小学生の娘のオマンコ
画像はイメージです

 

お隣の中学生が娘にいたずら

 

今から3年前の事です。

 

私の家庭は、旦那と小学1年の彩との3人暮らしです。

 

しかし旦那の出張が多いので、娘と2人暮らしのようなものです。

 

市営の住宅は、お隣がくっ付いた長屋タイプの住宅で、隣近所の付き合いは欠かせないようなところです。

 

お隣の住人は母子家庭で、母親と中学2年の男の子です。

 

8月に入ったころ、お隣の母親が体調を崩し、1ヶ月ほど入院しなければならなくなりました。

 

そこで、我が家で息子さんの面倒を見てあげることにしました。

 

と言っても食事の世話と、洗濯とお風呂ぐらいですけどね。

 

お隣の中学生の息子は和樹君で、一人っ子のせいか、うちの娘の彩とは良く遊んでくれていました。

 

雨が続いていて、暫くぶりに晴れた日のことです。

 

我が家の溜まった洗濯物と、和樹君の洗濯物を洗濯機に入れていた時に、彩のパンツにヌルヌルしたものが付着してるのに気づきました。

 

臭いを嗅いでみると、彩のオシッコの臭いに加えて、精液の臭いがしたのです。

 

和樹君はすでにオナニーを覚えているみたいで、いつも精液がパンツに付いて乾燥してパリパリの黄ばみでしたが、昨日のパンツには乾かない精液がべったり付いていました。

 

その日の夕食が済み、彩を呼んで和樹君とどんな遊びをしているのか問いただしてみました。

 

すると、お兄ちゃんが彩のアソコにおちんちんを擦り付けて、白いのを出したと言うのです。

 

彩を早めに就寝させ、和樹君にも遊びの内容を問いただすと、彩が言った通りのことをしていたみたいです。

 

彩が保育園の頃からオマンコに興味を持ち、中学1年の初めごろにオナニーを覚え、裸ごっこと称して近所の女児や彩に悪戯しながら射精していたことを話してくれました。

 

私は和樹君に男女の性について教えたのですが、教えている内に、私も数ヶ月間旦那とのセックスが無いことから、自然にパンツが濡れてしまったんです。

 

私は和樹君に、大人の女を教えてやる事にしました。

この体験談の続きを読む