タグ:巨乳の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:巨乳

巨根大学生を巨乳お姉さんが誘惑 毎日セックスして射精しまくった結果…

巨根
画像はイメージです

 

コンドーム買いに行ったら巨乳の店員がいた

 

俺が大学2年の時の話。

 

その当時、好きってわけでもないけど、なんとなく付き合っていた女(フリーター19歳の茶髪)がいた。

 

その彼女が一週間ぶりに俺の部屋に来ることになったんだが、コンドームを買い忘れていたことに気づき、急いでいつも買っている近所の薬局に駆け込んだ。

 

店に入ると、いつものハゲ親父ではなく、暇そうにしているお姉さんが白衣を着て座っていた。

 

いつもなら、

 

「おっちゃん、いつものやつ下さい」

 

「もう使いきったのか?エッチなことばかりしないで勉強もしろよ。このメガサイズは、あんたの為に仕入れてんだから、店変えんなよ、へっへっへ」

 

こんなやり取りをしている。

 

そう、自慢じゃないが俺のチンポはでかい。

 

ビッグサイズのコンドームでもきつかったので、この薬局にはメガサイズを頼んで置いてもらっている。

 

おっちゃんとは馴染みになっていたので、気軽に買っていたんだが、

 

(この女の人相手に買わなきゃいかんのか・・・)

 

と思うとちょっと気が重い。

 

「あの・・・」

 

「いらっしゃいませ」

 

と笑顔を見ると結構美人だ。

 

白衣の上からでもはっきり分かる巨乳もかなりそそられる。

 

アップにした髪も、19歳の俺の彼女にはない色気が漂っている。

 

ただ、俺はどちらかというとギャル好きで、AVでも熟女ものや人妻ものをほとんど見ない俺は、とにかくもうすぐ家に来るフリーターとのセックスのことで頭が一杯だ。

 

コンドーム買うのを恥ずかしがっている場合ではない。

 

「・・・スキン下さい・・」

 

と言うと、女性は顔色ひとつ変えず、

 

「どれにしましょうか?サイズやメーカーで、決めてるものはありますか?」

 

と聞かれたので、恥ずかしいのを我慢して、

 

「いつもここで買ってるんですけど・・・その、メガビッグボーイって奴を・・・」

 

とお願いすると、女性はまったく動じることなく、

 

「あー、聞いてますよ、〇大学の大石さんでしょ」

 

と言いながら、カウンターの下の棚から、象の絵が描かれた箱を取り出した。

 

(ハゲ親父・・・余計なこと伝えなくていいんだよ・・・)

 

と思ったが、なにはともあれ、メガコンドームをゲットした安心感から、

 

「あの、いつものおじさんどうしたんですか?」

 

と聞くと、

 

「夫婦で海外旅行に行っちゃってて、久しぶりに店番頼まれたの。だいたいこんな小さな店、旅行行ってる間ぐらい閉めちゃえばいいのにねー」

 

とお姉さんは愚痴っぽいこと言いながら、象の絵が描かれた箱を裏返して値段を確認していた。

 

「このサイズって、なかなか売ってないんすよ」

 

と言いながら金を出すと、そのお姉さんは、

 

「このサイズ買う人、初めて見た」

 

と言って笑いながらお釣りを渡してくれた。

この体験談の続きを読む

妊娠しても大丈夫?実は激しいセックスが好きな義母に中出しする訳

義母 中出し
画像はイメージです

 

風呂場のドアを開けると全裸の義母がいた

 

僕(雄二)は19歳の大学生で、地元の大学に通っています。

 

1年ぐらい前に、父(45歳)は僕の実の母と離婚して、今の義母さんと再婚しました。

 

実の母は、息子の僕から見ても派手好きで、家事も嫌いでろくにせず、家の事を放ったらかしてよく遊びに出掛けていました。

 

それを見かねた祖母が、よく晩御飯を作りに来てくれていました。

 

僕が小学生のころから父は実の母に愛想を尽かしていたようで、高校を卒業するのと同時に離婚しました。

 

父の仕事はスーパーの責任者で、そこにパートで働きに来た義母さんと知り合ったそうです。

 

父は実の母と離婚してすぐに今の義母さんと再婚しましたので、すでに数年間は付き合っていたんだろうと思います。

 

義母さんはまだ30歳で、長い髪を後ろで束ね、化粧も薄く清楚な顔立ちで落ち着きがあり、実の母とは正反対の女性です。

 

逆に何でこんな素敵な女性が父と一緒になったのかと不思議に思い、父に聞いてみました。

 

