タグ:妊娠の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:妊娠

泥酔した僕を逆レイプで中出しさせたお姉さんたちに数年後出合うと衝撃の事実が!

逆レイプ 中出し
画像はイメージです

 

泥酔した僕はお姉さんたちの部屋に

 

僕は受験勉強を頑張った甲斐があって、某国立大学に合格することが出来ました。

 

当時、僕は母と二人暮らしの母子家庭でした。

 

僕がまだ小さい頃に父が交通事故に遭い、亡くなったからです。

 

母に苦労をかけたくないとの思いから、塾にも行かず必死に勉強し、大学に合格する事が出来ました。

 

看護師だった母に連絡して合格を伝えると、

 

「本当に頑張ったね」

 

と泣いて喜んでくれました。

 

そして、母と次の日にレストランでお祝いをしようと話をしました。

 

その日は母が夜勤で、朝まで仕事だったからです。

 

その当時、僕達家族は、4世帯が入居するアパートに住んでいました。

 

中年夫婦とお婆さんの1人暮らし、それに友達同士で同居する20代後半位のお姉さん達、そして僕達親子です。

 

中年夫婦は水商売の仕事をしていて、ほとんど顔を合わすことがありませんでした。

 

お婆さんとお姉さん達には日ごろから親しくして貰っていて、3人とも僕の合格を知ると、我が事の様に喜んでくれました、

 

特にお姉さん達は、色々と大学の事などを聞いてくれました。

 

「良かったね~」

 

と抱きしめてくれたりしました。

 

高校生の僕には刺激的でしたが・・・

 

夕方ごろ友達から電話があり、合格祝いをカラオケ店でしてもらえる事になり、皆で騒ぎました。

 

みんな受験が終わって進路が決まっていて、ホッとたんで騒ぎたかったんだと思います。

 

その時、初めてお酒を飲みました。

 

耐性が無かったのかアルコールに弱い体質なのか分かりませんが、直ぐに酔っ払ってしまい、友達に担がれて帰るハメになりました。

 

「大丈夫か!ちゃんと鍵開けて寝ろよ!鍵も閉め忘れるなよ!」

 

と友達の声が聞こえていました。

 

「はーい」

 

と返事はしたものの、自分のアパートの部屋のドアにもたれて、そのまま寝てしまいました。

 

朦朧としながらも意識が戻ってくると、大きなベットの上に寝かされていました。

 

しかし、自分の部屋ではありません。

 

すると女の人達の声が聞こえてきました。

 

同じアパートのお姉さん達だと分かりました。

この体験談の続きを読む

【妊娠OK?】小学生の時からオマンコにお兄ちゃんの精液を中出ししてもらってます

女子中学生 近親相姦 中出し
画像はイメージです

 

お風呂で中出し

 

私は中学1年の女子です。

 

私には8歳年上のお兄ちゃんがいます。

 

まさに今、私はお兄ちゃんの膝の上に座って、キーボードを叩いています。

 

つまりオマンコの中には、お兄ちゃんのおちんちんが根元までズッポリとハマって密着しています。

 

昨日の夕方ぐらいから今まで、お兄ちゃんとずっとセックスしていました。

 

両親は親戚の法事があって出かけていて、日曜の夜まで帰ってきません。

 

お兄ちゃんとは、私が小学5年生の時からセックスをしています。

 

でも両親がいない時しかできないので、たまにしかできません。

 

だから、

 

「お父さんとお母さんが出かけたら、日曜日までいっぱいエッチしようね」

 

とお兄ちゃんと約束していました。

 

夕方両親が出掛けると、すぐにお兄ちゃんと一緒にお風呂に入り、ボディーソープでヌルヌル体を洗いっこした後、お互いの性器を舐め合いました。

 

お兄ちゃんは私のオマンコを指で広げながら、クリトリスやオマンコに舌まで入れて丁寧に舐めてくれました。

 

私も大好きなお兄ちゃんのために、一生懸命おちんちんをフェラしました。

 

お兄ちゃんが私の口の中に射精したので、私は精液を全部飲み込みました。

 

射精した後もお兄ちゃんのおちんちんは大きく勃起したままだったので、そのまますぐにオマンコに入れてもらいました。

 

お風呂場で四つん這いになった私の背後から、お兄ちゃんがおちんちんを入れてきて、激しく出し入れを繰り返しました。

 

「ああっ!お兄ちゃん、気持ちいいっ!」

 

私は大声を上げて、お兄ちゃんの腰の動きに合わせるように、自分から腰を振っていました。

 

お兄ちゃんは、しばらくパンパンと音をさせながら、激しくオマンコに腰を打ち付けてきました。

 

私は何度もイッてしまい、お兄ちゃんがオマンコに中出しした時には、全身の力が抜けてグッタリとしてしまいました。

この体験談の続きを読む

【息子の子供を妊娠】7歳の時から息子をフェラして12歳で初射精、18歳になって…

近親相姦
画像はイメージです

 

初めての射精

 

私は36歳のシングルマザーです。

 

18歳の息子とほとんど毎日のようにセックスしています。

 

私が25歳で、息子がまだ7歳の時のことです。

 

普通ならとっくに乳離れしているはずのに、息子が私のおっぱいから離れなかったり、乳首をチュパチュパしゃぶったりしていました。

 

(どうしたんだろ?)

