タグ:焦らしの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:焦らし

焦らしと寸止めに連続射精で失神!Mな彼の涙ぐむ顔を見るのが私の喜びです

焦らし 寸止め 連続射精 失神
画像はイメージです

 

Mな彼とSな私

 

私の彼はどうやらMだったみたいで、私もSなので相性良かったんです。

 

初めて彼とセックスした時は、まだ彼がMだってこと知らなかったので、ノーマルにやってました。

 

2回戦目が終わったあたりから、何か彼の様子が普通?とは違ってきて、やけに私に責めさせるんです。

 

それで私が、

 

「もしかして責めて欲しいの?」

 

って聞いたら彼は、

 

「実は俺Mなんだ、ごめん」

 

って言うんです。

 

私はSですからもちろんOKって感じになって、その時から射精責めをする事にしました。

 

私とセックスする時は事前に1週間くらいオナ禁で溜めさせておいて、やる時はもう本気です。

 

最初は、ゆっくり1時間くらい勃起したオチンポには触らずに彼を焦らしていって、そ
の後で彼が音を上げて我慢が出来なくなってからが本番です。

 

「お願いだから出させてくれ!」

 

って言い出したら、ちゃんと手で握ってあげます。

 

でも念のために、彼の両手両足をベッドの端っこに紐で括りつけて、大の字に寝かせます。

 

オチンポを擦り始めると、もうだいぶ焦らしちゃってるから、先っぽからガマン汁が結構出てるんですけど、これがローションっぽくなっていい感じみたいです。

 

でもすぐイっちゃいそうになるから、限界が来たら手を離して、収まってきたらまた擦ってっていう寸止めを何度も繰り返します。

 

この時の彼の、

 

「お願いだからイかせて」

 

っていう悲痛な声が堪らないんですよね。

 

私の方も段々興奮してきちゃうんです。

 

そうなったら私の方が手コキしてるだけじゃ物足りなくなっちゃうから、下半身だけ裸になり、彼の顔に顔面騎上してオマンコ舐めさせます。

 

彼もイきたい衝動に駆られてるから、本気でペロペロ舐め続けてくれます。

 

でもこれって、気持ちいいけど彼の声が聞けなくなっちゃうのがちょっと・・・もっといい方法はないか模索中です。

 

それで時間にすると・・・やっぱり1時間くらいかな?

 

それくらい焦らしてると、彼が本当に辛くなるみたいで、私が何か話し掛けても、

 

「うー」

 

とか

 

「あー」

 

しか言わなくなっちゃうんですね。

 

ちょっと獣じみてる感じです。

 

仕方ないからとりあえず顔面騎上はやめて、そろそろオマンコにガマン汁でベトベトのオチンポをハメてあげます。

この体験談の続きを読む

人妻に気に入られた僕は寸止めで焦らしてオマンコに思いっきり中出ししました

人妻 バック 中出し
画像はイメージです

 

奥さんのフェラチオでイカされました

 

僕は28歳の営業マンですが、40歳の奥さんがいる家に営業に行った時の話です。

 

奥さんは年の割には綺麗な女性で、どうやら僕のことが気に入ってくれたみたいです。

 

「せっかくだから、ゆっくりお茶でも飲んでいって。それとも、お茶よりビールの方がいいかしら?」

 

色気たっぷりで、完全に誘惑するような言い方です。

 

何が「せっかく」なのかは分かりませんが、ビールまで勧めてくれました。

 

僕もせっかくだから、旦那さんが突然に帰宅してこない事を確認し、誘惑してくる奥さんに勧められるまま、色々とご馳走になっちゃいました。

 

本当に夢のような体験です。

 

奥さんの鮮やかなピンク色に塗られた唇が、僕のアゴから首筋、そして敏感な乳首を責めてきました。

 

上目遣いに、いたずらっぼい瞳で微笑み、

 

(あなたの敏感なところ、すぐに分かっちゃうのよ)

 

とでも言わんばかりの表情でゾクゾクします。

 

そして、すぐに舌先でチロチロと舐めたり、軽くチューと吸ったり、軽く歯を立てたりしてきたのです。

 

確かに僕は乳首が弱点なんですが、奥さんのあまりにも巧妙かつ丁寧な舌先攻撃に、思わず

 

「うっ、ううっ~」

 

って声にならならない喘ぎ声を漏らしてしまいました。

 

同時に腰をモジモジさせていました。

 

その瞬間を待っていたかのように、奥さんはそれまで乳首を弄ったり転がしたりしていた手を、すでにギンギンに勃起したチンポに這わせてきたんです。

 

そして嬉しそうに、

 

