タグ:手コキの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:手コキ

高校時代、好きな女子に騙されて強制手コキに強制射精されたけど…

強制手コキ
画像はイメージです

 

好きな女子に告白された?

 

僕が高校の時の話です。

 

当時好きな女の子がいました。

 

由紀子という女の子です。

 

片思いで、しかも少し避けられてる感じでした。

 

さすがの僕も諦めかけていましたが、由紀子の友達の亜樹と梨乃が来て、

 

「もう少し頑張って」

 

と応援されました。

 

その2人とはそれまであんまり喋った事がなかったので、急にそんなこと言われたから動揺してしまいました。

 

でも頑張ってと言われたら、

 

(ひょっとして・・・)

 

と期待もしてしまいますので、もう少しだけ頑張って見る事にしました。

 

そしたらある日、急に由紀子が

 

「話があるの」

 

と言ってきたんです。

 

少し照れてる感じで言ってきた気がしたので、かなり期待しました。

 

そして放課後、言われた通り屋上の扉の前で待っていたら、由紀子がやってきました。

 

「話って?」

 

「実は私・・・」

 

「ん?」

 

「○○くんの事が・・・」

 

と言って抱きついてきました。

 

身体が密着し、さらにかなりぎゅっと抱き締めてくるもんですから、チンコが勃起してしまいました。

 

体がくっついているので

 

(バレちゃう!)

 

と焦っていると、由紀子が急にチンコを握ってきました。

 

すると、

 

「好きなわけないじゃん」

 

「え・・・?」

この体験談の続きを読む

女子高生に仮性包茎チンポを弄られて彼女がいる横で射精しました

仮性包茎チンポを手コキ
画像はイメージです

 

砂に埋めてもらいました

 

俺が大学3年生の時の話です。

 

俺と彼女の聡美、友達の木村とその彼女の浅野さんの4人で、海に行きました。

 

俺達は全員同い年で、時々この4人で遊んでいました。

 

最初は泳いだりして遊んでいたんですが、昼過ぎから疲れて眠くなったので、ビーチチェアーに座って寝ようとしたけど、木村の案で砂に埋まって寝ることにしました。

 

でもそこは人がわりと多かったので、人がいないとこを探して、場所を移すことにしました。

 

ここのビーチは結構広く、端には岩の山があり、その向こうにもビーチが続いています。

 

岩山より向こうは遊泳区域ではないため、人はまったくいません。

 

ここなら人もいないし、誰かが歩いた時に飛んでくる砂も顔にかかることもないので、ここで埋めてもらうことにしました。

 

何より岩山で、向こう側が全く見えないのも気に入りました。

 

自分達だけのプライベートビーチにすら思えました。

 

まず、彼女である聡美を砂に埋めました。

 

首から足先まで全身、砂を固めて完全に埋めました。

 

顔には日焼け止めクリームを塗っています。

 

そしてその横に俺が位置取り、木村と浅野さんが俺を砂で埋めてくれます。

 

これでもかというくらいパンパンと叩いて砂を固めてくれて、完全に埋めてくれました。

 

ピクリとも体を動かすことができません。

 

でも砂が冷たくて、ものすごく気持ちいいんです。

 

俺達を埋めると木村と浅野さんは、

 

「ご飯食べてくる」

 

と言って、消えて行きました。

 

砂に埋もれた俺達は、

 

「気持ちいいね~」

 

とか話しながら目を瞑り、波の音を聞いていました。

 

本当に天国のようでした。

 

ここまでは・・・。

この体験談の続きを読む

責め好き熟女に出会って調教されつつある僕はM男に洗脳されそうです

アナル責め
画像はイメージです

 

今日は責めたい気分なの

 

出会い系サイトで知り合った熟女と、食事をすることになりました。

 

僕は大学生で、相手は20才も年上の四十路熟女です。

 

最初はアラフォーの熟女とリアルに会って、どんな会話をすればいいのか不安もありました。

 

しかし、写メを交換すると可愛らしいおばさんだったので、勇気を出して会うことに決めました。

 

ご飯を食べに行く約束で、待ち合わせ場所まで車で迎えに行きました。

 

車種と色を言っておいたのですぐ分かったのか、相手の女性らしき人が手を振っていました。

 

実際に会うと、写メよりも可愛くはなかったですが、それでもエロそうな熟女という印象だったので、期待がかなり膨らみました。

 

アラフォーの年上熟女を助手席に座らせました。

 

スカートが少しあがって、太股丸見えです。

 

この時点で勃起しました。

 

彼女は聞き上手なお姉さん風といった感じで、食事しながら楽しく会話ができました。

 

旦那さんとはセックスレス気味でマンネリしているせいか、かなり欲求不満な主婦生活を
送っているそうです。

 

エロ話も盛り上がったところで、場所を移動します。

 

お互い雰囲気もエロエロな感じで、すんなりラブホテルに突入です。

 

