タグ:男子小学生の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:男子小学生

満員電車で小学生の男の子が勃起していたので触って射精させました

小学生 射精
画像はイメージです

 

小学生の男の子が勃起してる?

 

私は現在23歳で、アパレル会社に勤務しています。

 

容姿は、普通よりちょっと上かな、ぐらいに思ってます。

 

男性とお付き合いしたことは過去に1度だけで、今は彼氏はいません。

 

そんな私の趣味は痴女なんです。

 

そうなったきっかけは、通勤電車の中でした。

 

小学校高学年の男の子がいたんです。

 

その子は私よりちょっと背が低くて可愛い感じの男の子で、半ズボンの制服にランドセルで、電車の中で私に向かい合わせになる形で乗ってきました。

 

男の子はランドセルを下したそうでしたが、満員電車で身動きが取れないようでした。

 

しばらく普通に乗っていましたが、私の右手の甲に、なにか固いものが当たっているのに気づきました。

 

その感触は、すぐに何か分かりました。

 

なんと小学生の男の子の股間が当たっていたんです。

 

(え?勃起してる?)

 

ドキドキしました。

 

さりげなく指の関節で、ツンツン押したり、下からなぞったりしてみました。

 

男の子は目をギュッと瞑り、恥ずかしさに耐えているようで、それをみて私はキュンッとなってしまいました。

 

可愛くてたまらなくなってしまい、もっといたずらしてみたくなったのです。

この体験談の続きを読む

小学6年生でショタコンお姉さんにフェラチオされてマンコに中出し

ショタコンお姉さん
画像はイメージです

 

お姉さんにトイレに連れて行かれた

 

俺が小学6年生の時、近くにある市民プールへ男友達4人と行った。

 

その中にある流水プールで、鬼ごっこをして遊んでいた。

 

友達に見つからないように潜って隠れて流れに身を任せていたら、

 

「ぼく、いっしょに遊ぶ?」

 

と突然、若いお姉さんに声をかけられた。

 

なぜか顔がニヤニヤしていた。

 

どうも俺がお姉さんの後をつけて、尻を拝んでいると勘違いしたらしい。

 

「?」

 

と訳が分からないまま突っ立ていると、

 

「タッチ」

 

と友達に鬼にされてしまった。

 

友人たちは、鬼になった俺から逃げるために、そのまま屋内へ行ってしまった。

 

「お友達行っちゃったね。おいで」

 

と言われるがまま、お姉さんに付いていく。

 

いっしょの浮き輪に入ると、すぐにいろいろ話をした。

 

おっぱいが目につく。

 

「どうしてお尻見てたの?」

 

と聞かれ、

 

「誤解だ」

 

とも言えずに戸惑ってると、

 

「エッチね」

 

とおでこにキスされた。

 

びっくりして見上げると、口にもキスされた。

 

舌も入ってきた。

 

一気にチンポが勃起した。

 

興奮して水着越しにお姉さんのオマンコに押しつけてた。

 

急に手を取られ、

 

「触っていいよ」

 

と言われた。

 

本気でチンポが爆発するかと思った。

 

水着の中に手を入れて、おっぱいをモミモミ。

 

下半身は思いっきりこすり付けてた。

 

その時の興奮状態というと、このまま死んでもいいとすらと思った。

 

「あっち行こ」

 

と連れられ、女子トイレの個室へ。

この体験談の続きを読む

セックスレスの私は小学生の男の子にフェラチオして中出しされました

小学生とセックス
画像はイメージです

 

セックスレスでオナニーしています

 

私は37歳の主婦です。

 

主人は41歳で、中学2年になる息子がいます。

 

主人とは数年前からセックスレスで、昼間から1人でオナニーをすることも多くなっていました

 

息子が小学校に上がる時、念願のマイホームを購入して引っ越して来ました。

 

主人は金融機関に勤めていて給料も良く、私は専業主婦をしています。

 

丁度、セックスレス状態が始まった頃に、息子の所に遊びに来る近所の子供2人がいて、彼らは息子より2つ年下の小学5年生でした。

 

今年の夏休みになって数日が過ぎた時、彼ら2人が遊びに来ました。

 

「サトシ君居ますか?」

 

「あら、ごめんね!今日から部活の合宿でいないのよ」

 

「え~、ゲームやらせてもらえる約束だったのに・・・」

 

「TVゲーム?」

 

「うん!サトシ君しか持っていないんだ!」

 

「そうなの?私は分からないけど、ゲームするだけなら上がってもいいよ」

 

「本当?」

 

「いいわよ、スイカでも食べていきなさい」

 

彼らは嬉しそうに靴を脱いで、リビングに設置していたTVゲームの準備を始めました。

 

彼らの名前は、弘一君(コウちゃん)と伸也君(シンちゃん)と言い、両親の事も知っています。

 

2人は今は小学6年生で、コウちゃんは体格も良く160cm以上あってポッチャリ体系、一方シンちゃんは150cmぐらいで痩せています。

 

2人共中学生の息子と遊んでいるせいか、多少大人っぽい感じがします。

 

彼らと知り合って1年になりますが、私は彼らに異常な感情を持つようになっていました。

 

セックスレス状態が続き、オナニーをする様になった事もありますが、夫が浮気をしていると思われ、大人の男に嫌気がさしていた事が原因だと思います。

 

今までも何度か、彼らのおちんちんが勃起しているのを見た事がありますし、そんな姿にオマンコが疼いてしまうんです。

 