「あらあら、元気のいい僕ちゃんね。もうこんなに張り切っちゃってるわ」

 

そして顔を股間に移動させ、亀頭へと舌を絡みつかせてきたのです。

 

その間も奥さんの手で触られていたチンポは、もうこれ以上ないほどに硬度と赤黒さを増していたのです。

 

亀頭の鈴口部分をチロチロと舐められたり、パクッと咥えられてチュパチュパしごかれたり、時には裏スジをツツーとナメナメされたり、カリの部分を甘噛みさたりしました。

 

僕はもう爆発寸前になりました。

 

なのに奥さんは、たっぷりフェラチオを楽しみながら、チンポを攻撃するだけでなく、両手指までも駆使して、金玉から蟻の門渡り、肛門まで愛撫したのです。

 

そんな奥さんのテクニック抜群の攻撃に、チンポは文字通りギンギンにいきり立ち、金玉袋は痛いほどにキュッと縮みあがってきたのでした。

 

そう感じた時には、時すでに遅しでした。

 

僕は恥ずかしいことに、奥さんの口の中に一発目の精液をドピュドピュと元気よく発射してしまったのでした。

 

なのに奥さんは、僕の元気のいい精液を嫌やな顔ひとつせずにゴクンッと飲み干したんです。

 

「あー、やっぱり若い男性のエキスって美味しいわ。でも二度目は、ちゃんと下のお口に頂戴ね。この若さと元気さだったら、すぐにOKよね?」

 

なんて言って。

この体験談の続きを読む

勃起チンポに豹変したお局様の濡れマンコを散々焦らして挿入してやった

露天風呂
画像はイメージです

 

露天風呂は混浴だった

 

僕は27際のサラリーマンです。

 

以前努めていた会社が倒産してしまったため、再就職先を探していたところ、ようやく採用してもらえることができました。

 

その会社では、総務課へ配属されました。

 

周りは女性社員ばかりで、男性は課長のオッサンだけです。

 

女性だらけの部署で正直ラッキーだと思っていました。

 

初めのころは…

 

それは、再就職してから、3ヶ月ほど経ったころのことでした。

 

同じ部署内のお局様(良子、37歳、独身)が、

 

「あ~あ、最近疲れたわ!今度の休みは温泉にでも行かない?美味しいもの食べてのんびりしようよ」

 

と言い出しました。

 

「いいですね!行きたい、行きたい!」

 

と他の取り巻き連中2人(美香、31歳、既婚、由香里、29歳、独身)が同調しました。

 

それは別にいいのですが、

 

「幸雄くん、一緒に連れて行ってあげるから予約とかお願いねぇ!頼んだわよ」

 

と、まさか僕まで誘われるとは思いませんでした。

 

誘われるというよりは、面相なことを僕に押し付けてきただけですけどね。

 

僕は反論することなく適当な旅館を予約し、いよいよ旅行当日になりました。

 

「幹事さん、荷物持って!こんな美人だらけの職場に来れて幸せよねぇ!はい、荷物お願い!皆も持ってもらえば?男なんだから大丈夫よねぇ!」

 

お局の良子は遠慮なく言ってきます。

 

ほとんど命令です。

 

確かに美人ではあるのですが、普段から僕のことを小馬鹿にした態度を取っています。

 

僕は荷物を持たされながら、やっとの思いで宿に着き、チェックインしました。

 

そしたら一息つく暇もなく、呼び出されてしまいました。

 

「ねぇ、疲れたからマッサージしてちょうだい!」

 

良子は言いました。

 

(疲れたのは俺の方だ)

 

と思いながらも、僕は仕方なく良子の肩を揉みました。

 

「変なとこ触らないでよ。あなたは、私達の幹事なんだから、言われたことを守るのよ。分かった?粗チン君」

 

取り巻きの美香や由香里もキャッキャッと笑います。

 

「えぇ~?良子さんいつ見たんですか?一人だけずる~い!本当に粗チンなの~?」

 

二人は笑いが止まりません。

 

「見るわけないじゃない!想像よ、想像。パッとしない男は粗チンが多いって言うじゃない?」

 

また私を小馬鹿にして遊ぶつもりだったのです。

 

確かに僕はパッとしないし、言い返す度胸もないので、ひたすら耐え、その場をやり過ごしました。

 

やっと解放された僕は、露天風呂に入りに行きました。

 

そこはなかなか立派な露天風呂で、他には誰もおらず、一人でゆっくり入って寛いでいました。

 

(しかし、あいつらはムカつく連中だな。いつか仕返ししてやりたいな)

 

などと考えていました。

 

すると脱衣所で何やら声が聞こえてきます。

 

明らかに女性の声です。

 

「良子さん、スタイルいいですね!腰がくびれてるぅ!」

 

(やっぱり!)

