タグ:早漏の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:早漏

【短小で早漏」長身のイケメンで逆ナンされるしセックス経験も豊富な俺だけど・・・

短小 早漏
画像はイメージです

 

イケメンだけどチンポが短小の俺

 

俺は社会人3年目の25歳の男です。

 

去年の話なんですが、会社から資格をとるように言われ、休日に近所のスタバで昼から夕方ぐらいまで勉強していました。

 

そのスタバは駅の近くにあったので、休日は学生や若い社会人が多く利用していました。

 

夕方5時ごろだったと思いますが、そろそろ帰ろうと思って店を出ました。

 

少し歩いたところで、後ろから声を掛けられました。

 

「すいません、ちょっといいですか?」

 

見ると、スタバで近くの席にいた女の子でした。

 

スタバにいた時からちょっと気になってたので、すぐに分かりました。

 

なぜ気になってたかというと、着ているニットの盛り上がり方が凄いんです。

 

しかもロリ顔です。

 

俺はロリ巨乳が大好きなんです。

 

EカップかFカップはありそうでした。

 

20代前半の背は低めで、可愛らしい子でした。

 

薄手のニットにスカートという格好です。

 

あとで聞いたんですが、22歳で社会人1年目でした。

 

実は俺、容姿にはそこそこ自信があって、身長は180センチで細マッチョ、顔もまあまあイケメンと言われてわりとモテるんです。

 

だから声掛けられるのも慣れてて、

 

(あ~またか)

 

ぐらいに思ってました。

 

「どうかしました?」

 

「あの、もしよかったら、連絡先教えてもらえませんか?」

 

相手の女の子は恥ずかしげでしたが、こっちは結構慣れたもんです。

 

けど慣れてる感じが伝わるのはよくないと思って、びっくりした感じで応えました。

 

「は、はい!俺なんかでいいんですか?」

 

そう言って、お互いのLINEを交換しました。

 

「急に声掛けられたんで、びっくりしましたよ」

 

「ごめんなさい、スタバにいたときから気になってて」

 

「もしよかったら、晩ご飯どうですか?ちょうど家に帰ってご飯食べようと思ってたとこですし」

 

「本当ですか?是非おねがいします!」

 

いきなりの展開にビックリですが、これはチャンスです。

 

このまま飲みに行って、ホテルに連れ込んでやろうと思いました。

 

元々は逆ナンなので余裕ですよね。

 

しかし、俺には悩みがあるんです。

 

実はチンポがかなり小さいんです。

 

長さで言うと10センチぐらい?

 

仮性包茎だし、太くもありません。

 

しかも身長が高いだけに、余計に小さく見えちゃうんです。

この体験談の続きを読む

女子高生に仮性包茎チンポを弄られて彼女がいる横で射精しました

仮性包茎チンポを手コキ
画像はイメージです

 

砂に埋めてもらいました

 

俺が大学3年生の時の話です。

 

俺と彼女の聡美、友達の木村とその彼女の浅野さんの4人で、海に行きました。

 

俺達は全員同い年で、時々この4人で遊んでいました。

 

最初は泳いだりして遊んでいたんですが、昼過ぎから疲れて眠くなったので、ビーチチェアーに座って寝ようとしたけど、木村の案で砂に埋まって寝ることにしました。

 

でもそこは人がわりと多かったので、人がいないとこを探して、場所を移すことにしました。

 

ここのビーチは結構広く、端には岩の山があり、その向こうにもビーチが続いています。

 

岩山より向こうは遊泳区域ではないため、人はまったくいません。

 

ここなら人もいないし、誰かが歩いた時に飛んでくる砂も顔にかかることもないので、ここで埋めてもらうことにしました。

 

何より岩山で、向こう側が全く見えないのも気に入りました。

 

自分達だけのプライベートビーチにすら思えました。

 

まず、彼女である聡美を砂に埋めました。

 

首から足先まで全身、砂を固めて完全に埋めました。

 

顔には日焼け止めクリームを塗っています。

 

そしてその横に俺が位置取り、木村と浅野さんが俺を砂で埋めてくれます。

 

これでもかというくらいパンパンと叩いて砂を固めてくれて、完全に埋めてくれました。

 

ピクリとも体を動かすことができません。

 

でも砂が冷たくて、ものすごく気持ちいいんです。

 

俺達を埋めると木村と浅野さんは、

 

「ご飯食べてくる」

 

と言って、消えて行きました。

 

