体験談の続きを読む

彼女のお母さんが美人で巨乳!高校3年生の僕は誘惑されてセックスしまくりました

彼女の母
画像はイメージです

 

彼女とセックスした後にお母さんが・・・

 

僕は高校3年生で、高校1年生の彼女(友美)がいます。

 

友美は部活の後輩で結構可愛く、みんなに人気があります。

 

そしたら僕が告白されたので、もちろん付き合うことにしました。

 

夏休みに入った直後の花火大会の日に、強引にラブホテルに連れ込んで、処女をいただいてしまいました。

 

最初は泣いていましたが、2回目からは気持ちよくなったらしく、自分から腰も振って最後はイカせてやりました。

 

夏休みということもあり、それ以降は部活前後にほぼ毎日セックスするようになりました。

 

幸いにも友美の家は両親が共働きなので、昼間からセックスし放題です。

 

友美もセックスに目覚めたみたいで、自分からおねだりしてきて、まず僕のチンポをフェラチオしてくれます。

 

それから自分の好きな体位での挿入を要求してきては、

 

「先輩、気持ちいい!」

 

と言ってイクことが多く、先週の火曜日も友美の家でセックスし、友美はイッたあと疲れて寝てしまいました。

 

僕は喉が乾いたので飲み物を取りに台所に行くと、リビングのソファーに人がいたので驚きました。

 

とりあえず挨拶しようと思って近づくと、友美の母親の真樹子さんがソファに横になって寝ていました。

 

真樹子さんは誰もが認める美人で、まるで女優のようです。

 

ミニスカートからは細い足が太ももまで見え、ブラウスもはだけていて、白い肌と豊満なおっぱいが見えていました。

 

僕はその寝姿に興奮してさらに近くに寄り、そっと服の上から真樹子さんの体を触ってしまいました。

 

反応がないので調子に乗った僕は、ブラウスのボタンを外してブラジャーの上から少しおっぱいを揉んでみました。

 

すると突然、

 

「おっぱい好きなの?」

 

と真樹子さんが僕の顔を覗き込んできました。

この体験談の続きを読む

高校の修学旅行でシャイな童貞君がヤリマンの私にキスして胸を触ってきました

修学旅行 童貞
画像はイメージです

 

童貞君に胸を触らせようと・・・

 

高校の修学旅行の時の話です。

 

夜になって私はクラスの女の子たちと、クラスでも仲のいい男の子たちのいる部屋に遊びに行きました。

 

トランプをやって盛り上がった後、男子の布団に女子が一人ずつ入って、皆でエッチな会話で盛り上がっていました。

 

その中に童貞の男の子がひとりだけいました。

 

私は童貞君の布団に入っていました。

 

そのうちに話はその童貞君の所に向いてきました。

 

彼は女の子と付き合ったことはあるけど、奥手すぎで胸も触ったこともキスもしたこともないそうです。

 

皆でそれをからかって、奥手の童貞君に胸を触らせてみようってことになりました。

 

私はその当時、ヤリマンですでに20人くらい男性経験があったので、男馴れしている私に決まり、男の子達が無理やりその童貞君の腕をつかんで私の胸を触らせようとしました。

 

でも童貞君はかなり照れて抵抗していました。

 

私は別に胸ぐらいどうってことなかったので、私もふざけて胸を触らせようとしたけど、やっぱり抵抗しました。

 

見かねた他の男子が、私の胸を思いっきり揉んできました。

 

それを皮切りに、他の男子も遠慮なしに次々と私の胸を揉んできました。

 

みんな揉み終わっても、童貞君は参加して来ませんでした。

 

なんだかムカついた私は、童貞君の股間にまたがって騎乗位の体勢になり、寝巻の上からセックスのまねをして盛り上げていました。

 

すると童貞君のおちんちんが勃起してきて、私のクリトリスに当たったのが分かりました。

 

ちょっと興奮しちゃって、さすがの私もオマンコが濡れちゃいました。

この体験談の続きを読む

【ハーレムセックス】高校時代に交際してた彼女が実はセフレ希望だった?

乱交 ハーレム
画像はイメージです

 

彼女の家でハーレムセックス

 

僕が高校時代に一つ年上の女子の先輩に告白され、わりと可愛いかったので付き合うことになりました。

 

お互い初体験は済ませていた事もあり、セックスはスムーズに出来ました。

 

付き合い始めて1ヶ月ほど経った週末に彼女の部屋に行くと、彼女の女友達が二人いて、一人は知ってるけどもう一人は知らない子でした。

 

初めて会った子が僕の事を、

 

「結構カッコイイじゃん」

 

と言ってニヤニヤしてるが多少気になりました。

 

それから悪ぶって皆でお酒を飲んだりして酔いが回ってきた頃、彼女が僕に持たれ掛かって来たので、

 

「人前でヤバいよ」

 

と言ってもキスまで迫ってきて、自分も酔いも手伝ってその気になってしまいました。

 

お互い裸に近い状態になり組みつ解れつ、他の二人は興奮して見てたようだけど、その内に初めて会う女子が僕に触れてきました。

 

複数で乱交セックスするとか概念に無かった僕は、

 

(えっ?)

 

と思ったけど、気持ち良さに頭が飛びそうになってる状態で、

 

(どうにでもなれ)

 

という感じで身を任せました。

 

顔見知りの女子は処女だったみたいで、躊躇してるのを彼女がその子の手を取り、強引に僕の勃起したチンポを握らせました。

 

始めは確かめるように弱々しく握っていましたが、

 

「上下に擦るのよ」

 

と彼女の助言で手を動かしてきたんですが、皮を無理矢理引っ張られるように動かされたので痛かったんです。

 

そこで僕は、

 

「皮を余すように手コキしないとダメ」

 

とか言ってチンポのシゴき方を教えてあげるとだいぶマシになりました。

 

それからコンドームを付けて、彼女が一番始めに乗っかってきて、互いにとっても気持ち良くなった状態で、初めて会う彼女の友達がバトンタッチして乗って来ました。

 

騎乗位であまりにも激しく腰を振られるので、たまらずすぐに射精してしまいました。

この体験談の続きを読む