タグ:手コキの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:手コキ

エッチで豹変する私は油断した彼氏のチンコを弄くりまわして悶えさました

男の潮吹き
画像はイメージです

 

マッサージ中に無防備な彼氏のチンコ触ったら

 

女子大生です。あたしには社会人で年上の彼氏がいるんですが、生理でエッチできない日はここぞとばかりに彼を責めこみます。

 

ちょっと前の話です。テレビ鑑賞しながら、パンツ一丁でうつ伏せになってる彼氏をマッサージしてたの。彼もジーッとテレビを見てます。

 

今日は私が生理なんで、エッチしないと思って油断してるんですね。甘い!

 

そんな無防備な彼を見ているとエッチな事したくなってきたので、ふいをついて手を彼の股間の下に潜り込ませたんです。

 

ビックリする彼を無視して、パンツ越しにおちんちんを上下にグイグイマッサージします。

 

「ちょっ!なに!うわっ!」

 

「マッサージしてるんじゃない」

 

おちんちんナデナデしていると、あっという間に硬くなりました。

 

「あれ?手に硬いのが当たってる」

 

とかしらじらしく言いながらおちんちん撫で回します。

 

そのまま強引に仰向けにして、今度は前からのマッサージです。パンツの上から裏スジを指でなぞったり、強めに竿を掴んで撫で上げたり、タマタマをモミモミします。

 

「ん、ふぅ」

 

なんて、可愛く息を漏らす彼、パンツにうっすらとカウパーのシミが出来始めます。

 

「ねぇ、なんでマッサージしてるのにパンツが濡れてるの?」

 

「なんでってお前が、うあっ!それヤバイ!」

 

目をつむって眉間に皺を寄せている彼の耳に息を吹きかけ、手はおちんちん擦りながら耳元で可愛く囁きます。

 

「マッサージ嫌なの?やめちゃう?」

 

「え?」

 

照れくさいのか、返事に詰まる彼です。

 

「もうマッサージ終わりにする?」

 

彼のおちんちんを優しく撫で回し、首筋、耳、ホッペなんかにキスをしながら、わざと悪戯っぽく聞きます。それでも、

 

「や、ヤバイって!」

 

とは言うものの「やめないで」とは言わない彼です。

 

「じゃ、やめらんないよーにしてあげるわよ」

 

「へ?」

 

って言う彼の言葉を聞く前に、いきなり唇を塞ぎディープキス、それに加えて、パンツの中に手を入れて直接おちんちんに触れます。ガマン汁を塗りのばして、激しく扱き出します。

 

「うほっ!んっ、んん、んあっ!」

 

って漏れ聞こえる声が可愛らしくて、時々顔を見ながらおちんちんシコシコさせ、わざとらしく聞きます。

 

「なに?どうしたの?」

 

「マジでヤバイって、そんなんしたら、イッちゃうじゃねえか」

 

「まだだめだよ、早い早い」

 

って言ってさらに扱きながらベロチューします。そのまま下がっていって、パンツからほんのちょびっとだけ亀頭を出してジュルジュル舐めます。

 

「うっ!」

 

って、体を仰け反らす彼です。

この体験談の続きを読む

熟女2人に酔った勢いでホテルへ連れ込まれ、童貞を奪われました

熟女3p
画像はイメージです

 

熟女に酒を飲まされ酔った僕はホテルへ連れ込まれました

 

19歳の大学生です。
大学の近くにある町内会でお祭りがありました。

 

僕が大学で加入しているサークルでは、毎年そのお祭りの手伝いをする依頼を受けて参加しているのです。

 

太鼓の演奏だけでなくサークルのメンバーは出店の手伝いなどもしました。僕はソフトクリーム屋の手伝いをしていました。器具の運搬などです。

 

店番をしていたのは、ご婦人二人組みでした。年は三十代半ば過ぎだったと思います。僕はその二人に

 

「お兄さん、名前は何ていうの?」

 

「可愛い顔ねー」

 

など話しかけられました。
祭りも大詰めにさしかかり、一区切り着くと僕は熟女と終始お話をしていました。二人は

 

「ねえ、彼女はいるの?」

 

とか聞いてきたんです。僕は

 

「そんなのいませんよ」

 

と答えました。加えて、僕は年上の女の人が好みだという事を話すと、

 

「だったら、私達位の年は?」

 

と聞かれたので、

 

「全然問題ないですよ。」

 

と答えました。本当に、僕は30代から40代の女の人が一番の好みだったのです。

 

僕の趣味を聞くと、二人は俄然ウキウキして、このところ夫と一緒にいたところでつまらない、ということを話してくれたのです。最後に

 

「これから、一緒に遊びに行かない?」

 

と誘って貰いました。僕はまだまだ体力も余っていたし、アルコールを奢ってくれるという事なので、

 

(やったー!)

