タグ:寸止めの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:寸止め

焦らしと寸止めに連続射精で失神!Mな彼の涙ぐむ顔を見るのが私の喜びです

焦らし 寸止め 連続射精 失神
画像はイメージです

 

Mな彼とSな私

 

私の彼はどうやらMだったみたいで、私もSなので相性良かったんです。

 

初めて彼とセックスした時は、まだ彼がMだってこと知らなかったので、ノーマルにやってました。

 

2回戦目が終わったあたりから、何か彼の様子が普通?とは違ってきて、やけに私に責めさせるんです。

 

それで私が、

 

「もしかして責めて欲しいの?」

 

って聞いたら彼は、

 

「実は俺Mなんだ、ごめん」

 

って言うんです。

 

私はSですからもちろんOKって感じになって、その時から射精責めをする事にしました。

 

私とセックスする時は事前に1週間くらいオナ禁で溜めさせておいて、やる時はもう本気です。

 

最初は、ゆっくり1時間くらい勃起したオチンポには触らずに彼を焦らしていって、そ
の後で彼が音を上げて我慢が出来なくなってからが本番です。

 

「お願いだから出させてくれ!」

 

って言い出したら、ちゃんと手で握ってあげます。

 

でも念のために、彼の両手両足をベッドの端っこに紐で括りつけて、大の字に寝かせます。

 

オチンポを擦り始めると、もうだいぶ焦らしちゃってるから、先っぽからガマン汁が結構出てるんですけど、これがローションっぽくなっていい感じみたいです。

 

でもすぐイっちゃいそうになるから、限界が来たら手を離して、収まってきたらまた擦ってっていう寸止めを何度も繰り返します。

 

この時の彼の、

 

「お願いだからイかせて」

 

っていう悲痛な声が堪らないんですよね。

 

私の方も段々興奮してきちゃうんです。

 

そうなったら私の方が手コキしてるだけじゃ物足りなくなっちゃうから、下半身だけ裸になり、彼の顔に顔面騎上してオマンコ舐めさせます。

 

彼もイきたい衝動に駆られてるから、本気でペロペロ舐め続けてくれます。

 

でもこれって、気持ちいいけど彼の声が聞けなくなっちゃうのがちょっと・・・もっといい方法はないか模索中です。

 

それで時間にすると・・・やっぱり1時間くらいかな?

 

それくらい焦らしてると、彼が本当に辛くなるみたいで、私が何か話し掛けても、

 

「うー」

 

とか

 

「あー」

 

しか言わなくなっちゃうんですね。

 

ちょっと獣じみてる感じです。

 

仕方ないからとりあえず顔面騎上はやめて、そろそろオマンコにガマン汁でベトベトのオチンポをハメてあげます。

この体験談の続きを読む

女王様に寸止めされチンポもアナルも刺激され連続射精で気が狂いそうでした

女王様 寸止め 連続射精
画像はイメージです

 

女王様の過激なサービス

 

以前、性感ではないSMクラブでM調教された時の話です。

 

鞭、ロウソク、逆さづりでエネマグラなど、かなりハードなプレイだったのですが、少し休憩したあと、後半戦の時に女王様から、

 

「今日はもう後が入ってないんでサービスしてあげるけど時間ある?」

 

と聞かれ、即座に

 

「はい!」

 

と返事をしました。

 

その女王様は3度目だったのですが、

 

「じゃ、面白い事してあげるね」

 

と急に優しい口調に変わりました。

 

(何をされるんだろう)

 

と不安に思っていると、全裸で尻をついた状態で柱に後ろ手に縛られました。

 

(いつもとあまり変わらないけどな)

 

と思っていたら、そのまま足を柱に引き上げるように縛られ、子供のおしっこスタイルみたいな格好にされました。

 

「今から気持ちいいことしてあげるけど、いいと言うまで出したらだめよ!」

 

と言うと、女王様はバイブと手コキを交互に混ぜながら、私を射精へ追い詰めていきました。

 

そのテクニックは怖いほどで、カリから裏スジ、金玉、蟻の戸渡り、アナルまで満遍なく刺激され、すぐに追い詰められました。

 

「だめです。もうイキそうです!」

 

というと女王様は、

 

「じゃ、ゆっくり20数えなさい。それまで絶対イっちゃだめよ!」

 

と優しく言ってくれました。

 

「いーち、にーい・・・にじゅう」

 

我慢しながらやっとの思いで数え終わると、

 

「よく我慢したわねー。じゃあもう一回20数えなさい。そしたらイカせてあげる」

 

でも今度は10を過ぎた所で、もう我慢の限界がきました。

 

「ひーっ、もうだめ!逝っちゃう!逝っちゃう!やめて!バイブ止めて!あー!イクー!」

 

