タグ:寝取りの記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:寝取り

会社内の痴女OLに狙われた!「そんなに私とエッチしたかったの?」

 

痴女OL
画像はイメージです

うちの会社に痴女がいる?

 

私は、従業員1000人を越える割と大きな会社に勤めています。

 

会社内には、彼女や奥さんのいる男を狙うのが好きなOLがいるという噂があるんです。

 

同僚からは、

 

「オレもやられた」

 

とか、

 

「食われそうになった」

 

とか聞いたことはあったんですが、まさか自分がそのOLに狙われるとは思っていませんでした。

 

別の部署の女性なのですが、年は31歳で、綺麗でスタイルもいい女性です。

 

狙われる場所やキッカケについても、色んな噂がありました。

 

私には同じ部署の彼女がいます。

 

その彼女と一緒に、エレベーターに乗っている時でした。

 

わりと混んではいましたが、やたらと私の腰の辺りに手が触れてくる感触がありました。

 

(彼女かな?)

 

と思ったのですが、こんなとこで触ってくるような女性じゃないし、彼女を見ても、触ってきてないのは間違いありません。

 

しかもその手は、尻から太ももに移動して、這うような感じでズボンの上からチンコを撫でてきました。

 

思わずチンコが勃起してきて、声が出そうになりましたが、彼女にバレないように注意しながら、手を目線で追っていくと、色気ムンムンの女を確認しました。

 

長い髪におっぱいも大きく、スカートも短めで、お尻も大きく丸みを帯びていました。

 

エレベーターが着いて降りましたので、女による痴女行為はそこで終わりましたが、どうやらそれから私をターゲットにしたみたいです。

 

というのもそれ以降、何度かその女性と2人だけになることが多くなったからです。

 

そしてある日、私が資料室に入った時、後から付けて来たようにその女性が入ってきました。

 

資料室で2人きりになり、わざとしゃがんでスカートの中を見せるようにしたりしてきます。

 

胸もブラウスのボタンを外して、おっぱいの谷間が見えるようにしています。

 

露骨にやっているのが分かったので、チラ見というよりは、じっと見てしまいました。

 

私が見ているのが分かると女性は迫ってきて、

 

「私としたい?」

 

と色気ムンムンで迫ってきて、首に腕をまわして、いきなりキスしてきました。

この体験談の続きを読む

娘の彼氏を誘惑して寝取りました 罪悪感もあるけどもう私の彼氏です

娘の彼氏を寝取る
画像はイメージです

 

娘がいないので私が彼氏を誘いました

 

私は41歳の主婦です。

 

高校2年生の娘がいて、友美といいます。

 

娘には、21歳の大学生の正雄君という彼氏がいます。

 

正雄君が大学1年で、友美が中学三年の時、知り合いから紹介されて、家庭教師をしてもらうことになりました。

 

正雄君は教え方が上手みたいで、そのおかげで友美は、難関と呼ばれた高校に受かることができました。

 

しかもその後、二人は交際を始めました。

 

正雄君が家庭教師だったので、家に遊びに来ても違和感もなく、自然な感じでおよそ2年が経とうとしていました。

 

夏休みの8月のある日、友美が女友達と出掛けている時のことでした。

 

正雄君が友美を映画に誘いに来ましたが、友美は忘れていたみたいで、

 

「出掛けてるわよ」

 

と告げると、正雄君はがっかりした様子でした。

 

私は時間に余裕があったので、ダメ元で、

 

「その映画おばさんも見たかったから、よかったら一緒に行かない?」

 

と誘ってみると、意外なことに正雄君はあっさりOKしてくれました。

 

誘っておいてなんですが、私はかなり驚きました。

 

それからなんだか私の方がドキドキしてしまいました。

 

「ちょっと待っててね」

 

と言って部屋にもどり、軽く化粧をして、ちょっと若く見える服装に着替えました。

 

「お待たせ」

 

玄関で待ってくれていた正雄君に声をかけると、

 

「おばさん、綺麗ですね」

 

なんて言ってくれました。

 

そんなこと言われたのは、若いころ以来なので嬉しくなり、

 

「じゃ、今日は私とデートだね、本当にいいの?」

 

と一応、念を押してみましたが、

 

「もちろんですよ、おばさんとデートできるなんて、めっちゃ嬉しいです」

 

私はもう舞い上がりそうでした。

 

家を出ると、

 

「奥様どうぞ」

 

と正雄君は笑いながら助手席のドアを開けてくれて、私も

 

「ありがとうボーイさん」

 

なんてふざけ合って、正雄君のRV車に乗りました。

この体験談の続きを読む