タグ:息子の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:息子

【息子の子供を妊娠】7歳の時から息子をフェラして12歳で初射精、18歳になって…

 

近親相姦
画像はイメージです

 

初めての射精

 

私は36歳のシングルマザーです。

 

18歳の息子とほとんど毎日のようにセックスしています。

 

私が25歳で、息子がまだ7歳の時のことです。

 

普通ならとっくに乳離れしているはずのに、息子が私のおっぱいから離れなかったり、乳首をチュパチュパしゃぶったりしていました。

 

(どうしたんだろ?)

 

と最初は思っていたんですが、そのうち私は息子におっぱいを吸われて感じるようになっちゃったんです。

 

(実の息子なのに…)

 

そう思っても私のオマンコはビショビショに濡れてしまい、その日から息子を1人の男性として見るようになったんです。

 

そしてその日から、私はまだ勃起しないちっちゃなおちんちんを毎日フェラチオするようになりました。

 

息子も嬉しそうにしているので、私も嬉しくなっちゃって、たくさんおちんちんを舐めてあげるようになりました。

 

私が息子に毎日フェラチオするように、息子も自然に私のオマンコをクンニするようになりました。

 

正直に、私はとても感じてしまいました。

 

そして5年ほどが経ち、私が30歳で息子が12歳の時です。

 

息子も小学6年生と言うことで、おちんちんがとても立派になっていました。

 

その日も普通にフェラチオをしてあげてたら、息子は何か言いたげな顔をしました。

 

「どうしたの?」

 

と聞くと、

 

「何かチンコが変な感じする」

 

と言ったんです。

 

「どんな感じ?」

 

と聞くと、

 

「ムズムズする」

 

と言いました。

 

そうです、待ちに待った初射精の時が近付いたんだと思いました。

 

私はいつもより激しく、息子のおちんちんをフェラチオしました。

 

するとやはり、息子は私の口の中で無事に射精をしました。

 

ようやく精通を迎えることができました。

この体験談の続きを読む

「お母さんがしてあげよっか?」両手骨折の息子とお風呂に入ったら勃起していた

息子と風呂
画像はイメージです

 

いやらしいわねえ、小さくしなさい

 

昨年、中学2年生の息子が自転車で転倒して両手を骨折してしまい、ギプスで固定された生活を余儀なくされました。

 

オシッコもままならないので、相当に意気消沈している息子を、母親として、心を込めて看病してやりました。

 

トイレに行くにも、私がパンツを下してやらなければなりません。

 

でも、いつの間にかおちんちんも陰毛も一人前になっていて、ちょっと感慨に耽ったりしました。

 

事故から数日たち、心も体も回復してきたので、事故後初めてお風呂に入れることにしました。

 

もちろん、まだ一人では入れませんので、私が一緒に入ることになります。

 

はじめは息子も嫌がっていましたが、本人もお風呂に入れず気持ちが悪かったのでしょう。

 

結局、私が洗ってやることを受け入れたのでした。

 

まず息子を裸にし、私も濡れるのが嫌だったので裸になりました。

 

他意は無かったんですよ、親子ですし。

 

息子はかなり嫌がってましたけどね。

 

体を洗ってやってるうちに、息子がチラチラと私の胸や股間を見ているのに気付きましたが、知らん顔をしていました。

 

でも、いつの間にやら、息子のおちんちんが膨らみかけているじゃありませんか。

 

そして、

 

「あれっ?」

 

と、思う間もなく、ビンビンと本格的に勃起してしまっています。

 

息子は顔を真っ赤にし、私は私で動転してしまって、

 

「何やってんの!いやらしいわねえ、小さくしなさい!」

 

なんて叫んでしまいました。

 

すると息子は、

 

「しかたないだろ!」

 

と泣きそうな声です。

 

私は、

 

(しまった!そんなこと言っちゃいけなかった)

 

と思いましたが、

 

「若いから仕方ないけどね」

 

と言って、平静を装って洗い続けました。

この体験談の続きを読む

【大量射精】中学生の息子とお風呂に入ったらおちんちんが凄いことに…

息子をフェラチオ
画像はイメージです

 

中学生の息子のおちんちんが…

 

結婚後すぐ、息子のヒロが生まれ、その後夫と離婚してからもう12年になります。

 

幸いにも仕事に恵まれ、生活は決して裕福ではありませんが、2人でなんとか暮らしていけています。

 

私は今年37歳になり、ヒロも15歳を迎えようとしています。

 

ずっと、

 

(ヒロは両親のどこに似たんだろ?)

