タグ:旅行の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:旅行

旦那の浮気を相談した相手と二人きりの不倫旅行で中出ししてもらいました

不倫旅行
画像はイメージです

 

旦那の同僚と不倫旅行へ

 

私は40歳でパートで働いています。

 

旦那とは、ここのところセックスレス状態です。

 

と言うのも、どうやら旦那は浮気をしているみたいなんです。

 

そこで、たまに我が家に来る旦那の同僚に相談してみることにしました。

 

その男性はバツイチで、離婚の原因は奥様の浮気でしたから、私の気持ちを理解してくれると思ったからです。

 

彼はとても親身に相談に乗ってくれました。

 

今までは旦那の同僚としてしか見ていませんでしたが、私は相談を口実に彼と会うようになっていました。

 

私の中ではすでに彼に対する想いが膨らんできていたのかもしれません。

 

彼もまた私に対する思いを遠回しに言ってくれるようになっていました。

 

そんな時、初めて車の中で引き寄せられ、唇を奪われました。

 

初めは抵抗しましたが・・・

 

今は子供にもお金のかかる時期で離婚はできません。

 

それもあり、旦那の浮気については彼のアドバイスもあり“知らないふり”を通していました。

 

でも本当は我慢の限界でした。

 

そんな時、主人の3日間の出張が決まりました。

 

もちろん彼は同僚ですから知っていたはずです。

 

「出張に合わせて俺たちもお泊りで旅行に行かない?気晴らしにはいいかもよ」

 

彼からお誘いがありました。

 

1日考えた後、

 

「急だけど、女友達と旅行に行くことになった」

 

と旦那に告げ、子供は実家に預けることにしました。

 

主人は何の疑いもなく、

 

「いいよ」

 

と言いました。

 

私に不倫なんてできる訳ないと思っているのです。

 

19歳で旦那と知り合い、初めての男性が今の旦那なんです。

 

それは旦那も知っています。

 

結婚してからは家事に子育てと忙しく、不倫や浮気はもちろん、異性との出会いすらない狭い世界にいた私を、旦那は知っているからです。

 

この年ですから、男の人と2人だけで旅行することの意味は分かります。

 

ランジェリーを新調しようとショップに行き、悩んだ末、白を基調としたピンク柄で2組上下揃えました。

 

行き先は信州の山の温泉でした。

この体験談の続きを読む

一緒に旅行に行った欲求不満な主婦たちとハーレムセックス

主婦 ハーレムセックス
画像はイメージです

 

宴会のあと奥さんたちの部屋に呼ばれた

 

僕は、とある飲食店でアルバイトしていて、他のバイトもパートの人達も年齢はバラバラです。

 

僕がよく話すのは、主婦の人とか同世代の女の子とか、あとは男性陣ですね。

 

主婦の人と言っても、25~33歳までいます。

 

なぜか全員子供はいなくて、しかもみんな若く見えて美人ばっかりなんです。

 

僕は同世代の女の子と話はするけど全然モテません。

 

そういう対象には見られないみたいです。

 

でも何故か奥さんたちにはモテてるんです。

 

嬉しいような嬉しくないような・・・でした。

 

そして去年の夏、バイト先の仲間で1泊2日の温泉旅行に行きました。

 

初めは、

 

(奥さんたち、旦那さんはOKなの!?)

 

って思って聞いたんですけど、

 

「1年に1回くらいだし、いいのいいの~。たまにはなんちゃらかんちゃら・・・」

 

てなことを言ってました。

 

旅行に行くメンバーは、主婦の人4人と、同世代の女の子3人と、僕とあとは2人の男友達です。

 

みんなバイト仲間だし、気を使う人もいなかったので気楽でした。

 

でも男3人と女7人だったから、すごいラッキーだなと思ってました。

 

夜ご飯食べてお風呂に行く事に。

 

(もしかして混浴!?)

 

とちょっぴり期待してると、ちゃんと男湯・女湯に別れてました。

 

当たり前ですね。

 

お風呂から出たあとは、一番大きい部屋の主婦4人部屋で宴会スタートです。

 

ちなみに部屋は、主婦の田代さんが旅館の支配人と友達とのことでうまく手配してもらったそうで、男だけの部屋、主婦だけの部屋、女の子3人の部屋にそれぞれ分かれていました。

 

それで、みんなで結構長い時間飲みました。

 

時計は深夜0時を回っていました。

 

さすがに解散ということに。

 

自分の部屋に戻ったら、もう男友達2人は酔い潰れる寸前で、

 

「くそ~ぉ!美紀ちゃんとやりて~!」

 

とか酔った勢いで叫んでました。

 

僕はむしろ、

 

(奥さんたち4人と一緒の部屋で寝て~)

 

とか思ってました。

 

布団に入って10分くらい経ったころ、スマホに着信があったので、

 

(なんだろ?)