砂に埋もれた俺達は、

 

「気持ちいいね~」

 

とか話しながら目を瞑り、波の音を聞いていました。

 

本当に天国のようでした。

 

ここまでは・・・。

この体験談の続きを読む

旦那が早漏と不満の人妻だったがチンポに絡みつくマンコが原因だった

人妻
画像はイメージです

 

出会い系で4人の子持ち人妻と会った

 

半年ぐらい前に、ある出会い系サイトで知り合った人妻に出会いました。

 

年齢が29歳とか書いてあって、人妻とは書いてありませんでした。

 

だからメールしたのに、途中で・・・

 

「実は36歳で既婚者です」

 

とか言い出しました。

 

でもその前に送られてきた写メが美人だったんで、

 

「別にイイよ」

 

って流したんです。

 

今まで5年ぐらい出会い系使ってますが、この写メはTOP5に入るぐらいの美人さんです。

 

当たりを引いたと感じました。

 

(これは確実にモノにしないと!)

 

と、マメにメールして、ご機嫌取りに励みました。

 

ウソをバラしてからの人妻さんは、とにかく旦那の愚痴ばかりでした。

 

かなりキツいご機嫌取りでしたが、メールし始めて2週間ぐらいで、待ち合わせる事に成功したんです。

 

実際に会ってみても美人で、36歳という熟した色気がプンプン匂う人妻でした。

 

美人なだけではなく服のセンスも良く、とにかくスタイルもイイんです。

 

「昔はもっと大きなFカップだったんだよ~」

 

と言っていました。

 

「今はFもないんだ?」

 

と聞くと、衝撃的な事を言ってきたんです。

 

「だって子供4人も産んだら萎んじゃうもん」

 

と。

 

4人も出産した人妻となんて、セックスした経験ありません。

 

聞かなかったけど、4人も子供がいたとは正直ショッキングでした。

 

それでも機嫌を取りながら食事をして、下ネタを交えつつ楽しい時間を過ごしました。

 

下ネタを人妻から言ってくるので嬉しいんですが、4人の子持ちですからねぇ。

 

複雑な思いで下ネタに付き合っていました。

 

食事の後は、普通にカラオケに行って帰りました。

 

焦って手を出すには、

 

(リスクがあるかも?)

 

と警戒したんです。

 

でも帰ってから、

 

「今日は楽しかったよ」

 

とメールを入れました。

 

でも彼女は、ホテルに誘われないから嫌われたって思ったらしいです。

 

「また会いたいぐらいですよ~」

 

と返して、その後1週間ほどして2回目の待ち合わせをしました。

 

それまでに、もっと下ネタをメールでしていたので、もうホテルへ誘う気満々でした。

この体験談の続きを読む

いじめられっ子が強制クンニと強制手コキ、チンポに輪ゴムで早漏改善

スケバン 手コキ
画像はイメージです

 

女番長のマンコを舐めさせられるいじめられっ子

 

これは僕が高校生の頃で、かなり昔の話です。

 

僕の通っていた高校は、今で言うヤンキーが多くて有名な私立高校で、特にヤンキー女子のガラの悪さは有名で、女番長もいました。

 

当時はヤンキー女子のことを女番(スケバン)といい、そのブームは最盛期で、女子のスカートは長く、特にスケバン達のスカート丈は足首までありました。

 

ある日、スケバン達に一人の男子が、体育館内にある用具室に連れて行かれているのを僕は目撃しました。

 

その男子はE君という体が小さく気の弱い、いじめられっ子の典型的な男子で、いつもスケバングループにイジメられていました。

 

用具室は壇上とつながっており、僕と友達は壇上の暗幕に隠れて、こっそり中の様子を覗いていました。

 

中にはが5人とE君がおり、女子達がマットを折り曲げて、ソファーのように形成していました。

 

そこに女番長が座り、E君はその前に怯えながらしゃがみこんでいました。

 

そして女番長が長いスカートを捲り、パンティーを脱ぎました。

 

そしてそのまま足を広げてE君に、

 

「マンコ舐めな」

 

と言いました。

 

E君は女番長の股の間に顔をうずめて、マンコを舐め始めました。

 

女番長は長いスカートをE君の頭から被せたので、E君はスッポリとスカートの中に入り込む形になりました。

 

と見ていたら女番長はE君を蹴り、

 

「もっと強く舐めろ」

 

と言いました。

 