 

というぐらい立派な体格になり、最近はまぶしいぐらい大人っぽく感じます。

 

私が朝早くから仕事があるので、ご飯もあまり一緒に出来ませんが、入浴と睡眠だけは今も一緒にするように心がけています。

 

その日一日あったことを、お風呂の中で話し合うことで、私たち親子は喧嘩することもなく楽しく過ごしています。

 

その日も一緒にお風呂に入っていたのですが、ヒロがこちらに背を向けるような感じでなんかこそこそしてます。

 

「ヒロちゃん、どうしたの?」

 

「う、ううん、何でもないよ。」

 

不思議に思った私ですが、息子が身体を洗うために、浴槽から出るときになって理由が分かりました。

 

(ヒロちゃんの・・・大きくなってる・・・!)

 

浴槽に浸かった私の目の前を、やや大きくなったおちんちんが、ブラブラ通り過ぎます。

 

(す、すごい・・・)

 

以前から、息子の少し勃起したおちんちんを見かけることは、たまにあったのですが、息子も特に恥ずかしがっていないようなので、私も特に気にせずいました。

 

でも、その日の息子のおちんちんは、今まで見た中で一番大きくなっていて、なんか圧倒されてしまいました。

 

(・・・いつの間にこんな・・・)

 

そんな当の息子は、こちらをなんかチラチラ見ながら、妙にソワソワしています。

 

(どうしたのかしら?)

 

すると、いつもはちゃんと洗う息子が、その日に限り短時間で身体をさっと洗い、浴室を出ようとしました。

 

「だめよ、まだちゃんと洗ってないじゃない」

 

「え~、洗ったよ~?」

 

「もう・・・だ~め、お母さんが洗ってあげるからソコに座んなさい」

 

私は浴槽から出ると、息子を洗い場の椅子に腰掛けさせ、後ろからボディーソープをつけたタオルで、背中をこすりました。

 

「母さん、いいよ~、自分で出来るから」

 

「だ~め、全然洗えてないじゃない、まだアカが出るわよ」

 

腕や肩をこすると、まだ息子の身体から汚れが落ちてきます。

 

若いから新陳代謝がいいんですね。

 

日焼けした筋肉質の身体を見ていると、もう子供らしいところもなく、

 

(ホントに大きくなったなぁ~)

 

ってしみじみ感じて、代わりに大人の魅力が少しずつ出てきた部分に、少しドキドキしてきました。

 

だいたい身体を洗ってあげると、後はおちんちんの辺りのみが残りました。

 

ここだけは、さすがにタオルで洗うのは痛そうなので、昔はタオルでなく手で洗ってあげてました。

 

でも中学に入ったころから、自分で洗うようになり、最近は洗ってあげてませんでした。

 

ふと後ろからのぞき見ると、息子のおちんちんは、ビクンビクンしながら大きく勃起していました。

 

(わっ!!・・・す、すごい・・・)

 

先端はピンク色に腫れ上がり、ツヤツヤしていて、すごく綺麗です。

 

ふと私の中にイタズラ心が芽生え、息子のおちんちんの感触を確かめて見たくなりました。

この体験談の続きを読む

どっちの子供?旦那と連れ子の両方と中出しセックスして妊娠したけど…

中出し
画像はイメージです

 

旦那の連れ子に誘われた

 

2年前、私は旦那と結婚して一緒になった。

 

旦那は再婚で、前妻はすでに他界し、私とひとまわり違うすでに社会人の息子アキラが同居している。

 

再婚当初、旦那は毎晩私のオマンコの中に生で精液を注ぎ込み続け、

 

「子供が欲しい」

 

と言ってくれたが、私は不倫で不本意な妊娠をしたことがあり、堕ろしたことがあるので内緒でピルを飲んでいた。

 

親子の会話はほとんど無かったが、夕食を3人でするようになると少し変わってきた。

 

旦那の夜の相手をする時は、喘ぎ声は控えていた。

 

1年ほどして仕事が忙しくなり、旦那の帰宅も深夜になることが多くなった。

 

アキラと2人の夕食で、

 

「兄弟はいつごろかな」

 

「親父は元気かな」

 

などとからかわれることもあったが、時々DVが始まっていた。

 

そして出張の多い旦那との夜の会話も。3カ月ほどご無沙汰だった。

 

アキラから

 

「何かあったら連絡して」

 

と声をかけられ嬉しかった。

 

夕食で少し愚痴を聞いてもらったら、ストレス発散にと外食に誘われた。

 

嬉しさと期待で、繁華街での待ち合わせ場所に向った。

 

美味しいワインをアキラに勧められ、楽しい会話と食事で心地よい時間を過ごした。

 

少し酔い覚ましに、ウィンドーショッピングを楽しみながら、

 

「年の離れた姉弟にみえるかしら 恋人同士にはみえないわよね」

 

と言いながらアキラの腕に寄りかかった。

 

