彼の目の前で乱交
画像はイメージです

 

お祭りの後、彼の友達の家へ行きました

 

地元でお祭りがあったので、彼氏と2人で出掛けてきました。

 

エッチな彼が希望していた通り、下着は全く着けず、Tシャツにミニスカートです。

 

本当はTシャツでなく、彼はもっとエッチな格好を望んだのですが、電車に乗るのでこれが限度です。

 

到着するとお祭りは大盛況という感じで、私も彼もテンションが上がりました。

 

地元の友人に会って大声で掛け声をかけ、一緒にはしゃいでいました。

 

さすがに疲れて彼に手を引かれて座り、まだまだ続く喧騒を見ながらキスしました。

 

「こんな健斗見るの初めて」

 

と、私は彼に抱きつきます。

 

「なんか、男って感じ。かっこいいよ」

 

彼は照れくさいような顔をしています。

 

「舞香」

 

と囁かれ、キスをしながらスカートに手をいれてきました。

 

下着を穿いてないのですぐに生でオマンコに触れます。

 

足を広げられ、指を這わされると、既にぐっしょり濡れているのがバレてしまいました。

 

私は、とってもエッチで濡れやすいんです。

 

「もう欲しいんじゃない?」

 

とクリトリスを転がされました。

 

仰け反って大きく息を吸って声を我慢します。

 

そこに、彼の悪友から電話が入り、

 

「Bの家に集合」

 

となってしまいました。

 

私も連れて行かれました。

 

そこには、B,C,D,Eの4人がいます。

 

全員男です。

 

B,C,Dは未婚、Eは既にバツイチです。

 

すでにハイテンションに酔っている彼らは、私を見ると大歓迎で真ん中に座らせ、お酒を飲ませてきました。

 

私は結構酔っ払い男の相手が上手く、楽しませるのが得意なのです。

 

この日もいい雰囲気で時間が経っていきました。

 

「舞香ちゃんってノーブラ?」

 

と調子に乗ったCが胸を撫でました。

 

「キャッ!もうっ!」

 

とCの頭を軽く叩きます。

 

それでも全員の視線が私の胸に集まっています。

 

「やっぱ5歳違うと、胸も違うよなあ。ピチピチ」

 

なんて言ったりしています。

この体験談の続きを読む