タグ:射精管理の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:射精管理

早漏の僕は妻から射精管理されて男性用スケスケショーツとリングを装着しています

射精管理
画像はイメージです

 

射精を我慢しなさい

 

僕は26歳で、雄一といいます。

 

半年前に、1年間交際していた妻の千奈美と結婚しました。

 

妻は38歳と一回りも年上ですが、僕が営業で困っている時に、同じ会社の方を紹介してくれたりして、すごく助けられていました。

 

そして付き合い始めて半年が経った頃に、千奈美さんの方から告白され、結婚することになりました。

 

千奈美さんも仕事をされていて、毎日スーツ姿での仕事なのですが、見た目よりも若く、プロポーションもよくて豊満な体型です。

 

といっても太っているわけではなく、バストが97cmセンチのIカップもあり、ウエストは64cmくらいで、ヒップは93cmくらいです。

 

ボン、キュッ、ボンを絵に描いたような体型です。

 

千奈美さんとの結婚生活はとても楽しくて、しかも人生の先輩でもあるので、なにかと教えてもらうこともあります。

 

いつかは僕の給料だけで養いたいと思っていました。

 

でもその楽しい新婚生活は、わずか3ヶ月で途切れてしまいました。

 

千奈美さんとの夜の性生活が原因です。

 

付き合っていた時から分かっていたことではあるのですが、僕はかなりの早漏で、挿入してから平均2、3分、早ければいわゆる“3擦り半”で射精してしまうこともあります。

 

千奈美さんのオマンコの中が気持ちいいのが原因なのですが、最近ようやく5分を越えるようになったところです。

 

そして、ついに千奈美さんから“キツいお仕置き”が下されてしまったのです。

 

それは2ヶ月前の7月の暑い日でした。

 

僕が仕事から帰ってくると、千奈美さんは超セクシーなベビードールを身にまとっていました。

 

薄いピンクのキャミソールはお尻までしか丈がなく、下のブラとショーツは同じような色合いですが、隠している生地は小さく、ブラはハーフカップ、ショーツはTバックでした。

 

帰るなり玄関口で着替えるように命令され、素っ裸にされました。

 

渡された袋に入っていたものは、男性用Tバックのショーツで白のシルク地のものでした。

 

穿いてみるとスケスケで、チンコの色や形が丸分かりでした。

 

おまけにSサイズと小さく、少しでも勃起しようものならはみ出してしまいそうな状況でした。

 

なんとこの格好で朝まで過ごし、しかも、

 

「射精を我慢しなさい」

 

と言うのです。

この体験談の続きを読む

【射精管理】会社のアイドルと結婚した私はドSな妻のチンポ奴隷

射精管理
画像はイメージです

 

会社のアイドルに告白されて結婚

 

私は33歳の会社員で、結婚して6年になります。

 

ミクという29歳のとっても可愛い自慢の妻がいるのですが、実はその可愛い妻に私は射精管理されています。

 

ミクはロリ顔で小柄ですが、おっぱいも大きくお尻もプリッとしていて、肉感的な体をしています。

 

それ故に、短大時代から色んな男に告白され、モテまくりだったミクは、男に不自由しない学生生活を送っていたようです。

 

卒業後に私の勤め先に就職してきました。

 

そしてしばらくすると、なぜかイケメンでも高身長でも金持ちでもない、冴えない私に告白してきたんです。

 

とても可愛い会社のアイドル的存在の女性に告白されて戸惑う私でしたが、可愛い女の子に真剣に好きだと言われて断るわけがありません。

 

そのまま交際することになり、当然ながらセックスもしました。

 

ミクの好むセックスは、基本的に騎乗位で、ミクが全ての主導権を握り、私はマグロ状態を強いられました。

 

しかも、早く射精してしまうと叱られてしまいます。

 

「もっと長持ちしてもらわないと、私満足できないんだけど・・・どうしよっかな・・・長持ちする男の人、他に探そうかしら・・・」

 

ミクの口から信じられない言葉が出て、私は焦りました。

 

告白してきたのはミクからですが、私はこの時にはもうロリ可愛いミクにメロメロでしたので、

 

「ゴメン!今度は長持ちさせられるように頑張るから・・・」

 

「今度じゃダメよ。そうだ、おちんちんの根元を縛っちゃえばいいんじゃない?」

 

そう言うとミクは、髪を束ねていたゴム紐を外し、チンポの根元を縛りました。

 

すると、一度射精して萎えていたチンポがムクムク勃起してきました。

 

すぐにミクは跨ってきて、いっぱい腰を動かされましたが、縛られているので勃起が持続し、ミクを満足させることができました。

 

ミクは、

 

「私のため」

 

と言って、いろんな種類のコックリングを持って来ては、私のチンポだけでなく金玉にまで嵌めて、射精をコントロールするようになりました。

 

レグノリング レーサー

 

私はいつの間にか、ミクにチンポを支配されることに興奮するようになっていました。

 

ミクは、

 

「合格だわ。短大の頃、何人かの男性と付き合ったんだけど、みんなおちんちんいじめられるの嫌がって別れちゃったんだ。でもあなたは全然嫌がらない。わたし、そんな気がして好きになったんだ。あなたとなら、結婚生活も楽しそうだし、うまくやっていけそうな気がするの」

 

そう言われて嬉しくなり、交際2年ほどで結婚しました。

 

会社の同僚には羨ましがられましたが、中にはショックで会社を休む者までいました。

 

それぐらいミクにとって私は、不釣合いな男だったようでした。

 

