タグ:手コキの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:手コキ

風俗店で働く私は電車内で若い男性の巨根をフィンガーテクニックで射精させました

痴女 電車
画像はイメージです

 

おちんちんがお尻に当たってる

 

私は女子大生ですが、風俗で働いています。

 

お店では手コキにフェラチオはコンドームを装着してですが、チップいただければ生フェラに口内射精、ゴックンもしちゃいます。

 

がんばって指名トップ3内に入っています。

 

この間、初めて電車で痴女っちゃいました。

 

私は埼京線を利用しているのですが、男の痴漢が多いことでも有名です。

 

朝夕のラッシュ時はとても人が多いので、ドアが閉まらないくらい満員になります。

 

電車内はギューギューなので、私もしゅっちゅう痴漢被害に遭っています。

 

もっとも私も普段から。黒レザーのピチピチホットパンツにロングブーツ、ラメ入りストッキングといった格好なので、男性を挑発してるせいもあると思います。

 

その日はお店が早番だったので、朝の満員電車に乗合わさなければなりませんでした。

 

最初は痴女をしようなんてまったく思っていませんでしたが、ふと気がつくと、固くなったモノが私のお尻に押し当てられてくるではありませんか。

 

すぐにそれが勃起したおちんちんだと分かりました。

 

くすぐったいやら、気持ちいいやら・・・。

 

偶然なのか痴漢なのか分かりませんでしたが、ちょっぴり悪戯心が芽生えて、私の方からお尻をスリスリ密着させて、ちょうどホットパンツのお尻の割れ目のところに、勃起をハマらせたのです。

 

車内が揺れる度に、ピッチリしたお尻の間に挟みこんだおちんちんを擦り上げる格好になっていました。

 

男性の股間の疼きが、私のお尻を通じてビンビンに伝わってきます。

 

相手がどんな男か確かめたくて、わざと足を踏んで後ろを振り向いて

 

「ごめんね」

 

って言ったら、相手はちょっと頭を下げるようにしました。

 

なんと私好みのイケメンで、大学生風の若い純情そうな男の子でした。

 

ピッチリした黒の革パンツを履いていたので、もっこりくっきりと勃起したおちんちんの形が浮き上がっています。

 

しかも凄く大きくて巨根でした。

 

彼のおちんちんの熱さが、ヒップに伝わってきています。

 

おまけにどんどん固くなってきてます。

 

キツキツの革パンツの前を、もっこり押し上げてきちゃうほどです。

この体験談の続きを読む

【初射精】小学生の時おばさんのおっぱいに興奮して勃起したら手で握ってくれた

初射精
画像はイメージです

 

うるさいおばさん

 

僕が小学6年生の時、家族で温泉旅行に行きました。

 

泊まった温泉旅館は古かったけど、風呂はたくさんありました。

 

子供だったのでお風呂がいっぱいあるのが嬉しくて、片っ端から入っていましたが、夕食の時間が近づいたので一旦上がり、夕食後にまた入りにいきました。

 

というのも大浴場の奥に、”洞穴風呂はこちら”という表示を見つけていたので、

 

(あとで絶対に行こう)

 

と決めていたのです。

 

洞穴風呂は、大浴場の男湯から少し離れた露天でした。

 

入るまで気付かなかったんですが、実は混浴でした。

 

女湯からはすぐ行き来出来るらしいんです。

 

僕が行った時は、爺さんが一人で湯船に浸かっていました。

 

お目当ての風呂はというと、これが期待外れでした。

 

洞穴といっても大して奥行きはなく、崖下の窪みにショボい岩風呂があるだけです。

 

お湯が何筋か、岩の割れ目から滝のように湯船へ注いでるのは珍しかったんですが、もっとワクワクする何かがあると思ってた僕にすれば、肩透かしもいいとこです。

 

窪みの奥まで行ってみましたが、小さな鳥居みたいなのが飾ってあるだけです。

 

仕方ないんでお湯が落ちてくる所を見てやろうと岩によじ登ってみました。

 

すると、

 

「ちょっとボク!そんな所に登っちゃ危ないでしょ!」

 

という険しい声に驚いて落ちそうになりました。

 

(不意に声かける方が危ないだろっ!)

 

と思いましたが、見ると洗い場におばさんが立って僕を見ていました。

 

無視しても良かったんですが、おばさんはちょっと怒ってる感じなんで、渋々岩から降りました。

 

降りてしまうとすることもないので、せっかくだから湯船に浸かることにしました。

 

爺さんはいつの間にかいなくなってて、さっきのおばさんが独りで入っています。

 

軽くかかり湯して、少し離れた所にザブンと飛び込みました。

 

「ほらボク!お湯にタオル浸けちゃダメじゃないの!」

 

「えっ…?」

 

「マナーなのよ、入り口の所にも書いてあるの見なかったの?」

 

また厳しい声が飛んできました。

 

書いてあるって言われたって、洞窟に浮かれた小学生がそんなもの見るわけありません。

 

というか、いちいち「ボク」と呼び掛けるのが、なんかガキ扱いされてるようでちょっとムカッときました。

 

まあ、ガキなんですけど…

 

「あ…はい、ごめんなさい」

 

僕はおとなしくタオルを湯船の脇に置きました。

 

いくらムカついても、あの手のおばさんが相手だと、母親に叱られてるみたいで言い返せません。

この体験談の続きを読む

満員電車で小学生の男の子が勃起していたので触って射精させました

小学生 射精
画像はイメージです

 

小学生の男の子が勃起してる?

