タグ:巨尻の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:巨尻

元カノの母が俺のデカチンに跨ってきたらセックスの相性抜群だった

元カノの母
画像はイメージです

 

別れた元カノのお母さんが家に来た

 

高校の時付き合ってたF子はクラスメイトで、2年から3年まで付き合っていた。

 

髪はサラリとして長く、スレンダーで目も大きく、かなり可愛くて俺には勿体無いほどだった。

 

セックスもお互い処女と童貞同士だったが、無事に卒業した。

 

F子の家に行くと、同じくらいの背丈、同じ髪形の、これまた美人な母親のY美さんがいた。

 

当時39歳で、周りの母親とくらべても結構若いお母様。

 

自分の母も若い方だったが、Y美さんは20歳の時にF子を産んだとか。

 

見た目も若いが、言葉づかいもF子と変わらない感じで、フレンドリーに接してくる母親だった。

 

「へぇ~、彼氏結構格好いいじゃん!F子と別れたら私が付き合おっかな~」

 

なんて言う面白い人。

 

一緒にゲームもしたりして、

 

「◯◯君超うまい!」

 

とゲームを通してY美さんと仲良しになった。

 

それからも時々家にお邪魔してはゲームで一緒に遊んでた。

 

高校卒業になり、F子は遠方の大学に進学となり、結局別れた。

 

自分は地元の大学に入学した。

 

大学に行きだしてしばらくしたある日、突然Y美さんに声を掛けられた。

 

「久し振り!あれから彼女出来た~?」

 

と話すY美さんが、

 

「ねぇ、暇なら新しいゲーム買ったんだけどさ、一人でやるのつまんないから家に来ない?」

 

だって。さすがに元カノの家なんで気が引けたが、Y美さんが

 

「誰もいないし気にしないでいいよ!乗りなよ」

 

と車に乗せられ家に連れていかれた。

 

F子がいなくても気が引けるまま家に上がり、Y美さんとゲームをした。

 

着替えたY美さんは胸元がユルユルで、屈むと谷間が見えてドキッとした。

 

俺は気になってチラチラと覗いていた。

 

ゲームに夢中になって気が付くと夜7時になっていた。

 

帰り車で送ってもらう時に連絡先をを聞かれたので教えた。

 

それからは時々、ゲームの話などでメールしたり、1回だけは俺のアパートで一緒にゲームをしたりもした。

 

そんなある日、夜10時前に携帯電話が鳴った。

 

「ねぇ~、今何してんの~?」

 

と明らかに酔ってる感じの喋り方で、

 

「忘年会やってたんだけどさぁ~、つまんないからそっち行っていい?」

 

と強引な電話だった。

 

ちょうどアダルト動画を見ながら、せんずり中だったので断ると、

 

「お願い、もう部屋の前だし」

 

と言われ、慌てて停止してテレビを消した直後にY美さんがピンポンとやってきた。

 

酔ってフラフラしてるので、支えながら部屋に入れて、とりあえず座らせた。

 

「上司にお尻触られて気分悪いの」

 

と言われ、

 

「どうせ触られんなら若い男がいいし」

 

だって。苦笑いしてると、

 

「◯◯君なら触ってもいいよ!」

 

と笑いながらお尻を突き出すY美さん。

 

細い身体の割に巨尻で、触り心地良さそう。

 

ちょっとだけ触ってみたら柔らかな感触だった。

 

「どう?」

 

と言われ、

 

「柔らかいです」

 

て言ったら、

 

「◯◯君のお尻も触らせて」

 

と言われてお尻を向けたら、

 

「どれ」

 

と触ってきて、

 

「やっぱ男の子のお尻は硬いねぇ~」

 

と。

 

「こっちも硬いんじゃないの~?」

 

そう言っていきなりチンポを触ってきた。

この体験談の続きを読む

巨乳奥さんが超エロい格好で俺を挑発するからバックでチンポ挿入した

後背位
画像はイメージです

 

奥さんがエロい格好で俺を挑発している?

