タグ:男子中学生の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:男子中学生

ウブなイケメン中学生が巨根!一目惚れした私は何度も中出しさせて妊娠しました

イケメン巨根中学生
画像はイメージです

 

イケメン中学生との出会い

 

私は25歳のOLで人妻でもあります。

 

3年前に都内の会社に就職し、秘書課に配属されました。

 

秘書課といっても名ばかりで、美人OLに取引先の接待をさせて先方のご機嫌取りをするというのが主な仕事でした。

 

自分で言うのも恐縮ですが、美貌とスタイルには多少の自信がありましたので、秘書課に配属されたのも納得しています。

 

社内ではもちろん、取引先の相手からも誘われることがあり、その中で私が選んだのは、20歳年上の人事部長でした。

 

大人の男性といった感じの紳士でしたが、付き合って2ヶ月もしないで破局しました。

 

独身だと思っていた部長には内縁の奥さんがいたことと、紳士なのは表の顔だけで、自分にとって都合にいい女である事を暗に求められたので、すぐに別れました。

 

次は同期の男性と付き合いました。

 

なかなかのイケメンで仕事ができる自信家でした。

 

ただし、セックスは下手でした。

 

私に命令するだけのマグロ男なのです。

 

それでも私は男性に奉仕するセックスは嫌いではありませんし、人事部長と違って彼は自分に都合のいい女である事を求めてきませんでした。

 

私が結婚を申し込んだ時に彼は、

 

「俺は女癖がよくないので浮気すると思うから、それでもいいのなら結婚してもいいよ」

 

と言われました。

 

私は、

 

「それなら自分も浮気をして子供を産む」

 

と言うと、何と彼は承諾しました。

 

付き合ってすぐに結婚しました。

 

しかし結婚後、すぐに夫は海外転勤になりました。

 

私は仕事もあるので日本に残りました。

 

夫が海外転勤した後、あの人事部長から誘いがありましたが、相変わらず自分に都合のいい女である事を求められたので、相手にしませんでした。

 

そんな私に対し、部長はもはや紳士的な態度ではなく、事あるごとに罵詈雑言を浴びせてきました。

 

神経質ではない私でもかなり傷ついて落ち込みました。

 

夫のいる海外まで行こうかと真剣に考えていた時、一人の男の子と会社で出会いました。

 

名前は満君で、上司である秘書課長の中学生になったばかりの子供で、とても綺麗な美少年なんです。

この体験談の続きを読む

初めての射精が逆レイプで中出し 中学生の時に性の知識がない僕を女子2人がグルになって…

逆レイプ
画像はイメージです

 

女子がチンコを触ってきた

 

僕が初体験をしたのは中学2年の時です。

 

当時、僕のことを好きになってくれたアケミという女の子がいました。

 

アケミとはクラスが同じで席も隣同士だったため、とても仲の良い友達だった。

 

そしてアケミの親友のミカとも仲良しでした。

 

アケミはとても積極的な女の子で、周りだけでなくモテたことのなかった僕ですらアケミの好意に気付いてしまうほどでした。

 

僕の中学では委員会に入るのが義務付けられていたため、楽だと思われた図書委員に入り、僕につられてアケミも図書委員に入りました。

 

しかし現実は楽どころか、委員会の顧問の先生に気に入られていたために委員長をやる羽目になりました。

 

さらにアケミも自ら立候補して、副委員長をやることになりました。

 

これが初体験の第一歩でした。

 

図書委員では、基本的に当番に関係なく委員長と副委員長は放課後に毎日図書室に行くのが決まりでした。

 

そのため、僕とアケミは毎日放課後に図書室に行って、当番の人たちと作業をしていました。

 

そんなある日のことです。

 

アケミと僕は隣同士に座り、向かい合って後輩が座り、話し合いをしていた時でした。

 

アケミが突然僕の体をくすぐってきたんです。

 

「ヒロちゃん、くすぐっちゃぇー!」

 

「うわ!や、やめろって!」

 

「反応うけるー、コショコショ・・・」

 

「ま、まじ無理!やめろって!くすぐったい!」

 

「ちょっと先輩!ちゃんと話し合いしましょうよ!」

 

アケミの突然の攻撃に焦った僕でしたが、後輩の一声で止めてもらえました。

 

しかしアケミは、よほど僕の反応が気に入ったのか、後輩に気付かれないように膝をくすぐってきました。

 

僕は我慢して話し合いを続けました。

 

しかし、段々アケミの手が僕の太ももへと伸びてきました。

 

隣でアケミは僕の反応を見てニヤニヤしています。

 

僕はそれでも無視して作業を続けました。

 

でも体は正直で、股間近くを女の子に触られたことなんてないので、チンコが熱くなってきたのを感じました。

 

そして完全に勃起してしまいました。

 

僕は恥ずかしさと気付かれたくないという思いで、なおも我慢していました。

 

しかし、そんな僕の気持ちなど知らず、アケミの手はさらにチンコへと接近してきました。

 

僕はこの状況に限界を感じ、半泣き状態でアケミを見ながら小声で、

 

「お願い、本当に止めて」

 

と言うと、アケミは半泣き状態の僕を見ると素直に止めてくれました。

 

その日はここで終わりましたが、次の日から毎日のように足をくすぐってきました。

 

放課後だけでなく、授業中や休み時間、隣にいる時は常しょっちゅうくすぐってきます。

 