 

と思ってOKをしてしました。

 

サークルの部員が解散をすると、僕は残りのメンバーにバレないように脱出して、熟女二人のところへ行きました。車に乗車して、さあ出発です。

 

二人とも、旦那は祭りの幹部同士の宴会に参加しているので、自宅には帰らなくて大丈夫だそうです。

 

車で町中の居酒屋にいって、僕は二人に次から次へとお酒を飲まされてしまったようです。

 

アルコールは好きですがあまり強いくはなかったので、最後にはフラフラになってしまったのです。

 

二人はそれほど飲まないで、僕のみを酔わせてしまおうという計画だったと思います。

その後、居酒屋を出てラブホテルに引き連れて行かれました。

 

ラブホテルに入ったのは生まれて初めてでしたが、なにせ酔いが回っていたのでどういった内装だったのかいまいち覚えていないのです。

 

部屋に入り込むと、僕は服を速攻で剥ぎ取られました。

 

断固として抵抗すれば抜け出せたかも知れないのですが、二人の熟した妖艶さに僕は完全に魅了されてしまっていたので、

 

「やめて下さい」

 

と冗談みたいな感じで軽く言っただけで、ほとんど受身でした。全裸にされると、熟女の一人が

 

「あら、すばらしい体してるのね!ガチッとしてるし、温かい」

 

と言って僕の体全体をいやらしい手つきで撫で回してきます。

この体験談の続きを読む

痴女お姉さんに誘惑され突然の手コキ!高校生の僕はトラウマに

屋外 手コキ
画像はイメージです

 

お姉さんがいきなりチンコを揉んできた

 

僕の住んでいた場所の近場には温泉街がありました。その温泉街のとある宿屋で、僕は高校時代アルバイトをしていました。

 

ある日、もう時間だからバイトを終えて帰ろうとしていた夜の九時半頃、ほとんど人のいなくなった待合室で、僕はこの旅館に滞在していた若い女の人に声を掛けられました。

 

綺麗なお姉さんなのでちょっぴり嬉しかったですが、もくろみも分からない状態で僕はそのお姉さんに誘惑されて旅館の裏側へと連れていかれました。

 

そして自分達以外周りに誰もいない事を確かめると、お姉さんは突然僕の背中を壁へと押し当て、真正面から覆いかぶさるように体を密着させてきたんです。

 

いきなりの事に僕は動揺し、何のことか分からないまますっかりパニックに陥りました。

 

「君だって、こういうの嫌いじゃないでしょ?」

 

お姉さんは不適な笑みを浮かべ、耳元でそう囁きながら僕の股間へと手を伸ばし、チンコを揉む様に指を動かしてきました。

 

そのびっくり仰天の行動に、僕はどうすればいいのかまったく分かりませんでした。

 

「何するんですか!やめてください!こんな所で!」

 

「へぇ、それじゃあ他の場所ならいいの?私の部屋に来る?」

 

「いや、そういう事じゃなくて」

 

僕は完全におどおどし、抵抗する事も出来ないまま動かなくなってしまい、結果的にお姉さんのペースに持っていかれました。

 

そんなオロオロする僕を、お姉さんは面白そうに見つめてきながら、さらにチンコを大きく揉むように手を動かしてきました。

 

「あらら、おちんちんは正直になってきてるみたいよ」

 

「・・・・」

 

お姉さんからの言葉に、僕は何一つ反論出来ませんでした。

 

お姉さんの手の感触をを股間に感じている間、いつしか僕のチンコはズボンの中で勝手に反応して勃起してしまったのです。

 

仕方ないのかもしれませんが、それは僕にとってどうしても不本意な勃起でした。

 

「ねぇ、君はもう女性とはエッチの経験あるの?」

 

僕は言葉が出ず、無言のままうつむいていました。するとお姉さんは、そんな僕の心の内を見透かす様に、クスッと笑いました。

 

「経験ないなら、私が練習相手になってあげよっか?」

 

さらに硬くなっていく僕のチンコへ、お姉さんの指で強く握られました。

 

「あっ!ああっ!」

 

僕はビクビクしながら、悶えていきました。

 

その途中、ズボンの中ではお姉さんからの手の攻撃で、僕のチンコは何回もビクンビクンと脈打っていました。

 

僕のチンコがますます硬度を上げていくと、お姉さんはとても嬉しそうな様子でした。

 

「若い男の子だけのことはあって、本当に元気ね」

 

と言うとお姉さんは僕の穿いているズボンのベルトを外してきました。

この体験談の続きを読む

女子高生集団に襲われ、何度も射精させられて彼女とエッチできなくなった

女子高生 車内フェラチオ
画像はイメージです

 

女子高生3人が突然車に乗ってきた

 

昨年の夏、彼女のバースデーに合わせて2泊3日の国内旅行を計画しました。

 

そこはかなりのリゾート地で多くの海岸や高級ホテルがありましたが、ちょっと安めのホテルを予約しました。

 

残念なことに泊まったホテルの近くにはビーチが無いので、最寄りのビーチまで車で行って泳ごうかと思ったけど、入場料が高かったんです。

 

そこで、そのビーチのホテルの宿泊客になりすましてパーキングに入り、お金なしで遊ぶことにしました。彼女は水着を着て出発していたのでそのまますぐ車の外に出て、

 

「ビーチの様子見てくるね」

 

と言って駆け足で行きました。

 

僕はその間、車の中で海パンに着替えようと運転席から後部座席に移りました(後部座席には外から見えないスモークが貼ってありました)。

 

周りに人がいないことを確かめて一気にズボンとパンツを脱いでフルチンになった時でした。コンコンと窓をノックする人がいるのです!