 

去年の夏のこと。

 

俺は現在20代半ばで、とあるマンションでTVアンテナの工事のアルバイトをしていた。

 

高級マンションではあったにも関わらず、ちょい古かったため、CS放送の受信にはいまだ対応していなかった。

 

屋上のアンテナと共用部分の機器は交換し終わって、あとは各部屋の中のテレビの端子交換を残すのみだった。

 

しかしこれがかなり大変で、だいたいの家庭のテレビの後ろは埃が溜まっているので、むせ返る事もしばしば。

 

俺は職人ではないので、材料の準備と工事の立会いを主にしていた。

 

そして最終日になったのだが・・・。

 

職人さんが突然交通事故に遭い、来れなくなってしまったのだ。

 

かなり焦ったけど、今日の予定は午前中の3件だけだった。

 

材料は揃っていたので急遽俺が工事をすることになった。工事の仕方はいつも注視していたので、なんとか出来るだろうと。

 

一軒目はスムーズに終わって二軒目の家に来た。

 

なんとそこの奥さんがとても官能的。

 

笑うと優木まおみにそっくりで可愛い。

 

しかも体型もやたらとエロチック。

 

Tシャツにジーパンといったラフな格好なんだけど、Tシャツから突き出たおっぱいに目を奪われてしまう。

 

下半身がピクンとして頭はクラクラ状態。

 

「あ、失礼しまーす」

 

「どうぞー、ごめんなさいねー。散らかってるの」

 

「いえいえ、とんでもないですよ」

 

部屋は本当に綺麗でちっとも散らかっていなかった。しかもなんともいえないいい匂いがする。

 

「じゃぁ早速工事に入らせていただきますね」

 

「場所はリビングと、あと寝室です。お願いしますね。あれ、あなた工事の説明会の時には居た?」

 

「あっ、自分は普段工事はしないんですが、急遽代打を頼まれまして」

 

「あら大変なのねー。急いでないからゆっくりでいいわよ」

 

覚えていてくれたことに妙に感動してしまう。

 

テレビを動かして端子の箇所を交換をしていると、奥さんが興味あるのか、四つん這いの状態で覗き込んでくり。

 

「へぇー、こんなふうになってるんだー」

 

覗き込む顔が近すぎてドキドキしてしまう。

 

工具を持ち替えるために体勢を変えた時、Tシャツの胸元から、ブラジャーに包まれた大きな谷間がバッチリ見えてしまった。

 

しかも至近距離で。

 

たまんねぇ。

 

ピンクだ。

 

仕事どころじゃねぇ。

 

いやいや、やることはやらないと。

 

リビングが終わって寝室へ移動する。

 

大きなダブルベッドを見て少し興奮する。

 

この時点で半勃起状態に。そりゃ仕方ないよね。

 

「ちょっと暗いからカーテン開けるわね」

 

そう言って奥さんがカーテンを開けると、ベランダに干してある洗濯物のブラジャーとパンティーを発見!

 

薄いピンクのものと黒があった。

 

やっぱりブラジャーがかなりデカい。

 

この時点でフル勃起。

 

そして作業中にまた奥さんが近い。

 

「すいまんせん、汗臭いんであまり近寄られると臭いますよ」

 

夏だったこともあり、実際ある程度汗をかいていた。

 

「大丈夫よ、嫌いじゃないから」

 

「え?あっ、は、はい」

 

奥さんはチャーミングな笑顔で見ている。

 

俺はもう心臓がバクバクしていた。

この体験談の続きを読む

女子大生の彼女のお母さんが巨乳・巨尻で誘惑、我慢できませんでした

彼女のお母さん
画像はイメージです

 

巨乳・巨尻のお母さんと2人きりに

 

今の嫁とまだ結婚する以前の話です。

 

その当時、嫁は20才の女子大学生だったんだけど、彼女は両親が離婚していて母子家庭で育てられたからなのか、何でもかんでもお母さんに相談するやつでした。

 

そういった優柔不断さがあったので、付き合おうかって話になった時に躊躇はありましたが、

 

「お母さんに会って欲しいから家に来てくれない?」

 

と言われました。

 

結婚する訳ではないのにと思って、俺的には少し引いたけどやむを得ず了解して、彼女の家でお母さんを紹介されたんです。

 

ところがどっこい、彼女のお母さんにお会いしてみると美しくてメチャクチャいやらしいボディをしていました。

 

