タグ:巨根の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:巨根

包茎手術をした高校生の息子が巨根に!思わずフェラチオして中出ししてもらいました

息子の巨根 フェラチオ
画像はイメージです

 

俺のチンチンどうかな?

 

私は44歳の専業主婦です。

 

主人は48歳のサラリーマンで、高校2年生で17歳の1人息子との3人家族です。

 

息子は、主人とはあまり会話がないのですが、私とは気楽に何でも話してくれるので、とても可愛く思っています。

 

中学時代から女の子とそれなりに遊んでたみたいで、いままで3人付き合ってた子も知っています。

 

すでにセックスも経験しているでしょう。

 

7月の初めごろに彼女と別れ、

 

(夏休み終わるまでに彼女出来ないかな)

 

と言ってましたが、そんなに簡単に出来る訳も無く、

 

(バイトするから)

 

と夏休みはアルバイトばかりしていました。

 

しかし、アルバイトで稼いだお金の使い道を聞いて驚きました。

 

それは先週の土曜日の事です。

 

主人は仕事に出かけていたので、家には私と息子の2人でした。

 

息子は10時ごろ起き出してお風呂に入り、私はリビングでテレビを見ていたら、息子が風呂から出て来ました。

 

なんと息子は全裸のままで、私のところに向かって来ます。

 

10歳ぐらいから息子の裸を見てなかったので、驚きとともに、当然おちんちんに目が向いてしまいました。

 

息子が私の目の前に来るまで見続けてしまいました。

 

ダラリと垂れ下がったおちんちんが左右に揺れて、亀頭が露出して大きいんです。

 

私は、主人から息子が包茎だと聞いていたのでびくりしましたが、とりあえず

 

「パンツぐらい穿きなさいよ」

 

と言うと、

 

「お母さん、俺のチンチンどうかな?女から見てどう思うかな?」

 

と聞いてきました。

この体験談の続きを読む

中3の時に童貞を卒業させてくれたお姉さんが結婚前に僕の巨根を求めてきた

相互オナニー
画像はイメージです

 

親戚の家庭教師のお姉さん

 

もう30年ぐらい前の話ですが、僕が中学3年生の時の話です。

 

自分で言うのもなんですが、少年のころは真面目で成績の良い子供でした。

 

中学時代は、試験で常に学年でトップ10に入るようなタイプでした。

 

友達も、同じような真面目なタイプの男子とばかりと仲良くしていました。

 

しかし、本当の僕はむっつりスケベでした。

 

初射精は小学6年生の時です。

 

寝ている時になんだかエッチな夢を見ていて、突然おしっことは違う込み上げてくるものを感じました。

 

そして我慢できずに、おちんちんの先からドクドクと精液が出たときは本当にびっくりしました。

 

それからオナニーを覚え、女性の体にとても興味を持つようになりました。

 

僕はおちんちんも大きく巨根で、体育の授業の時、まだ小学校では男女一緒に授業を受けていたのですが、体育座りをすると、しょっちゅう横からハミチンしていました。

 

親の買ったトランクスを穿いていましたが、収まりきらなかったのです。

 

中学になると、近所の書店で小遣いの中から、グラビア雑誌を買うようになっていました。

 

グラビア雑誌ぐらいなら店員のおばちゃんに咎められることはりありません。

 

お目当てはもちろん、ヌード写真やエッチなコラムでした。

 

当時はまだ我が家にビデオもなかったですし、インターネットもない時代だったので、オナニーのおかずは雑誌が多かったですね。

 

そして中3になり、母親から家庭教師をつけることを提案されました。

 

僕は自分で勉強できるので断ったんですが、夏休みの間だけ試しにというので、渋々受け入れました。

 

初日、その先生として僕の元にやってきたのは、学校の先生を目指している、親戚の大学生のお姉さんでした。

 

小さいころからよく遊んでもらっていたお姉さんだったので、嬉しくて急にやる気が沸きました。

 

他にも理由があります。

 

お姉さんはずっと水泳部で活躍していて、水着の写真もたくさん家にありました。

 

僕はそのうちの数枚をこっそり隠し持っていて、オナニーの時のおかずにしていたからです。

 

夏休みはあっという間に過ぎて、残り数回で終わりというある日のことです。

 

母親が出かける用事があるといって、その日は僕とお姉さんと家の中に2人きりになりました。

 

しかもその日は猛暑の日で、僕はタンクトップのTシャツに、デニムのショートパンツ姿でした。

 

お姉さんは薄地の胸元の開いたカットソーに膝上10センチくらいの可愛いフレアスカートです。

 

僕の横に座ると、もうパンツが見えるんじゃないかと思うくらいでした。

この体験談の続きを読む

【イケメン童貞中学生が巨根】ショタコンの気がある私は男の子に夢中です

巨根中学生
画像はイメージです

 

イケメン中学生に助けてくれたお礼

 

もうすぐ、16時にあの男の子が家に来てくれます。

 

ああ、あと、30分でまたあの大きいおちんちんでヒイヒイ喘ぎまくれると考えるだけでオマンコがジュンと来ます。

 

準備はもう出来ているんです。

 

裸にエプロンだけ付けた恥ずかしくていやらしい格好です。

 

こんな事になったのは、先週の土曜の午後に中学2年生の真治くんに出会ってからです。

 

私のような37歳のおばさんに、とても男らしく、やさしい態度で接してくれたあの時からです。

 

ドラマみたいな場面でした。

 

変な男に町で言いがかりをつけられて困っていた私を助けてくれたんです。

 

中年の男2人を相手に堂々とした態度でした。

 

彼は2,3発殴られてしまったんですが、私の自宅へ連れてきて手当をしてあげました。

 

