タグ:男子高校生の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:男子高校生

「お母さんのオマンコの中に射精しなさい」母親とのセックスに後悔したけど…

近親相姦 中出し
画像はイメージです

 

両親がセックスしていました

 

父親は44歳で、トラックの運転手をやっています。

 

母は48歳で専業主婦です。

 

母は息子の僕が成長して手がかからなくなると、午前中に家事を済ませて、午後はほとんどパチンコ屋に行くようになっていました。

 

そんな両親に育てられた僕が、セックスというものを知ったのは小学6年の時でした。

 

親父はトラックドライバーなので、朝の4時とか5時の早い時間に仕事に出掛けます。

 

そして金曜日の朝は、4時ぐらいからが両親の夫婦の営みの時間です。

 

小学6年生の時トイレに行こうしたら、両親の部屋から母親の喘ぎ声が聞こえて来て、

 

(またセックスしてるよ)

 

と、その時はそう思っただけで、特に感心もありませんでした。

 

金曜日の朝だけは母親が起きて来ないので、部屋見に行くと寝ていて、

 

「ごめんね、お母さん疲れてるからもう少し寝てる、自分でご飯食べて学校行ってね」

 

と、何で金曜日だけは起きて来ないのか理由が分かりました。

 

僕の童貞喪失は高校2年の時です。

 

友達が連れて来たヤリマン女でした。

 

愛情も何もなかったですが、まあまあ可愛かったし、やっぱり興奮したし気持ちよかったです。

 

その1週間後ぐらいに彼女が出来て、セックスしまくってました。

 

それがクリスマス前に、

 

「他に好きな人出来たから別れて」

 

とあっさり捨てられてました。

 

またせんずり生活が続きましたが、1ヶ月も続くと無性にセックスしたくなりました。

この体験談の続きを読む

高校時代、好きな女子に騙されて強制手コキに強制射精されたけど…

強制手コキ
画像はイメージです

 

好きな女子に告白された?

 

僕が高校の時の話です。

 

当時好きな女の子がいました。

 

由紀子という女の子です。

 

片思いで、しかも少し避けられてる感じでした。

 

さすがの僕も諦めかけていましたが、由紀子の友達の亜樹と梨乃が来て、

 

「もう少し頑張って」

 

と応援されました。

 

その2人とはそれまであんまり喋った事がなかったので、急にそんなこと言われたから動揺してしまいました。

 

でも頑張ってと言われたら、

 

(ひょっとして・・・)

 

と期待もしてしまいますので、もう少しだけ頑張って見る事にしました。

 

そしたらある日、急に由紀子が

 

「話があるの」

 

と言ってきたんです。

 

少し照れてる感じで言ってきた気がしたので、かなり期待しました。

 

そして放課後、言われた通り屋上の扉の前で待っていたら、由紀子がやってきました。

 

「話って?」

 

「実は私・・・」

 

「ん?」

 

「○○くんの事が・・・」

 

と言って抱きついてきました。

 

身体が密着し、さらにかなりぎゅっと抱き締めてくるもんですから、チンコが勃起してしまいました。

 

体がくっついているので

 

(バレちゃう!)

 

と焦っていると、由紀子が急にチンコを握ってきました。

 

すると、

 

「好きなわけないじゃん」

 

「え・・・?」

この体験談の続きを読む

イケメン高校生の巨根に興奮してフェラチオで大量に射精させました

イケメン高校生 フェラチオ
画像はイメージです

 

試着室でモッコリさせるイケメン高校生

 

私は紳士服フロアで接客担当をしています。

 

ちなみに25歳の女で、彼氏はいません。

 

子の前、男子高校生にいたずらしちゃいました。

 

スラリとした長身で長い手足、小さめで引き締まったお尻に、ジーパンが良く似合っていました。

 

小顔で目鼻立ちはクッキリしていて、かなりのイケメンでした。

 

スラックスはウエスト、それに股下を測ります。

 

普通は服の上からですよ。

 

その男の子は試着したけど、サイズが合わないみたいで私は試着室に呼ばれました。

 

「じゃあサイズ測りましょうか?」

 

って言ったらジーパンを脱いじゃって・・・

 

彼の前で片膝ついて、ウエスト測りました。

 

「75ですね」

 

って彼の顔を見上げたら、彼の視線は私の胸と太ももに注がれていたんです。

 

彼の位置からだと、ブラウスの中やスカートの中のパンツまで見えていたと思います。

 

股下を測る時、わざと彼のブリーフの前に手を当てて測りました。

 

メジャーの端を持って、手の平がちょうど彼のおちんちんに当たるようにしました。

 

そしたらすぐに勃起しちゃって・・・

 

いつもは測らないけど、ヒップも測りました。

 

私が膝立ちしてるから、彼のおちんちんは、ちょうど私の顔の前にあります。

 

メジャーを彼のヒップ側へまわす時、ビキニっぽいブリーフからはみ出しそうな亀頭部分へわざと頬をつけました。

 

すると激しい息遣いが聞こえてきて、ふと少年の股間に目をやった私はびっくりしました。

 

少年のブリーフの股間は大きくモッコリと盛り上がっていました。

 

「あら、エッチねえ。ところであなた名前は?」

 

「あっ、◯◯です」

 

「下の名前は?」

 

「祐二です」

 

「年は?」

 

「17です」

 

私は興奮で頭がクラクラしてきました。

 

見ると、祐二のブリーフの前はパンパンに膨れ上がっていました。

 

「祐二く~ん、どうするの~?こんなにモッコリさせちゃって」

 

祐二は、一瞬腰を引きました。

 

恥ずかしそうに勃起を隠そうとします。

この体験談の続きを読む

ヤンキーの彼女に「セックスまではダメ」と言われたけど童貞の俺は…

ヤンキーの彼女
画像はイメージです

 

童貞なの?

