タグ:淫乱の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:淫乱

【美魔女に中出し】酔った勢いでホテルへ行くと淫乱で感じやすい人妻でした

美魔女に中出し
画像はイメージです

 

美魔女とホテルへ

 

僕は32歳で結婚しており、妻は30歳で2人の子供がいます。

 

町内会の自治会にも入っています。

 

自治会で活動してるバレーにも入らされ、週に2回、小学校の体育館で男女一緒に練習しています。

 

高校バレーの経験者で、自治会のキャプテンの好子さんという人妻がいます。

 

年齢は47歳で、僕と同じで子供が2人います。

 

好子さんは年齢の割にはかなり美人で、今で言う美魔女といっても過言ではないと思います。

 

ジャージ姿でも分かるように、ムチムチした太ももにふくらはぎをしています。

 

バランスのとれた脚で、元アスリートらしくお尻も引き締まって大きいです。

 

胸もDカップくらいあります。

 

最近ショートヘアーしてますます若く見え、可愛くもあり、バレーで会うのが楽しみでした。

 

この自治会バレーの仲間達はお酒好きが集まっていて、飲み会が月に最低2回はあります。

 

普段ジャージ姿しか見ない好子さんの私服姿もたまりません。

 

飲むとほっぺたを赤くし、よく話すようになります。

 

この前、会社の飲み会に参加した私は、飲み屋街に行きました。

 

23時時くらいにタクシーが並ぶ路地を歩いていたら、突然後ろから肩を叩かれ、振り向いたらなんと好子さんでした。

 

好子さんは女性3人と一緒で、みんなタクシーで帰るところだったんです。

 

二人を先にタクシーで見送ると、

 

「ちょうど良いところに会ったわ~、私まだ飲みたかったの・・・」

 

好子さんと2人きりになれるなんて願ってもないことなので、もちろんOKしました。

 

好子さんは店に入るまで、笑顔で僕の腕を組んで歩きました。

 

(見られたらマズいと思わないんだろうか?)

 

とは思いましたが、私は嬉しかったです。

 

しかも初めて見るスカート姿の好子さんでした。

 

スカートと言っても、やや膝上くらいのキュロットにレギンスでした。

 

胸元もやや谷間が見えています。

 

興奮でドキドキです。

 

そして入ったお店は、焼酎バーでした。

 

一時間くらいはお店にいたでしょうか。

 

「そろそろ帰らないとマズいんじゃないですか?」

 

「え~、ま~だぁ~帰りたくな~い」

 

「もう遅いですよ~」

 

「私と居るの嫌なの?まだ一緒にいようよ~」

 

「いや、むしろ俺は嬉しいっすよ。でも、もう遅いし、だいぶ呑んでるみたいですし・・・」

 

「トシくん(僕)は酔ったおばさんは嫌い?ウザいから?でも襲いやすいでしょ?」

 

「襲いやすいでしょって・・・まあ男ですから・・・独身だったらお持ち帰りしてたかな~」

 

と笑って誤魔化しました。

 

「あらそう~、昔はお持ち帰りしてたんだ~、まっいいや~、出ましょっ」

 

好子さんはまた僕に腕を組んできました。

 

でも歩く先は、タクシーの並ぶ路地とは反対方向でした。

 

「ちょっと・・・どこ行くんですか~?」

 

「トシくんにお持ち帰りしてもらうのっ」

 

「ええ~マジっすか?そりゃマズいですって!」

 

そんなやりとりしながら、とうとうホテルへ着きました。

この体験談の続きを読む

【娘婿とセックス】若い男性の逞しい体と巨根に悶え喘ぎまくりました

巨乳熟女
画像はイメージです

 

娘婿とエッチなDVDを見ることになりました

 

私は49歳の主婦です。

 

主人は10歳も年上で、ここ5年ほどはまったく夜の営みがありません。

 

もう私は女として見られてないのか、単に年だからなのか・・・

 

でも、私は女、主婦でも女、母親でも女、生理がなくなっても女、死ぬまで女なんです。

 

性欲もありますし、オナニーもします。

 

そんな私ですが、この前、娘のお婿さんとセックスしてしまいました。

 

娘が軽度の妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)になり、入院しました。

 

近くに住んでいたので、婿の雅也さんを家に呼び、晩御飯を作ってあげました。

 

主人は友人の葬儀のため、遠方に2泊の予定で出かけています。

 

主人と二人きりの味気ない食事と違って、会話が弾む食卓。

 

アルコールに弱い主人と違って、雅也さんはお酒の相手もしてくれます。

 

雅也さんと二人きりの食事の後、リビングでチビチビとワインを飲みながら話していました。

 

「雅也さんも一人だと色々と大変ね」

 

「お義母さんが晩御飯作ってくれるんで助かりますよ。洗濯とか掃除は大変ですけど」

 

「雅也さん、あっちの方はどうしてるの?まだ若いし、我慢は体によくないわよ」

 

「え?」

 

「夜はどうしてるのって聞いてるの。浮気は絶対だめよ。エッチなお店とかに行ったりしてるの?」

 

「あぁ、いやいや、僕は風俗は嫌いなんですよ、恥ずかしいですけど、一人で・・・」

 

