タグ:男子小学生の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:男子小学生

親戚の小学生の男の子を挑発して勃起したショタおちんちんをオマンコに入れちゃいました

ショタ
画像はイメージです

 

おちんちんが大きくなっちゃいました

 

私が高校1年生の時なので5年前のことです。

 

親戚が遊びに来て海に行きました。

 

私と、小学校4年生のヨシくんと、1年生のタカシくんとで海で遊んでいました。

 

家が海の近くなので、水着のまま家に帰ったんですが、

 

「マミ、ヨシくんとタカシくん洗ってあげて!」

 

と母がいうので、2人とも一緒にお風呂に連れて行きました。

 

2人とも砂だらけです。

 

タカシくんは海パン履いてなくて、おちんちんまで砂まみれでした。

 

私も裸になって、ヨシくんの海パンを脱がせて裸にしました。

 

先にタカシくんを洗ってあげました。

 

小指の先くらいのおちんちんで可愛かったです。

 

タカシくんは、ずっと私のおっぱいを触っていました。

 

もう一人いるので、急いでタカシくんの体を拭いて、

 

「タカシくん上がったよ」

 

とおばさんに渡して、今度はヨシくんの番です。

 

私の前に立たせて洗ってると、タカシくんの真似をしておっぱいを触り始めました。

 

エッチな男の子です。

 

タカシくんと違っておちんちんがちょっと大きいので、スポンジだと洗いにくくて手で洗っていました。

 

すると、

 

「えっ!」

 

とびっくりするほど、おちんちんがムクムクと大きくなってきました。

この体験談の続きを読む

小学生の時に女の子に囲まれて逆レイプされたけど処女も貰いました

男子小学生 逆レイプ
画像はイメージです

 

近所のお姉さんにチンコを弄られてました

 

僕は小学生の時、近所の中学生のお姉さんにエッチなイタズラをされていました。

 

きっかけは、何となくチンコ触られて来て気持ち良かったので、無抵抗にしていたらエスカレートしていった感じです。

 

お姉さんの家はかなりのお金持ちで、坂道を登った頂上にあるお城のような家でした。

 

学校帰りに遊びに行くと、お姉さんの部屋で二人でゲームをしたり漫画を読んだりしていました。

 

僕が漫画に夢中になっていると、お姉さんは身体を密着させたり、耳にキスしたりしてきました。

 

僕が身をよじらせながら漫画を読み続けていると、お姉さんの手は僕のズボンに伸びてきて、ズボンを膝まで下ろされ、パンツに手がかかります。

 

ここからは、いつもの二人のルールです。

 

パンツを脱がされたら、僕は必ず横を向き、目を閉じなければいけませんでした。

 

始めは手で、すぐに舌と口で、僕のチンコはベトベトにされていきます。

 

初めての精通は小4の時でした。

 

最初は射精はしませんでしたが、尿道の先から気持ちいい痛みが走り、全身がジーンとして不思議な感覚でした。

 

そして何度か同じような経験をすると、いつしか白濁の精液が出ました。

 

初めての時はオロオロしましたが、お姉さんがテキパキと処理してくれました。

 

「一人でする時はこうしなさいね」

 

と性教育でオナニーのやり方まで教えてもらいました。

 

僕の方からお姉さんにタッチするのは禁止され、約束を破るとお尻に鉛筆を差し込まれる罰がありました。

 

でも何度もお願いしていたら、胸はOKということになり、僕はお姉さんにチンコを弄られながら、乳首を舐めたり胸をモミモミしたりとガッつきました。

 

お姉さんが顔を僕の股間に移動させると、いつも目を閉じてされるがままでフィニッシュだったのですが、いつしかフィニッシュの仕方が口や手だけじゃなく、別の何かが密着して擦りつけてるやり方に変わり、それが多くなりました。

 