服を着てるのに何処から見ても、巨乳どころではなく爆乳なのは一目瞭然で目のやり場に困惑しました。

 

ついでに後ろ姿を見たのですが、お尻も丸く張り出していてムチムチ感が魅力的でした。

爆乳でヒップもムチムチというとデブと思うでかもしれませんが、そんなことはありません。

 

ハッキリ言うと、彼女よりもそそられててしまって、勝手にちんぽがムズムズしたほどでした。

 

この日はひとまず、挨拶して何だかんだ聞かれながら食事をして何事もなく帰宅しました。

 

帰る途中に彼女からメールが来て、

 

「今日は来てくれてありがとう。お母さん、好感を持ってくれたみたいだよ」

 

的な中身だったので、とりあえず彼女と付き合うようになりました。

 

そして3ヶ月ぐらい経った時、彼女が大学の部活の合宿で3泊4日で家を空ける事態になったんだけど、そうしたら彼女が、

 

「これまでお母さん独りにさせたことなくて可哀相なの。ご飯でも食べに行ってくれないかしら」

 

と言って来たのです。

 

「(彼女の)お母さんと2人っきりなんて」

 

と拒否したら、彼女がチョー機嫌悪くなったので、まったく面倒だと思いながらも

 

「ごめん、ごめん、分かったよ、行くよ」

 

と言ってしまいました。彼女、急に機嫌良くなって、

 

「サンキュー、お母さんによろしくね」

 

と言ってくるので、

 

(なんだよコイツ?)

 

と思ってしまいました。そうして当日、彼女の家を訪問して合宿に出かけるのを見送ると、そのままお母さんは俺を家に迎え入れてくれました。

この体験談の続きを読む

【童貞】バイト先の巨乳・巨尻お姉さんに誘われてアパートへ

 

お姉さん
画像はイメージです

 

 

お姉さんの家ですき焼きをご馳走に

 

あれは確か僕が大学2年生のころだったと思う。

 

大学が夏休みに入ったんだけど、お金を稼ごうと帰省しないで食品工場でアルバイトばっかりしてた。その会社には事務のお姉さんがいたんだ。当時、28歳ぐらいだった。

 

9月上旬にアルバイト辞めたんだけど、最後の土曜日、仕事終わったあとお姉さんのアパートへ行くことになった。以前から、ご飯一緒に食べようって誘ってくれてたんだ。

 

お姉さんの身長は160センチぐらいでそんなに高くはないんだけど、ムチムチのグラマーで、胸とお尻がかなり大きかった。Gカップぐらいあったんじゃないかな。今では爆乳とも言うね。

 

Tシャツ着てた時なんかは、何処見て話せばいいかと思ったくらい、目のやり場に困ったよ。

 

お姉さんの住むアパートは、工場のある場所から電車に乗って行った。最寄の駅で降りて夕飯の食材(すきやき)を一緒に買ってアパートへ。

 

当時は、土曜日もバイト先の工場は17時終了で、多分19時近くになってたと思う。

 

女性の一人暮らしの住まいにお邪魔するのは初めて。かなりドキドキしてたね。家の中に入ると小奇麗に片付いてた。

 

「ゆっくり休んでて」

 

って言われて休んでた。残暑厳しい日だった。休んでる間に、お姉さんは洗濯物を干し物を片付けたり、着替えをしたりしてた。

 

お姉さんはTシャツ、ジーパンに着替えたんだけど、白いTシャツの胸元がはちきれんばかりに突き出てた。薄っすらとブラジャーが透けてたね。二人きりの部屋なんで僕は興奮して鼻息が荒くなってた。ズボンの中は、すでにカチカチの勃起状態。

 

お姉さんは、すき焼きの準備に取り掛かりました。麦茶を飲み、テレビを見ながら待ってます。

 

すき焼きが出来、ビールで乾杯です。

 

「乾杯」

 

「いただきま~す」

 

お腹いっぱい食べました。

 

バイトの疲れと、ビールの酔いが回ったのかいつの間にか寝てしまい、目が覚めると、食事は綺麗に片付けられてました。

この体験談の続きを読む