と我ながら情けない声を張り上げていました。

 

女王様は分かっていたみたいで、寸前で手もバイブもサッと離して、

 

「だめよ!まだイッちゃ」

 

と言ってニヤッと笑いました。

この体験談の続きを読む

人妻に気に入られた僕は寸止めで焦らしてオマンコに思いっきり中出ししました

人妻 バック 中出し
画像はイメージです

 

奥さんのフェラチオでイカされました

 

僕は28歳の営業マンですが、40歳の奥さんがいる家に営業に行った時の話です。

 

奥さんは年の割には綺麗な女性で、どうやら僕のことが気に入ってくれたみたいです。

 

「せっかくだから、ゆっくりお茶でも飲んでいって。それとも、お茶よりビールの方がいいかしら?」

 

色気たっぷりで、完全に誘惑するような言い方です。

 

何が「せっかく」なのかは分かりませんが、ビールまで勧めてくれました。

 

僕もせっかくだから、旦那さんが突然に帰宅してこない事を確認し、誘惑してくる奥さんに勧められるまま、色々とご馳走になっちゃいました。

 

本当に夢のような体験です。

 

奥さんの鮮やかなピンク色に塗られた唇が、僕のアゴから首筋、そして敏感な乳首を責めてきました。

 

上目遣いに、いたずらっぼい瞳で微笑み、

 

(あなたの敏感なところ、すぐに分かっちゃうのよ)

 

とでも言わんばかりの表情でゾクゾクします。

 

そして、すぐに舌先でチロチロと舐めたり、軽くチューと吸ったり、軽く歯を立てたりしてきたのです。

 

確かに僕は乳首が弱点なんですが、奥さんのあまりにも巧妙かつ丁寧な舌先攻撃に、思わず

 

「うっ、ううっ~」

 

って声にならならない喘ぎ声を漏らしてしまいました。

 

同時に腰をモジモジさせていました。

 

その瞬間を待っていたかのように、奥さんはそれまで乳首を弄ったり転がしたりしていた手を、すでにギンギンに勃起したチンポに這わせてきたんです。

 

そして嬉しそうに、

 

「あらあら、元気のいい僕ちゃんね。もうこんなに張り切っちゃってるわ」

 

そして顔を股間に移動させ、亀頭へと舌を絡みつかせてきたのです。

 

その間も奥さんの手で触られていたチンポは、もうこれ以上ないほどに硬度と赤黒さを増していたのです。

 

亀頭の鈴口部分をチロチロと舐められたり、パクッと咥えられてチュパチュパしごかれたり、時には裏スジをツツーとナメナメされたり、カリの部分を甘噛みさたりしました。

 

僕はもう爆発寸前になりました。

 

なのに奥さんは、たっぷりフェラチオを楽しみながら、チンポを攻撃するだけでなく、両手指までも駆使して、金玉から蟻の門渡り、肛門まで愛撫したのです。

 

そんな奥さんのテクニック抜群の攻撃に、チンポは文字通りギンギンにいきり立ち、金玉袋は痛いほどにキュッと縮みあがってきたのでした。

 

そう感じた時には、時すでに遅しでした。

 

僕は恥ずかしいことに、奥さんの口の中に一発目の精液をドピュドピュと元気よく発射してしまったのでした。

 

なのに奥さんは、僕の元気のいい精液を嫌やな顔ひとつせずにゴクンッと飲み干したんです。

 

「あー、やっぱり若い男性のエキスって美味しいわ。でも二度目は、ちゃんと下のお口に頂戴ね。この若さと元気さだったら、すぐにOKよね?」

 

なんて言って。

この体験談の続きを読む

【射精管理】会社のアイドルと結婚した私はドSな妻のチンポ奴隷

射精管理
画像はイメージです

 

会社のアイドルに告白されて結婚

 

私は33歳の会社員で、結婚して6年になります。

 

ミクという29歳のとっても可愛い自慢の妻がいるのですが、実はその可愛い妻に私は射精管理されています。

 

ミクはロリ顔で小柄ですが、おっぱいも大きくお尻もプリッとしていて、肉感的な体をしています。

 

それ故に、短大時代から色んな男に告白され、モテまくりだったミクは、男に不自由しない学生生活を送っていたようです。

 

卒業後に私の勤め先に就職してきました。

 

そしてしばらくすると、なぜかイケメンでも高身長でも金持ちでもない、冴えない私に告白してきたんです。

 

とても可愛い会社のアイドル的存在の女性に告白されて戸惑う私でしたが、可愛い女の子に真剣に好きだと言われて断るわけがありません。

 

そのまま交際することになり、当然ながらセックスもしました。

 

