タグ:巨根の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:巨根

ウブなイケメン中学生が巨根!一目惚れした私は何度も中出しさせて妊娠しました

イケメン巨根中学生
画像はイメージです

 

イケメン中学生との出会い

 

私は25歳のOLで人妻でもあります。

 

3年前に都内の会社に就職し、秘書課に配属されました。

 

秘書課といっても名ばかりで、美人OLに取引先の接待をさせて先方のご機嫌取りをするというのが主な仕事でした。

 

自分で言うのも恐縮ですが、美貌とスタイルには多少の自信がありましたので、秘書課に配属されたのも納得しています。

 

社内ではもちろん、取引先の相手からも誘われることがあり、その中で私が選んだのは、20歳年上の人事部長でした。

 

大人の男性といった感じの紳士でしたが、付き合って2ヶ月もしないで破局しました。

 

独身だと思っていた部長には内縁の奥さんがいたことと、紳士なのは表の顔だけで、自分にとって都合にいい女である事を暗に求められたので、すぐに別れました。

 

次は同期の男性と付き合いました。

 

なかなかのイケメンで仕事ができる自信家でした。

 

ただし、セックスは下手でした。

 

私に命令するだけのマグロ男なのです。

 

それでも私は男性に奉仕するセックスは嫌いではありませんし、人事部長と違って彼は自分に都合のいい女である事を求めてきませんでした。

 

私が結婚を申し込んだ時に彼は、

 

「俺は女癖がよくないので浮気すると思うから、それでもいいのなら結婚してもいいよ」

 

と言われました。

 

私は、

 

「それなら自分も浮気をして子供を産む」

 

と言うと、何と彼は承諾しました。

 

付き合ってすぐに結婚しました。

 

しかし結婚後、すぐに夫は海外転勤になりました。

 

私は仕事もあるので日本に残りました。

 

夫が海外転勤した後、あの人事部長から誘いがありましたが、相変わらず自分に都合のいい女である事を求められたので、相手にしませんでした。

 

そんな私に対し、部長はもはや紳士的な態度ではなく、事あるごとに罵詈雑言を浴びせてきました。

 

神経質ではない私でもかなり傷ついて落ち込みました。

 

夫のいる海外まで行こうかと真剣に考えていた時、一人の男の子と会社で出会いました。

 

名前は満君で、上司である秘書課長の中学生になったばかりの子供で、とても綺麗な美少年なんです。

この体験談の続きを読む

巨根に夢中な人妻とナース 事故で入院して加害者の奥さんに下の世話をお願いすると…

入院 巨根 ナース フェラチオ
画像はイメージです

 

チンポを見て顔を真っ赤にする奥さん

 

飲酒運転の車に追突されて、骨折や足を縫うなど大怪我をして体を動かすことも出来ず、しばらく入院することになりました。

 

飲酒運転による事故なので、加害者の男は逮捕されました。

 

加害者の奥さんがすぐに見舞いとお詫びを言いに病院まで来てくれました。

 

私の妻は実家に帰省中で、しばらく身の回りの世話をしてくれる人がいない事を奥さんに言うと、代わりに私の身の回りの世話をしてくれる事になりました。

 

奥さんの名前は三枝子さんで、35歳の小柄でややポッチャリ体系です。

 

早速翌日から三枝子さんが来てくれるようになりました。

 

身体を拭いてもらっている時に尿意をもよおしてしまい、ナースを呼ぼうとしたら三枝子さんが、

 

「どうしたんですか?」

 

と聞いてきたので正直に話すと、

 

「私がやります」

 

と言われました。

 

さすがに恥ずかしい気持ちがありましたが、もう限界ギリギリだったのでお願いすることにしました。

 

三枝子さんはカーテンを閉めて私のズボンとパンツを下ろした時、多少驚いたような表情で私のチンポを見ていました。

 

しかし私は尿意が我慢出来なかったので、

 

「尿瓶を早く取って下さい」

 

と言うと、三枝子さんは慌てて尿瓶の口に私のチンポの先っちょをあてがいました。

 

大量に放尿して、

 

「終わりました、ありがとうございます」

 

と言うと、三枝子さんは顔を真っ赤にしながら、

 

「あっ・・・はい」

 

と恥ずかしそうにしながら私のパンツとズボンを穿かせてくれました。

その夜、私は昼間に三枝子さんがチンポを見た時の表情を思い出して、悪巧みを考えました。

この体験談の続きを読む

中学生の童貞おちんちんが巨根!オマンコ掻き回されて中出しセックス三昧

童貞 中学生 巨根
画像はイメージです

 

友達の中学生の息子が私に・・・

 

私は30代半ばの人妻で、子供はいません。

 

去年の夏の事です。

 

故郷にいる女友達の中学3年生の息子が、夏期講習で熟に通うため、我が家に来た時のことです。

 

彼は東京の高校を志望しているということで、お願いされたのでした。

 

子供がいないこともあり、仲のいい友人の頼みだったので、彼を我が子の様に見ていました。

 

しかし、彼にとってはそうではなかったのです。

 

でも私は、そんなことに気づく事はありませんでした。

 

夏休み初日、彼は我が家に着くとすぐに、夏期講習の受け付けに出かけました。

 

私は彼の帰りを待っている間、ソファーでウトウトしていました。

 

どれくらいウトウトしていたのかは分かりませんが、何か人の気配を感じて目を覚ますと、彼が隣に座りじっと私を見ていたんです。

 

「どうしたの?」

 

「おばさん、僕」

 

「何?」

 