 

と最初は思っていたんですが、そのうち私は息子におっぱいを吸われて感じるようになっちゃったんです。

 

(実の息子なのに…)

 

そう思っても私のオマンコはビショビショに濡れてしまい、その日から息子を1人の男性として見るようになったんです。

 

そしてその日から、私はまだ勃起しないちっちゃなおちんちんを毎日フェラチオするようになりました。

 

息子も嬉しそうにしているので、私も嬉しくなっちゃって、たくさんおちんちんを舐めてあげるようになりました。

 

私が息子に毎日フェラチオするように、息子も自然に私のオマンコをクンニするようになりました。

 

正直に、私はとても感じてしまいました。

 

そして5年ほどが経ち、私が30歳で息子が12歳の時です。

 

息子も小学6年生と言うことで、おちんちんがとても立派になっていました。

 

その日も普通にフェラチオをしてあげてたら、息子は何か言いたげな顔をしました。

 

「どうしたの?」

 

と聞くと、

 

「何かチンコが変な感じする」

 

と言ったんです。

 

「どんな感じ?」

 

と聞くと、

 

「ムズムズする」

 

と言いました。

 

そうです、待ちに待った初射精の時が近付いたんだと思いました。

 

私はいつもより激しく、息子のおちんちんをフェラチオしました。

 

するとやはり、息子は私の口の中で無事に射精をしました。

 

ようやく精通を迎えることができました。

この体験談の続きを読む

【衝撃の性癖】妻の元カレは避妊せずにセックスしていただけでなく…

妻の性癖
画像はイメージです

 

どうしても変えられない性癖

 

32歳の妻とは、知り合って4ヶ月のスピード結婚をし、4年がたちました。

 

つい最近まで、妻は私とのセックスで一度もイッた事がありませんでした。

 

それが原因で離婚を考えるまでになり、ある日妻と離婚について最終的な話をしている時に私が、

 

「君は、本当に僕のことが好きだった?」

 

と聞くと妻は、

 

「今でも好きです」

 

と言いました。

 

「じゃあ、なぜ?男でもいるのか?教えてくれ!」

 

すると妻は、意を決したように涙を浮かべながら、

 

「ずっと前から、あなたに話そうと何度も思ったけど、あなたに嫌われそうで言えなかったことがあるの…私、どうしても変えられない性癖があるの…それは…」

 

妻はその時、覚悟を決めたのでしょう。

 

過去の出来事も含め、全てを私にさらけ出してくれました。

結婚前に5年間交際していた男がいて、その元カレがある強い性癖を持っていたそうです。

 

時が経つにつれ、いつのまにか妻自身も同じ性癖を持ってしまい、その男以外で2回堕胎し、最後はその元カレの子供を堕胎して別れたと言うものでした。

 

話を聞いていくうち、この大人しくて可愛い妻が

 

(何故?)

 

と強い思いもありましたが、本当の事が分かり、今はある意味納得しています。

 

しかしその性癖というのは、最初は信じがたいものでした。

この体験談の続きを読む

【13歳の父親】浮気OKで結婚した私は中学生に中出しさせて妊娠・出産しました

中学生の父親
画像はイメージです

 

中学生の可愛い男の子

 

私は25歳の人妻のOLです。

 

2年前にとある企業に就職し、秘書課に配属されました。

 

秘書課といっても名ばかりで、美人OLに取引先の接待をさせて、ご機嫌取りをするのが主な仕事でした。

 

自分で言うのもなんですが、それなりの美貌とスタイルを持っていたので、それゆえの配属でした。

 

社内はもちろん、取引先の相手から交際の誘いはあり、その中で選んだのは20歳年上の人事部の部長でした。

 

大人の男といった感じの紳士でしたが、付き合って一ヶ月もしないで破局。

 

部長には内縁の奥さんがいたのと、紳士なのは表の顔だけで、自分に都合のいい女である事を求められたので別れました。

 

次に同期の男性と付き合いました。

 

ハンサムで仕事ができる自信家でした。

 

ただしセックスは下手。

 

私に命令するだけの、ただの冷凍マグロなのです。

 

まあ私は奉仕するセックスは嫌いではありませんし、何より彼は自分に都合のいい女である事は求めませんでした。

 

私が結婚を申し込んだとき、

 

「俺は女癖がよくないので浮気するけど、それでもいいのなら結婚してもいい」

 

と言われました。

 

私は、

 

「それなら自分も浮気をして子供を産む」

 

と言うと、彼はなんと承諾。

 

付き合ってすぐに結婚しました。

 

しかし結婚後、すぐさま夫は海外転勤。

 

仕事もあるので、私は日本に残りました。

 

夫が転勤した後、部長からの誘いがありましたが、相変わらず自分に都合のいい女である事を求められたので、相手にしませんでした。

 

そんな私に対し、部長は紳士的な態度はもはやなく、罵詈雑言を浴びせられ、図太い神経の私も、酷く傷つき落ち込みました。

 

夫を追って外国に行こうかと真剣に考えていた時、私は一人の男の子と会社で出会いました。

 

名前はトモ君といい、秘書課の課長の子供で、中学生になったばかりのとても綺麗な美少年です。

 

私はトモ君を一目見て気に入り、憂鬱な心が癒されました。

 

名ばかりの秘書課なので課長も営業、それも夫のいる支社の運営の手伝いをしており、トモ君は外部の支援会社との、必要な書類の運搬係を手伝っています。

 

まあ早い話、経費節減をするためのお手伝いとして来ておりました。

 

手伝いとはいえ、会社内でうろつかれると困るので、待機中は秘書課の隣にある防音室にいるように言われていました。

 

お近づきになるために、急いでその日の仕事を終わらせ、一人でいるので相手をしようという名目で、トモ君の所に行きました。

 

トモ君は、私が来るとおっかなびっくりな表情で、少し顔を赤らめていました。

 

そんなトモ君を見て私はますます、

 

(可愛い)

 

と思い、優しいOLのお姉さん的に話をしました。

この体験談の続きを読む