 

あの三人が入ってくるのです。

 

そう、この露天風呂は混浴だったんです。

この体験談の続きを読む

焦らしフェラの切ない顔がたまらない 遠距離不倫の年下彼氏に萌えまくり

焦らしフェラ
画像はイメージです

 

焦らして切ない顔の彼を見たい

 

私は結婚していますが、遠距離不倫中の彼氏がいます。

 

その彼氏が、1ヶ月ぶりに出張でやってきました。

 

しかし些細なことですが、彼のせいで喧嘩になってしまい、私は怒って、

 

(エッチなんかしない)

 

と思っていました。

 

だけど彼のしょんぼりした顔を見ると、可愛くてつい許しちゃったんですね。

 

彼は私をベッドに押し倒し、

 

「ああ、ずっと会いたかった」

 

と抱きついてきました。

 

「待って、スーツが皺になるから…」

 

と私がうろたえると、

 

「どうせすぐ脱がせてあげるから、このスーツ姿がたまんない」

 

と言って「はぁはぁ」興奮しています。

 

もう可愛すぎ。

 

彼はスーツ下のキャミソールを捲くって、おっぱいを揉んできました。

 

傍には大きな鏡があって、なんか恥ずかしい。

 

乱れた衣服で、おっぱいを揉まれている自分を見て興奮しちゃいました。

 

「あぁ…おっぱい大きい…柔らかい」

 

と執拗に私のEカップの胸を揉んできました。

 

「あん、ダメ」

 

とか言いながら、私も興奮しています。

 

彼はサラサラヘアーに細いフレームのメガネをかけています。

 

童顔なのに体はガッチリしていて、手が長くて綺麗なんです。

 

白いワイシャツが似合ってて、細い一重の瞳がとっても素敵に見えるんです。

 

ストイックなタイプという印象なのに、ホテルで二人きりになるとめちゃくちゃエッチなとことか、たまらないの。

 

彼が私のブラをグイッと下げて、おっぱいを丸出しにしました。

 

「エミさんのおっぱい綺麗…乳首も大好き」

 

と言って私の乳首をコリコリと摘んできました。

 

「あんっ!」

 

乳首摘まれると感じちゃう。

 

「舐めて良い?ねぇ、もう舐めちゃう…」

 

いいよと言う前に、彼は私の乳首をレロレロ舐め始めました。

 

「ああん、ダメ…ねぇ、後で…またゆっくり、後で…」

 

「待てないよ…俺、待てません」

 

そういって手が私の下半身に伸びてきました。

 

「だーめ、ここはまだダメよ」

 

めいっぱい彼を焦らして、切ない顔をさせようと思いました。

この体験談の続きを読む

童貞の彼を2ヵ月焦らすとエッチしたくておちんちん擦り付けてきました

おちんちん擦り付け
画像はイメージです

 

童貞の彼を焦らしてセックスさせない私

 

私は28歳でOLしてます。

 

大学生の童貞君を卒業させてあげた話をしたいと思います。

 

彼は美大生で20歳です。

 

居酒屋でアルバイトをしていて、そこに会社の同僚と何度か飲みに行って親しくなり、

 

「彼女いないの?じゃあ私と付き合っちゃう?」

 

と軽く言ったことが原因で、本当に付き合うことになりました。

 

最初の2人きりのデートの時、彼は童貞であることを告白してきました。

 

「僕、付き合えて嬉しいけど、あの・・・女性と付き合うの初めてで・・・ちゃんとできるか分からないけど・・・だから、あの、僕、童貞なんです」

 

とオドオドして言葉に詰まったり、でも目はしっかりと合わせて言ってきて瞳が綺麗でした。

 

私はニコニコしながら聞いていました。

 

勇気を出して言ってくれたのが凄く嬉しかったです。

 

と同時に、

 

(こいつ、この後セックスできると思ってるな?)

 

と察知しました。

 

私はSっ気があるので、痴女っぽく焦らしてみようと思い、すぐにセックスさせない方向でいくことにしました。

 

それからも何度かデートを重ねましたが、一切セックスさせませんでした。

 

私の家にも呼んだけど、肩を揉ませたりマッサージをさせたりで、体には触れさせているけどセックスはなしです。

 

私は一切その気を見せず、淡々としていたと思います。

 

(悶々としてるだろうなぁ)

 

とは思っています。

 

(今日こそ童貞を捨てられる)

 

と思って来てるかもしれませんからね。

 

そしてついにその日が訪れました。

この体験談の続きを読む