彼は照れて顔を赤くしていました。

 

私は寝室のタンスから、ある物を取り出して雅也さんに渡しました。

 

「なんですか?これ」

 

「エッチなDVDなの」

 

「え?お義母さんたち、そんなのもの見るんですか?」

 

「違うのよ、主人が新年会の景品かなんかでもらってきたの、うちじゃ見ないし、雅也さんにあげるわ」

 

DVDは3つありました。

 

「あ、本当に封も切ってないんですね」

 

すると雅也さんは、

 

「今日はお義父さんもいないし、一緒にちょっと見てみます?」

 

「いやだー」

 

とか言いながらも、本当は興味があったし、少し酔っていたのもあり、見ることにしました。

 

雅也さんはDVDをセットして、スタートボタンを押しました。

 

私は照れくさくなって、

 

「恥ずかしいから照明を少し落とすわよ」

 

と言って、居間の灯りを少し暗くしました。

この体験談の続きを読む

【淫乱な爆乳美魔女】欲求不満な妻を満足させてほしいと頼まれました

爆乳美魔女
画像はイメージです

 

朝からセックスしていた隣の男が訪ねてきた

 

私は41歳のごくごく普通のサラリーマンです。

 

現在単身赴任中で、私の部屋は5階建てマンションの5階で、両隣にも男性が住んでいます。

 

片方は40代後半で、たまに廊下で顔を合わせるので知っていました。

 

反対側は、その時点では50代と思われる男性(夏場にベランダの窓を開けて電話で話している声を聞いた印象)でした。

 

ある土曜日の朝7時ごろ、仕事が休みだった私は、まだ布団の中でゴロゴロしていた。

 

するとかすかに、女の喘いでいるらしき声が聞こえてきました。

 

このマンションは若い独身男性も住んでいるので、週末の夜なんかは時々女性の喘ぎ声が聞こえてくることもあります。

 

しかし今回の声は、50代と思われる隣の男性の部屋からでした。

 

「あんっ!あっ!いいわぁあ~ん」

 

パンパンと肉同士がぶつかり合う卑猥な音も聞こえてきます。

 

眠気も一気に吹き飛び、ドキドキしながら壁に耳を当てて聞いていました。

 

女の声からして、あまり若くない様子で、熟女と思われます。

 

40代ぐらいのおばさんの声です。

 

時間にしたら15分くらいでしたが、朝から興奮して勃起してしまいました。

 

とりあえず終わったみたいなので、私は顔を洗ったり歯磨きしたりしていました。

 

すると「ピンポーン」とインターフォンが鳴りました。

 

こんな朝早くに人が訪ねてくる予定なんかないので、

 

(おかしいな)

 

と思いつつ、ドアを開けました。

 

そこには、50代後半くらいの中年太りした男性が立っていました。

 

「あのー、突然すみません、私隣に住んでいる青木と申します」

 

とペコリと頭を下げてきました。

 

「どうも、おはようございます」

 

私はあっけにとられました。

 

隣でつい先ほどまで熟女とセックスしていた男が突然訪ねてきたんです。

この体験談の続きを読む

【不倫セックス】本当はスケベで淫乱だった私を開花させた同級生の彼

背後からおっぱい揉み
画像はイメージです

 

抱いて欲しいって素直に言えるの

 

私は結婚3年目の29歳主婦です。

 

夫以外の男性と肉体関係を持ってから、もうすぐ2年です。

 

夫とはセックスレスでもないし気持ちいいんですけど、同級生の浩之は、これまで眠っていたスケベで淫乱な私を開花させてくれた人です。

 

夫の事を心から愛しているんですが、どうしても身体は浩之を求めてしまうのです。

 

会えない日が続くと、浩之との濃厚なセックスを思い出しながら、昼間一人でオナニーすることもあります。

 

ついこの間もムラムラが抑えきれなくて、休日の昼間、突然一人暮らしの彼のマンションに行っちゃいました。

 

夫には欲求不満だなんて思われたくないから、私からセックスしたいなんて言えないけど、彼には素直に、

 

「抱いて欲しくて来ちゃった・・・」

 

って素直に言えるんです。

 

そんな私を、

 

「可愛いな」

 

って玄関先でギュッて抱きしめてくれるんです。

 

もうそれだけでオマンコが濡れちゃいます。

 

浩之はそのまま玄関先で私を立たせたまま、荒々しくTシャツを捲くってブラジャーをたくし上げ、ポロンと出てきたおっぱいをむんずと掴んで大きく揉みしだきます。

 

そして乳首にむしゃぶりついて、舌でレロレロしたりチューチュー吸ったりしてくれます。。

 

私がクリと乳首が弱いのを知ってるんです。

 

でも浩之もおっぱいが大好きです。

 

チュパッ、チュパッ・・・ってわざと大きい音を立てたりしていっぱい舐めてくれます。

 

指と舌でたくさん乳首を愛撫されると、もう立っていられなくなります。

 

「あっ・・・あんっ・・・」

 

って声を上げてよがる私に、

 

「気持ちよかった?もうこれで満足?」

 