と、突然私に覆いかぶさってきました。

この体験談の続きを読む

巨根の元カレに誘われて何度もイカされ、忘れるために帰って主人に襲い掛かりました

元カレ 巨根
画像はイメージです

 

元カレに偶然再会

 

私(美咲)は現在28歳で、結婚して子供もいます。

 

体系はちょっとポッチャリかな。

 

結婚して3年になります。

 

子供も2歳になり、主人ともうまくいっていますし、特に不満もありません。

 

夜の営みはと言うと、最近仕事で遅くなることが多くて、あんまりしてなかったですけど、欲求不満というほどでもありませんでした。

 

そんな私が、あの日元カレに偶然出会ってしまい、一回限りの過ちを犯してしまいました。

 

今は元カレも転勤して会っていませんし、連絡も取っていません。

 

今から数ヶ月前のことでした。

 

ある日子供とデパートに行き、買い物をしていると後ろから声がしました。

 

「美咲じゃん、やっぱり!元気だった?その子美咲の子供?可愛いねー」

 

元カレの孝一でした。

 

主人と結婚する前に付き合っていました。

 

別れた原因は、彼が転勤で遠距離になってしまったからです。

 

「あれ?なんでこんなところにいるの?仕事変えたの?戻ってきたの?」

 

と言うと彼は、

 

「仕事で出張なんだよね~、偶然この辺だったんだけど、まさか美咲に会っちゃうなんてね」

 

結婚して主人を愛してやまない私は、元カレに出会っても特に胸も高鳴ることはなく、普通に私は

 

「久しぶりだね、孝一はあんまり変わってないね、私は今結婚して子供もいるのよ」

 

なんて普通の会話をしてその日は別れました。

 

数日後、なんと元カレからメールが来ました。

 

「こないだ久しぶりに会って美咲に会いたくなった。明日空いてたら連絡ちょうだい!孝一」

 

私は、

 

「結婚してるし無理だよ~ゴメンネ、もうメールもしないで」

 

と返信しました。

 

すると彼から、

 

「昼飯食うだけだよ、ダメ?」

 

と返ってきました。

 

私も昼ごはんだけならまぁいっかと思い、

 

「昼ごはんだけだよ~」

 

と返事をしました。

 

私は実家暮らしのため、親に子供を任せて出かけることにしました。

 

すると、

 

「ありがとう!じゃ明日迎えに行くよ!」

 

と元カレ。

 

「分かった、待ってるね。じゃ明日」

 

しかし、これが間違いでした。

この体験談の続きを読む

俺の巨根が気に入って中出しを求めてきた巨乳の人妻と絶賛不倫中

巨乳人妻 不倫
画像はイメージです

 

気になってた巨乳の人妻に誘われた

 

飲み会は、俺と取引先の男性3人と女性4人の合計8人だった。

 

居酒屋からカラオケとお決まりコースで終了した。

 

帰ろうしていると、人妻の恵理子さん(32歳、事務員)から

 

「もう一軒飲みに行きましょう」

 

と誘われた。

 

恵理子さんは見た目も綺麗でスタイル抜群、しかも巨乳。

 

(チャンスがあれば一度は抱きたい)

 

と思っていたが、取引先でしかも人妻ということもあり、ハードルはかなり高かった。

 

そんな矢先、恵理子さんからお誘いがきた。

 

2人で飲みに行くと、恵理子さんは旦那の愚痴や仕事の愚痴をこぼしていた。

 

特に旦那の愚痴が多かったが、

 

(なんでそんな事俺に言うのだろう?)

 

と不思議に思いながら聞いていた。

 

すると恵理子さんは、大胆な発言をしてきた。

 

「旦那は運転手だから、一度でいいからスーツの人に抱かれたい」

 

俺はビックリしたと同時に、

 

(これはいける!)

 

と思ったが焦らすことにした。

 

「会社にスーツの男はいっぱいいるし、恵理子さんのスタイルだと、しょっちゅう声かけられるんじゃないですか?」

 

「会社の人はないわ、どこで噂になるか分からないし」

 

「だったら旦那さんにスーツ着てもらって抱かれたらどうですか?」

 

「旦那に抱かれても気持ち良くないし、いつもワンパターンですぐイクし、それにアソコがちっちゃいのよ、結婚相手間違えちゃったかも」

 

旦那が気の毒になるほどの毒舌だった。

 

出会い系サイトとかに登録すればすぐ見つかるでしょう。恵理子さん綺麗だし巨乳だし」

 

褒めながらなおも焦らし続けた。

 

恵理子さんがだんだんイライラしてきたのが感じ取れた。

 

すると恵理子さんがついに、

 

「マサルくん(俺)は、年上の人妻はタイプじゃない?」

 

「年齢なんか関係ないですよ。相手に彼氏や旦那がいようが、抱きたいと思ったら抱きますよ」

 

「私のことはどう?」

 

「取引先の事務員さんだし、でも・・・」

 

「でも何?」

 

「魅力あるし、巨乳だし」

 

「マサルくんが良ければ私を抱いて」

 

「本当にいいんですか?」

 

「だって私、前からマサルくんのこと気になってて。今日の飲み会にマサルくん呼んでって言ったの私なのよ。シラフじゃ言えないけどお酒が入ったら言えると思ったから」

 

「でもこれからだと遅くなりますよ、旦那さんにバレるんじゃないですか?本当に抱いていいんですか?」

 

「旦那は今日帰って来ないし、マサルくんに抱いて欲しいの、私の家に来る?絶対旦那帰って来ないから」

 

「初めてはホテルで」

 

店を出てタクシーを拾い、ホテルへ向かう。

この体験談の続きを読む