タグ:後背位の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:後背位

別れた彼女のお母さんが浴衣にノーパンでお尻を突き出してきました

浴衣 バック
画像はイメージです

 

元カノのお母さんと再会

 

僕は高校を卒業後、地元のスーパーで社員として働くことになりました。

 

青果部に配属されたので、早朝の市場へ出掛けることもしょっちゅうです。。

 

仕事も朝早いのもなんとか慣れてきたころ、スーパー内で40代と思われる女性が僕を見て手を振っていました。

 

(誰?)

 

よく見てみると別れた彼女のお母さんでした。

 

「久しぶりね」

 

「は、はい、そうですね」

 

びっくりして、うまく返事できませんでした。

 

付き合ってる時は、何度か彼女の自宅にお邪魔したことがありますが、半年くらいで別れたんです。

 

お母さんの話にから、彼女は専門学校へ行ったことを知りました。

 

「あれから次の彼女出来た?」

 

「いいえ、今はそんな余裕ないです。やっとここに採用してもらったばかりだし」

 

「そう、君ならすぐに彼女できるわよ。あの時よりカッコよくなってるよ」

 

それからは頻繁に元カノのお母さんがスーパーに来るようになりました。

 

僕もお母さんが来るのが楽しみだったんです。

 

そこまで綺麗というわけでもない普通の熟女なんですが、いつも笑顔で可愛らしく感じるんです。

 

それでいて、大人の雰囲気も持っています。

 

そして夏がやってくると、お母さんの服装が変化してきました。

 

最初のころは地味で、いかにも普通のお母さんと言う印象でしたが、夏頃には胸元が見えたり、短いスカートを穿いた格好で来ることが増えました。

 

意識してるのかどうか、お母さんはだんだん若作りしているように見えます。

 

でも無理にではなく、40歳は過ぎてるはずですが、30代にも見えます。

 

棚の下にある品物を見ているお母さんの胸元から、白いぷるんとした双丘が見える時があり、バレないように覗き込んだこともあります。

 

僕はいつの間にか、お母さんを女性として意識するようになっていたようです。

 

数日来ないときなんか、どうしたんだろうともどかしい思いをしてしまいます。

 

そしたら、その数日後です。

 

いつもよりも短いスカートでお母さんが店にやって来ました。

 

ムチムチした太ももがそそるくらい露出していて、綺麗な足でした。

 

僕は冗談気味に、

 

「綺麗ですね、お母さんじゃなかったら誘いたいぐらいですよ」

 

「あら嬉しい、じゃあ誘ってくれる?」

 

「ええ~!本当ですか?」

 

「一度ゆっくりお話したいって思ってたの」

 

僕は嬉しくなって、休みの日と連絡先を書いたメモを渡しました。

この体験談の続きを読む

課長のせいで淫乱になった私はそれ以上の男性を求めてセックスしまくっています

バック
画像はイメージです

 

酔った勢いで課長の家に・・・

 

私は22歳のOLです。

 

実は入社するまで処女だったのですが、同じ会社内の男性と交際することになり、ようやく初セックスもできて、女になることが出来ました。

 

初エッチから半年くらいたって、会社の飲み会がありました。

 

飲み会は二次会、三次会と続きましたが、同僚でもある彼氏は先に帰ってしまっていました。

 

三次会あたりでエッチな話になり、彼氏の名前は出さなかったですけど、いつも部屋でエッチしてるとか、旅行先の旅館でエッチしたとか、そんなことを話したと思います。

 

気がつくと終電も無くなっていて、かなり酔って足元もふらついていた私は、他部署の課長の家に泊めてもらうことになりました。

 

課長には奥さんもお子さんもいらっしゃいます。

 

一緒に飲んでいた同期の女の子も課長の家に泊まるって言ってるので、なんの疑いもなく課長のマンションに付いて行きました。

 

部屋に入ると、先にシャワーを浴びてくるように言われました。

 

すっきりして浴室を出てみると、いつの間にか同期の子が帰ってしまっていました。

 

リビングにいるのは課長のみです。

 

「じゃ、俺も風呂入ってくる」

 

と課長もシャワーを浴びに浴室に行きました。

 

残された私は、

 

(帰ろうか・・・どうしよう)

 

と悩みましたけど、酔ってるしタクシー代も馬鹿にならないので、

 

(まぁ、いっか)

 

とソファに横になっていました。

 

いつしか私は寝てしまっていて、なんだかこそこそと体を触られている感覚があって、目が覚めました。

 

リビングの電気は消えおり、キッチンの蛍光灯が届いてるので真っ暗ということではありませんが、誰が何をしているのかはすぐに分かりました。

 

課長が私のシャツを捲り上げ、乳首を吸っていたんです。

 

ちょっとだけ気持ちよかったし、眠たいのもあって、抵抗せずに触られ続けました。

 

課長は、

 

「はぁはぁ」

 

と興奮しているのか、チュパチュパといやらしい音を立てて、私の乳首を舐めたり吸ったりしています。

 

おっぱいを揉みながら指で乳首をコリコリしたり、腰やお尻あたりを撫でたりしています。

 

腰を撫でられるとくすぐったくて、つい腰を浮かしてしまいました。

 

その時に、

 

「うん・・・ん」

 

とかすかに声も出てしまったのですが、課長は気にする様子もなく、手でまさぐり続けています。

 

何度か腰を撫でられて私が腰を浮かすと、その隙にパジャマのズボンが一気に下ろされました。

 

課長はおっぱいから口を離し、今度は私の脚の方へ移動します。

 

太ももの内側を撫でられ、下の方へ行きつつスリスリと触られました。

 

その感じがゾクゾクして、私は自然と足を開いてしまいました。

 

課長の顔がオマンコに近づき、フッと温かい息がかかりました。

 

そしてパンティーに手が掛けられ、私はまた腰を浮かせます。

 

もう、なすがままです。

 

課長は私の両足を開き、太ももを持ち上げてマングリ返しの体勢にしました。

 

脚の先はキッチンに向いており、明りにオマンコが照らされているのが分かります。

 

(課長が、私のオマンコをじっと見てる・・・)

 

それがすごいエッチに感じられ、とても興奮しました。

この体験談の続きを読む