って意地悪なこと言うんです。

 

「いやっ・・・もっと気持ちよくしてぇ・・・」

 

って甘え声でおねだりすると、部屋に上がってベッドへ直行です。

 

上半身を裸にされて、浩之は後ろから抱きつき、おっぱいを激しく揉み揉みしてきます。

 

後ろからされるのって、襲われてる感じがして凄い興奮するんです。

 

浩之はおっぱいを片手で揉みながら、もう片方の手は下半身へ伸ばしてスカートをまくり、パンティーの上から指先でオマンコの割れ目を何度もなぞってきます。

 

私のオマンコは、もうすでにビショビショに濡れていました。

 

「あん・・・いやん・・・」

 

感じていた私は、たまらずに腰をクネクネさせました。

 

「もう、すげぇ濡れてるよ・・・いやらしい女だな」

 

また意地悪なこと言って、ニヤニヤしながら私の顔を覗き込んでくるんです。

この体験談の続きを読む

【ニンフォマニア】ヤリマンでM女で淫乱?オチンチンとザーメン大好き

乱交パーティー
画像はイメージです

 

私はマニアックなM女で淫乱?

 

私はバツイチのOLです。

 

以前、ハプニングバーといわれる所に行った経験があります。

 

私の会社は平日が休みのサービス業です。

 

なので、平日の昼間に行きました。

 

昼間は夜に比べて当然お客さんが少ないのですが、夫婦やカップルで来ている人がいて、セックスについていろんなお話をさせていただき、性に対する私の考えも大きく変わってきました。

 

というか、幅が広がったと言った方がいいでしょうか。

 

また、これまで気づかなかった自分の性癖も分かってきました。

 

夫婦やカップルで来られている方は、皆さんすごく仲が良い人たちばかりなんです。

 

これには驚きましたね。

 

いろんなカップルを見ていると、2パターンあるようです。

 

1つめは、奥さんが他の男性とセックスするのをご主人が見て興奮するという、寝取られフェチのカップルです。

 

だいたい最初は奥さんは嫌がるそうですが、一度ハマると奥さんの方が意欲的になるみたいです。

 

2つめは、奥さんが依存症かと思うほどセックス大好きで、年齢を重ねて旦那さんが体力的に奥さんを満足させられなくなったという中年ご夫婦のパターンです。

 

ニンフォマニア(色情症)で、毎日セックスしないと気がすまないという淫乱奥さんもいました。

 

中には、セックスというよりも、オチンチンやザーメンが大好きという奥さんもいました。

 

意外にも、露出するのが好きな奥さんも多いみたいです。

 

ハプニングバーに来ている人たちは、若い人よりも30代、40代の、一見すると普通の夫婦が多いのには驚きました。

 

私も皆さんに自分のエッチな体験談や、離婚してから現在のオナニー三昧の生活など、普通では話さないようなことを告白しました。

 

私が、

 

「見られると興奮するかも」

 

と言うと、

 

「じゃあ、試してみようか」

 

と言って服を脱がされ、カウンターに全裸で横に寝かされたり、足を広げてオマンコ丸見えにされたりしたとこを写真に撮られ、インターネットの掲示板に投稿されたりしました。

 

もちろん、顔にもオマンコにもモザイク処理はしています。

 

皆さんが言うには、私にはかなりの露出癖があるということです。

 

また、

 

「マゾ願望もあるかも」

 

と言うと、手錠と目隠しをされ、3人の男性に次々と、口にもオマンコにもオチンチンを入れられて犯されました。

 

実は目隠しされただけで、

 

(何をされるんだろう?)

 

とワクワクして濡れてしまいました。

 

途中でバイブも使われましたが、とても気持ちよかったです。

 

でもバイブ責めが続くと、

 

「オチンチン欲しい」

 

と懇願してしまいました。

 

皆さんが言うには、私は結構マニアックなM女で、奴隷願望も有るということです。

 

私はMな部分もありますが、自分から奉仕するのも好きなんですけどね。

 

私が、

 

「日本人のオチンチンしかみたことがない。もちろんセックスも日本人男性しか経験してない」

 

と言うと、

 

「今度、外国人の男性を紹介する」

 

と言われました。

 

これはいまだに実現していませんけどね。

 

オチンチンが凄く大きい人もいるけど、勃起しても柔らかい人が多いそうです。

 

私は小さくてもいいから、硬いオチンチンがいいかなあ。

 

皆さんの私に対する結論としては、

 

「Mっ気がある淫乱女」

 

ですって、う~ん。

 

でも色々アドバイスもしてくれました。

 

コンドームを使っても、漏れたり破れたりすることもあるので、ピルを飲んだ方が良いということや、ピルを飲んでても性病の心配があるので、知らない人とする際にはコンドームをつけた方が良いことなど。

 

また、

 

「今は独身なんだから、もっと自分に素直になってセックスを楽しむべきよ。いい男ならいくらでも紹介するわ。あなたはスタイルもいいから、もっと男を惹き付けるエッチな格好したらどう?女は化粧、髪型、眼鏡を変えれば、知っている人に会っても絶対分からないわよ」

 

などと言われました。

この体験談の続きを読む