 

って思って見たら、なんと主婦の田代さんからでした。

 

(みっくん(僕のあだ名)、部屋に忘れ物してるよ。取りにいらっしゃい)

 

って書いてあるんです。

 

僕もわりとアルコールには強いほうなので、そこまでは酔ってなかったけど、

 

(忘れ物なんかしたっけ?)

 

って思いながら、友達はもう寝てるし、

 

(まあいっかー)

 

て思って、奥さんたちの部屋に行き、ノックして恐る恐る入いっていくと、誰も何も言いません。

 

「入りますよ~」

 

って小さな声で言いながら入ると、なぜか電気が消えていました。

 

(おかしいな~)

 

一瞬、部屋を間違えたのかと思いました。

この体験談の続きを読む

【高校生】助けてくれた旅館のお姉さんが実はとてもエロかった

温泉 セックス
画像はイメージです

 

女湯を覗いたら誘われた

 

僕が17歳の高校生の時に、エッチな体験をしたので告白したいと思います。

 

両親と離れて旅行をしてみたいと考え、アルバイトで貯めこんだお金を元に、自転車で目的を決めずに旅行をしていました。

 

ゆるやかな峠道に差し掛かった頃、タイヤが何かしら踏んでしまったと思いますが、いきなりパンクしてしまいました。

 

修理用の道具を携帯してなかったのでオロオロしてるいと、一台のマイクロバスが停車し、運転しているお姉さんが

 

「どうかしたの?」

 

と声をかけてくれたのです。

 

僕がいきさつを説明すると、マイクロバスに自転車を積み込んで僕も乗せてくれ、旅館まで連れて行ってもらえました。

 

実はお姉さんの実家が温泉旅館で、休みの間は手伝いで彼女はここに居るらしいのです。

 

すっかりお世話になった僕は、従業員(お姉さんと両親しかはいませんが)の控え室でお姉さんと楽しく話しをしていました。

 

宿泊費を安くしてもらう代わりに旅館の手伝いもしていたので、温泉に入るのはお客さんが全員入り終えた後になります。

 

3日ぶりに髪の毛や体を洗い流し、スッキリした気持ちで温泉に浸かっていると、女湯の方から声が聞こえてきました。

 

温泉は12時で終了だし、お客さんはいない筈だけど・・・

 

しかも声は結構若いので、お姉さん以外に思い当たる人はいません。

 

いけない事とは思いながらも、なんせ当時は17歳なので女性の裸を見たいという欲求には勝てず、僕はお姉さんの入浴している姿を覗いてしまったのです。

 

壁を少し登ってお姉さんの姿をチラッと確認すると、お姉さんは身体を洗い流している真っ最中でした。

 

美しい白い肌に、肩甲骨など骨格も美しく、肉付きもほどよく、ひと際腰のくびれからお尻にかけての丸みを帯びたラインが魅力的でした。

 

目にした瞬間から興奮し、僕のチンポは勃起してしまいました。

 

しかし、見とれてしまったために油断していたようです。お姉さんは気付いていたみたいで、振り向きもせずに

 

「ダメでしょ、女湯覗くなんてことしたら・・・」

 

と突然言ったのです。僕は驚愕して心臓が止まりそうでしたが、時すでに遅しです。今更ながら後悔しました。

 

困っているで僕を善意で泊めてくれたお姉さんの気持ちを裏切ってしまいました。

 

あたふたしている僕に、お姉さんはゆっくりと振り向きました。

 

怒っているはずだと思っていたお姉さんの表情は優しく笑っていたのです。

 

その時に急に緊張が解けて冷静さを取り戻しました。

 

「一緒に入ろうよ」

 

と無防備でしかも全裸姿で僕に言ってくれたお姉さんは、まるで女神のようでした。

 

その後、一緒に温泉に浸かってお姉さんと会話していると、何気に僕の股間を見つめてきました。

 

見られた事に反応した僕のチンポは一層固くなりました。

 

「ねぇ、エッチしたいの?」

 

とストレートに訊いてくるお姉さんに困惑しながらも、素直に

 

「は、はい…」

 

と興奮気味に答えました。

 

「ふふっ、いいわよ、好きにしても」

 

と言われ、僕は一気にボルテージが最高潮に達しました。

この体験談の続きを読む

一人旅行で知り合った可愛い女子大生と友達の目を盗んでセックスした

洗面所セックス
画像はイメージです

 