E君は従ったのでしょう、女番長はアゴを上げて気持よさそうな顔をしながら、

 

「あっ、んっ」

 

と小さな声を出していました。

 

スカートの中に入り込んでいるE君は靴だけが外に出る形で、スカートはE君の頭の部分が盛り上がってモゾモゾ動いていて、可笑しな光景でした。

 

E君は時折ムセながら、

 

「ガハッ、グエッ」

 

と苦しそうな声を出してました。

 

その時は7月上旬の暑くジメジメした時期だったので、女番長のマンコはムレムレで、臭いもきつかったのではないでしょうか。

 

さらには長いスカートを被せられていたわけですが、

 

「ほら」

 

と言いながらスカートの中のE君を蹴ったりもしていました。

 

そのうち女番長は満足したのか、E君をスカートから出しました。

 

女子の一人がティッシュを出し、女番長はそれで自分のマンコを拭きながら、

 

「誰かやる奴いるか」

 

と他の女子達に聞きました。

 

女子の一人が、

 

「チンコ見たいね」

 

と言いました。

 

すると女番長はE君に、

 

「ここで、せんずりこけ」

 

と言いました。

 

E君は

 

「やだよ」

 

と泣きそうな声で言いました。

 

女番長は

 

「てめぇ、痛い目見てぇのか?」

 

と凄むとE君は、

 

「勘弁して下さい」

 

と土下座しながら言っていました。

 

女番長が女子達に目配せをすると、女子達はE君を羽交い絞めにし、無理やりズボンを脱がせました。

この体験談の続きを読む

短小で早漏の僕は拘束されて後輩に罵倒され乱交を見せつけられた

目の前で乱交
画像はイメージです

 

挿入したことに気づかないほどの短小ちんぽ

 

僕の惨めなセックス初体験と、そのあとの忘れられない出来事を話そうと思います。

 

まず僕はちんぽが極めて小さいんです。

 

せんずりもするし、精液も出るので生殖機能はあるんですが、ちんぽは発育不全みたいなんです。

 

通常時で約3cm、仮性包茎なんですが、勃起すれば自分で皮を剥くことは出来ます。

 

しかし勃起しても7cm、太さも2cmちょっとしかありません。

 

中学生の時は短小ちんぽにとても悩みましたが、こんなことは誰にも相談できません。

 

しかし、いつまでもくよくよしていてはダメだと思い、高校生になってテニス部に入りました。

 

そしてこんな僕でも、2年の時には同級生マネージャーの彼女ができたんです。

 

仮にK子としましょう。

 

付き合って3カ月ぐらい経った時、ちょっとしたきっかけで大喧嘩したことがありました。

 

僕は別れたくなかったので、K子に必死で謝りました。

 

K子はそれでも不満げだったんですが、許してくれました。

 

そしてそのままの流れでセックスする雰囲気になりました。

 

ところが、そこからが僕が悲惨な目に逢うことになるのです。

 

当然ながら童貞だった僕は、一生懸命に前戯を頑張ったつもりなのですが、K子が感じている様子がまったくありません。

 

先ほどの喧嘩のこともあって、K子は完全に醒めきっていたんでしょうが、初体験の僕は興奮していて気付けませんでした。

 

そしてパンツを脱いでちんぽを取り出し、コンドームを付けました。

 

コンドームはせんずりする時に付けたことがあったので、スムーズに付けることが出来ました。

 

いざK子のおまんこに挿入しようとしたんですが、童貞だったため場所がよく分からず、うまく入れられませんでした。

 

K子はイライラしたように、

 

「もう、早くしてよ」

 

と言うのでさらに焦りました。

 

そしてなんとか挿入しました。

 

K子は処女ではありませんでした。

 

しかし僕は童貞で、挿入前にちんぽを擦ってしまっていたため、入れた途端に射精してしまい、すぐに萎えて自然におまんこからちんぽが抜けてしまいました。

 

僕は、

 

「ごめん、イっちゃった」

 

というとK子はビックリした顔で、

 

「え?」

 

と言うと呆れた感じで、

 

「っていうか、入れてたの?」

 

と聞いてきました。

 

僕が黙っているとK子は小声で、

 

「・・・くそ・・・」

 

と言った後、大きな声で、

 

「ヘタクソ!マジ最低!どんだけ下手なの!!」

 

と叫ばれました。

 

僕は初めて聞くK子の大声に、ただただ茫然としていました。

この体験談の続きを読む