新婚時代は、当然のように毎日セックスしていました。

この体験談の続きを読む

射精管理している男性を焦らしまくって最後はオナニーさせました

射精管理
画像はイメージです

 

射精管理中の男性から会ってほしいと言われました

 

私は33歳の主婦です。

 

ある時ネットを通じて、

 

「射精管理して下さい」

 

という書き込みをしていた若い男性と知り合いになりました。

 

話を聞くと、毎日寸止めオナニーをしているらしく、一人では孤独を感じるからやる気にさせて欲しいとのことでした。

 

私も暇をもてあましていたので応じる事にし、最初はなんとなく、

 

「まだイッちゃダメ!」

 

とか

 

 

「今日もおちんちんシゴいて寸止めオナニーしなさい」

 

とかメールしていたんですが、彼と携帯の番号をやり取りするまで、さほど時間はかかりませんでした。

 

初めての電話の時は私のほうが緊張してドキドキしていたかもしれません。

 

最初は何でもない会話をしていたのですが、やがて話題はエッチな方向に行きました。

 

私は、

 

「今、オナニー出来る?」

 

と聞いてみました。

 

彼は息を漏らしながら、

 

「出来ます」

 

と言いました。

 

私は増々興奮してしまいました。

 

(私の命令で、彼はオナニーをしているんだ)

 

電話の向こうではぁはぁ言っているのが聞こえます。

 

息遣いが荒くなってきました。

 

しばらくして私は、

 

「もう、やめなさい!」

 

と言いました。

 

その日を境に、彼のおちんちんを私が支配することになったのです。

 

メールも直接携帯に送るようになりました。

 

「若い女性店員のいるコンビニでエロ本を買いなさい」

 

「今すぐ、近くのトイレに入って寸止めオナニーしなさい」

 

「返事が遅いわよ!私が許すまで、おちんちんには一切触れちゃダメ!」

 

それから約1ヶ月もの間、彼に射精を禁止しました。

 

すると一変して彼のほうから、

 

「会って下さい」

 

と言われたんです。

 

その時には、私にとりましても彼の存在は大きなものになっていたのです。

 

(会ってしまったら、この関係が終わってしまうのでは?)

 

という心配もありましたが、会わないでいると後悔が大きくなりそうな気がしたので、私は会う決断をしました。

この体験談の続きを読む

中学3年で射精管理させられた俺のチンポはお姉さんのオナニー道具

射精管理
画像はイメージです

 

勃起しなくなるまで搾り取られました

 

あれは俺が中学3年生の時の夏休みでした。

 

当時通っていた塾の夏期講習で、国語を担当していた大学4年生の女子大生・由美さんと街で偶然会ったんです。

 

まだ夏期講習が終わって数日しか経っていなかったのでお互いすぐに分かり、時間もあったので話をし、いつのまにか俺は由美さんのアパートにお持ち帰りされたんです。

 

「徹君、さすがに女の子には興味あるでしょ?性に関心を持つ思春期だもんね。もう女の子とはエッチした?」

 

「いや、ないですよ」

 

「じゃあ、オナニーする時、何を想像するの?」

 

中3の男子からしたら、大学4年のお姉さんの色っぽさにドギマギしていました。

 

由美さんは1学年上の先輩と交際していたんですが、3月の卒業で別れていました。

 

その寂しさを中3の少年で埋めようとしていたのか、元々ショタコンだったのかは分かりません。

 

由美さんに迫られ、ズボンを脱いで、パンツを脱ぎ、チンポを出すと、

 

「ふーん、ちゃんとここは剥かないと駄目よ、お風呂で綺麗に洗わなきゃ」

 

ゆっくりと亀頭を剥かれ、付着していた黄色い恥垢を拭いてくれました。

 

女子大生にチンポを握られて、思春期の俺は当然勃起します。

 

「あら、元気いいわね。うふふ、溜まってるの?じゃあ出してあげよっか」

 

三擦り半とはこのことで、数回シコシコされただけであっという間にドビュッと発射してしまいました。

 

「ちょっと、やけに早いわね。もうちょっと我慢しないと女の子とセックスできないよ」

 

由美さんは俺を仰向けに倒すと、バッグから髪を束ねる黒いゴムを取り出し、金玉を縛りだしました。

 

「うーん、片方ずつ縛れないかしら」

 

そう言って、金玉を片方ずつ縛りだしたんですが、少し痛かったです。

 

「うわータマタマパンパン!あとはおちんちんの根本を締めちゃえば・・・うわあ、もうビンビンだね。」

 

再び勃起させられ、チンポの亀頭部分をナデナデするように優しく撫でられます。

 

中学生の俺はそれだけでもまた射精感が沸いてきましたが、出そうで出ない快感地獄に追いつめられました。

 

「ふふっ、ねえ、ドピュッて出したい?」

 

「は、はい!出したいです!」

 

「いいわよ、出してみなさい」

 

「出したいけど、で、出ません!」

 

俺は快感に我慢できず、亀頭だけ握っている由美さんの手でオナニーしているような形で腰を動かしました。

 

その様子を含み笑いしながら見ていた由美さんは、急に強くチンポを握って扱き始め、たまらずあっという間に2回目の射精をさせられました。

 

射精の勢いで金玉がせり上がり、縛っていたゴムが飛びました。

 

それからも由美さんはチンポを弄り続け、3回目の射精をさせられ、4回目は空砲、もう勃起しないくらいにまで搾り取られました。

この体験談の続きを読む