「愛子さんは綺麗だから 恋人同士にみられるとうれしいな」

 

「まぁっ~、口が上手いんだから」

 

「有閑マダムと若い男の不倫に見えるかもよ」

 

「それもいいわね」

 

周りを見ると、ラブホのネオンが眩しく輝いていた。

 

「少し休んでいこうか?」

 

アキラが予想通り誘ってきた。

この体験談の続きを読む

骨折した息子の包茎おちんちんを剥いて拭いてあげてたら射精しました

息子 手コキ
画像はイメージです

 

息子のおちんちんを久しぶりに見ちゃいました

 

私は43歳で、少しだけぽっちゃり系の主婦です。

 

主人と3人の息子がいて、5人家族です。

 

一番上の息子は大学生になり、去年から家を出て一人暮らしをしていて、長男だけあってしっかり者です。

 

一番下は反抗期の中学生で、あまり甘えるようなこともありません。

 

真ん中の子が今年高校1年生の次男です。

 

高校生の次男はイケメンでカッコイイし、私に懐いてて可愛いんです。

 

事あるごとに買物や家事などを手伝ってくれるいい子ちゃんです。

 

しかしこの前、ホームセンターの駐車場で、自転車に乗っていた次男が車と衝突して交通事故に遭ってしまいました。

 

これが切っ掛けで、親子のとんでもない関係に進んでしまったのです。

 

次男は命に別状はありませんが、両手を骨折してしまって3週間の入院を余儀なくされました。

 

その後は自宅で2ヶ月の療養です。

 

主人は運送業でトラックを運転しており、夜間の運転が多いので家に居ないことが多いのですが、日中は進んで息子の世話してくれています。

 

長男もちょくちょく家に帰ってきて次男の面倒を見てくれたので、自宅療養はそれほど問題なく進んでいました。

 

しかし、突然その日はやってきました。

 

主人が仕事で長距離の運転をしなければならず、3日間家を空けることになり、たまたま同じ日から三男が3泊4日の修学旅行に出てしまいました。

 

長男が来てくれて助かっていたのですが、今日の夜は用事があるからとのことで、それでも次男のシャワーだけは対応しに来てくれました。

 

そういうわけで、長男が出て行った後の自宅は、両手にギブスをはめた次男と私だけになってしまいました。

 

でもお風呂も入ったし、後は食事をして寝るだけだったので、特に問題はありません。

私は次男を食卓へと連れて行き、食事をすることにしました。

 

その時です。

 

ガタン!

 

と大きな音がしたので、びっくりして見ると、

 

テーブルの上に長男が置いていった飲みかけの野菜ジュースがあったのですが、次男がテーブルの上に腕を乗せようとしたところ、誤ってペットボトルに当たって倒してしまい、中のジュースが次男の方にドクドクとこぼれたのです。

 

次男はとっさに両腕を上げたのでギブスにはかかりませんでしたが、野菜ジュースがズボンに大量にかかってしまいました。

 

私は急いで床とテーブルを拭き、次に息子のズボンを拭いたのですが、もうビショビショすぎて拭いたぐらいではどうにもなりません。

 

着替えるしかなさそうですが、

 

(私しかいないか・・・)

 

と思いながら、息子のズボンを履き替えさせてあげる事にしました。

 

息子のズボンはスウェットだったのですぐに脱がせる事が出来ましたが、野菜ジュースが染み込みすぎて、ブリーフまでびっちょり濡れていました。

 

「自分でパンツ脱げる?」

 

と聞きましたが、

 

「たぶん、無理・・・」

 

と弱々しい声で息子は答えました。

 

仕方ないので、私がパンツを履き替えさせてあげる事にしました。

 

しかし、次男はすごく照れた感じで、

 

「いいよそのままで、恥ずかしいし・・・」

 

と言ってきました。

 

確かに私も、年頃の息子のパンツを脱がせることに、ためらいはあります。

 

しかし、どう考えてもそのまま乾くわけはなく、緊張と照れを隠すために私は、

 

「照れなくていいじゃない、親子なんだし。清志のおちんちん見るのも久しぶりだね」

 

と明るく言ってみました。

 

私もそれとなく緊張していたので、ごまかしながら・・・。

 

パンツに手をかけて、

 

「じゃあ下ろすよ~」

 

と明るく言いながらパンツを下ろしました。

 

すると、ポロンと次男のおちんちんが飛び出しました。

 

すっかり陰毛も生えており、チョコッと亀頭が見えるぐらいの包茎ちんちんで、私は息子のおちんちんを見た瞬間に、

 

(父親譲りのおちんちんかな?)

 

と思いました。

 

おちんちんはピクピクと脈を打ちながら、勃起しつつあるみたいでした。

この体験談の続きを読む