実は義母さんも再婚していて、離婚の理由というのが、元の姑にねちねちイビられ、それを元の夫がまったく助けてくれなかったんだそうです。

 

ついに我慢の限界がきて、27歳の時に離婚したそうです。

 

俗に言う嫁いびりで、元夫はマザコンというやつです。

 

再婚したばかりのころは、30歳なので義母さんというより、お姉さんという感じでした。

 

温かい食事、畳まれた洗濯物、綺麗に掃除された部屋、そしていつも笑顔で家にいる義母さん、全てに経験したことのない生活で感動でした。

 

僕はそんな義母さんに早く家に馴染んでもらえる様に、積極的に話しかけたり、買い物を手伝ったりして、コミュニケーションを取りました。

 

父も満足そうでした。

 

義母さんは息子となった僕にいつも優しくしてくれ、いつの間にか僕は義母さんとかお姉さんでは無く、1人の女性として意識するようになっていました。

 

家事をしている時のうなじや揺れるおっぱい、ムチムチのお尻に目が行ってしまい、興奮して勃起することもありました。

 

義母さんが来て半年ほど経ったある日、大学からの帰宅途中に突然大雨が降ってきて、ズブ濡れになりながら家に帰ってきました。

 

家には鍵が掛かっていたので誰も居ないと思い、急いでシャワーを浴びようと風呂場のドアを開けると、何と全裸の義母さんがいるではありませんか。

 

義母さんは、

 

「キャッ!」

 

と驚き、僕は慌ててドアを閉め、

 

「ゴメン!誰も居ないと思ってた!」

 

と謝りました。

 

義母さんは、

 

「こっちこそゴメンね、買い物帰りに突然雨が降ってきて濡れたから、シャワー浴びようと思って・・・」

 

と逆に謝られました。

 

一瞬でしたが、僕の目には義母さんの張りのある大きなおっぱい、くびれた腰、ムチムチのお尻が目に焼き付いて興奮し、たまらなくなってドアを開け、義母さんに後ろから抱きつきました。

 

義母さんは、

 

「何するの!?ダメよ!」

 

と抵抗しましたが、僕は後ろから義母さんの巨乳を掴んで揉みました。

 

「やめて!私達は親子なのよ!」

 

と言いながら、義母さんは僕を振りほどこうとしましたが、

 

「親子って言っても血は繋がってないし、年もそんなに離れてないじゃん、俺、義母さんの事気になってたんだよ!」

 

と言いながら、手を下に伸ばし、オマンコも触りました。

この体験談の続きを読む

母乳が出る巨乳奥さんに誘惑されてセックスした結果、衝撃の事実が…

母乳 セックス
画像はイメージです

 

色っぽい主婦の格好に勃起した

 

僕は高校1年の時、父の仕事の関係で、社宅に住んでいました。

 

とても綺麗な社宅とはいえず、あまり良い環境でも無かったです。

 

外に出ると、スケスケのネグリジェ1枚で涼んでいるお母さんがいたり、家の壁が薄いせいか、お隣でセックスしている声が聞こえてきたりもしました。

 

それをオナニーのおかずにしたこともありますけどね。

 

ちなみに僕は童貞ではありません。

 

中学3年の時、憧れていた友達のお母さんに、筆下ろししてもらった経験があります。

 

そのお母さんとは、一回だけの約束だったので、それ以降はセックスしてません。

 

今回は、母親の友達がこの社宅にいたんですが、その女性(明子さんとします)とのエッチな体験談を話したいと思います。

 

明子さんは主婦で、母の友達といっても、僕と母の中間ぐらいの年齢だったと思いますので、僕にとってはお姉さんのような存在でした。

 

僕の家にも頻繁に出入りしていましたし、主婦なのに色気もあって、僕に親しく接してくれました。

 

母は夕方6時から夜10時まで、近所の食堂でパートをしていました。

 

僕の家は鍵をほとんど掛けることがありません。

 

当時は社宅で鍵を掛ける家はほとんど無かったんです。

 

ある日、母がパートに出てからしばらくして、突然明子さんが家にやって来て、

 

「まーくん、ちょっと家に来て!」

 

と、かなり慌てた様子で呼び出されました。

 

明子さんの家に行くと、大きな蜘蛛が台所にいました。

 

「もう、怖くて・・・」

 

僕は新聞紙を丸めて叩き潰しました。

 

すると明子さんは、

 

「あ~良かった、ありがとう!」

 

と言って、僕に抱きついてきました。

 