ホテルに入ると、別々にシャワーを浴びます。

 

先に浴びた彼女を待たせて、急いでシャワーを浴びて彼女の元へ行きます。

 

彼女の服を脱がせると、今まで服装では分からなかったんですが、Eカップほどの柔らかそうなおっぱいがポロリと出てきました。

 

隣に座って抱き寄せようとすると、

 

「今日は責めたい気分なの」

 

と言って僕を押し倒して、バスローブを脱がせて、AVの痴女みたいに強引なキスをしてきました。

この体験談の続きを読む

小学生で初めての射精、初めてのフェラ、童貞も失った俺はトラウマに…

女子高生に逆レイプ
画像はイメージです

 

初めてチンコが勃起した

 

俺が小学5年生の時、女子高生の集団に性奴隷にされていた話をしたい。

 

いとこの姉ちゃんと、その友人たち数名は高校2年生だった。

 

姉ちゃんと風呂に入ってて、チンコにイタズラされたところから始まる。

 

最初は俺がふざけてて、姉ちゃんのおっぱいを触ったりしてた。

 

姉ちゃんは、

 

「チンコに毛も生えてない癖になにやってんだー」

 

とか一緒にふざけてた。

 

で、体を洗ってるときに、俺は当時包茎チンポ(当たり前)で、チンコの皮を剥いて綺麗に洗うって習慣は無かった。

 

だから普通に、体全体を洗って湯船に戻ろうとしたら姉ちゃんに、

 

「こら、ちゃんとちんちんも洗いなさい。汚いでしょー」

 

って引き戻された。

 

「やだよー皮剥くと痛いもん」

 

「ゆっくり剥けばだいじょうぶでしょ」

 

姉ちゃんは俺のチンコを洗ってくれた。

 

その時、人生初の勃起をした。

 

姉ちゃんは、

 

「おおー・・・」

 

と感嘆の声をあげていた。

 

当時の俺には、何が起きたのか分からなかった。

 

とにかくむず痒く、皮を剥かれたチンコがヒリヒリしていた。

 

「姉ちゃん、痛いよ」

 

「我慢しなさい!ちゃんとおっきくなるのに、これぐらいで情けないね」

 

姉ちゃんは、ザバーッと俺の股間にお湯をかけて、それから一緒に湯船に戻った。

 

その後、俺は姉ちゃんのおっぱいに後頭部を埋めるような感じで、寄りかかって湯船に浸かってた。

 

そしたらそのうち、姉ちゃんは俺のチンコを弄って遊び始めた。

 

「おー・・・ちゃんと勃起してる」

 

「姉ちゃん、くすぐったいよー」

 

正直痛かったんだが、当時の俺はふざけながらも、

 

(あれ、これ、なんかすげーことなんじゃねーの?)

 

と気づき始めていた。

この体験談の続きを読む

「お母さんがしてあげよっか?」両手骨折の息子とお風呂に入ったら勃起していた

息子と風呂
画像はイメージです

 

いやらしいわねえ、小さくしなさい

 

昨年、中学2年生の息子が自転車で転倒して両手を骨折してしまい、ギプスで固定された生活を余儀なくされました。

 

オシッコもままならないので、相当に意気消沈している息子を、母親として、心を込めて看病してやりました。

 

トイレに行くにも、私がパンツを下してやらなければなりません。

 

でも、いつの間にかおちんちんも陰毛も一人前になっていて、ちょっと感慨に耽ったりしました。

 

事故から数日たち、心も体も回復してきたので、事故後初めてお風呂に入れることにしました。

 

もちろん、まだ一人では入れませんので、私が一緒に入ることになります。

 

はじめは息子も嫌がっていましたが、本人もお風呂に入れず気持ちが悪かったのでしょう。

 

結局、私が洗ってやることを受け入れたのでした。

 

まず息子を裸にし、私も濡れるのが嫌だったので裸になりました。

 

他意は無かったんですよ、親子ですし。

 

息子はかなり嫌がってましたけどね。

 

体を洗ってやってるうちに、息子がチラチラと私の胸や股間を見ているのに気付きましたが、知らん顔をしていました。

 

でも、いつの間にやら、息子のおちんちんが膨らみかけているじゃありませんか。

 

そして、

 

「あれっ?」

 

と、思う間もなく、ビンビンと本格的に勃起してしまっています。

 

息子は顔を真っ赤にし、私は私で動転してしまって、

 

「何やってんの!いやらしいわねえ、小さくしなさい!」

 

なんて叫んでしまいました。

 

すると息子は、

 

「しかたないだろ!」

 

と泣きそうな声です。

 

私は、

 

(しまった!そんなこと言っちゃいけなかった)

 

と思いましたが、

 

「若いから仕方ないけどね」

 

と言って、平静を装って洗い続けました。

この体験談の続きを読む