 

私は現在23歳で、アパレル会社に勤務しています。

 

容姿は、普通よりちょっと上かな、ぐらいに思ってます。

 

男性とお付き合いしたことは過去に1度だけで、今は彼氏はいません。

 

そんな私の趣味は痴女なんです。

 

そうなったきっかけは、通勤電車の中でした。

 

小学校高学年の男の子がいたんです。

 

その子は私よりちょっと背が低くて可愛い感じの男の子で、半ズボンの制服にランドセルで、電車の中で私に向かい合わせになる形で乗ってきました。

 

男の子はランドセルを下したそうでしたが、満員電車で身動きが取れないようでした。

 

しばらく普通に乗っていましたが、私の右手の甲に、なにか固いものが当たっているのに気づきました。

 

その感触は、すぐに何か分かりました。

 

なんと小学生の男の子の股間が当たっていたんです。

 

(え?勃起してる?)

 

ドキドキしました。

 

さりげなく指の関節で、ツンツン押したり、下からなぞったりしてみました。

 

男の子は目をギュッと瞑り、恥ずかしさに耐えているようで、それをみて私はキュンッとなってしまいました。

 

可愛くてたまらなくなってしまい、もっといたずらしてみたくなったのです。

この体験談の続きを読む

高校時代、好きな女子に騙されて強制手コキに強制射精されたけど…

強制手コキ
画像はイメージです

 

好きな女子に告白された?

 

僕が高校の時の話です。

 

当時好きな女の子がいました。

 

由紀子という女の子です。

 

片思いで、しかも少し避けられてる感じでした。

 

さすがの僕も諦めかけていましたが、由紀子の友達の亜樹と梨乃が来て、

 

「もう少し頑張って」

 

と応援されました。

 

その2人とはそれまであんまり喋った事がなかったので、急にそんなこと言われたから動揺してしまいました。

 

でも頑張ってと言われたら、

 

(ひょっとして・・・)

 

と期待もしてしまいますので、もう少しだけ頑張って見る事にしました。

 

そしたらある日、急に由紀子が

 

「話があるの」

 

と言ってきたんです。

 

少し照れてる感じで言ってきた気がしたので、かなり期待しました。

 

そして放課後、言われた通り屋上の扉の前で待っていたら、由紀子がやってきました。

 

「話って?」

 

「実は私・・・」

 

「ん?」

 

「○○くんの事が・・・」

 

と言って抱きついてきました。

 

身体が密着し、さらにかなりぎゅっと抱き締めてくるもんですから、チンコが勃起してしまいました。

 

体がくっついているので

 

(バレちゃう!)

 

と焦っていると、由紀子が急にチンコを握ってきました。

 

すると、

 

「好きなわけないじゃん」

 

「え・・・?」

この体験談の続きを読む

女子高生に仮性包茎チンポを弄られて彼女がいる横で射精しました

仮性包茎チンポを手コキ
画像はイメージです

 

砂に埋めてもらいました

 

俺が大学3年生の時の話です。

 

俺と彼女の聡美、友達の木村とその彼女の浅野さんの4人で、海に行きました。

 

俺達は全員同い年で、時々この4人で遊んでいました。

 

最初は泳いだりして遊んでいたんですが、昼過ぎから疲れて眠くなったので、ビーチチェアーに座って寝ようとしたけど、木村の案で砂に埋まって寝ることにしました。

 

でもそこは人がわりと多かったので、人がいないとこを探して、場所を移すことにしました。

 

ここのビーチは結構広く、端には岩の山があり、その向こうにもビーチが続いています。

 

岩山より向こうは遊泳区域ではないため、人はまったくいません。

 

ここなら人もいないし、誰かが歩いた時に飛んでくる砂も顔にかかることもないので、ここで埋めてもらうことにしました。

 

何より岩山で、向こう側が全く見えないのも気に入りました。

 

自分達だけのプライベートビーチにすら思えました。

 

まず、彼女である聡美を砂に埋めました。

 

首から足先まで全身、砂を固めて完全に埋めました。

 

顔には日焼け止めクリームを塗っています。

 

そしてその横に俺が位置取り、木村と浅野さんが俺を砂で埋めてくれます。

 

これでもかというくらいパンパンと叩いて砂を固めてくれて、完全に埋めてくれました。

 

ピクリとも体を動かすことができません。

 

でも砂が冷たくて、ものすごく気持ちいいんです。

 

俺達を埋めると木村と浅野さんは、

 

「ご飯食べてくる」

 

と言って、消えて行きました。

 

砂に埋もれた俺達は、

 

「気持ちいいね~」

 

とか話しながら目を瞑り、波の音を聞いていました。

 

本当に天国のようでした。

 

ここまでは・・・。

この体験談の続きを読む