目を閉じるように強いられていましたが、何となく股間同士擦り合わせていたのかなと想像はしていました。

この体験談の続きを読む

絶倫小学生のデカチンをフェラチオと中出しで射精させてセフレにしました

絶倫デカチン小学生
画像はイメージです

 

小学生の男の子がデカチン

 

私、S子と、ママ友のM美、Y香とその娘の4人でショッピングセンターに買い物に行った時のことです。

 

Y香の娘がゲームセンターでアイドルゲームをやったのですが、まるでうまくいきませんでした。

 

Y香の娘はワーワー泣き出し、私達に助けを求めてきましたが、アイドルゲームなどしたことが無いし分からないのでどうしようもありません。

 

するとY香の娘は、隣りで同じアイドルゲームをしていた男の子に泣きつきました。

 

その男の子K君が、そのアイドルゲームで高得点を出していたからです。

 

泣きつくY香の娘にはびっくりしましたが、K君は事情を察し、Y香の娘にゲームのやり方を優しく教えてあげていました。

 

ほとんどK君の動きに合わせていただけのY香の娘ですが、それで高得点を獲得したのですっかり上機嫌になり、K君に懐いてしまいました。

 

それからお昼になり、お礼を兼ねてK君も一緒に誘って、公園でご飯を食べました。

 

そこでK君と話をしているうちに、最近の小学生の恋愛事情も聞けました。

 

K君は彼女はいなくてセックスの経験も無いようでしたが、自分のおちんちんはクラスで一番大きいと言うのです。

 

食事を終えた後、私は冗談半分にK君に、

 

「おちんちんを見せてくれたら、私のパンツ見せてあげる」

 

と言うと、

 

「本当?いいよ」

 

と言いました。

 

私はK君を公園の共用トイレに連れて行きました。

 

その時私の夫は海外出張中でセックスはご無沙汰でしたので、小学生とはいえ、興味本位でデカチンを見てみようと思ったのです。

 

M美もそれに追従し、3人で共用トイレに入りました。

 

K君はやっぱり恥ずかしいのかモジモジしましたが、私が

 

「じゃあパンツはお預けね」

 

と言うと、すぐにズボンとパンツを脱いで、おちんちんを出しました。

 

「えー、うそー」

 

と私とM美は驚きました。

 

本当に大きいのです。

 

まさにデカチンです。

この体験談の続きを読む

小学6年の時にイジメられた私はリーダー的男子をフェラチオして味方につけました

女子小学生 フェラチオ
画像はイメージです

 

男の人は常にエッチ

 

私は小学校6年生の時に、転校してイジメにあいました。

 

地方から都会に引っ越したため、訛りのある言葉がいじめの一番の原因だと思ってます。

 

クラスの女子からは「かっぺ」「キモイ」「田舎菌が遷る」など散々なことを言われていました。

 

初めは女子だけだったのに、男子もイジメに加わるようになって、最終的にはクラスの全員が敵になりました。

 

そのため、私は一週間ほど登校拒否をして、家に引きこもってパソコンでインターネットをやっていました。

 

一年ほど前から仲が良かった自称中年オヤジさんに、チャットでイジメられていることについて話していました。

 

「私、どうしたらいいか分からなくて」

 

「強い男を味方につけちゃえばいいよ」

 

「そんなこと出来ないよ」

 

「男でクラスのリーダー的なやついるでしょ?」

 

「うん、すごく人気でカッコいい男子がいる」

 

「そいつのおちんちんをフェラして気持ちよくしてあげなよ」

 

自称中年オヤジさんは真面目に答えてくれていたと思いますが、小学生の私は下ネタを言う人が嫌いだったので、彼をチャット部屋から追放しました。

 

フェラチオ・・・男の人のおちんちんを口で気持ちよくすること

 

当然経験がないし、どうやればいいか分かるはずがありません。

 

私のチャット部屋にくる男性も親身になって話を聞いてくれましたが、最終的には

 

「顔を見せて」

 

とか

 

「エッチすればいいよ」

 

など同じようなことを言われました。

 

私は嫌気がさしましたが、でもおかげで、

 

(男の人は常に頭の中でエッチなことを考えているんだ)

 

ということが分かりました。

この体験談の続きを読む

【初めての射精】小学生のとき男子のおちんちんから白い液体が出てビックリ!

