タグ:失神の記事一覧

痴女・逆レイプ体験告白

タグ:失神

後輩の女の子にボクシングでボコられセックスでも負けたけど僕は幸せです

ボクシング セックス
画像はイメージです

 

私に勝ったら、何でも言うこと聞いてあげます

 

僕は高校のボクシング部に所属しているのですが、高校では珍しく、女子の部員も数名います。

 

今年の4月にも1人だけですが、1年生の女子が新入部員として入部してきました。

 

彼女は今まで見てきた女子部員とは違い、アイドルのように可愛い女の子でした。

 

しかし彼女の驚くべきところは、その美貌やルックスだけではありません。

 

詳しい人が見れば分かると思いますが、彼女のボクシングの動きは、とても素人のものではありません。

 

おまけにサンドバッグを叩いているときの迫力ときたら、男子の巨漢部員と同じ音を出していました。

 

僕は初めて彼女のその光景を見た時、彼女には絶対に適わないと確信しました。

 

ある日のことです。

 

僕はその日なんだか気合いが入っていて、夢中でサンドバッグを叩いていました。

 

気が付いたら夕方になっていました。

 

周りを見渡すと、残っていたのは僕とその後輩の彼女だけになっていました。

 

僕はまだ練習を続けようとして再びサンドバックに向かうと、突然彼女が、

 

「先輩、スパーリングしませんか?」

 

と声を掛けてきました。

 

僕は彼女の強さは十分に分かっていたので断りました。

 

すると彼女が、

 

「私に勝ったら、何でも言うこと聞いてあげます」

 

なんてことを言ってきたんです。

 

ついOKしてしまいました。

 

しかし、リングに上がるとすぐに、スケベ心を出した自分がバカだったことに気付かされました。

この体験談の続きを読む

焦らしと寸止めに連続射精で失神!Mな彼の涙ぐむ顔を見るのが私の喜びです

焦らし 寸止め 連続射精 失神
画像はイメージです

 

Mな彼とSな私

 

私の彼はどうやらMだったみたいで、私もSなので相性良かったんです。

 

初めて彼とセックスした時は、まだ彼がMだってこと知らなかったので、ノーマルにやってました。

 

2回戦目が終わったあたりから、何か彼の様子が普通?とは違ってきて、やけに私に責めさせるんです。

 

それで私が、

 

「もしかして責めて欲しいの?」

 

って聞いたら彼は、

 

「実は俺Mなんだ、ごめん」

 

って言うんです。

 

私はSですからもちろんOKって感じになって、その時から射精責めをする事にしました。

 

私とセックスする時は事前に1週間くらいオナ禁で溜めさせておいて、やる時はもう本気です。

 

最初は、ゆっくり1時間くらい勃起したオチンポには触らずに彼を焦らしていって、そ
の後で彼が音を上げて我慢が出来なくなってからが本番です。

 

「お願いだから出させてくれ!」

 

って言い出したら、ちゃんと手で握ってあげます。

 

でも念のために、彼の両手両足をベッドの端っこに紐で括りつけて、大の字に寝かせます。

 

オチンポを擦り始めると、もうだいぶ焦らしちゃってるから、先っぽからガマン汁が結構出てるんですけど、これがローションっぽくなっていい感じみたいです。

 

でもすぐイっちゃいそうになるから、限界が来たら手を離して、収まってきたらまた擦ってっていう寸止めを何度も繰り返します。

 

この時の彼の、

 

「お願いだからイかせて」

 

っていう悲痛な声が堪らないんですよね。

 

私の方も段々興奮してきちゃうんです。

 

そうなったら私の方が手コキしてるだけじゃ物足りなくなっちゃうから、下半身だけ裸になり、彼の顔に顔面騎上してオマンコ舐めさせます。

 

彼もイきたい衝動に駆られてるから、本気でペロペロ舐め続けてくれます。

 

でもこれって、気持ちいいけど彼の声が聞けなくなっちゃうのがちょっと・・・もっといい方法はないか模索中です。

 

それで時間にすると・・・やっぱり1時間くらいかな?

 

それくらい焦らしてると、彼が本当に辛くなるみたいで、私が何か話し掛けても、

 

「うー」

 

とか

 

「あー」

 

しか言わなくなっちゃうんですね。

 

ちょっと獣じみてる感じです。

 

仕方ないからとりあえず顔面騎上はやめて、そろそろオマンコにガマン汁でベトベトのオチンポをハメてあげます。

この体験談の続きを読む

黒光りするデカチンを持つハーフの男子生徒が絶倫すぎて失神しました

プールサイドでセックス
画像はイメージです

 

セックスが好きではなかったのに電マを使ってからは

 

わたしは高等学校で水泳部の顧問をしている女性教師です。年齢は31才で結婚3年目です。いまだに子供は授かっていません。旦那は同じ高校の教師です。

 

私は10代の頃からスポーツばっかりやっていて、周囲の男子も体育会系ばっかりでした。しかし私はどちらかと言うなら口数の少ない男子が好きで、現在の旦那も文系の人です。

 

夫婦生活も申し分ないのですが、たった1つだけ欲求不満があります。夫がいまではセックスに関心が消え失せきてしまっているようなのです。

 

休みの日はいつも本を読んでいるか、模型を作り上げているか、外に行っても釣りをやっているだけです。多くは夫婦としての接点が消失しています。

 

私は年若き頃はセックスにほとんど関心がなかったのです。当時の彼氏は常日頃からでもエッチを求めて来たのですが、私は少々苦痛でした。

 

気持ちいいという感覚はあるのですけど、濡れにくいのかちょっと痛みを感じる時もあり、身近な友達が言うみたいに気持ちいいとはいまひとつ思いませんでした。

ただし、

 

「好きな彼が気持ちよくなってくれるなら嬉しい!」

 

と、ただそれだけでした。

 

しかしながら30才になったときに友人がプレゼントに「電マ」をくれたんです。始めはなんてことはないマッサージ機だと考えてたんですけど、友人が

 

「めっちゃ気持ちいいよ」

 

ってアドバイスしてくれたので、帰宅して一人の時に使用してみたんです。もう驚きでした。友達には

 

「最初から直接当てたら駄目だよ!」

 

って指示されてたので、パンティーの上から当るか当たらないかって程度の位置で当てたのですが、全身が痺れてしまい、ふと気づけば声が出てるぐらい感じてしまいましてアッという間にイッてしまいました。

 

人生経験したことのないオーガズムが電マでした。もの凄かったです。

 

当分体に力が入らず、足は変な具合に痙攣しているし、ベッドにはシミが出来てるし、それならば全員が気持ちいいって言うのもうなづけました。

 

それ以降常日頃から電マでオナニーしてしまうようになってしまい、最近ではクリトリスの皮をめくり上げて直接当ててオナニーしています。

 

クリも凄く大きくなってしまったようです。それと並行してセックスに対する願望も増大してきて、私から主人を初めて誘ってしまったのです。

 

でもとても淡白なセックスだったので全く満足できず、後でトイレでオナニーしました。

この体験談の続きを読む