大人の女性の香りを感じました。

 

明子さんが僕の家に来るようになって、何度もズリネタにしていたので嬉しかったです。

 

明子さんには子供がいて、生後5ヶ月位の女の子です。

 

女の子は新聞紙で叩く音にビックリして、泣き出してしまいました。

 

「ビックリしたね~、よしよし、お腹も空いてたかな~、おっぱいあげようね」

 

と言って明子さんは豊満なおっぱいを出して、女の子に飲ませ始めました。

 

僕は明子さんのおっぱいや乳首を見てしまい、ドキドキしてしまいました。

 

バッチリ目に焼き付けたので、

 

(帰ってオナニーしよっかな)

 

と思って帰ろうとしたら、

 

「ちょっと待って、もうすぐ飲み終えるから」

 

と言われて居間を見てみると、食事中だったようで、ビール瓶もありました。

 

僕は座って待つことにしました。

 

「まーくん、ごめんね、おばさんと一緒にご飯食べない?」

 

「はい」

 

とちゃぶ台の前に行き、座りました。

 

母が明子さんは以前、ホステスしていたと聞かされていました。

 

「まーくん、ビール飲んだこと有る?」

 

「ありますけど、苦くてあんまり好きじゃないです」

 

「じゃ、飲みやすくしてあげるわ・・・あっ、未成年にお酒勧めちゃまずいかな・・・ま、いっか」

 

と言って、明子さんは台所に行きましたが、その姿を見て、僕のチンコは勃起してしまいました。

 

明子さんはピッチリしたホットパンツに、ゆるゆるのTシャツ一枚で、しかもノーブラなんです。

 

さらに、台所のシンクの下にある物を取り出そうとして、突き出したお尻がこちらを向いていました。

 

まるで僕を誘惑しているかのようで、エロすぎてたまりませんでした。

この体験談の続きを読む

妹の中学生の彼氏を巨乳で誘惑したらむしゃぶりついて中出しまで

巨乳揉み
画像はイメージです

 

妹の彼氏にノーブラのおっぱいを見られました

 

私は20歳の女子大生です。

 

私には中学生の妹がいます。

 

私の通う大学は家から遠いので一人暮しをしているんですが、長期の休みの時期は実家に帰って過ごしています。

 

これは、この前の夏休みの時の話です。

 

7月に前期試験が終わり、実家に帰省した私はのんびり過ごしていました。

 

中学生の妹にはいつの間にか彼氏が出来ていて、夏休み期間中ということもあって、妹はよく彼氏を自分の部屋に呼んでいるみたいでした。

 

そんなある日、妹は遊園地でデートだといって彼氏と出かけ、両親も出かけていたので、家には私ひとりになりました。

 

私が居間でテレビを見ていると、まだお昼だというのに、妹が彼氏を連れて家に帰ってきました。

 

しばらくは帰ってこないだろうと思っていた私は、短パンにキャミソールというラフな格好でいました。

 

妹と目が合ったので、彼氏を紹介されて軽く挨拶をしたら妹が、

 

「やだ!お姉ちゃんノーブラじゃん、乳首出てるよ」

 

と言ってきました。

 

(しまった、忘れてた!)

 

と思ったときにはもう手遅れです。

 

妹の彼氏、ユウト君も私のおっぱいを見たのを確認しました。

 

自分で言うのもなんですが、私はスレンダーで巨乳なので、

 

(中学生の男の子には多少刺激が強すぎたかなぁ)

 

と思い、ユウト君の方を見ると、慌てて目を逸らしていました。

 

その日はそれで終わったのですが、数日後のことです。

 

ユウト君が妹を尋ねて家にやってきました。

 

どうやらデートの約束をしていたようなのですが、妹は完全に忘れて買い物に出かけてしまっていました。

 

慌てて妹に電話をすると、

 

「ごめん!あと1時間くらいして帰るから、ユウトに待っててもらって」

 

と言いました。

 

でも、妹のいる場所から家までは、どんなに急いでも2時間くらいはかかります。

 

仕方ないので、ユウト君をとりあえずリビングに案内しました。

 

ユウト君に、

 

「妹はあと3時間くらい帰ってこない」

 

と言うと、少し怒ったような顔をしましたが、待ってると言いました。

 

ユウト君に飲み物を出し、妹が帰ってくるまで、のんびりと居間で二人でテレビを見ていました。

 

まだ先日紹介されたばかりなので、そんなに会話もなく、重い空気が漂っていたので、私はユウト君に妹との交際について、どんな感じなのかを聞いてみることにしました。

 

