タグ:幼なじみの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:幼なじみ

幼なじみの男子にエッチなこと言わされながらセックスして濡れすぎちゃった

 

女子高生
画像はイメージです

 

野球拳しようよ

 

高校2年の由紀です。

 

私と友達の千恵は、中学からの友達です。

 

二人ともエッチなことが大好きで、オナニーの仕方とか教えあったりするくらいの仲良しです。

 

ある日、私が千恵とファミレスでお茶していると、私の幼馴染で高校3年の博と隆之が偶然入ってきました。

 

なんとなくな流れで、4人で遊ぶことになりました。

 

千恵は二人と初対面です。

 

そのせいか千恵は、普段より妙に女の子っぽく振舞っていました。

 

遊ぶとは言っても特にすることがないので、博の家に行くことになりました。

 

しかし色気のない男二人は、家に着くなりゲームを始めました。

 

退屈だった私と千恵は、ちょっとからかって、二人に

 

「野球拳しようよ」

 

と提案したんです。

 

でも千恵はまだしも、幼馴染の私を相手にそんな気にはならないらしく、

 

「勝手にやってろ」

 

と冷たくあしらわれました。

 

なんとなく悔しい気がした私は、千恵と二人で野球拳を始めました。

 

しかし、その間二人がこちらを振り返る様子はありませんでした。

 

つまらなくなった私たちは、服を着ることにしました。

 

ただし、ブラだけは着けません。

 

なんとか挑発したかったんです。

 

その時の私の服は、屈めば谷間が見えちゃうようなタンクトップにミニスカートです。

 

千恵は、ジーパンに体にフィットするような感じのキャミソールです。

 

千恵は普通にしてても、乳首の形が見えちゃう感じでした。

 

私たちは二人に、

 

「もぅ服着たからこっち見ていいよ」

 

と言うと、やっと隆之がこっちを振り返りました。

 

まだ気づく様子はありません。

 

その時千恵が、

 

「隆之くん、あと3枚でコレ終わりだから一緒に写真撮ろう」

 

と隆之に腕を組んで二人で撮る体勢に。

 

千恵は、しっかり胸を隆之にくっつけていました。

 

ついに気づいた隆之は、

 

「マジかよ」

 

とニヤつきました。

 

千恵は気づいた隆之に、さらに胸を押し付けました。

この体験談の続きを読む

彼氏以外のおちんちんに興味を持った私は寝ている幼なじみに跨り…

幼なじみ
画像はイメージです

 

寝ている幼なじみのトランクスからおちんちんが…

 

大学四年の夏休みに、東京で一人暮らししてる幼なじみの男性の部屋に泊まりました。

 

小さい頃は、女の子の方が成長が早かったから、昔から彼にはお姉さんの様な接し方をしてきました。

 

お互いに恋人がいたから、その時も昔と変わらず、気兼ねなく過ごすつもりでした。

 

彼がベッドに寝て、私は床に布団を引いてもらいました。

 

暑かったので、タオルケットにトランクスで彼はベッドに入りました。

 

互いが風呂から上がった後、灯りを豆球にした状態で話していたのですが、次第に彼の返事が虚ろになり始め、しばらくして彼は完全に寝てしまいました。

 

私も観光で疲れていたので、うとうとと眠りに入りました。

 

しばらくして、暑さで私は起きてしまいました。

 

暑かったので、クーラーを付けさせてもらおうとしましたが、リモコンがどこにあるか解らなかった為、仕方なく目がなれるまで待ちました。

 

目が慣れてきてようやくリモコンの場所が分かり、移動しようと顔を上げると、視線に彼の股間が入りました。

 

彼も暑かったらしく、タオルケットを蹴飛ばして、仰向けに足を広げて寝ていました。

 

その隙間から、彼のおちんちんが見えそうだったのです。

 

私は一人の男性のおちんちんしか見たことが無かったので、彼のおちんちんにとても興味がありました。

 

しばらく迷いましたが、私は彼のおちんちんを見たい衝動に勝てませんでした。

 

「○○ちゃん、寝た?」

 

と私は声をかけましたが、彼からは何の返事もありませんでした。

 

その時も少しためらいましたが、結局私は恐る恐る彼のトランクスの隙間を広げ、彼のおちんちんを見ようとしました。

 

先程よりはだいぶ見えましたが、トランクスの影に隠れて全貌が見えませんでした。

 

私は何とかして見ようと、携帯の灯りをトランクスの隙間に差し込ませ、おちんちんを照らしました。

 

おちんちんは小さく頼りなくへたれており、とても可愛く見えました。

 

トランクスの隙間から、ボディソープの良い香りに交じって、少し汗臭い匂いがしました。

 

その時私は、生唾を音を立てて飲み込んだ自分に気付きました。

 

もう一度、

 

「○○ちゃん」

 

と声をかけました。

 

先程と変わらず、彼からは何の反応もありませんでした。

 

私は我慢出来ずにトランクスの窓を広げて、おちんちんを私の顔の前に出現させました。

この体験談の続きを読む