タグ:混浴温泉の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:混浴温泉

露出願望のある私は混浴温泉で中学生の少年をフェラチオして中出しセックスもしました

混浴 フェラ 中出し
画像はイメージです

 

混浴温泉に行くと少年が2人いました

 

私は大学生のころ露出に興味があり、初めての体験の場として混浴温泉がある旅館に行きました。

 

しかし、やっぱり女一人で混浴というのは勇気がいるもので、なかなか決心ができず、実行したのは誰も温泉に入っていない深夜でした。

 

残念と安心が混ざったような気分で混浴温泉に向かうと、深夜にも関わらず少学生か中学生の少年2人の男の子が、混浴温泉に入っていくのが見えました。

 

(これはチャンス!)

 

と思い、私も急いで混浴温泉に向かうと、ここで一つの予想外の事がありました。

 

脱衣所が男女共同だったことです。

 

私が扉をあけると、全裸の男の子が2人こちらを見て硬直していました。

 

そんな2人に驚きつつも、気にしないふりをしながら、私は浴衣を脱ぎ出します。

 

当然、男の子二人の視線が私に突き刺さります。

 

子供相手に裸になっていく自分の行為に興奮が隠しきれず、男の子の反応をチラっと見てみると、薄っすらと毛が生えているおちんちんが勃起していました。

 

下着姿のまま焦らしながら脱ぎつつ2人の様子を見ると、彼らと目が合ってしまい、それに気付いた2人は急いで温泉に入っていきました。

 

(失敗したかな~)

 

と思いつつ私も後を追うと、小声で2人の会話が聞こえました。

 

「マジで女の人がいた!裸見れるかな?」

 

「お姉さんのおっぱいとパンツ見ちゃった!温泉だから絶対見れるよ!」

 

と、どうやら女性の裸を見たくて混浴に来たみたいでした。

 

裸を見たい少年2人と、見られたい私、という利害が一致していることに嬉しくなり、私は思い切って、

 

「こんばんは~、夜遅くに温泉?ご両親は?」

 

と話しかけました。

この体験談の続きを読む

僕が巨根だと知ると様子がおかしくなった女子大生アルバイト

巨混浴温泉
画像はイメージです

 

温泉旅行に行くことに・・・

 

僕は27歳の冴えないブサイク野郎、しかも童貞です。

 

モテるはずがないので、告白したこともされたこともありません。

 

そんな僕の会社の同僚には、何故かイケメンが多いのです。

 

女子大生のアルバイトも何人かいるのですが、彼女たちは当然イケメン社員たちと、いつも仲良さそうにしています。

 

僕は当然ながら蚊帳の外です。

 

別になんとも思っていません、そういう人生を歩んできましたから。

 

しかし、そんな中でもアルバイトの女の子に、紗江ちゃんという一人だけ真面目な子がいます。

 

その子だけは、チャラチャラしたイケメンとは距離をおき、僕のところに仕事の相談にきてくれます。

 

素直に嬉しいのですが、それ以上の関係でも、それ以下でもありません。

 

何の期待もしていませんし、そういう事は全て諦めて生きてきました。

 

そんな中、年末が近づいてきたころに、イケメン社員たちが、

 

「みんなで温泉旅行に行こう」

 

と言い出しました。

 

アルバイトの女子大生たちは大喜びです。

 

僕も紗江ちゃんも誘われました。

 

別にイケメン連中と仲が悪いわけではありませんが、仕事だから付き合えるのであって、チャラチャラした旅行に行きたいとは思いません。

 

紗江ちゃんも同じ気持ちのようでした。

 

しかし、せっかく誘われたし、空気を乱すのもよくないと思い、行くことにしました。

 

紗江ちゃんも、

 

「ヨシさん(僕)が行くなら私も行きます」

 

と言ってくれました。

 

というわけで温泉旅行に出かけまして、バカ騒ぎにカラオケに酒盛りにと盛り上がっています。

 

僕と紗江ちゃんは、雑用係りに徹していました。

 

僕は元々お酒が強くないし、ノリが悪いのはみんなも分かっているので、無理に飲ませたり、歌わせたりする者はいません。

 

紗江ちゃんも僕に合わせてくれています。

 

ある程度、女性陣にも酒が入り盛り上がった所で、イケメン同僚の一人が言い出しました。

 

「ここってさぁ、さっき確認したけど、混浴があるじゃん」

 

「まじ?!じゃ、今から行かね?」

 

というような事をわざとらしく言い出しました。

 

女の子達は、

 

「キャー、キャー」

 

言い出し、恥ずかしがる子もいれば、はしゃいでいる子もいます。

 

でもいつの間にか、みんなノリノリです。

 

「さー、行こう行こう!」

 

という流れになりました。

この体験談の続きを読む