真治くんは、今時の中学生とは思えないほど純情な子で、私の同じ年の息子とはくらべ物にならないほど素敵でした。

 

それにイケメンなんです。

 

最初は、ただ純粋に傷の手当をしてあげるためにウチに上げたんですが、楽しく会話をしている内にどんどん好きになっていきました。

 

頭の中ではイケないと分かっていても、悪い気持ちが私の中に発生してしまったのです。

 

真治くんは中学2年生で、当然思春期の男の子ですから、女性に興味が有りすぎる年頃のはずです。

 

でも、

 

(お母さんのような年齢の私でも女として見てもらえるかしら)

 

と一瞬不安にはなりましたが、私が傷の手当で少し体を寄せただけで、緊張しているのが分かりました。

 

しかも、おちんちんもズボン越しに立派にモッコリしていて、恥ずかしそうにしていました。

 

私は嬉しくなって、

 

「真治君・・・ふふっ、元気だね、ズボンがもっこりしてるわよ」

 

「可愛いわね」

 

「助けたもらったお礼に、エッチなことしてあげるよ」

 

と、立て続けに困らせてみました。

この体験談の続きを読む

【巨根で絶倫】性処理用に採用したはずが特大おちんちんの性奴隷になってます

巨根で絶倫
画像はイメージです

 

性処理用の男性を雇います

 

私は27歳の女ですが、アパレル関係のお店で店長をしています。

 

スタッフはほとんどが女性ですが、1人だけ男性を雇うようにしています。

 

表の仕事は女性でやりますが、物を運んだりなど力仕事も必要なので、どうしても男性が必要になります。

 

実はそれだけじゃなく、私のストレス発散のはけ口の意味でも男性を1人雇っているのです。

 

アパレル関係の仕事は休みが少なくて忙しく、彼氏を作っている暇がないのと、接客業なのでストレスが溜まります。

 

私もそうですが、一部の女性スタッフは性欲が強く、そのはけ口となる男性が必要なのです。

 

3年前ぐらいから、男性スタッフは仕事が終わったら日替わりで、私と一部の女性スタッフが満足するまでセックスの相手をさせます。

 

私は自分が満足するまでは、たとえ男性が何度射精しても無理やり勃起させてセックスします。

 

女子会で聞いている限り、他の女性スタッフもだいたい同じ感じみたいです。

 

男性の面接の時には、私たちの性欲処理の相手をする事を伝えるとみんな喜んでくれます。

 

しかし、日替わりでほぼ毎日のためか、私たちの性欲が強すぎるのかは分かりませんが、男性スタッフは段々と生気がなくなり、半年も経たずに辞めてしまいます。

 

3ヶ月前にも男性スタッフが辞めてしまいましたので、募集を掛けたら23歳の男性が面接に来ました。

 

名前は将太としておきます。

 

見た目はまあまあイケメンで、話の受け答えもしっかりしているので問題なさそうです。

 

私たちの性処理相手をする事も了承してもらい、採用することにしました。

 

1週間の研修期間中は、昼の業務だけです。

 

将太は物覚えが良く、テキパキと雑務をこなしてくれました。

 

研修が終わり、いよいよ夜の業務を行う事になりました。

 

私は将太に待ち合わせのホテルと時間を書いた紙を渡しました。

 

仕事が終わり、ホテルに行ったら時間通りに将太が来ました。

 

ホテルに入り、お互い別々にシャワーを浴び、いざプレイスタートです。

この体験談の続きを読む

淫乱な私は彼の前で他人のおちんちんをフェラして巨根で中出しされました

彼の目の前で乱交
画像はイメージです

 

お祭りの後、彼の友達の家へ行きました

 

地元でお祭りがあったので、彼氏と2人で出掛けてきました。

 

エッチな彼が希望していた通り、下着は全く着けず、Tシャツにミニスカートです。

 

本当はTシャツでなく、彼はもっとエッチな格好を望んだのですが、電車に乗るのでこれが限度です。

 

到着するとお祭りは大盛況という感じで、私も彼もテンションが上がりました。

 

地元の友人に会って大声で掛け声をかけ、一緒にはしゃいでいました。

 

さすがに疲れて彼に手を引かれて座り、まだまだ続く喧騒を見ながらキスしました。

 

「こんな健斗見るの初めて」

 

と、私は彼に抱きつきます。

 

「なんか、男って感じ。かっこいいよ」

 

彼は照れくさいような顔をしています。

 

「舞香」

 

と囁かれ、キスをしながらスカートに手をいれてきました。

 

下着を穿いてないのですぐに生でオマンコに触れます。

 

足を広げられ、指を這わされると、既にぐっしょり濡れているのがバレてしまいました。

 

私は、とってもエッチで濡れやすいんです。

 

「もう欲しいんじゃない?」

 

とクリトリスを転がされました。

 

仰け反って大きく息を吸って声を我慢します。

 

そこに、彼の悪友から電話が入り、

 

「Bの家に集合」

 

となってしまいました。

 

私も連れて行かれました。

 

そこには、B,C,D,Eの4人がいます。

 

全員男です。

 

B,C,Dは未婚、Eは既にバツイチです。

 

すでにハイテンションに酔っている彼らは、私を見ると大歓迎で真ん中に座らせ、お酒を飲ませてきました。

 

私は結構酔っ払い男の相手が上手く、楽しませるのが得意なのです。

 

この日もいい雰囲気で時間が経っていきました。

 

「舞香ちゃんってノーブラ?」

 

と調子に乗ったCが胸を撫でました。

 

「キャッ!もうっ!」

 

とCの頭を軽く叩きます。

 

それでも全員の視線が私の胸に集まっています。

 

「やっぱ5歳違うと、胸も違うよなあ。ピチピチ」

 

なんて言ったりしています。

この体験談の続きを読む