 

驚いて横を見ると、どう見ても女子高生であろう水着姿の女の子がにっこりしながら中を覗いていました。だけでなく反対側にも2人!

 

全部で3人の女子高生に囲まれていて、両サイドから僕を挟むように1人ずつ車に乗ってきました。残った1人はどうも見張り役のようです。

 

女子高生が、

 

「ねえ、何してるの?おちんちん出してオナニー?」

 

とからかって来るんです。急いで海パンを穿こうとしましたが取り上げられ、僕のちんぽをムンズと握ってきました。

 

「おい、やめろ!」

 

と手をどけようとすると、今度はギュッと金玉を掴んで、

 

「大人しくしてないとタマタマ握り潰すよ!」

 

と力を込めてきます。

 

痛くて力が入らなかったので、僕は仕方なく抵抗を中止しました。さらにその女の子はムギュムギュとちんぽを揉みこんできたので、情けないことに勃起してしまいました。

 

「あれ~、おちんちん勃ってきたね~」

 

と今度は上下に扱いてきます。

 

(外から見られてるかもしれない)

 

という恐れもあって、速攻で射精しそうになったのです。

 

「あっ、ダメダメ、そんなにしたら出ちゃうよ!」

 

そうすると女の子はピタッと手を止めて、

 

「何?もう出ちゃうの~?早すぎだよ、もうちょっと我慢してよ!」

 

そのように言って、なんと水着を脱いで、僕の上に乗っかってオマンコに入れてきたのです!突然が続くけど変に興奮して、わずか5往復した程度で、

 

「ヤバい!ダメダメ!マジで出る、出るってば!」

 

と大声を上げると女の子はちんぽを抜いて、また手でギュッと握り直しました。その時、監視してた女の子が何かしら合図を送ってきたのです。

 

「ちぇっ、しょうがねえな、出していいよ」

 

ちんぽを握ってた子が凄い勢いでで扱きまくります。

 

「お~お~、イク!イク!あ~、出る~~!」

 

僕は騒ぎ立てて、車の中に思う存分射精してしまいました。今夜は彼女とセックスするために精子を溜め込んでいたので、濃いザーメンが出たはずです。

 

射精と同時に、女の子達は急いで走って逃げて行ってしまいました。

 

そんなタイミングで、彼女が戻ってきました。見張りが合図したのはこのためだったのでしょう。僕は焦って海パンを穿いて、

 

「悪いけど、ジュース買ってきて!」

 

とお願いして、車の中のザーメンを急いで拭きしました。ところが、話はこれで終わりではなく、さらに悪夢の始まりでした。

 

その時は、どうにか彼女にバレることなく夜を迎えました。

この体験談の続きを読む

露天風呂で中学の同級生女子に手コキとフェラチオされた

露天風呂
画像はイメージです

 

混浴の露天風呂に女子のクラスメイトが

 

僕が中学3年の時、近くですが家族みんなで温泉旅行に出掛けました。その旅館はバラエティーに富んだお湯があって、しかも混浴だったのです。

 

夜中の2時ぐらいまで、兄と卓球をして遊んでいたのですが、さすがにフラフラになってしまったので、兄は部屋に戻って寝ましたが、僕は

 

(露天風呂に入ってから寝よう)

 

と思ったので、もう深夜でしたが露天風呂に一人で足を運びました。

 

露天風呂には誰一人として居なかったので、汗を流し、体を洗って素早く湯に浸かりました。そのタイミングで、脱衣場の方から女子の声が耳に入りました。

 

そこは、家からもわりと近い旅館だったので、近くの人が来ても珍しくはないですし、連休を活用してクラスメイトの女子が、

 

「連休の日に○○旅館に行こうよ」

 

という風に話していたので、まさかと思っていたらそのまさかで、同じクラスの真美と千佳がタオルで体を隠しながら露天風呂に入ってきました。

 

(あちゃー、まじかよ)

 

と思っていると真美が、

 

「あれ~、圭介がいるじゃん!何で?」

 

と言いました。僕は内心ドキドキしましたが、気持ちを落ち着かせて

 

「家族で温泉旅行に来たんだよ」

 

と言いました。真美は

 

「へ~、そーなんだ」

 

と言ってましたが千佳は、

 

「こんな近くで家族旅行なの?」

 

と半ば驚いた様子で笑っていたんです。クラスの中でもかなり可愛い方の真美と、千佳の裸(タオルで隠してはいるけど)を見た僕のチンコは興奮でかなりビンビンでした。

この体験談の続きを読む