一人旅の俺と4人の女子大生

 

俺は大学4年の時、一人旅行が好きであまりお金をかけずに、国内を旅していました。就職も決まりこつこつ貯めたバイト代で、今しかないと思ったからです。

 

常に1人で行くわけですが、なるだけローカル線に乗ったり安い旅館を利用していました。夜行バスもしょっちゅう利用しました。

 

そんな中である体験をしました。

 

仙台へ向かった時の事です。新宿を深夜0時に出ると、朝方6時ぐらいに到着する夜行バスです。

 

バスに乗車するとラッキーだったのか、周りには女の子の仲間4人組が乗っていました。俺と同じく大学生みたいで、4人で温泉旅行に行くのだそうです。

 

別に普通に乗ってるだけなら仲良くなる事なんてほとんどありません。

 

でもこれまでも何回か経験あるんですが、トイレで立ち寄るサービスエリアが狙い目になったりするんです。

 

この時もそうでした。

 

4人組は楽しいのかお酒やお茶を結構飲んでいたのでしょう。深夜のサービスエリアで2人がトイレに行きたくなったようです。

 

深夜の人気のないサービスエリアって、意外と怖いものです。

 

「ねえ、トイレ行こうよ~」

 

「やだぁ、暗くて怖いじゃん」

 

「えぇ~、お願い、一緒に行こうよ~」

 

「もう、我慢しなよ~」

 

俺は煙草を吸いたかったので、チャンスとばかりに話し掛けました。

 

「俺も煙草吸いに行くんで一緒に行きましょうか?」

 

「えっ?イイんですかぁ?」

 

「よかったぁ~」

 

「じゃアタシも行く」

 

「アタシも~」

 

結局4人ともトイレに行く事になったのです。

 

それがきっかけでワイワイ喋るようになったんですが、彼女たちは予想通り都内の大学生でした。俺が

 

「一人旅なんだよ」

 

と言うと、何処に泊まるのか、何処に行くのかいろいろと聞いてきました。

 

4人の中で特に可愛い子がいて、名前は真理子と言ってました。俺と同い年で彼女の出身は福島だそうです。

 

もう就職先も決まったから暇なんだと言ってました。

 

バスに戻ると眠くなってウトウトしていました。多分4時頃だったと思います。トイレに行きたくなったので、運転手さんに聞いてみました。

 

そしたらもう少しのところでパーキングエリアがあるから、そこに寄ってくれることになりました。

 

俺がシートに戻ると、後ろから肩を叩かれました。真理子です。

 

「トイレ?」

 

「うん、運転手さんに聞いたらもうすぐパーキングエリアだって」

 

「じゃアタシも行こうかな」

 

「あぁ、じゃ一緒に行くか」

 

運転手さんは自分も休憩したいから

 

「ゆっくり戻ってイイよ」

 

と言っていただけました。トイレに行った後、缶コーヒーを買って煙草タイムです。そこに真理子が寄ってきて、2人でおしゃべりしながら一息ついていました。

 

「友達4人で温泉旅行なんて楽しそうだね」

 

「やっとみんな内定貰ったんでようやく行けるのよ」

 

「俺はいつも1人だから羨ましいな~」

 

「彼女と行かないの?」

 

「いや、彼女いないし」

 

「へえ、そうなんだ!全然そんな風に見えないけど」

 

「っていうかそっちも彼氏と行かないの?」

 

「彼氏まだ就職決まってないの」

 

(やっぱりこんな可愛い子にはそりゃ彼氏ぐらいいるよな~)

 

と少しガッカリしました。

 

温泉旅館の話をしている内に、俺もなんだか温泉に行きたくなってきました。

 

「俺も温泉行こうかな。俺がその旅館に行ったら、みんなで呑もうよ!」

 

「イイよ~!」

 

ちょっと仲良くなれた感じがしたのでスパッと言ってみました。ニッコリとOKしてくれたので嬉しくてハイテンンションになりました。

 

そしてバスに戻り、仙台に到着してから別れました。

 

バスの中で聞いた温泉旅館をネットで検索すると、意外と安い宿みたいなんです。俺はいつも素泊まりだからちょっとばかし奮発したら良いだけです。

 

携帯も聞かずに別れたので、多少の不安はありました。突然行ったら

 

(なにコイツ?)

 

みたいに思われるんじゃないかと。社交辞令でOKって言われたけど、まさか本当に来るとは思わなかったとか良くある話なので。

 

それでも下心が勝っているので、腹をくくって向かってみました。

この体験談の続きを読む