照れてなかなか話そうとしないユウト君ですが、私はからかうように、

 

「妹とはどこまでいったの?」

 

と聞いてみると、恥ずかしそうに

 

「キスはしました」

 

と答えました。

 

「エッチはしてないんだ?」

 

と聞くと、

 

「まだそこまでは・・・させてもらえません」

 

と言いました。

 

我が妹よ、なかなか固いわねぇ。

 

私はウブなユウト君に意地悪な質問をしてみました。

 

「ユウト君この前、私の胸見たでしょ?」

 

するとユウト君は、

 

「ご、ごめんなさい・・・」

 

と言い、顔を真っ赤にして下を向いてしまいました。

 

すごく可愛く思えました。

 

私はさらに、

 

「謝らなくてもいいよ、私が見せたようなもんだし・・・で、どうだった?」

 

と聞くと、

 

「え?・・・いや・・どうって聞かれても・・・」

 

「なぁに?」

 

「大きいなぁと・・・思いました」

 

ユウト君はモジモジして、恥ずかしそうに答えました。

 

「本当?」

 

「は、はい」

 

「大きい胸は好き?」

 

と聞くと、ユウト君はコクンと頷きました。

 

「ユカリ(妹)は小さいもんね?」

 

と言うと、ユウト君は首を振って、

 

「胸は関係ないです!僕、ユカリのこと好きですから」

 

とキッパリと言いました。

 

もう、ユウト君がすっごく可愛くて、キュンキュンしちゃいました。

この体験談の続きを読む

インポになって姉貴に相談したらパイズリとフェラチオで治療してくれた

シックスナイン
画像はイメージです

 

インポになった俺は姉ちゃんに相談

 

俺は中学1年の時にオナニーを覚え、今では高校1年となってオナニー歴3年が過ぎていた。

 

毎日のようにズリネタのことばかり考え、ネットでエロい体験談を読んだり、エロ動画をダウンロードしては部屋で一人、シコシコとせんずりにふけっていた。

 

ところがどっこい、ある日突然、俺はインポテンツになってしまった。

 

原因などまるで分からない。

 

(何故まだ若いこの俺がインポに?)

 

俺は一生分に匹敵するザーメンをこの3年で消費しきってしまったか?

 

そんなはずはないが、俺は落ち込み、多少怖くなった。

 

俺のチンポはまるで反応しなくなり、どうにもならない状態に入った。

 

そして2週間ほどが過ぎ、思い切って高校3年の姉に相談することにした。

 

「ねえ姉貴、ちょっと相談したいことがあるんだけど」

 

居間でテレビを見ていた姉に、俺は不意に話しかけた。

 

「何?相談って?」

 

「あの~、言いにくいんだけど・・・俺さ、インポになっちゃったんだ」

 

一瞬姉が固まり、静寂が流れた。そりゃそうだろう。

 

女である姉に、インポの相談をする方がどうかしている。

 

「な、何言ってんの勇二・・・そんなこと・・・いったい私にどうしろって言うのよ」

 

「2週間前から、これっぽっちも勃起しなくなっちゃって・・・エッチな動画見ても全然反応しなくなっちゃったんだ。こんなこと相談できるの姉貴しか居なくて・・・頼む、何とかしてくれ」

 

「バカなこと言ってんじゃないわよ!」

 

「やっぱり無理?」

 

「・・・う~ん・・・どうして、そうなっちゃったのよ。何か理由があるの?」

 

「それがまったく分からないんだよ」

 

「だいたい、そんなこと・・・女の私に相談されたって、分かるわけないじゃない」

 

「そりゃそうだよね、ごめん、俺、もうちょっと、様子見ることにする」

 

俺は姉への相談を諦め、しょんぼりして自分の部屋へ戻ろうとした。

 

しかしその時、姉が俺に声をかけてくれた。

 

「困ったわね・・・ねえ、勇二、仕方ないし、ちょっとだけ見てあげるわ」

 

「えっ、本当?」

 

「思い切って相談してくれたのを、無下に断るのも可愛そうだしさ、とりあえずここに座って」

 

姉が座っていたソファーの隣に俺は腰掛けた。

 

姉は立ち上がり、DVDプレイヤーの奥から、何やら1枚のDVDを取り出した。

 

「これ見てみる?パパが隠してた無修正DVDなの。けっこうハードなやつよ」

 

再生された映像は、俺も知ってる人気AV女優の無修正のやつで、確かにめちゃくちゃエロかった。

この体験談の続きを読む