初めての射精
画像はイメージです

 

頼もしい同級生の男の子

 

私が小学6年生の時の話です。

 

私は小学校を卒業と同時に引っ越す事になっていたのですが、新居の完成が遅れていて、私たち家族は1週間だけ親戚の家に泊めて貰うことになりました。

 

親戚の家は、私が小学生の時に住んでいた街と、新しく住む街のちょうど間にありました。

 

親戚といっても、ちょっと遠い親戚で、その家には私と同じ年の男の子(K君)がいました。

 

K君とは幼稚園の頃に1回会ったことがあるらしいのですが、まったく覚えていませんし、K君も覚てないと言ってました。

 

春休み期間中という事もあって、昼間は大人は仕事や買い物などに行ってしまうので、私とK君は2人きりでした。

 

最初は、お互いに初対面でで恥ずかしくて、少ししか会話をしませんでした。

 

私は、小学校を卒業と同時に引っ越すので、大好きだった友達と離ればなれになった事の寂しさと悲しさで、かなり暗い気持ちでした。

 

K君が、

 

「近くの公園に行こう」

 

とか、

 

「買い物に行こう」

 

って誘ってくれても、最初の頃は断っていました。

 

(私のことは放っておいて!)

 

っていうのが、正直な気持ちでした。

 

私とK君が急接近したのは、私がK君の家に来て4日目の事です。

 

近くのお店にお菓子を買いに一緒に行きました。

 

途中でK君のクラスメートと思われる男子が3人来て、

 

「K、この子誰?可愛いじゃん、紹介してくれよ。見たこと無い女の子だな。何年生?」

 

って私に聞いてくるんです。

 

その3人組って、どうみてもワルそうなっていうか、バカそうな(ごめんなさい)男子でした。

 

「6年生で、4月から中学です」

 

って私が答えると、

 

「タメ?でも見たことないな。こんな子、いなかったぞ。名前は?」

 

って言ってくるので私が名前を答えようとするとK君が、

 

「遠い所から遊びに来てるんだ。オレの親戚なんだから、手を出すなよ!」

 

って言って友達を追っ払ってくれたんです。

 

なんかすごく

 

(頼もしい!)

 

って感じがしました。

 

そして、

 

(K君なら信頼できるかな?)

 

って思いました。

 

なんか無意識にK君の手を握ると、K君も嬉しそうに私の手を握ってくれて一緒に歩きました。

 

買い物の帰り、K君が

 

「ちょっとオシッコタイム。ここで待ってて」

 

って言うと私を残して道端の壁際に向かってオシッコをし始めました。

 

K君は私の背中を向けてオシッコ(立ちション)をしていましたが、私の位置から、K君のおちんちんの先っぽと、そこから出ているオシッコが見えました。

 

私は凄く興奮していました。

 

本当に心臓がドキドキしていました。

 

先端のほんの一部しか見えていませんでしたが、それが余計に興奮をかき立てた気がします。

 

小学6年生だった私ですが、喉がカラカラになって胸がドキドキしていました。

 

(もっと見たい)

 

っていうエッチな気持ちと、

 

(そんなヘンなこと考えちゃダメ)

 

っていう神聖な気持ちが、私の心の中で渦巻いていたような感じでした。

 

夜になると、なんか悶々とした気分でした。

 

ほんの数時間前までは小学生の友達や思い出の事ばかり考えていた私が、今はK君のおちんちんの事や、K君の優しさ、さわやかな頼もしさなどばかり考えていました。

この体験談の続きを読む