それに慣れてきた僕は、逆に仕返しすることにしました。

 

アケミは驚いたのか、くすぐる手を止めてやられるがままになっていました。

 

「んっ・・・やあん・・・だめ」

 

震えながら小声で言ってきました。

 

「なにがダメだよ!?いつもの仕返しだ!」

 

するとアケミが、震える手で僕のチンコを触ってきたんです。

 

僕は体がビクッとして、くすぐる手を止めて席を立ちました。

この体験談の続きを読む

中学生の童貞おちんちんが巨根!オマンコ掻き回されて中出しセックス三昧

童貞 中学生 巨根
画像はイメージです

 

友達の中学生の息子が私に・・・

 

私は30代半ばの人妻で、子供はいません。

 

去年の夏の事です。

 

故郷にいる女友達の中学3年生の息子が、夏期講習で熟に通うため、我が家に来た時のことです。

 

彼は東京の高校を志望しているということで、お願いされたのでした。

 

子供がいないこともあり、仲のいい友人の頼みだったので、彼を我が子の様に見ていました。

 

しかし、彼にとってはそうではなかったのです。

 

でも私は、そんなことに気づく事はありませんでした。

 

夏休み初日、彼は我が家に着くとすぐに、夏期講習の受け付けに出かけました。

 

私は彼の帰りを待っている間、ソファーでウトウトしていました。

 

どれくらいウトウトしていたのかは分かりませんが、何か人の気配を感じて目を覚ますと、彼が隣に座りじっと私を見ていたんです。

 

「どうしたの?」

 

「おばさん、僕」

 

「何?」

 

と、突然私に覆いかぶさってきました。

この体験談の続きを読む

【近親相姦】中学の時オナニー中に母が部屋に入ってきてフェラされ・・・

近親相姦
画像はイメージです

 

オナニー中に母が部屋に入ってきた

 

僕が中学2年生の時、母とセックスをした体験談を話します。

 

母は当時37歳でした。

 

黒髪を長く伸ばし、細顔で目はクリッとして、爽やかな感じの母です。

 

友達が初めて母に会うと、

 

「お姉さん?」

 

と言われるくらい、若く見られます。

 

父は僕が小学生の時に蒸発して帰ってこなくなり、今は母と二人暮しです。

 

母とセックスをするようになったきっかけは、僕がオナニーをしているとことろを母に見られてしまったからです。

 

それは、夏休みに入ったばかりの、蒸し暑い夜でした。

 

夜10時頃、すでに母は寝室に入っていました。

 

僕は風呂から上がり、自分の部屋で素っ裸のまま明かりを消して、友達から借りたエロビデオを見ながらオナニーしていました。

 

すると突然ノブがカチャと回り、母が部屋に入って来ました。

 

おそらく部屋をノックされたと思いますが、ヘッドフォンを付けていて気づきませんでした。

 

「ユウちゃん、入るわね・・・」

 

僕は慌てましたが、素っ裸なのでどうしようもありませんでした。

 

「ああっ!」

 

僕は情けない声を出してしまいました。

この体験談の続きを読む

小学1年の娘のオマンコにおちんちんを擦りつける中学生に大人の女を教えました

小学生の娘のオマンコ
画像はイメージです

 

お隣の中学生が娘にいたずら

 

今から3年前の事です。

 

私の家庭は、旦那と小学1年の彩との3人暮らしです。

 

しかし旦那の出張が多いので、娘と2人暮らしのようなものです。

 

市営の住宅は、お隣がくっ付いた長屋タイプの住宅で、隣近所の付き合いは欠かせないようなところです。

 

お隣の住人は母子家庭で、母親と中学2年の男の子です。

 

8月に入ったころ、お隣の母親が体調を崩し、1ヶ月ほど入院しなければならなくなりました。

 

そこで、我が家で息子さんの面倒を見てあげることにしました。

 

と言っても食事の世話と、洗濯とお風呂ぐらいですけどね。

 

お隣の中学生の息子は和樹君で、一人っ子のせいか、うちの娘の彩とは良く遊んでくれていました。

 

雨が続いていて、暫くぶりに晴れた日のことです。

 

我が家の溜まった洗濯物と、和樹君の洗濯物を洗濯機に入れていた時に、彩のパンツにヌルヌルしたものが付着してるのに気づきました。

 

臭いを嗅いでみると、彩のオシッコの臭いに加えて、精液の臭いがしたのです。

 

和樹君はすでにオナニーを覚えているみたいで、いつも精液がパンツに付いて乾燥してパリパリの黄ばみでしたが、昨日のパンツには乾かない精液がべったり付いていました。

 

その日の夕食が済み、彩を呼んで和樹君とどんな遊びをしているのか問いただしてみました。

 

すると、お兄ちゃんが彩のアソコにおちんちんを擦り付けて、白いのを出したと言うのです。

 

彩を早めに就寝させ、和樹君にも遊びの内容を問いただすと、彩が言った通りのことをしていたみたいです。

 

彩が保育園の頃からオマンコに興味を持ち、中学1年の初めごろにオナニーを覚え、裸ごっこと称して近所の女児や彩に悪戯しながら射精していたことを話してくれました。

 

私は和樹君に男女の性について教えたのですが、教えている内に、私も数ヶ月間旦那とのセックスが無いことから、自然にパンツが濡れてしまったんです。

 

私は和樹君に、大人の女を教えてやる事にしました。

この体験談の続きを読む