寸止め 手コキ
画像はイメージです

 

ナースが両手骨折で禁欲中の俺を挑発

 

俺は22歳の時、バイクで事故って入院しました。

 

両手骨折という大怪我で、当然両手ともにギプスをさせられました。

 

両手が使えないということはめちゃくちゃ不自由ですが、つらいのが禁欲生活です。

 

2日目までは骨折の痛みで気にならなかったんですが、3日目になると、両手の痛みもほとんど治まってきました。

 

そしたら朝立ちでチンポがビンビンになってました。

 

もう痛いくらいの勃起です。

 

俺が入院した病院には結構可愛い21歳のナースがいて、その子がわざとなのか、挑発するような行動を取るんです。

 

ちなみにナース服は淡いピンク色で、その子はちょっとだけスカートを短くしています。

身長は155cmくらいで胸はCカップかな。

 

名前はYさんって事にしときます。

 

俺の名前は鈴木です。

 

Yさんはいつも俺の点滴を取り換えに来る役目なんですけど、カゴの中にある点滴袋を取る時に、いつも前かがみになります。

 

しかも俺の方にお尻を向けてです。

 

「えっと、鈴木さんのは・・・あったあった」

 

ちょっと短いスカートからは、パンツが見えそうで見えないギリギリってとこです。

 

でもストッキング履いてないので、パンティーラインは見えてるんですが、小さいような気がします。

 

(無性に覗きたいけど、こっちを振り返られたら・・・)

 

と思うと下手に覗くことはできません。

 

もう俺のパンツの中でチンポはギンギン状態で、ガマン汁出まくってます。

 

布団にチンポ擦り付けて射精したいくらいです。

 

「はい、交換終わりました」

 

と、のん気に言われました。

 

結局どうにもできないまま、その日はなんとか眠ることができました。

 

夢精するんじゃないかと心配しましたが、しませんでした。

 

というか、俺は今まで夢精したことがありません。

 

そして禁欲4日目になりました。

 

今日はYさんは休みかと思ったら、夜勤だったみたいで、夜に来ました。

 

同じようにまた点滴です。

 

「鈴木さん?点滴ですよ」

 

「えっと、鈴木さんのは・・・」

 

またYさんは前かがみになります。

 

「私、体が硬いんですよね」

 

とか言いながら点滴を取ろうとしています。

 

「へー、そうなの」

 

って言いながらYさんを見ると、右足を立ててしゃがんでるYさんのパンティーがバッチリ見えてしまいました。

 

可愛い顔に似合わず、黒の大人っぽいパンティーでした。

 

あまりに刺激的で、見た瞬間俺は、射精してしまうんじゃないかと思いました。

 

動揺してたらYさんがその体制のまま、

 

「ん?どーかしました?」

 

とかまた、のん気に聞いてくるんです。

 

もチンポはギンギンで、とんでもない事になってるけど、そんなことは言えません。

 

「いや、あの、なんでもないよ」

 

てあたふたしてしまいました。

 

(やっぱりこの子、わざとやってないか?)

 

「ふーん、じゃ、点滴付けますね」

 

その時は、それで終わりました。

この体験談の続きを読む