ミクの好むセックスは、基本的に騎乗位で、ミクが全ての主導権を握り、私はマグロ状態を強いられました。

 

しかも、早く射精してしまうと叱られてしまいます。

 

「もっと長持ちしてもらわないと、私満足できないんだけど・・・どうしよっかな・・・長持ちする男の人、他に探そうかしら・・・」

 

ミクの口から信じられない言葉が出て、私は焦りました。

 

告白してきたのはミクからですが、私はこの時にはもうロリ可愛いミクにメロメロでしたので、

 

「ゴメン!今度は長持ちさせられるように頑張るから・・・」

 

「今度じゃダメよ。そうだ、おちんちんの根元を縛っちゃえばいいんじゃない?」

 

そう言うとミクは、髪を束ねていたゴム紐を外し、チンポの根元を縛りました。

 

すると、一度射精して萎えていたチンポがムクムク勃起してきました。

 

すぐにミクは跨ってきて、いっぱい腰を動かされましたが、縛られているので勃起が持続し、ミクを満足させることができました。

 

ミクは、

 

「私のため」

 

と言って、いろんな種類のコックリングを持って来ては、私のチンポだけでなく金玉にまで嵌めて、射精をコントロールするようになりました。

 

レグノリング レーサー

 

私はいつの間にか、ミクにチンポを支配されることに興奮するようになっていました。

 

ミクは、

 

「合格だわ。短大の頃、何人かの男性と付き合ったんだけど、みんなおちんちんいじめられるの嫌がって別れちゃったんだ。でもあなたは全然嫌がらない。わたし、そんな気がして好きになったんだ。あなたとなら、結婚生活も楽しそうだし、うまくやっていけそうな気がするの」

 

そう言われて嬉しくなり、交際2年ほどで結婚しました。

 

会社の同僚には羨ましがられましたが、中にはショックで会社を休む者までいました。

 

それぐらいミクにとって私は、不釣合いな男だったようでした。

 

新婚時代は、当然のように毎日セックスしていました。

この体験談の続きを読む

高校時代に僕は女子から逆レイプされて射精させられる毎日でした(3)

双頭バイブ
画像はイメージです

(前回の続き・・・)

 

↓ ↓ ↓

 

 

レズビアンに気をつけろ

 

僕は来る日も来る日も、部活の前には部室でせんずりさせられ、アンダースコートの中に強制射精させられていました。

 

精液で汚れたアンダースコートは、毎日家に持って帰って、洗濯しなければなりません。

 

親にバレたくないので、こっそりと自分で洗っていました。

 

部室でのせんずりの後は、女子のテニスウェアを着せられて、部活をやらされていました。

 

スカートの下は、何も穿かせてもらえず、フルチン状態です。

 

女子部員達は、スカートの下で揺れるチンポを見て、笑っていました。

 

ある時、1年生の女子部員が僕に、

 

「毎日あんなエッチなことさせられて、嫌じゃないんですか?」

 

って聞いてきました。

 

僕は、

 

「嫌だけど、部活辞めたくても辞めさせてもらえないし、仕方ないんだ」

 

と答えました。

 

「嫌なのに、どうしてアソコが大きくなるんですか?男の人って、みんなそうなんですか?」

 

と不思議そうに聞かれると、困惑してしまいました。

 

なんとも答えようがないんです。

 

恥ずかしいし、嫌なんだけど、やっぱり女子に見られたり、触られたりしたら感じるし。

 

「男はみんなそうなんですか?」

 

て聞かれると、絶対とは言わないけれど、おそらく、ほとんどの男はそうなんじゃないかと思う。

 

でも1年生の女子相手に、そう答えることは出来ませんでした。

 

変態だと思われても困りまししね(もう思われてるかもしれないけど)。

 

だから屁理屈をこねて、適当に誤魔化しておきました。

 

そんな話をしている中で、僕はつい言ってしまったことがあります。

 

「卒業した先輩女子の中には、レズビアンの子もいたんだ。今の部員の中にもレズの子がいるよ。そういう趣味がないなら、気をつけた方がいいよ」

 

馬鹿なことを言ったなと、後になって後悔しましたが、まさに後の祭りでした。

 

ある土曜日のことです。

 

部活が終わったのは午後4時頃だったんですが、その日は部室でのせんずりは強要されなかったし、
女子のテニスウェアを着てフルチンで部活をやらせられることもありませんでした。

 

何だか不気味でした。

 

日課のようになっていて、僕も毎日覚悟していたことですから・・・。

 

そしたら部活が終わった後、先輩女子2人に、

 

「ちょっと今から付き合いなさいよ」

 

と誘われました。

この体験談の続きを読む