 

それは高2の時の話。

 

仲間内の一人が、マンモスヤンキー校として悪名高いN高の奴と揉めた。

 

仲裁を頼んで紹介されたのが、最強ヤンキーの呼び声高い石田君。

 

別に番長とかそういうのではないけど、石田君にはたぶん誰も逆らえないってんで。

 

それで石田君ちに行った時に、彼の彼女もいたわけ。

 

まだ中3だけどアイドルみたいに可愛いし、ヤンキー特有の色っぽさっていうか、

 

(さすがに最強ヤンキー、彼女も違うぜ・・・)

 

と思った。

 

それが俺の筆おろしの相手だった。

 

会ってみると石田君はとってもいい奴で、仲裁を快く引き受けてくれて仲良くなった。

 

んで俺が乗ってきたバイク(兄貴のだけど)をすごく気に入って、

 

「乗せてくれ」

 

って言うんでOKした。

 

「1時間くらい乗せてな」

 

と言われ、ビビリも入ってた俺は、

 

「いいよ、待ってるから」

 

と石田君の部屋で、彼女と二人で待つはめになった。

 

さすがに最初気まずかったが、彼女の方から話し掛けてきた。

 

彼女の名前は真由ちゃん。

 

真由「K高なん?頭いいんやね・・・」

 

俺「いや、すでに落ちこぼれやし・・・」

 

真由「彼女とかおるん?」

 

俺「おらん。恥ずかしいけど女と付き合ったことない・・・」

 

真由「うそお?カッコいいのに・・・じゃ童貞なん?」

 

(いきなりですか?さすがヤンキー)

 

俺「童貞どころか、キスもしたことないわ・・・」

 

真由「ええ~?本当に~?あはははははは・・・」

 

こんなに可愛いコに言われると余計凹む。

 

顔を離すと、俺の胸にしなだれて、笑った。

 

真由「ねえ・・・ちょっとだけ触ってもええよ、胸」

 

俺は答えられなかったが、恐る恐る胸に手を伸ばした。

 

もう言われるがままだった。

この体験談の続きを読む

痴漢してくる少年に欲情した私は痴女になって精液を搾り取りました

逆痴漢
画像はイメージです

 

まさかあの少年が?

 

毎日のラッシュ通勤、嫌なものですね。

 

でも私、楽しみを見つけちゃいました。

 

学生さんが夏休みに入って、少しは空いたかなと言う感じですが、やっぱり混んでますね。

 

私の乗ってる電車は予備校の多くある駅を通るので、予備校生らしき子や制服姿の高校生もいます。

 

私も若い頃はよく痴漢にあっていましたが、30半ばになった今は年に数回程度、脂ぎったハゲおやじに触られる位です。

 

7月の終わり頃のことです。

 

窓際に立っていた私のお尻に手が当たりました。

 

最初は混んでいるからと思っていました。

 

でもその手がモゾモゾ動くんです。

 

「え、痴漢?」

 

私はまさかと思い後ろを振り向くと、高校生とおぼしき少年が、密着するように立っていました。

 

手がお尻に触れて、慌てて退けようとしているんだと思いました。

 

(痴漢と間違えてごめんね)

 

私は心の中で謝りました。

 

それから数日して、また同じ事が起きました。

 

あの少年です。

 

可哀想にと私は思い私は、お尻を前に出しました。少年が手を退けたのが解り、お尻を戻すと、少年は押されたのか、私のお尻に腰を押し付けてきます。

 

私はお尻に大きく固くなる物を感じました。

 

(やだ、この子)

 

私が振り向くと、少年は顔を赤くして目を逸らしました。

 

「私じゃなかったら痴漢に間違われて大変なことになっていたかも」

 

と思うと本当に可哀想で、なにごともないように窓の外をぼんやり眺めました。

 

30半ばの私に痴漢するのは、奥さんにも相手にしてもらえないおやじ位ですから。

 

でも、次の日もその次の日も少年は、私のお尻に固い物を押しつけて来たんです。

 

(まさか、この子が痴漢?)

 

私は少し疑いを持ちましたが、まさかという気持でした。

 

振り返ると、少年は真っ赤な顔をしていました。

 

(やっぱり、私の思い過ごしね)

 

そう思いました。

 

会社に着くと後輩の子に

 

「先輩、ファスナーあいてますよ」

 

と言われました。

 

(なんで?ちゃんと閉めたはずなのに)

 

駅でトイレにも寄ってないし、壊れていた訳でもないし、開いてるはずがないんです。

 

誰かに開けられたとしか思えません。

 

(まさか、あの子が)

 

少年の顔が浮かびました。

この体験談の続きを読む