タグ:性癖の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:性癖

小学生の男の子との変態セックス!妊娠や警察沙汰になっても止められません

男子小学生とセックス
画像はイメージです

 

小学生の男の子とセックス

 

私は地方出身の女子大生です。

 

私には地方から東京に出てきた理由があります。

 

それは人には言えない性癖があるからです。

 

高校1年の時に女子高だったせいもあり、友達も含めて性に対してすごく興味があり、エッチな本を回し読みしたりもしていました。

 

処女でしたし、オナニーもしてました。

 

でも、私が興味のある対象の男性は、何故か小学生の男の子なんです。

 

しかもみんなから気持ち悪がられるような、大人しくて不潔な男の子に悪戯されてるところを想像してしてオナニーしていました。

 

ある日、妄想だけでは我慢出来ずに、公園で遊んでいる10歳位の男の子を誘い、公園にあった障害者用のトイレに連れ込みました。

 

そして、男の子に乳首を舐めてもらったり吸われたりといやらしい事をしてもらいました。

 

初めてだった私は、すごく興奮して家に帰ってからもオナニーをしました。

 

本当は、家でもっと恥ずかしい事をしてもらいたかったんです。

 

そして、東京の大学に入学して念願の一人暮らしを始めました。

 

一人暮らしを始めたのは、男の子にいやらしい事をしてもらうためといっても過言ではありません。

 

でもそう簡単に男の子は見つからず、セックスの経験がしたくて、出会い系で中年の男性に処女をあげてしまいました。

 

それからも何人かの男性とセックスしました。

 

そして去年の夏のことです。

 

おばあちゃんがやっている小さな本屋さんで、ジャージを穿いておちんちんを手で触ってモゾモゾしている小学6年生くらいの男の子を見つけました。

 

後ろを通るふりをしてチラッと覗き見ると、SMの本を立ち読みしながらおちんちんを触っていました。

 

しかも私の好みの男の子で、他の人は嫌がると思われるタイプの男の子でした。

 

私は男の子の手を握り、

 

「私の部屋へ行って気持ちよくなろう」

 

と声を掛け、一人暮らしの部屋に連れて帰りました。

 

そこでディープキスをし、男の子に体を触らせたり舐めさせたりしました。

 

私の方がかなり年上のため、私が主導権を取り、男の子の大きくなったおちんちんを私は夢中でしゃぶりました。

 

そして口の中で射精され、その日はゴムをつけてオマンコに挿入してもらい、2回セックスしました。

 

でもやっぱり挿入の時間が短くて絶頂を迎える事は出来ませでしたが、好みの男の子とセックス出来たことに満足しました。

 

また3日後に会う約束をして別れました.

この体験談の続きを読む

【衝撃の性癖】妻の元カレは避妊せずにセックスしていただけでなく…

妻の性癖
画像はイメージです

 

どうしても変えられない性癖

 

32歳の妻とは、知り合って4ヶ月のスピード結婚をし、4年がたちました。

 

つい最近まで、妻は私とのセックスで一度もイッた事がありませんでした。

 

それが原因で離婚を考えるまでになり、ある日妻と離婚について最終的な話をしている時に私が、

 

「君は、本当に僕のことが好きだった?」

 

と聞くと妻は、

 

「今でも好きです」

 

と言いました。

 

「じゃあ、なぜ?男でもいるのか?教えてくれ!」

 

すると妻は、意を決したように涙を浮かべながら、

 

「ずっと前から、あなたに話そうと何度も思ったけど、あなたに嫌われそうで言えなかったことがあるの…私、どうしても変えられない性癖があるの…それは…」

 

妻はその時、覚悟を決めたのでしょう。

 

過去の出来事も含め、全てを私にさらけ出してくれました。

結婚前に5年間交際していた男がいて、その元カレがある強い性癖を持っていたそうです。

 

時が経つにつれ、いつのまにか妻自身も同じ性癖を持ってしまい、その男以外で2回堕胎し、最後はその元カレの子供を堕胎して別れたと言うものでした。

 

話を聞いていくうち、この大人しくて可愛い妻が

 

(何故?)

 

と強い思いもありましたが、本当の事が分かり、今はある意味納得しています。

 

しかしその性癖というのは、最初は信じがたいものでした。

この体験談の続きを読む

他人棒に中出しされる快感を覚えた私は普通のセックスに戻れなくなりました

乱交
画像はイメージです

 

お前のマンコは最高だ

 

私は35歳の人妻です。

 

3年前に今の主人(42歳)と結婚しました。

 

私の体は卵子に異常があり、子供を授かることができません。

 

妊娠できない身体だと知ったのは、28歳の時でした。

 

その当時、好きだった男性と結婚を前提に交際していました。

 

しかし、両親が結婚に反対していたので、先に子供を作って結婚するつもりでいました。

 

何度中出しされても、まったく子供が出来なかったので調べてもらうと、私に原因がある事が分かりました。

 

結局それが原因で、彼は私の元から離れて行きました。

 

両親は、彼の性格を見抜いていたんだと思います。

 

私はかなりショックを受けましたが、彼を責めるつもりはありません。

 

子供が出来ないと分かれば、仕方のないことです。

 

それからしばらくして知り合ったのが、今の主人です。

 

彼は私に子供が出来ない事を承知して、それでも結婚を申し込んでくれました。

 

基本的に彼は子供が嫌いだそうで、私が元気ならそれでいいと言ってくれました。

 

本当に嬉しかったです。

 

ところが、優しい心使いの出来る主人なんですが、セックスが大好きで、しかもちょっと変わった性癖を持っているんです。

 

私もセックスは大好きですし、Mっ気もあり、責め好きな彼との相性も良かったんです。

 

結婚する前から、彼は色んな体位を試してきたり、大人のオモチャも色々買い集めては試してきました。

 

彼のセックステクニックとオモチャに何度もイカされ、私もドンドンエッチになり、ますますセックスが大好きになっていきました。

 

私は身長158cmで体重54kg、90/62/88のFカップで、肌は白い方だと思います。

 

元々オマンコの毛は薄かったのですが、彼の趣味ですべて抜かれてしまいました。

 

私はどうやらモリマンらしく、クリトリスもかなり感じやすく、指で刺激されるだけですぐにイッてしまいます。

 

主人は、

 

「お前のマンコは最高だ」

 

と言ってくれます。

この体験談の続きを読む