タグ:男の潮吹きの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:男の潮吹き

俺のカリデカチンポを使っておばさんたちに男の潮吹きをレクチャー

男の潮吹き
画像はイメージです

 

カリデカチンポにおばさんはうっとり

 

とある団地に住む高校2年生です。

 

俺が童貞を奪われたのが、団地内に住む男好きなおばさんでした。

 

高校1年の夏休みの時ですが、まさか団地内のおばさんとセックスするとはまったく思ってもいませんでした。

 

俺が住む隣の棟の佳子さんと言うおばさんで、当時は40歳で年の割には若くて綺麗なんですが、化粧が濃くて、ちょっとケバイ感じもするおばさんでした。

 

男好きの佳子さんは、特に若い男が好きで、童貞狩りで高校生を中心に食い漁っているみたいなんです。

 

その中でも気に行った男には、セックスのテクニックや変態プレイも教え込んでいたそうです。

 

俺が佳子さんに喰われた時は、ちょうど新しい若い男を探していたようです。

 

しかも、男に潮を吹かせるテクニックをエロ仲間に教えてもらったそうで、それも実験したかったみたいです。

 

俺が童貞を奪われた当日は、たまたま団地で佳子さんと出会い、平日の昼間に部屋に連れていかれました。

 

童貞狩りをしているせいもあってか、若い男の扱いには慣れている感じでした。

 

部屋に入ると佳子さんは体を密着させてきて、ズボンの上からチンポを撫でてきました。

 

びっくりしましたが、おばさんといえども綺麗な女性に触られると、あっという間に勃起します。

 

佳子さんは勃起したのを確認すると、ズボンのチャックを下ろし、手を入れて直接俺のチンポを握ってきました。

 

「16歳でこのおちんちんは初めてだわ。太くて長いの男の子はいるけど、こんなにカリが太いのは初めてよ」

 

と俺の顔を見ながら言いました。

 

しばらくパンツに手を突っ込まれたままチンポを扱かれると、俺はすぐに逝きそうになりました。

 

「まだ出しちゃダメよ」

 

と言って手の動きを止めたんですが、その後は俺の表情を見ながら、手の動きを速めたり、緩めたりと強弱をつけて手コキされました。

 

「どんなおちんちんか見せてちょうだい」

 

と言って、チャックから俺のチンポを引っ張りだしました。

 

すると佳子さんは、一瞬ハッとした表情で、

 

「いやだぁ・・・こんなにいやらしいおちんちんだったのね・・・おばさんビックリだわ」

 

と嬉しそうに言って、

 

「カリデカチンポだわ・・・素敵」

 

と言いながら、チンポに頬ずりしてきました。

 

そして、

 

「いただきます」

 

と言うと、口を開けて俺のカリデカチンポを咥えました。

この体験談の続きを読む

エッチで豹変する私は油断した彼氏のチンコを弄くりまわして悶えさました

男の潮吹き
画像はイメージです

 

マッサージ中に無防備な彼氏のチンコ触ったら

 

女子大生です。あたしには社会人で年上の彼氏がいるんですが、生理でエッチできない日はここぞとばかりに彼を責めこみます。

 

ちょっと前の話です。テレビ鑑賞しながら、パンツ一丁でうつ伏せになってる彼氏をマッサージしてたの。彼もジーッとテレビを見てます。

 

今日は私が生理なんで、エッチしないと思って油断してるんですね。甘い!

 

そんな無防備な彼を見ているとエッチな事したくなってきたので、ふいをついて手を彼の股間の下に潜り込ませたんです。

 

ビックリする彼を無視して、パンツ越しにおちんちんを上下にグイグイマッサージします。

 

「ちょっ!なに!うわっ!」

 

「マッサージしてるんじゃない」

 

おちんちんナデナデしていると、あっという間に硬くなりました。

 

「あれ?手に硬いのが当たってる」

 

とかしらじらしく言いながらおちんちん撫で回します。

 

そのまま強引に仰向けにして、今度は前からのマッサージです。パンツの上から裏スジを指でなぞったり、強めに竿を掴んで撫で上げたり、タマタマをモミモミします。

 

「ん、ふぅ」

 

なんて、可愛く息を漏らす彼、パンツにうっすらとカウパーのシミが出来始めます。

 

「ねぇ、なんでマッサージしてるのにパンツが濡れてるの?」

 

「なんでってお前が、うあっ!それヤバイ!」

 

目をつむって眉間に皺を寄せている彼の耳に息を吹きかけ、手はおちんちん擦りながら耳元で可愛く囁きます。

 

「マッサージ嫌なの?やめちゃう?」

 

「え?」

 

照れくさいのか、返事に詰まる彼です。

 

「もうマッサージ終わりにする?」

 

彼のおちんちんを優しく撫で回し、首筋、耳、ホッペなんかにキスをしながら、わざと悪戯っぽく聞きます。それでも、

 

「や、ヤバイって!」

 

とは言うものの「やめないで」とは言わない彼です。

 

「じゃ、やめらんないよーにしてあげるわよ」

 

「へ?」

 

って言う彼の言葉を聞く前に、いきなり唇を塞ぎディープキス、それに加えて、パンツの中に手を入れて直接おちんちんに触れます。ガマン汁を塗りのばして、激しく扱き出します。

 

「うほっ!んっ、んん、んあっ!」

 

って漏れ聞こえる声が可愛らしくて、時々顔を見ながらおちんちんシコシコさせ、わざとらしく聞きます。

 

「なに?どうしたの?」

 

「マジでヤバイって、そんなんしたら、イッちゃうじゃねえか」

 

「まだだめだよ、早い早い」

 

って言ってさらに扱きながらベロチューします。そのまま下がっていって、パンツからほんのちょびっとだけ亀頭を出してジュルジュル舐めます。

 

「うっ!」

 

って、体を仰け反らす彼です。

この体験談の続きを読む