彼らがリビングでゲームをしている最中に何度かトイレでオナニーした事もあります。

 

イケないと思いながらも、小学生のおちんちんを想像し、オマンコを濡らしながら指で・・・、

 

いつも以上に興奮し直ぐにイッてしまいます。

この体験談の続きを読む

【小6で初フェラチオ】露出癖のある僕に気づいた女性がオマンコを見せて…

露出 初フェラチオ
画像はイメージです

 

大人の女性に僕の露出癖を見られた

 

女性に逆レイプされたわけではありませんが、小学生の時に大人の女性とエッチな体験をしたことがあります。

 

僕は小学校5年生の時、まだオナニーは覚えていなかったんですが、おちんちんをいじると気持ちいいことはなんとなく分かっていました。

 

その当時はおちんちんに紐をグルグル巻きにして遊んだり、拾った小瓶におちんちんを入れてオシッコをしたりして遊んでいました。

 

駐車場の隅だったり、倉庫の裏だったりと、外でそういうことをしていました。

 

今にして思えば、僕の露出癖はこの頃からその傾向があったんだと思います。

 

そして小学6年生になってオナニーを覚え、射精の快感を知ってからは、しょっちゅうオナニーしました。

 

でも先ほどの遊びもまだ続けていました。

 

ある日学校で友達と遊んだ帰りに、高速道路の高架下にある駐車場の隅でズボンを脱ぎ、拾った空き瓶におちんちんを入れて遊んでいました。

 

時間は夕暮れ時で、夕日が駐車場に差し込んでいましたが、私がいた隅は影になっていました。

 

暗がりの中、誰も来ない安心感から、僕はズボンとパンツを脱いで下半身スッポンポン状態で、おちんちんを空き瓶に入れたまま、しゃがんでおしっこをしました。

 

すると、コツコツという足音がして、僕が隠れていた車の持ち主らしき女性が、いきなり僕の目の前に現れました。

 

僕は下半身スッポンポンでおちんちんを空き瓶に突っ込み、まさにオシッコをしている最中です。

 

当然隠せるはずもなく、あわてて立ち上がろうとしましたが、しりもちをついて後ろへ転んでしまいました。

 

オシッコはかろうじて止まりましたが、瓶に入ったオシッコが僕の足にかかってしまいました。

 

僕はズボンとパンツを片手で手繰り寄せて、顔を下に向けたまま逃げようとしました。

 

すると女性が、

 

「ここで何してたの?」

 

と僕は腕をつかまれてしまいました。

 

僕は不安と恐怖でガタガタ震えながら、ずっと下を向いていました。

 

「安心して、誰にも言わないから、顔を上げて」

 

僕は恐る恐る顔を上げると、その女性は優しい顔で、

 

「何していたのか教えて?」

 

と言いました。

 

随分大人な女性に見えましたが、今にして思えば多分20代前半くらいだったと思います。

 

何も答えられない僕を見て、その女性は僕の視線に合わせるようにしゃがみ、僕のおちんちんに軽く手を添えると、

 

「エッチなことしてたのかな?」

 

と笑いながら、オシッコで汚れたおちんちんを指でチョンとつつきました。

この体験談の続きを読む

小学生で初めての射精、初めてのフェラ、童貞も失った俺はトラウマに…

女子高生に逆レイプ
画像はイメージです

 

初めてチンコが勃起した

 

俺が小学5年生の時、女子高生の集団に性奴隷にされていた話をしたい。

 

いとこの姉ちゃんと、その友人たち数名は高校2年生だった。

 

姉ちゃんと風呂に入ってて、チンコにイタズラされたところから始まる。

 

最初は俺がふざけてて、姉ちゃんのおっぱいを触ったりしてた。

 

姉ちゃんは、

 

「チンコに毛も生えてない癖になにやってんだー」

 

とか一緒にふざけてた。

 

で、体を洗ってるときに、俺は当時包茎チンポ(当たり前)で、チンコの皮を剥いて綺麗に洗うって習慣は無かった。

 

だから普通に、体全体を洗って湯船に戻ろうとしたら姉ちゃんに、

 

「こら、ちゃんとちんちんも洗いなさい。汚いでしょー」

 

って引き戻された。

 

「やだよー皮剥くと痛いもん」

 

「ゆっくり剥けばだいじょうぶでしょ」

 

姉ちゃんは俺のチンコを洗ってくれた。

 

その時、人生初の勃起をした。

 

姉ちゃんは、

 

「おおー・・・」

 

と感嘆の声をあげていた。

 

当時の俺には、何が起きたのか分からなかった。

 

とにかくむず痒く、皮を剥かれたチンコがヒリヒリしていた。

 

「姉ちゃん、痛いよ」

 

「我慢しなさい!ちゃんとおっきくなるのに、これぐらいで情けないね」

 

姉ちゃんは、ザバーッと俺の股間にお湯をかけて、それから一緒に湯船に戻った。

 

その後、俺は姉ちゃんのおっぱいに後頭部を埋めるような感じで、寄りかかって湯船に浸かってた。

 

そしたらそのうち、姉ちゃんは俺のチンコを弄って遊び始めた。

 

「おー・・・ちゃんと勃起してる」

 

「姉ちゃん、くすぐったいよー」

 

正直痛かったんだが、当時の俺はふざけながらも、

 

(あれ、これ、なんかすげーことなんじゃねーの?)

 

と気づき始めていた。

この体験談の続きを読む