中学生の姪 中出し
画像はイメージです

 

中学生の姪と二人きり

 

妻の姉の娘、つまり姪の聡美ちゃんが家に遊びに来ました。

 

聡美ちゃんは中学3年生で、小さい頃から私にもよく懐いていました。

 

小学1年からクラシックバレエを習っていて、背は高いですが痩せています。

 

小学5年で少し胸が膨らんできたころまで、一緒に風呂にも入っていました。

 

当時は、

 

「聡美ちゃんも大人の女性の体になってきたから、もう俺と一緒にお風呂に入るのはまずいよ」

 

「おじちゃんは好きだからいいの」

 

なんてやり取りがありました。

 

先日、妻と義姉が実家へ行くということで、聡美ちゃんも連れて行こうとすると、

 

「受験勉強があるから」

 

という理由で、仕事で行けない私と2日間一緒に過ごすことになりました。

 

妻たちが出かけた日の夜、仕事から帰ると、聡美ちゃんがエプロン姿で夕食の準備をしていました。

 

タンクトップにショートパンツ姿です。

 

バレエで鍛えられた引き締まったスレンダーボディーに中3の姪ながらドキドキしました。

 

「おじちゃん、お仕事お疲れさまでした」

 

と聡美ちゃんがビールを注いでくれ、二人だけで焼肉を食べました。

 

「勉強ははかどった?ひとりだから寂しくなかった?」

 

「勉強は順調。おじちゃんと一緒にいれるから寂しくないよ」

 

と嬉しいことを言ってくれます。

 

「聡美も少しだけビール飲んでいい?」

 

「えぇ~子供はダメだよ、俺が叱られちゃうし」

 

「大丈夫、ちょっとだけ、ね~お願い!」

 

仕方なく、小さなグラスに半分くらい注いであげました。

 

「苦っ!でも好きかもしんない」

 

とチビチビ飲んでました。

 

頬がほんのり赤くなると、学校のことや進路のことなど話し始めました。

 

「聡美ちゃん、ボーイフレンドは?」

 

「片思いの人はいるよ」

 

「そっか、そういうお年頃だもんな、どんな人?」

 

「えぇ~?ナイショ」

 

「えぇっ?教えてよ、ビール飲んだことチクるぞ」

 

「ダメだよ、ママには真面目でいい子にしてるんだから」

 

「じゃ~教えてよ」

 

「えぇ~恥ずかしい」

 

「いいから誰?」

 

「おじちゃん」

 

「はぁ?ビールで酔ったんだな、でもありがとう、そういえば小5の時にそんなこと言ってたな。いやぁ~こんな若い女性に告白してもらっちゃった」

 

と笑いながら言うと、

 

「あの時からずっと好きだったの・・・もちろん今でも」

 

と突然泣き出したんです。

この体験談の続きを読む